テーマ:保守系知識人

歴史学者不要論 95%の歴史学者リストラ計画書

拙ブログは、左翼的な憲法学者が95%が護憲だと語ったことを根拠に、95%の文系学者がリストラ可能だろうと考えた。 ・95%の文系学者 リストラしても支障ありません? http://nihonnococoro.at.webry.info/201506/article_16.html 今や歴史教科書批判の代表格である、倉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな程度の文系学者ならいない方がいい? 文系学者不要論

文系学者については、尊敬している人もいるが、大多数は、常識すら身に付いていないのではないかと私は思っている。 特に、テレビ出演する機会が多い文系学者がそうだ。 私が覚えている文系学者を何人かあげてみよう。 トップバッターは、山口二郎。この人、相手の目をきちんと見て語らない癖がある。橋下徹とのテレビ討論、まさにそうだった…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

小坪しんや議員BPO通報呼びかけ 誰が真の国益派なのか?

以下の動画を眺めていくと、保守言論討論番組に係わる、不自然な対応が気になる。 ――――――――――――――――― 私はこんな利用のされ方で「朝日新聞を糾す国民会議」に入ったのではない!! http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/f7063fff3c2d484c872ab6f862a0c1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛国であることは善だと言いきれるのか?

選挙などの街頭演説にて、自分は他の候補者よりも善良な愛国者であるという趣旨の街頭演説を行う人たちが存在する。 私は、これを否定しない。 彼らは、総じて、善良な愛国者であると自己紹介し、態度、物腰での善良な素行を示しつつ、その善人の視点から見て、現状の政治の問題、特に政界の悪者について、論じることを好む。 私も同じ立場に立てば、…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

「次世代の党」起死回生策 憲法改正への道筋にあるかもしれない

まず最初に、3月18日に「次世代の党」を応援する大集会が、憲政記念館で開催されることを告知する。 ――――――――――――――――― ――――――――――――――――― 前衆議院議員三宅博議員のサイトからの転載 http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/95f0024857d77db0d…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歴史認識論争 民主党議員は政党交付金で本を買って読むべきだ

民主党国会議員が、東京裁判について、国会で質問したそうなので、国会での質問なのであるから、国民に対する質問でもある判断し、対抗策を提示する必要があると判断し出稿することとした。 私は、民主党逢坂誠二議員による、東京裁判の歴史認識に係わる国会質疑に係わるニュースを読み、ほとんど自明のことをこれまで通り自虐史観で情報操作して当然だとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独メルケル首相来日 あっと驚くようなことが話し合われるかもしれない!

ドイツのメルケル首相が来日するそうである。 その来日にちなんで、昨日の読売朝刊に、実に面白いエピソードが書いてあった。 習近平訪独時に、メルケルは、習近平に「尖閣が歴史的に日本固有の領土であることを示す古地図」を手渡したのだそうだ。 中国 「メルケル独首相の“毒入り”プレゼント!!!」 http://buybuyko…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田母神VS水島論争の行方 田母神事務所再発防止策について

本当は、こういう厄介なテーマやりたくはないのだが……誰かがやらなければならないという覚悟を以て出稿した。 まず、ブログ「脳天気なプチナシショ」が、田母神事務所使途不明金騒動が起きることを都知事選挙終了直後の2月の時点で予想し、出稿していたことを紹介する。 ――――――――――――――――― http://blog.li…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

株価高値更新 アベノミクス提唱者たちの意外な素性について

内閣官房参与本田悦郎氏の「アベノミクスの真実」を遅ればせながら読んでみた。 本田悦郎氏の本は、非常にわかりやすいだけでなく、ソ連時代の記述などから、本田氏という人は、経済という世界を、単に指標としてではなく、各国の経済実態の比較、産業政策との係わり、社会の動き、人々の生活の視点など、幅広く、そして人間味を持って観察し続けてきた人である…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ保守活動の弱点を克服すべきだ

拙ブログは、ブログ開設当初から、保守活動のあり方を眺めてきた。無料で登録できる団体・言論人等のメルマガ等をほとんど登録し、情報入手に努めた経緯を踏まえ書いている。 最近の保守活動においては、活動家個人個人のスキルが、ここ数年で見違えるほどレベルアップしていると評価はしている。だが、左翼と比較し、保守陣営は、これまで集団訴訟せず、陳…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

漢文教科書が教科書の中で最も偏向している?

今回は、本居宣長、山鹿素行的視点から、漢文教育のあり方について述べさせていただく。 教科書で偏向していると叩かれるのは歴史教科書、続いて、政治経済の教科書だと思ってきたがどうもそうではないようだ。 漢文の教科書が最も偏向していると、漸く気づき、こうして出稿することになった。 とりあえず、そう判断するに至った理由を挙げたい。…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

社会の役に立たなくていいのなら歴史学者はどんどんリストラすべきである

小田中直樹という社会経済史学者が、「歴史学ってなんだ?」という本を書いている。初版は2004年。 学者にしては、学問的に中立的立場から命題設定し、持論を展開している。 第2章「歴史学は社会の役にたつか」では、「従軍慰安婦論争と歴史学」、「歴史学の社会的有用性」という視点で学者らしい見解を述べている。 2004年という時期に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞提訴「朝日新聞を糺す国民会議」 あなたは知の巨人「渡部昇一」先生の凄さを知っているか

左翼は、渡部昇一先生は目の敵にしているようだが、私は違う。 また、一部歴史学者たちの中に、渡部昇一先生を馬鹿にしている人がいるが、私は違う。 その渡部昇一先生が、「朝日新聞を糺す国民会議」を主宰し、朝日新聞を慰安婦捏造事案にて、民事訴訟を起こした。 【速報】大学教授ら8700人超が、朝日新聞提訴へ 「『従軍慰安婦』をめぐる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

武田邦彦の「侵略戦争論批判動画」が面白い ただし……

武田邦彦の「反日日本人になった人が大衝撃を受ける解説!」という動画を見た。 【武田邦彦】反日日本人になった人が大衝撃を受ける解説! http://www.youtube.com/watch?v=F34DMEbhIGY 武田邦彦の、なんとなく胡散くさい人物評価を抜きにして考えれば、この動画、素晴らしい出来栄えの動画であると評…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■慰安婦戦線急展開■ 「池田信夫」氏本格参戦(反日弁護士が池田信夫氏を名誉棄損で告訴)

今回は、政治分野で突出した分析力を誇る名物ブログ、赤峰和風にまとめてみます。 赤峰和の「日本が、日本であるために」 http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu 実は、この1週間ほど、池田信夫氏のブログをマークしておりました。 発信される情報の質、量とも他の言論人を圧倒するものがありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■朝日新聞教育資料■ 歴史の捏造を起こさないためにすべき事

朝日新聞の捏造報道行為が、メデイア教育素材として活用されつつあることを知った。 【慰安婦捏造】 朝日新聞の捏造報道をメディア教育の資料に! 『新聞やニュース番組は嘘を付くということを小学生の頃から教えるべき』 https://www.youtube.com/watch?v=caW9kY2IlQA 【慰安婦捏造】 朝日新聞…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

桜井よしこ国家基本問題研究所 意見広告「慰安婦」国際中傷を跳ね返せ

桜井よしこ主宰の国家基本問題研究所が読売に意見広告を出しました。 首相直轄の対策本部と担当大臣、専属事務局設置を求めています。 注:スペースの関係上、桜井よしこ女史の画像を省略しております。 この組織にマスコミの偏向捏造を追及する機能が含まれているかどうかはっきりしませんが、重要な提案だと思われるため、ここで紹介し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

愛国者の作法

愛国者の定義として、「愛国的主張をすることが愛国者である」と思ってきたが、厳密にはそうではないようだ。 たとえば、櫻井よしこ、彼女の主張は、原稿料、番組出演料、印税の前提での話である。 青山繁晴の場合、いい主張はされているが、番組出演料の前提での話である。 竹田恒泰は、財団法人を運営するだけあって、出版も講演活動もかな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

櫻井よしこ殿 質問させていただきたいこと たくさんあります

櫻井よしこは移民拡大賛成、ヘイトスピーチ反対、TPP賛成、在日朝鮮人帰化大賛成、朝鮮が日本よりも文化的に格上、の立場で発言されているようである。 今度は、ヘイトスピーチ反対の原稿の猛批判に驚いて?、お得意の、中味のない原則論レベルの移民拡大論をぶったそうである。 一応ソースを確認しよう。 櫻井よしこ氏「アジア諸国の人材…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

安倍外交 対北朝鮮向けの切り札は温存・強化されている!

対北朝鮮向けには、 総連本部施設の入札、いろいろあったが、総連立ち退きの前提で事が進み、当該用地の日本政府買い取り?のシナリオがあるようだ。 総連本部 転売先に政府機関も検討 マルナカ http://sankei.jp.msn.com/world/news/140518/kor14051808030002-n1.htm …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

櫻井よしこ殿 変わるべきは日本人ではなく「あなた」の方かもしれない

今回は、時局柄、保守系?言論人の批判原稿となった。 櫻井よしこが、雑誌記事で、朝日や毎日の社説と同等レベルの戯けた原稿を出稿し、ヘイトスピーチに言及したようなので一言言わさせていただく。 櫻井よしこ「在日へのヘイトスピーチは誇りの欠如が原因。移民を受け入れてもこの国の良さを壊すな」 http://www.tokuteish…
トラックバック:3
コメント:12

続きを読むread more

公務員学者・研究員の不正行為等について国全体で対策強化すべきである(科研費事案)

政府の総合科学技術会議は、小保方研究不正を受けて、国全体に蔓延る問題としてとらえ、対策を講じる方針のようである。 ―――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/science/20140415-OYT1T50007.html?from=ytop_ylist STAP問題「論点が…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

戦後レジームの脱却を明快に提言できる人

本稿は オ馬鹿大統領と入鹿大使のおかげで戦後レジームの脱却が早まりそうです!? http://nihonnococoro.at.webry.info/201403/article_11.html の続編である。 私は、前稿で述べた、正体不明の怪しげな黒幕(たとえば、フリーメーソン?)が今も日本を戦後レジーム体制を通じ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

切り貼り「誤報・捏造報道」は処罰の対象とすべきだ

森元総理大臣が切り貼り報道による(誤報により)報道被害にあったようだ。 別に森元首相を庇うつもりは毛頭ないんだが 発言が切り取られて、ちょっと誤解されているような気がしたので要点を貼っておく http://hosyusokuhou.jp/archives/36504781.html 切り貼りなので、意味が違ったにせよ、同じ…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

近現代史 「歴史小説の脆さ、怪しさ」を指摘する

歴史小説の批評は、歴史学を学んでいなくても常識がわかる人なら誰でも可能である。 それは、形態的にフィクションであるからだ。 形態的にフィクションなので、歴史の専門家の独壇場ではない。 なお、以下の原稿は、福井雄三の労作を信用しているつもりではあるが、「福井雄三の原稿が、一般論として、間違った分析をしていない」前提での話であ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しい歴史教科書をつくる会 緊急国民集会 5月28日18時 星陵会館

重要なイベントです。 新しい歴史教科書をつくる会 緊急国民集会 橋下発言と「従軍慰安婦」問題の本質 ―政府は速やかに「河野談話」を撤廃せよ― 日時 平成25年5月28日18時開場 18時半開会(20時半終了) 場所 星陵会館大ホール(〒100-0014 東京都千代田区永田町2-16-2)  電話:TEL …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本主婦連合会の東瀬幸枝会長は戦時体験ある女性として橋下徹氏の発言を支持すると表明

「民主党共産党社会党の女性議員は、もっと勉強して下さい」とありますが、在日帰化ばかりなので、勉強したくないのかもしれません。 先ほど日本主婦連合会の東瀬幸枝会長は、戦時体験ある女性として、全面的に橋下徹氏の発言を支持すると表明した。以下/「戦後進駐軍が今里新地に徘徊していた頃、私たち大阪の主婦は命がけで働いていた htt…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

副島隆彦は良い本は書いているが……(その3)

話は変わり それから数十年が経過し………………… 民主党が政権をとって、事態は一変した。今まではっきりしなかった在日朝鮮人の存在がにわかに表面化したのである。彼らは、日本を政治的に支配する目的で外国人参政権や人権侵害救済法案の法制化を公然と民主党に要求し、実際、民主党国会議員は、民団の会合や韓国の大統領との会談の場で外国人参…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

副島隆彦は良い本は書いているが……(その2)

「新版 日本の真実」の25頁の記述であるが、「さらば吉田茂」(現在の『日本永久占領』)という文献を絶賛することは私は否定しない。が、他にもマッカーサーに係わる文献はあるのにこの文献の記述だけでマッカーサーを人物評価していること、日本国憲法制定押しつけの経緯に吉田茂が外相なのに積極的に係わっているかような記述があることが気になっている。憲…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more