テーマ:自民党

義家弘介議員よくぞ言ってくれた! それでこそ愛国議員だ!

義家弘介議員の敵地での歴史認識論争、久々にスカっとした気分になったので、出稿することとした。 ブログ「反日勢力を斬る」は、激賞している。 中国に行って中韓に喧嘩を売った義家文科副大臣アッパレ! http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3613.html まったくそのとおりで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

大東亜戦争を総括するために 不審点の整理をどうするか?

本稿は、自民党が進める歴史認識検証作業において、「大東亜戦争総括すべき論」を述べる方々向けの原稿である。 私は、大東亜戦争総括はすべきだと思っている。 しかし、その作業に、有能な歴史研究者が数人、専門で取り組んで、10年近い歳月を要するのではないかと、現時点ではみている。 その理由は、それなりに読み込んでいる方なら、お気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率協議終結  「次世代の党」がとるべき政治戦略について

軽減税率に係わる連立与党、幹事長協議が一段落したそうである。 交渉の当事者の谷垣幹事長の疲労困憊ぶりをテレビにて拝見した。 こういう事案、処理できる方は、谷垣幹事長くらいしか見当たらない。 お疲れ様と申しあげたい。 さて、読売では、かなり好意的に食品への軽減税率適用を報じている。ネット記事では感覚的にはわからないが、12月1…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

竹島周辺産廃投棄 政府は国際司法裁判所に提訴せよ 海上保安庁は国土交通省から独立させよ

本稿、いささか論理的飛躍があることを承知のうえでの出稿となる。なぜ、そうなるのか? 私が思いつくくらいなので、この程度のシナリオを以て、政界を動かすであろう人間は、たくさんいるのではないか、と考えるからだ。 そして、本稿の主人公、新藤義孝議員は、祖父が硫黄島で奮戦した(歴史に残る)偉大な軍人であることを想起すれば、誰もがあっと驚くシ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

対中共外交 安倍政権が「ドス黒い悪意?」で地球儀外交せざるを得ない背景

最近、支那の近現代史を読んでいる。歴史書を読みつつ、満州事変前夜の状況に近づきつつあることを予見し、どうすれば戦前のような事態を回避できたのか?考える機会が増えた。 日本は、日清戦争後、支那に深く係るようになった。 目的は、アジアを侵略し、アジアの人々を抑圧する欧米列強に対し、支那を健全な国家に回復させることを通じて、支那ととも…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自民党の歴史認識検証委員会 着地点はどうなっているのか?

自民党が、歴史認識検証委員会なるものを立ち上げるそうだ。 当初は稲田朋美政調会長のもとに、というスタンスだったが、11月時点では谷垣幹事長をトップに据えるそうだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/150616/plt1506160006-n1.…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

韓国は産経支局長を人質にして慰安婦問題の解決を迫ったのではないのか?

日韓首脳会談後、安倍首相が記者会見した。その中で、慰安婦問題で早期解決のために今後も話し合うという安倍首相の発言があった。 安倍首相、慰安婦問題の早期妥結とは? http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3527.html ブログ「反日勢力を斬る」にては、「早期妥結は意味不明」とし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

稲田朋美議員 首相への道

産経のこの記事を見て、稲田朋美議員の真摯であるが故の頑固さ、これまでの抜擢にやっかみが党内に渦まいていることを知った。 内閣改造の目玉は「稲田朋美⇔甘利明」の入れ替え構想だった! 幻となったのはあの派閥の横やり… http://www.sankei.com/politics/news/151012/plt1510120001-n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平沼赳夫先生 自民党復党の意味

拙ブログは、開設当初から平沼赳夫先生支持ブログだった。その関係で、平沼赳夫先生の自民党復党の意味について、私見を述べたい。 私見なので、平沼赳夫先生ご本人がそう思っているのか、あるいは自民党本部がそう思っているのか、安倍首相本人がそう思っているのか、までは関知しない。 もちろん、平沼赳夫議員本人あるいは事務所関係者に取材したもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党海江田に言いたい アベノミクス批判するなら対案を示せ それが専門家というものだ!

11月18日、19時過ぎの安倍首相の記者会見をテレビで見た。衆議院解散に臨む、首相としての真意を国民に説明する演説だった。 記者会見全文は以下。(自民党から入手) ――――――――――――――――― ------------ 安倍総理会見 ------------ 【冒頭発言全文】 本年4月より、8%の消費…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

次世代の党決議 次世代の党は、アベノミクス失敗隠しを狙う、大義のない解散・総選挙には断固反対する。

「次世代の党」かなり気合が入っています。 平沼事務所から入手。 ――――――――――――――――― ■決 議 平成26年11月15日  次世代の党は、アベノミクス失敗隠しを狙う、大義のない解散・総選挙には断固反対する。  消費税増税を先送りするのならば、政府が税法改正案を提出すればいいことであり、解散で信を問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「加藤紘一」世代が共産主義にかぶれた背景 情報隠蔽の影響有り!

私事となるが、私は、ロンドンにある、カール・マルクスの墓に、知人の紹介で訪れたことがある。その当時、墓は美しい色とりどりの花で飾られており、訪問者が絶えななかったと記憶している。 今になって思えば、そこに随行されたその方は、団塊世代の東大出の大企業のエリートだった方で、(隠れ)共産主義者だったような気がしている。 話は変わる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍首相【バングラデシュ、スリランカ訪問】 国連外交強化作戦に成功したようです

やっと、新聞各紙が、安倍政権の外交成果を個々に、具体的に報道するようになった。 ただ、政府専用機に同乗するという特権がありながら、まだこの程度なのかと私は思っている。 中南米や大洋州訪問の際のマスコミ報道は、産経を除けば皆無に等しかった。政府からかなり情報提供受けているにしては、それらを繋ぎ合わせればわかるであろう、分析すらも怠…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍政権 内閣・党の改造人事の隠された意図

産経を日頃から読まれている読者の皆様おかれては、第二次安倍政権の内閣および党の改造人事について、その意図を種々読み込まれたことと思う。 本稿では、公開されている情報などから、安倍首相の内閣・党の改造人事の、隠された意図の分析を試みる。 まず、最初に、何といってもサプライズだったのは、谷垣元総裁の幹事長起用である。 私は…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

【アイヌ不正支出問題】 金子札幌市議を救え ■拡散希望■

地方の自民党支部の中で、正しいことを言っただけで、除名するところがあるそうだ。 自民会派、金子市議に離脱勧告 拒否なら除名へ 「アイヌいない」書き込み http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/559606.html アイヌ不正支出問題を、最近、ツイッターで指摘した正義の人、金子札…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

石破茂 安保担当相ポストを蹴り別ポストで甘んじる動機

本稿は、 石破茂を首相にしてはならない13の理由 早く気づこう http://nihonnococoro.at.webry.info/201408/article_26.html の続編である。 産経は、幹事長就任直後の石破茂と現在の石破茂をその場その場で言い方が変わる、別人のようだと酷評した。 ――――――…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

石破茂を首相にしてはならない13の理由 早く気づこう

私は、石破茂という政治家を好きになれない。 自民党J-NSCでは、安倍総裁就任以降、何度も石破茂幹事長の話題を情報配信したが、見たくもない韓流ドラマの宣伝を見せられているような気になっていた。 石破茂とその一派の話題ばかりなら、J-NSCと距離をおこうかと思っているくらいなのだ。 コラボブログにては、「総理の資質」がないことを…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

自民党ヘイトスピーチPT 最低でも5つの点について調査検討すべきだ

本原稿は、自民党ヘイトスピーチPT関係者向けの陳情文書として作成した。 よって、自民党関係者が、本原稿について、コピペ再編集等される場合は、拙ブログは本原稿に係わる著作権を放棄する。 平沢勝栄議員が、ヘイトスピーチPTの座長に就任されたようだ。 産経と読売記事を読むと微妙にスタンスの違いがあることがわかる。 ――…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

報道姿勢比較 産経は中立/読売は色眼鏡ということでいいでしょうか?

今回は、終戦の日の戦没者追悼式典報道に係わる、産経および読売報道の内容比較をさせていただく。 朝日、毎日を、比較対象に入れていないのは、偏見に満ち、捏造まがい、戯けた私信レベルの与太話記事が多いためである。比較するまでもないという判断である。 それでは、本論に入らせていただく。 読売のこの記事を読んで違和感を持たれた保…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自民党幹事長人事 留任にこだわる石破茂と首相官邸の暗闘第2幕

今回は、まだ報道機関が報道していないと思われる、自民党幹事長人事をめぐる政局マターについて書かせていただく。 石破茂は、内閣改造人事として、安保担当相を打診されていることが報道されている。 私は、これは悪い話ではないと思う。 石破茂は、この人事案が気に入らないらしく、別の人を推薦したのだそうだ。 石破氏 安保担当相に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

英語教育を小3から導入するなら高校日本史を必修化できるはずだ

10月23日の読売朝刊にて、文部科学省は小3から英語教育を導入する方針であることが報道された。 英語授業は小3から、5年生から正式教科に http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131022-OYT1T01489.htm?from=top ―――――――――――――――――――――…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

文部科学省は外国人留学生に貯金させるために血税を支給しているのか!

こんなことやってる外国人留学生に支給していいのか!という意味で書かせていただく。 まず、外国人留学生に係わる下記サイトでの指摘をお読みいただこう。 ――――――――――――――――――――― http://ameblo.jp/ryobalo/ 留学生全体の75%ほどを占める中韓の学生の中には、もちろん学ぶことを目…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

文部科学行政の無駄はこんなにある!大学入試センター試験は廃止すべき

※10月24日、大学入試センター記述分について修正して更新 今回は、無駄が目に余る文部科学行政をテーマとして設定した。 まず最初に、大学入試センターについてとりあげる。大学入試センター予算は5年間で約550億とある。 http://www.dnc.ac.jp/modules/dnc/content0048.html…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

小手調べ的な歳出削減アイデアに満足してはいけない

安倍首相が、3党合意のシナリオどおり、来年4月からの消費税増税決定したことを受けて、自民党は、更なる歳出削減について検討着手したようである。 ――――――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131001-OYT1T00973.htm?from=yl…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

消費税増税決定 こんな無味乾燥な首相記者会見はすべきでなかった

先ほどNHKにて、安倍首相の記者会見の模様を見た。 一言で言うと、無味乾燥。抽象論、観念論だらけの記者会見だった。 安倍首相は、官僚的キーワードを何度も繰り返していた。 ――――――――――――――――――――― 「最後の最後まで考え抜いた」「経済再生と財政健全化は両立しうる」 安倍首相会見詳報 http://sank…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍政権 エネルギー外交はかなりしたたかなようです

最近の安倍政権のエネルギー外交は、相当したたかなシナリオによって 進められているふしがあると判断したので、その概略を以下に解説する。 まずは、最近のニュースご紹介 【外交】安倍首相、カナダとシェールガス輸入で合意、LNGの半値! http://www.hoshusokuhou.com/archives/32349683.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国渡航問題に関しての経緯のご説明

川口順子議員の説明をまず読みましょう。 川口氏の件、同情はしますが、過去の大臣時代、強烈に国益をアピールするような実績がありません。 この件で「国益」を口にしても説得力がないと受け止めざるを得ません。 中国渡航問題に関しての経緯のご説明 http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/in…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

反日マスコミ殲滅のために自民党がとるべき戦略について

これまで自民党がとってきた広報対策は、一言で言うと、とろくさいと私は思ってきた。 まず、思いつくままに、広報、選挙などに関する問題点をあげさせていただく。 ・情報配信力が決定的に弱い ・衆議院選挙落選候補者の多くが休眠状態である ・自民党という名前だけで一定数の票が入るため、後援会組織拡大に熱心でない ・党員以外からの…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more