テーマ:選挙戦術

[日本のこころ]京都補選に注目せよ 党名変更した理由は別にある!?

本稿、「日本のこころを大切にする党」が、敢えて党名変更してまで臨んだ選挙戦の意味について考察を試みる。 タレント化した有名人、高須院長は、人の死には二段階あるとしている。 ――――――――――――――――― http://ameblo.jp/drtakasu/entry-12143805138.html 一族郎党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイベートという手法 今なぜ「日本のこころ」なのか?

本稿、「日本のこころを大切にする党」の全国の選挙事務所関係者向けに出稿したものである。 本題に入る。 デイベート好きな方なら、「デイベート」という言葉を聞いた瞬間に、橋下徹を思い浮かべると思う。 橋下徹は、わざとに不利な方を選んで、誰もが有利だと思っている方をたった一人で言い負かして楽しんでいるような雰囲気がある。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「日本のこころを大切にする党」の理念について

次世代の党が党名変更して暫く経過した。 今回の党名変更、その意味するところが肯定的に受け止められていないこととに気付いていたものの、さしたる根拠もなく党名変更支持を表明しても説得力がないと考えていた。が、ここにきて気づき事項があったので読者の皆様と共有化するために出稿することとした。 拙ブログは、次世代の党支持ブロガー兼平沼…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

こうやれば当選できる? 選挙区マーケッテイングと組織化の重要性について 

本稿は、前回統一地方選挙で、落選した、保守系候補者向けの内容である。 統一地方選挙、当選できなかった人の分析を試みた結果、「組織化」を怠っていたという結論に達した。 平たく言うと、地域単位での後援会組織がない状況で、候補者が支持者の顔を知らず、街頭演説等に頼って闘っていたことにある。 逆に言うと、政党公認でそれなりの票を集…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

愛国政治家 ビジョンリーダーへの道 

今日は、統一地方選挙後半戦の投票日。 たぶん、自民党候補は、続伸。民主は低落。公明横ばい、共産はやや躍進という結果となるであろうと予想する。 本題に入ろう。 まず、なぜ、第二次安倍政権がここまで安定政権だったか? という質問から入りたい。 皆様は、どうお考えになられたであろうか? 私の答はこうである。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

統一地方選挙後半戦 どう闘うべきか 頑張れ愛国候補  

統一地方選挙、前半戦が終了した。自民党は、大枠で議席を伸ばした。このこと自体は、好ましい。読者の皆様もほっとされていることと思う。 次世代の党は、公認1名、推薦6名が当選したそうである。 ――――――――――――――――― http://jisedai.jp/news/20150415.html 【統一地方選…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「次世代の党」起死回生策 憲法改正への道筋にあるかもしれない

まず最初に、3月18日に「次世代の党」を応援する大集会が、憲政記念館で開催されることを告知する。 ――――――――――――――――― ――――――――――――――――― 前衆議院議員三宅博議員のサイトからの転載 http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/95f0024857d77db0d…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一議席の重み 愛国候補が当選すれば激変すること

統一地方選、多くの愛国候補が議席を獲得されんことを願ってこの原稿を書いている。 実は、一時期、当落ラインに達しなかった愛国候補者のことなのだが、機会を得て議員となり、次期統一地方選挙では、この議員、普通に行けば、当選圏内に入っているのであるが当選したことによって、あることが激変したことを紹介したい。 実は、この候補者、そもそ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

選挙直前対策 いかにして共感を得るか それが最大のポイントだ

今回は、読者の皆様に一緒に考えていただきたいテーマである。 私は、自分で自分の考えを表明し、戦略企画的なことを提言することを得意としている。 その一方で、あることを不得意としている。 人は人である限り、万能ではないのかもしれない。 では、議員になられている方はどうかと言うと、いろいろな資質の方がおられることと思うが、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

統一地方選挙公約ネタ 都市景観改善[見にくい四か国語表示は不要です]

先日、久しぶりにある路線の地下鉄に乗った。 駅構内、改札口、車内、どれも滅茶滅茶な雰囲気だった。雑貨店みたいな感じだった。 パチンコの中吊り広告だらけだったことも気になった。 色彩的には、大して重要でもない対象に赤が多用されていた。 また、四カ国表示(日本語、英語、中国語、韓国語)があちらこちらに雑然とあったことだ。ここは日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

統一地方選挙公約ネタ 衆議院選挙での開票不正問題等を有権者に伝え問題を共有化しよう

次世代の党の開票不正問題が、ネット界では問題視されている。 だが、私も言いたいことがある。 他人が書いたもの、撮影したもののコピペだけやって、各人でやろうと思えばできる調査も分析もせず、調査レポートも書かず、問題だー、大変だーの大合唱である。あの動画を見て欲しいというメールが私のところに来たりする。 これでは世の中は動かない。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「次世代の党」敗因分析 基本政策と公約はかく構築・表現されるべきだった?

前稿に係わる、読者の皆様からの反響(気持ち玉評価個数)が想像以上だったこと、選挙後にも係わらず拙ブログへのアクセスが開設以来最大となったため、「次世代の党」の敗因分析が、読者の皆さんに、今最も関心あるテーマだと考え、続編を書かせていただく。 なお、本稿は、「政治道」としての視点ではなく、テクニックとして、選挙戦をどう勝ち抜くか、元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「次世代の党」2議席どまり とりあえず敗因分析します

拙ブログは、安倍自民党支持派ではあるが、今選挙戦、「次世代の党」の議席維持を目的とする、出稿を続けた。 結果、2議席に終わったことについて、敗北は敗北と認め、以下に、分析を試みる。 まず、指標となる全国比例得票数を見ておきたい。この数字を見る限り、「たちあがれ日本」時代に逆戻りした感がある。 ■政党別全国比例得…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

「次世代の党」支持者の皆さんへ 投票日の「友達作戦」用説明資料です

拙ブログは、この衆議院選挙戦、100%選挙モードである。 数多くある保守系ブログの中で、テーマを絞り「次世代の党」に特化して出稿していると、自負している。 拙ブログが日々出稿し続けた目的は、投票日のための「友達作戦」用の説明資料集を準備するためである。 なんとか、まとまった判断し、本日、出稿することとした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

衆議院選挙 マスコミに騙されな マスコミはユダヤ資本・中韓の手先であり公明の言いなりだ

この選挙戦、自民党が300議席を越える勢いであるとの報道が続いている。油断させる作戦なのだろうが、その手に乗ってはいけない。 【元官僚】林雄介氏「自民党300議席報道。これ一番怖いマスコミのネガキャンなんですよ。自民党が大勝しすぎないように野党に投票させるために、わざと大勝報道を流している」 http://hosyusokuho…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK解体は「次世代の党」の新撰組隊長=「三宅博」候補に託すしかない

「次世代の党」は、解散前の国会で、今までタブー視されてきたことについて、言及する姿勢が目立った。 拡散すべきだ 国会で唯一まともな質問している「次世代の党」のことを! http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_1.html その中で、経緯的に先頭に立って突破口を開…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

[拡散]田母神支持の若者諸君 投票日に「友達作戦」やれば政治が変わる!! [転載可]

東京都知事選挙結果によれば、若年層になればなるほど田母神支持率が上がる傾向にあるこが確認されている。 ――――――――――――――――― 若者は本当に田母神氏を支持したのか? http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20140211-00032569/ ――――…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

消費税増税先送り 解散総選挙の争点は「財務省リストラ」でいいだろう

財務省の役人がこんなことを言っているそうなので、放置できないと判断し、出稿することとした。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/141117/plt1411170054-n1.html 消費税率再引き上げ 財務省「予定通り」に固執し、官邸激怒 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権 消費税増税先送りに伴う解散総選挙→その前にテロ関係法案等可決成立か?

安倍政権が消費増税先送りで法改正で国民の信を問うため、解散総選挙にうって出るようである。 ――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141109-OYT1T50009.html?from=ytop_top 増税先送りなら解散、年内にも総選挙…首相検討 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

統一地方選挙 無名の保守系新人候補が初当選するのに必要なこと

今度の統一地方選挙において、石原新党あるいは田母神新党など、保守系政党公認の候補者について、是非とも当選を勝ち取っていただきたいとの思いから本稿を出稿している。 選挙には、地盤、看板、鞄の三要素があるそうだが、まず最初に、「地盤」の視点から述べさせていただく。 三バン http://ja.wikipedia.org/wik…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

近未来の保守系野党 政界地図&スタンスペーパー

拙ブログは、発足当時から「たちあがれ日本」を応援し、安倍晋三自民党総裁復活を待望し、最近は、田母神ブログ隊を自称している。 また、ここ数カ月は、コラボブログと連動し、保守野党再編ネタ、憲法改正に向けた手順等について、提言続行中である。 ※コラボブログ  大和心への回帰 http://blogs.yahoo.co.jp/nag…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

野党再編催促型内閣改造→次期総選挙必勝シナリオ

公明党は、安倍政権が示す、集団的自衛権の限定容認に、同意しつつあるようだ。 ただ、まだ、そうと決まった訳ではないので、今回、安倍政権が近々予定していると噂される「内閣改造およびその後の国政選挙必勝」に向けた、推論を出稿する。 もちろん、次期内閣改造が、野党再編催促型の改造人事を行い、 それにより世論が拍手喝采し、 次回総…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

日韓外交のあり方 古代史の事実が暗示するもの

本稿は、古代史を参考に、日韓の外交関係のあり方について、どういうスタンスで日本側として臨むべきか、纏めたものである。 まず、一冊の古代史の本を紹介する。 在野の古代史研究者、大平裕氏(大平首相の息子さん)が書かれた「日本古代史正解 渡海編」には、その時代の日韓の外交関係について、興味深い記述がある。 私は、大平裕氏には…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

田母神新党 初陣に向けて克服すべきこと(世論対策)

本稿は、「田母神新党 初陣に向けて克服すべきこと(資金対策)」の続編として ・田母神新党 初陣に向けて克服すべきこと(資金対策) http://nihonnococoro.at.webry.info/201404/article_11.html 「世論対策」として、どう世論に訴え共感を得るべきかについて述べさせていただく。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

田母神新党 初陣に向けて克服すべきこと(資金対策)

本原稿は、 都議選で60万票獲得できたことを前提に、次の衆参の国政選挙にて、田母神新党が、ちょっとした工夫次第で、今の「みんなの党」並みの議席獲得(20議席前後)が可能であると楽観視されている方が多いのではないかと思われる中で、 拙ブログは、現実論でみた場合、立候補者の「資金的制約」、「突出した愛国的資質」などから この楽…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

田母神新党の政治戦略について

今回は、田母神新党結党に向けた政治戦略、選挙戦略について述べさせていただく。 まず、結党直後の国政選挙での立候補者の選定。(直近で統一地方選挙が予定されているが、党首?田母神俊雄閣下は、国政選挙出馬を目指しているため、統一地方選挙は立候補者なしと想定。) 国政選挙立候補者としては、以下の集会に出席した、西村眞悟先生、三宅博先…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

田母神支持率と連動している指標 いろいろあります

都知事選挙の結果から、世代別の田母神候補投票動向が話題となった。 私自身は、田母神候補への世代別支持率動向は、あの石原慎太郎が設立支援した「たちあがれ日本」に近いと感じてきたが、どうもそうではなくなってきているような気がしており、どういう指標と田母神支持票が相関関係にあるのか調べてみた。 まず最初に、都知事選前に行わ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

T選対事務所向け 改善提案事項(私案)

今回は、先の選挙結果に係わる、組織デザイン上の提言である。 拙ブログは、本来ビジネスブログではないが、T選対事務所において、組織デザイン等に起因すると思われる問題が種々発生していることを確認したので、私自身のビジネス経験に照らし、状況分析しつつ、対策としての改善提案事項案を以下に記す。 なお、本原稿は、ネット上で飛び交ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more