テーマ:保守系知識人

教育勅語復活 私案としての事例検討

教育勅語については、既に、二稿出稿済である。 教育勅語復活 世代間論争は避けられない http://nihonnococoro.at.webry.info/201604/article_27.html 教育勅語復活 実現の手段を考えなくていいのか? http://nihonnococoro.at.webry.info/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦前の対外広報活動 成功事例が一つ存在する

俄かには信じがたいことだが、日露戦争の講和条約前後、日本は対外広報的に成功した事例があることを発見した。 成功に導いた人物とは、金子堅太郎である。 金子堅太郎は、明治時代の官僚・政治家である。Wikipediaには、こう書かれている。 ――――――――――――――――― https://ja.wikipedia.or…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛国・保守を装った「スリーパー」に気をつけろ

最近、あちこちに、スリーパーなる存在がいることを知った。 中川八洋がある著書で、戦前の政治家、軍人のほとんどが共産主義者みたいな筆致で書くことに倣い、本稿登場人物すべてがスリーパーであろうという視点で書かせていただくこと、そうした方が一見不可解な事案の説明がつきやすいこと、を最初におことわりさせていただく。 ここで言う「スリーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言論人は淘汰される時代に入った!

アメリカ共和党から大統領候補として出馬したトランプ候補は、日本に対し、防衛費の大幅負担増を求めている。 アメリカは覇権国家であることをやめ、日本のための傭兵ビジネスを要求しているようでもある。(たかりと同じ) ただ、見方を変えれば、トランプは、日本に対し、自主防衛、核武装の機会をつくってくれているととれる。 そこで、考えなくて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

煽動に乗せられないために必要なこと

本稿では、ネット界での煽動に乗せられないための、3つの対策・処方箋について述べさせていただく。 ■自分なりの見解を持つ ブログ界は、実は、コピペ情報で溢れている。2ちゃんねるまとめサイトがそういう情報を提供している。 有名ブログのテーマは、実は、まとめサイトネタが多い。アクセスを維持するためには、仕方がない面はある。 …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

国政復帰すべき3人の愛国者たち それは「西村眞悟」「三宅博」「杉田水脈」である

追記 先日、杉田水脈が講演が行われた場所の記述が間違っているとの指摘を受けました。詳細、コメント欄参照。 この状況で、根拠がはっきりしないため、3月24日、杉田水脈事務所に対し、3月17日の講演が行われた都市名、会議施設等について、問い合わせし、その結果、ニューヨークとの回答を得ましたので、当初パリ→ヨーロッパと書いた経緯ありま…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

要求は具体的に記述することだ

本稿、活動論的視点からの出稿となる。 言論人というのは、職業柄、ジャーナリスト、学者だらけである関係で、批判文しか書けない人たちだと思ってきたが、藤岡信勝は違うようだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/160308/plt1603080052-…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

行き過ぎた「自由」 日本国憲法のもう一つの欠陥

日本国憲法の欠陥については、憲法9条、前文について、言及される機会が多いが、本稿では、信教の自由、表現の自由について、取り上げる。 信教の自由、表現の自由に係わる、日本国憲法の欠陥について、指摘する専門家は少ない。 そこで、何か事ある都度、違憲などと、語る憲法学者と称する輩が存在する。 「高市氏言及の停波は違憲」 憲法…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

偏向教師対策 小中高の歴史・政治・社会科教育体制を劇的に変えるべきだ

どうやら、歴史、政治・社会に係わる中高の教師たちに、依然、偏向教師が相当程度混じっているとみなし、具体的提言を行うこととする。 提言の発端となったのは、教研集会での一部教師たちの発表がきっかけである。 ――――――――――――――――― 日本は日清戦争から50年戦争を続けた! 東京裁判「15年戦争」史観をも超えるトンデ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「古事記」はなぜ重要なのか

文字がなかった時代、すべては口述にて継承された。これは確かであろう。 記憶力が良い人が選ばれたのは、想像に難くない。 かくいう私は、数十年前のことで今も鮮明に覚えていることがある。記憶は、生涯維持可能なのだ。 忘れ去られないために、多くの神話が物語形式となり、唄であったりしても決して不思議ではない。 ところが、古事記を文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 日本政府の国連での反論に続け!官民一体で闘う新組織設立を急げ!

年末の捏造慰安婦問題日韓合意に、いまだ否定的な言論人に申しあげたいことがあるので出稿することとした。 月刊誌正論3月号に、慰安婦問題の特集が組まれている。 http://seiron-sankei.com/recent 残念なことだが、この中に要求水準以下、周回遅れの事しか言えない言論人がいる。 捏造慰安婦問題は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK集団訴訟 必要な法整備が何であるか意識して闘うべきだった

またNHKが変な番組を放送したそうである。 【動画】NHK教育 高校講座「日本史」〜「女性や子どもを含む多くの中国人を殺害」字幕付きで放送 http://hosyusokuhou.jp/archives/46772633.html NHK「女性や子どもを含む多くの中国人を殺害する南京事件を起こし…」Eテレ:高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 官民一体で闘うなら代表は高橋史朗か藤岡信勝であるべきだ

年末以降、政治情勢は目まぐるしく動いている。 昨今は、北朝鮮の核実験、ミサイル発射に係わる国連レベルでの追加制裁措置まで進んだ。 かくして北朝鮮に対する報復の罠は準備された? http://nihonnococoro.at.webry.info/201602/article_7.html 拙ブログは、安倍政権は外交…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

かくして北朝鮮に対する報復の罠は準備された?

安倍内閣は、北朝鮮に対する追加制裁措置の実施に入った。 ――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160207-OYT1T50044.html?from=ytop_top 首相、北への独自制裁強化急ぐよう指示…菅長官 2016年02月07日 12時22…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

言葉尻にとらわれると事の本質を見失うのではないか?

※コメント投稿者の指摘があり、一部削除済。 2016年2月5日20時38分 青山繁晴が、最近になって、日韓合意直前に安倍首相に合意(案)について相談され、反対と伝えたことを明らかにした。 慰安婦日韓合意、私は総理に「反対」を伝えた 作家、国家戦略アナリスト・青山繁晴 http://www.sankei.com/pre…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意 総括します!

拙ブログは、標記事案について、1カ月粘りに粘って出稿し続けてきた。が、大勢決着したと考え、本稿での総括を以て、本テーマでの出稿を一旦打ち止めとする目的で出稿することとした。 本稿は、その総集編となる。 まず、何と言っても大きいのは、日韓合意を世論が評価したことだ。 ――――――――――――――――― 内閣支持…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

そろそろ政治的敗北に気づくべきだ!?

拙ブログは、この1カ月、捏造慰安婦問題日韓合意ただ一つにテーマを絞り、視点を変え、正月返上で出稿し続けてきた。 このテーマで分析から始まり、提言し、かつ1カ月も粘る物好きは、ネット界で拙ブログぐらいだろう。 一応、過去原稿を参照したい。 ――――――――――――――――― ■安倍政権の意図 ・日韓合意のメリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日韓合意のメリットとデイメリット なぜ安倍首相は決断したのか

日韓合意から20日以上経過した。 安倍政権は、アメリカ政府の圧力を受けた気配濃厚のようだが、メリット、デイメリットを試算し、最終的に合意を決断したはずである。 そう考えると、本テーマで出稿しなければ分析したことにならないと判断し、出稿することを決断した。 本稿は、一人の分析者の視点からの原稿となることを最初におことわりさせてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 日本国の名誉はどうすれば回復できるのか?

本稿では、捏造慰安婦問題の日韓合意について、官邸担当者(上司は安倍首相)の視点からの分析を試みる。 拙ブログは、捏造慰安婦問題の外交的解決について、以下の検討事項が存在することを、1月8日に示した。 ――――――――――――――――― http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

どう公開情報から分析し最終評価するか

捏造慰安婦問題の日韓合意事案に係わる、言論人が言及した原稿については、総じて部分的な次元での個別の問題指摘だらけであるという印象を持っている。 残念なのは、最終評価(最善手、やむを得ないもの、ベターな選択、悪手)の特定に至っていないことだ。 拙ブログコメント常連のSuica割さんの方が、産経や正論に登場するお歴々の方々よりも、事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンモノとニセモノ どの程度違うのか

件の日韓合意については、保守陣営内は、完全肯定派、拙ブログのような部分肯定部分否定派、完全否定派に分かれてしまったようだ。 分析という行為に着目すると、完全肯定派は、ともすれば、分析が甘くなる傾向がある。安倍首相だがら何とかやってくれるだろうという期待感が詳細分析なしで済ます現象を生んでいる面はある。 完全否定派は、どうか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日韓合意 我々はどうして読み違えたのか?官邸内売国奴の存在を憂える

拙ブログは、捏造慰安婦問題の日韓合意がああいう形で、年末に為されたことに、憤慨している。しかしながら、手順を踏み冷静に分析し、あるべき姿を見出し、なぜ政権がああいう判断とするに至ったかについて、すなわち、我々は、なぜ読み違ったかについて、多方面から分析を試みている。 ここで言う読み違いとは ・ああいう形で日韓合意に至ったこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

言論人たちは戦前と同じ過ちを繰り返しているかもしれない?

本稿は、倉山満の「大間違いの大東亜戦争」を素材に、戦前の言論人たちがしでかした扇動行為、そのことに起因する安全保障・外交政策上の失敗について、例示することを目的に出稿した。 また、本稿で定義する、言論人とは、新聞記者、専門性を以て新聞・雑誌に寄稿する研究者・評論家・フリージャーナリスト、専門的観点から動画・メルマガ配信する研究者等…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意に係わる中間報告 過去原稿振り返り&今後の予定

拙ブログは、管理人自身が官邸スタッフになったつもりで、上司が安倍首相という想定で、公開情報を頼りに本テーマで出稿してきた。 目的は官邸向けの陳情文書とするためだ。 読者の方におかれては、連日、このテーマでお読みいただいている関係で、どういう全体像を以て、出稿予定なのか?知りたいのではないかと思い、過去原稿リストと今後の出稿予…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マッカーサーが大統領選挙期間中に行った、とんでもないこと

マッカーサーがGHQ占領時代、1948年に大統領選挙に出馬したことがあったそうであり、マッカーサーとその側近の正体について、以下に分析を試みる。 さて、マッカーサーが出馬した選挙戦において、国内ではマッカーサー批判は検閲対象だったそうである。 ――――――――――――――――― https://ja.wikipedia.o…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

夫婦同姓合憲判断は朗報 しかし 二度と左翼の土俵で闘うべきではない

昨日、夫婦同姓については、合憲だとする最高裁判断が示された。 以下に、判決に係わる解説が読める。 朗報!夫婦同姓は合憲の最高裁判決下る http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3606.html 夫婦同姓は合憲 ~ 家族の破壊を目論むマルクス主義を排除せよ http://yu…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

いじめ問題の本質 反省すべきは我々自身かもしれない?

名古屋中一自殺、いじめ調査がまったく進まないそうである。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/west/news/151130/wst1511300048-n1.html 「誰一人、いじめをしましたと言ってくれません」名古屋中1自殺から1カ月、遺族が悲痛な思い語る  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動ものの歴史秘話は情報戦争を戦う際の障害にしかならない?

この数年間、歴史書を読む機会が増えた。 最初は、日本の良い話、いわゆる感動ものの歴史秘話を読んでいた。ためになったし読みやすかったからだ。しかし、情報戦争時代の外交の現実は、そういう過去の武士道精神の日本をあざ笑う如く、執拗である。 小中学生向けなら、道徳教育的には、そういう話はいいだろう。 では、人生の半ばを過ぎて、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

放送法違反事案に真摯に対応しないなら「免許はく奪運動」せざるを得ない

「放送法遵守を求める視聴者の会」が、記者会見を開き、主張の趣旨を説明した。 「安保廃案に声を」…TBS番組での岸井氏発言に「放送法違反」指摘 放送法遵守を求める視聴者の会が公開質問状 http://www.sankei.com/entertainments/news/151126/ent1511260015-n1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ追及の狼煙 次のターゲットは「岸井成格」だそうです

どうやら、保守陣営におけるマスコミ追及の次のターゲットはTBSと「岸井成格」一人に絞り込まれたようである。 「岸井成格」 どのような人物であるのか、ご存じであろうか? これを読むと、隠れ共産主義者であるとの印象を持つ人が多いと思う。 ――――――――――――――――― https://ja.wikipedia.…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more