テーマ:ロシア

安倍外交 訪欧・訪露の成果について

拙ブログは、安倍外交については、過去の日本のどの政治家よりも巧み、秀逸と評価してきた。 今回の訪欧・訪露はどうだったか。 まず、訪問した国の順序から眺めたい。 イタリア フランス ベルギー ドイツ イギリス ロシア の順となっている。 重要なのを一番最後に持ってきている、印象がある。 イタリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日露戦争時代の「露探」騒動と「嫌韓」騒動の類似点について

本稿では、あまり知られてはいない、日露戦争時代の「露探」騒動と現在の「嫌韓」騒動を関連づけて、取り上げる。 「露探」騒動とは、日露戦争時代に起きた、過剰なロシアスパイ非難、時に気にくわない連中に対し、何かにつけてロシアスパイだろうとレッテル貼り批判した、一大国民的騒動だったそうだ。 まず、ネットで読める情報を紹介させていただ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

すべては憲法改正のためだ 北方領土返還なるか?

安倍政権が、選挙と北方領土返還交渉を一体化したものとして扱っているシグナルを見出したので出稿することとした。 どうやら北海道は、ロシアスパイが暗躍しやすい土地柄だったようだ。 1970年前後は、旭川市長がそうだったとされる。 ――――――――――――――――― 五十嵐広三 https://ja.wikipedi…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

安倍首相の中央アジア訪問 一石三鳥効果を狙っている?

安倍首相の中央アジア訪問については、今回、読売が、かなりの紙面を割いて、訪問国の現状について紹介している。 さて、拙ブログは、首相に同行しているはずの、世界最大の販売部数を誇る新聞社の記者が、過去3年間、外遊先でほとんど出稿してこなかったことを、再三批判しつつ独自の視点で観察し続けてきた。 別に、拙ブログ管理人は、外交分野の専門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領は北方領土返還する気があるのか?

本稿では、「ひとりごと日記」という、動画のテキスト起こし専門サイトの情報と倉山満の本から、プーチンの意図がどの辺にあるのか、考察を試みた。 2015/10/19 ザ・ボイス 勝谷誠彦×鈴木宗男 激論ツインターボ!  http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/8aa3f5abde787b920c28c49e…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相がプーチン来日にこだわる意図はどこにあるのか?

拙ブログは、安倍外交について、公開情報を突合せ、分析することを旨とし、常識的価値判断をベースに、意図するものについて調査結果を出稿してきた。 これは、情勢分析に係わる、定番的手法である。別に、私一人がやっていることではない。世界中の外務省分析官が職務上やっているようなのだ。名うての外交官岡崎久彦氏はその著書で、公開情報から(情報が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

不可解な事案 根っこはすべて繋がっている?

今回は、いささか陰謀論的シナリオでの出稿となることを最初におことわりする。 まず、戦後起きた、気になる、不可解な事象をまずリストアップしてみたい。 どれも、誰もが知っている、不可解な、周知の謎である。 ――――――――――――――――― ケネデイはなぜ暗殺されたのか バラバラ殺人された遺体が埋められず、なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山由紀夫 クリミア訪問によって確定した意外なこと

鳩山由紀夫元首相が、ロシアのクリミア編入を肯定し、普天間米軍基地移設反対も表明した。 ネット界では、鳩山由紀夫を非難する声が、圧倒的である。以下はその一例である。 ――――――――――――――――― 鳩山由紀夫という卑小な存在とその害悪 http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-en…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

日露経済協力+特別永住者犯罪対策 ロシアに刑務所をつくってもらおう

日本国内で再三、違法行為をやって摘発されなかった、グリーンピース活動家たちがロシア当局によって摘発され、そのうち一人が、オランダ国王に対し、助けを求める手紙を送ったそうだ。 私は、この事実が9月のものであることを知り、山本太郎が、支持者からこの情報を提供され、この手口を真似して、園遊会での行動に出たのではないかと思うに至った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more