テーマ:活動実践マニュアル

煽動に乗せられないために必要なこと

本稿では、ネット界での煽動に乗せられないための、3つの対策・処方箋について述べさせていただく。 ■自分なりの見解を持つ ブログ界は、実は、コピペ情報で溢れている。2ちゃんねるまとめサイトがそういう情報を提供している。 有名ブログのテーマは、実は、まとめサイトネタが多い。アクセスを維持するためには、仕方がない面はある。 …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

政治ブロガーに課されるべき「五つの条件」

本稿、「政治ブロガー」としての「ブログ論」的位置づけの内容となる。 なぜ、この種のテーマにこだわるのか? 理由は2つある。 一つ目の理由、拙ブログが、テーマにもよるが、(生意気と言われるだろうが)、議員向け、活動家向け、オピニオンリーダー層を意識していることにある。基本的には陳情を意識して書いている。読まれて、気づき事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色眼鏡で見られないために必要なこと

朝日新聞訴訟について、問題提起しているサイトを発見した。 朝日新聞集団訴訟 訴訟要件すら満たしていなかった?! 英霊の名を貶めているのは誰か #Ch桜 http://ameblo.jp/scorpionsufomsg/entry-12144298936.html 裁判官が色眼鏡で見て下さいと言わんばかりの訴状との指摘がある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政局の本筋は「憲法改正」にあり! 日本会議に注目!

本稿、政局の本筋と考えることについて述べさせていただく。 古い話となるが、拙ブログは開設時から、たちあがれ日本の平沼赳夫先生支援ブロガーであり、平沼赳夫先生の談話・国会質問等は最優先・最速で出稿、その一方、重要事案と考えるものについて平沼事務所に提言を何度か行ってきた。 議員本人が読んでいるという、有り難い連絡も何度か頂戴した。提言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK集団訴訟敗訴の怪  負けるべくして負けただけではないのか

NHK集団訴訟、最高裁で敗訴、判決確定したそうである。私も、数年前、デモに参加したことがある。 さて、こういう話を聞くと、裁判官というものは、訴状を読むほかに、原告、被告の人物調査をしっかり心がけているように思う。 ――――――――――――――――― http://www.nikaidou.com/archives/7…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

そろそろ政治的敗北に気づくべきだ!?

拙ブログは、この1カ月、捏造慰安婦問題日韓合意ただ一つにテーマを絞り、視点を変え、正月返上で出稿し続けてきた。 このテーマで分析から始まり、提言し、かつ1カ月も粘る物好きは、ネット界で拙ブログぐらいだろう。 一応、過去原稿を参照したい。 ――――――――――――――――― ■安倍政権の意図 ・日韓合意のメリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧米メデイアが捏造報道を繰り返すなら……我々も覚悟を示すべきだ

今回は欧米メデイアが巻き起こした災禍、という視点で捏造慰安婦問題日韓合意の視点から述べたい。 桜井よしこは、捏造慰安婦問題日韓合意は、日本に対する国際社会の評価を変えた点において、外交政策的に成功であると指摘している。 ――――――――――――――――― 櫻井よしこ「日韓合意の安倍総理の決断で世界の反日メディアが日本側…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

どう公開情報から分析し最終評価するか

捏造慰安婦問題の日韓合意事案に係わる、言論人が言及した原稿については、総じて部分的な次元での個別の問題指摘だらけであるという印象を持っている。 残念なのは、最終評価(最善手、やむを得ないもの、ベターな選択、悪手)の特定に至っていないことだ。 拙ブログコメント常連のSuica割さんの方が、産経や正論に登場するお歴々の方々よりも、事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不人気でも敢えてせざるを得ないこ3つのこと

「株式日記と経済展望」という保守系ブログを読んでいて、思い当たることがあるので、出稿することとした。 ――――――――――――――――― http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c68037de21c0e949cf8734408b561fe8 (私のコメント) 「株式日記」で法律の事を書…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャーナリストやノンフィクション作家が乗り越えられない壁

防衛省が募集した軍事技術研究に16の大学が応募したそうである。 無人機やサイバー攻撃対策など軍事技術研究に16大学が応募…防衛省! http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/45493565.html 私は、戦時中に、軍事技術研究に係ったと思われる、大学…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

歴史総括「近現代史」 学術的評価に耐えられる歴史書の必要性について

今回は、修士論文が予定されている大学院生向けに書かれている歴史学の本などを参考に、学術手法的な視点から書かせていただく。 その前に、保守系言論人が書いた歴史書の中から、読んだ記憶を辿り 「近現代史」のポイントとなる史実(歴史検証は別途)について 時系列的に記述する。 私個人の趣味的歴史観からの見立てであることをおこわりさ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

韓国との情報戦争 勝利への道 外務省対外広報活動実施方針(案)

本稿は、世界遺産登録審議の場に居合わせた、政府代表団、外務省職員向けに、業務改善を促すことを目的としている。 本来なら、こんな次元のことまで書きたくはないが、首相官邸や外務省などに抗議電話が殺到している状況などから、業務に係わる発想の間違い含めて、業務改善せざるを得ない部分が多々あると判断したからだ。 実施方針は、総論編と4つの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とんでもない判決対策 裁判官に対する任用制度見直し・再教育・弾劾強化等を提案します

また、とんでもない判決が、福井地裁から出た。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/west/news/150414/wst1504140058-n1.html 高浜原発再稼働認めず 福井地裁決定、審査合格も年内稼働困難に 関西電力高浜原発の(手前から)3号機、4号機=福…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

保守活動 目的意識の貫徹・共有化をどうするか?

「国のために戦う」世論調査結果に係わるニュースを読んで、二つのことが浮かんだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/world/news/150318/wor1503180016-n1.html ピックアップニュース「国のため戦う」 日本は最低の11% 中国71%、韓国42%…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

論争をいかに制するか 安倍批判する者たちへの反撃

安倍首相の戦後70年談話について、日本人になりすました勢力が、動き出したようなので、その対策として、出稿した。 実は、明確な定義のないまま使われている言葉がいくつかある。 例をあげるとすれば、それは、 ・愛国心 ・植民地支配 ・侵略 ・ファシズム ・ヘイトスピーチ ではないかと思う。 これらは、使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビイストとして陳情活動するために必要なこと 小坪しんやに学べ!

拙ブログは、読者を、議員秘書さん、保守系団体関係者、保守系活動家に設定させていただいている関係で、ブログを陳情ツールと考えている。 このような性格のブログは、実はあまり多くない。 こういう形態のブログを目指すきっかけになったのは、ある議員から論争を挑まれたことがきかけだった。その議員曰く、「おれは本を何冊も出版している。雑誌正論…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「次世代の党」敗北を受けてネット活動家はどう変わるべきか?

衆議院選挙での「次世代の党」の敗北、それに伴い、「次世代の党」を熱狂的に支持していた「ネット活動」の限界が囁かれているので、本稿では、保守系活動家としての対応策としての「活動論」に焦点を当て、述べさせていただく。 ::::::::::::::: 団体に所属するかそれとも? ::::::::::::::: ・日…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

政策提言することの意味 「次世代の党」支持者の場合

東証1部上場のそれなりの名門企業であれば、企業ビジョン、中長期業務計画、年度業務計画が、普通はオーソライズされたものが存在する。名門企業の場合なら、重大事案について、企業ビジョン、中長期の業務計画、年度業務計画が対応しているはずである。 しかし、多くの企業人にとって、企業ビジョンは絵にかいた餅で、中長期業務計画で提示される数値は実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次世代の党・太陽の党 議員に砕氷船を期待するなら支持者もそうあるべきだ

去る10月1日に行われた、次世代の党、平沼党首の代表質問は、実に見事だった。 【これぞ国会質問!!  日本の心、此処にあり 】 http://shinsaku.seesaa.net/article/406383705.html それに引き換え、安倍首相の答弁は、あれもやらない、これもやらないという趣旨でのものばかりだった。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

朝日新聞 自らの不明を恥じない点においてジャーナリスト失格である

まず、最初に、拙ブログの修正報告をさせていただく。 朝日新聞が工藤会組員逮捕に関し「警察が盗聴」と表現し報道 印象操作か? http://www.media-japan.info/?p=3130 このブログの管理人の説明のとおりであると考えるので、過去記事において、以下の4件が該当していると判断したので、「盗聴」から「電話…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保守活動 なぜ請願しないのか?なぜ請願同等の陳情をしないのか?

私は、ブログ活動を通じて保守活動の形態について、疑問を以て眺めていることがあるので、このテーマで出稿することとした。 まず、請願法という法律を眺めてみたい。 ――――――――――――――――― 請願法 (昭和二十二年三月十三日法律第十三号) 第一条  請願については、別に法律の定める場合を除いては、この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民各層の「覚醒」を促すためのアプローチ論

本稿は、以下のような指摘をいただいたことへの回答書の位置づけとなる。 ―――――――――――――――――― 日本を「普通の国」にするために貴重な時間を割いておられる皆様には、ただ正論を述べるだけでなくその正論を広めるための戦略もご一考して頂ければと思います。 Heroku 2014/07/05 19:40 ―…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

皇室、宮内庁問題の陳情方法に悩む方に読んでいただきたいこと

実は、皇室問題、宮内庁問題に係わる、初回の問題提起として「BBの覚醒記録」というブログでの主張を拡散する目的で出稿した前稿 そろそろ皇室・宮内庁問題に取りかかりましょう! http://nihonnococoro.at.webry.info/201408/article_6.html において、多大な反響があり 拙ブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛国者の作法

愛国者の定義として、「愛国的主張をすることが愛国者である」と思ってきたが、厳密にはそうではないようだ。 たとえば、櫻井よしこ、彼女の主張は、原稿料、番組出演料、印税の前提での話である。 青山繁晴の場合、いい主張はされているが、番組出演料の前提での話である。 竹田恒泰は、財団法人を運営するだけあって、出版も講演活動もかな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍政権中南米外交の狙い 「中韓と外交不拡大」+「シーレーン依存低下」

安倍首相の中南米訪問の件については、産経はかく報道した。 ―――――――――――――――――― http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/08/04/18abe/ 安倍首相が帰国 中南米歴訪終え  安倍晋三首相は4日午前、中南米5カ国歴訪を終え、政府専用機で…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

「覚醒」することによってマスコミが情報封鎖してきた世界を知ることが可能となる!

私は、マスコミは、歴史的に、業界ぐるみでの意図的な不報道、偏向捏造、相次ぐ誤報等によって、国民各層に対し、意図して情報封鎖行為を続けてきたと認識している。 明らかに、捏造報道に係わり、情報封鎖してきたマスコミ関係者については、河野談話検証作業、慰安婦問題に係わる国会質疑をきっかけに、その氏名と経歴が特定され、最終的には、業界追放、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新聞記者でなくても論説記事は書ける

私は、ここ数年、朝日、毎日、中日、信濃毎日、北海道などの社説、コラム、論説記事に辟易しており、批判的論調でこれらの記事を分析し、マスコミを如何なる根拠によって処罰すべきか提言し続けてきた。 他方、特定の事象について、どういう論説記事なら保守系支持者として、許容できるのか、具体例を示さずに来たと認識し、安倍外交の成果、安倍政権の主要…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

在特会京都裁判 変な判決が多すぎる→対抗策を準備し実行すべきだ

在特会が民事訴訟で躓いているようだ。 処方箋になるかどうかは別として、気がついたこと、対抗策について提言を試みる。 ―――――――――――――――――― 在特会2審も敗訴・NHK「時論公論」出鱈目解説・朝鮮学校の犯罪触れず、ヘイトスピーチ曲解強調 http://deliciousicecoffee.blog28.fc…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「覚醒」には段階がある! 

前稿では、「日本の政治、社会、マスコミ、近現代史の隠された真実」に気づかない、「覚醒不可能な代表格」として、上場企業経営者で経済団体の役員をあげた。 本稿では、覚醒の可能性のあるケースに的を絞り、覚醒の段階について、考察を試みる。 トルストイの「光あるうちに光の中を歩め」という本がある。キリスト教に無関心だった人たちが、人生最期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more