テーマ:売国法案

「婚外子相続差別は違憲」とする最高裁判断に対する意見提出のための検討ネタ情報

「婚外子相続差別は違憲」との判断を下した、最高裁裁判官に対し、抗議活動を行いたいと考える人が多いと判断し、以下に検討に値する情報を集めてみた。 私は、違憲判断そのものが違憲だと言われかねない、司法の暴走が今後続出することを予防するため、今後、司法界に対し、国民各層一人一人が意見提出するなど、抗議活動を展開する必要を感じている。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「婚外子の遺産相続分の民法違憲判断」(司法の暴走)に係わる提言

民法が定める婚外子の遺産相続分の民法の規定について最高裁が違憲判断を下したので、拙ブログの見解を今回述べさせていただく。(提言そのものは、本原稿の最後に記述) まず、最高裁が、この時期にあえてこの判断を下した理由として考えられることを2つ指摘したい。 ・民主党などの在日朝鮮人支持政党の党勢が芳しくなく、当面、日本の戸籍制度を…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

閣議決定を見送った「人権委員会設置法案」は、慰安婦・朝鮮学校無償化救済が目的なのか?

今回、閣議決定を見送った、人権救済法案だが、皆さんが心配している対個人の人権侵害については、今回の法案は一見強制力ないように書いてある。が、国・自治体の公権力による人権侵害については、拡大解釈すれば、救済を勝ち取れるまで告発活動をエンドレスで全国規模で展開できると読み取れるとの結論に達した。 簡単に言うと、保守系支持層は個人レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権法改正により映画ブログ、音楽ブログは全滅か?

今国会にて、著作権法改正が実に、猛スピードで行われた。 実質審議らしい審議もない。 修正案提出した議員が答弁を拒否した。 以下が、一連の経緯に関する、信用しうる情報源である。 ・著作権法改正に関するニュース http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120620_5…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

著作権法改正(刑事罰強化、検閲・ネット規制強化)は「人権侵害救済法案の代替措置」のようだ

私個人は、著作権法の改正の必要性は認めているつもりであるが、今回の改正は、関係者の動きなどから不自然な点が実に多い改正であることをまず最初に指摘する。 実際、衆議院、参議院にて実質審議らしい審議がされず、ほぼ全会一致状態(各党談合)によって可決成立されている。 そこで、今回は、「法の不備」、「著作権に係わる団体の動き」、「推…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

違法ダウンロード厳罰化著作法改正を速攻で成立させた各党国会議員!これだけある法律の不備を放置するな!

本日6月20日午後、参議院本会議にて、著作権法の一部を改正する法律が、付帯決議付きで可決・成立した。採決結果は、投票総数233、賛成221、反対12。  今回の改正では、内閣が提出していた改正案(政府案)に対し、衆議院の修正決議により、違法ダウンロード行為に対する罰則が加えられたそうだ。 詳細、以下サイトにて確認いただき…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夫婦別姓法案は外国人参政権法案と同様、悪意ある法案である

まず最初に、民主党がマニフェストで隠していた、日本解体ヤミ法案について、列挙する。 ・外国人参政権付与法案 ・人権擁護法案 ・地域主権 ・夫婦別姓 ・外国人住民基本法 ・移民一千万人受け入れ ・沖縄一国二制度(沖縄売り飛ばし) ・国家主権の移譲 ・国立国会図書館法の一部を改正する法律案 ・北朝鮮への経済…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

民主党愛国議員、警察関係者に対し、杜撰な子供手当の後始末のためにご協力いただきたいこと

杜撰な子供手当の制度設計の詳細について、あえてふれるつもりはない。 そして、国会審議において、この手当の制度設計の杜撰さを再三にわたって指摘されても変えるつもりがないと強弁し法案成立を強行した、長妻大臣をくどくどと批判するつもりもない。 私は、保守系市民ブロガーであるが、杜撰な子供手当の制度設計に目をつぶり、支給強行した、行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人参政権法案はスパイ工作活動を支援拡大する売国議員賛成権法案である?

外国人参政権法案はスパイ工作活動を支援拡大する売国議員賛成権法案である? 外国人参政権法案の存在については、私は数年前に知っていた。 野党各党が、法案提出している事実も知っていた。 妙な法案だとは思ったが、正直、問題点まではわからなかった。 そして、昨年9月に外国人参政権法案の問題点を理解し、驚愕した。 しかし、気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more