テーマ:保守系知識人

秦郁彦はどういうスタンスの歴史家なのか?

本稿では、南京虐殺事案の討論番組に出演した、秦郁彦がどういう人物であるのか? 考察を試みたい。 討論番組については、以下のサイトにて解説が読める。 「南京事件」とは何か 諸説と“真相”の間に 3論客の見方相互検証 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

問題提起 グレーゾーン思考を解しない状態であの問題を解決処理できるのか?

本稿は、ある問題に係わる、保守陣営内部の在り方に係わる問題提起である。 既に、拙ブログはかく出稿した。 このままで「忍び寄る」危機に対処できるのか http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_26.html 私は、倉山満の本から引用していることについて、(三橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲田朋美議員 首相への道

産経のこの記事を見て、稲田朋美議員の真摯であるが故の頑固さ、これまでの抜擢にやっかみが党内に渦まいていることを知った。 内閣改造の目玉は「稲田朋美⇔甘利明」の入れ替え構想だった! 幻となったのはあの派閥の横やり… http://www.sankei.com/politics/news/151012/plt1510120001-n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユネスコ分担金停止」要請行動の意義について

政府は、ユネスコ委員会に、日本人職員の派遣を申し出るそうである。 ――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151030-OYT1T50149.html?from=ytop_main2 ユネスコ委に日本人派遣へ…記憶遺産に発言力  政府は30…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

このままで「忍び寄る」危機に対処できるのか

倉山満の「保守の心得」という本を読んでいるうちに、このままでは、忍び寄る「ある危機」に対処できるのか、不安になり、出稿を決意した。 本のPR文はこうなっている。 ――――――――――――――――― ■学校では教えてくれない「保守入門」の書■ 米中韓に振り回されない日本のつくり方とは? 20万部突破のベストセラー…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「歴史の虹」が見えている人について

歴史学者は、ミクロ的視点から、史料収集し、史料検証し、それを積み上げて、論文とし、それを集積して、歴史書とする傾向がある。職業上、そうなるのは当然の事だ。 ただ、この手法に問題がない訳ではない。 ・木を見て森を見ずとならないか ・文献資料の検証に手間をとられ、文献資料以外に無関心とならないか ・教条主義的思考に陥らないか…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

ユネスコ捏造事案登録が招くもの 中韓は国家として反日の一線を越えてしまったようです

産経の黒田記者(73歳)が国内で、嫌韓鎮圧目的で講演したようである。 韓国の「反日」の実情は… 本紙ソウル駐在・黒田勝弘氏が講座 松江 http://www.sankei.com/west/news/151018/wst1510180024-n1.html この記事では、韓国が日本および日本人に対し何をしたかについて、ふれ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

世の中の文系学者の実態 聖教新聞の軽減税率適用反対

拙ブログをお読みの皆様におかれては、憲法学者、歴史学者たちは劣化した存在であり、95%程度はリストラ対象としてかまわないとする、原稿をご存じのことと思う。 ――――――――――――――――― ・95%の文系学者 リストラしても支障ありません? http://nihonnococoro.at.webry.info/2015…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「安倍首相に近い」学者北岡伸一を信用するな 新たな歴史戦に備えよ

歴史認識問題で、なにかと反日的言動が多い、北岡伸一氏が、今度はJICA理事長になるのだそうだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/150925/plt1509250022-n1.html JICA理事長に北岡氏 外務省「外交に造詣」 北岡伸…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ノーベル賞受賞に思う事 国立大学教官の大半を入れ替えなくていいのか

連日のように、新聞紙面は、ノーベル賞受賞に湧いている。 しかしながら、新聞紙面が決して言及しないことがある。 それは、国別受賞ランキングの事である。 ――――――――――――――――― 国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国? http://1000nichi.blog73.fc2.com/b…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

語り継ぐべき海軍の勇将 伝記ものを扱う言論人に申しあげたいこと

本稿は、戦史ものの本、軍人の伝記を書かれる、ノンフィクション作家、言論人向けの提言である。 終戦記念日、私は、ある神社の境内にて、地元出身の方で特攻死された方の奮闘を記述した張り紙を見た。その方のことは、Wikipediaに簡単な紹介がある。その方のことを書いている本もあるようだ。史料は、自衛隊の駐屯地の広報資料室に展示があるそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人の名著には裏がある?

占領下、歌舞伎の台本までがGHQの検閲を受けたとする情報を読売が報道した。 ――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150928-OYT1T50062.html 「切腹」削除…GHQの歌舞伎検閲、実態公開へ 2015年09月28日 17時24分 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大東亜戦争の目的 埋もれた資料は大東亜戦争の戦争目的を語っている 我々は共有化すべきだ

帝国政府声明文を含め、敗戦後、時を経て、埋もれ、忘れ去られた資料の中に、大東亜戦争の目的を語っているものが含まれていることに気づいたので、紹介させていただく。 その資料は、確認した限り合計で三つ存在する。 ①帝国政府声明文(昭和16年12月8日) ②これだけ讀めば戦は勝てる 辻政信 ③ルーズベルトに与うる書 市丸利之助 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャーナリストやノンフィクション作家が乗り越えられない壁

防衛省が募集した軍事技術研究に16の大学が応募したそうである。 無人機やサイバー攻撃対策など軍事技術研究に16大学が応募…防衛省! http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/45493565.html 私は、戦時中に、軍事技術研究に係ったと思われる、大学…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

政治課題として「戦前・戦中・戦後の歴史を総括」するために必要となること

安倍談話を受けて、近現代史を総括する流れが加速すると、私は予想する。 そんな中、改めて歴史の総括の必要性について言及される議員がいる。 私は総論で賛成であるが、各論の視点で眺めると、膨大な作業、論争を手順的にどう管理し、結論を出すのか、と考え、そう語る方自ら歴史検証に携わる方でない限り、説得力があるはずがないというスタンスである…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

歴史総括「近現代史」 学術的評価に耐えられる歴史書の必要性について

今回は、修士論文が予定されている大学院生向けに書かれている歴史学の本などを参考に、学術手法的な視点から書かせていただく。 その前に、保守系言論人が書いた歴史書の中から、読んだ記憶を辿り 「近現代史」のポイントとなる史実(歴史検証は別途)について 時系列的に記述する。 私個人の趣味的歴史観からの見立てであることをおこわりさ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍談話 仕掛けの全貌を分析してみました 

本稿は、前稿の続編である。 安倍談話を魔方陣的視点から解き明かすと-----その狙いは? http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_20.html 前稿では、古代の文書並の仕掛けが、安倍談話に仕掛けられている可能性を指摘した。 本稿では、安倍談話を、「結界のは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍談話を魔方陣的視点から解き明かすと-----その狙いは?

安倍談話、魔方陣、一見無関係のように見える、二つ。 私は、共通点を見出し、出稿することとした。 安倍談話が、それほどまでに良くできていることを知ったからだ。 安倍談話に関する、言論人の批評がほぼ出揃った。 当初、私は額に入れて、言論人の批評をかき集め、安倍談話を語り継ぐつもりであったが、こうして額に入れた安倍談話を眺めていく…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

安倍談話の舞台裏を推測・検証する!?

拙ブログは、安倍談話はひとまず成功と評価している。 この成功の裏側に潜む、官邸サイドでの用意周到な舞台裏での準備について、3つの視点から述べたい。 ■舞台裏事情1 シナリオライターとスピーチライターが用意された理由 今回の安倍談話にて、私はシナリオライターとスピーチライターが、有識者懇談会「21世紀構想懇談会」の事務局…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相談話は期待以上の内容だった

安倍首相の70年談話は、いろいろ横やりが入ってどうなるか気をもんだが、事前の予想を越えた文言が入っていたようである。 戦後70年談話を閣議決定 首相が記者会見で発表 「謝罪」繰り返しに歯止め http://www.sankei.com/politics/news/150814/plt1508140018-n1.html 首…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

キーワードの継承が必要な首相談話なら不要である

やっと、70年談話に係わる、首相の本音らしきことが報道されるに至った。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/150812/plt1508120022-n1.html 安倍首相 70年談話「反省、日本がどういう国になっていくか世界に発信」  安…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

尖閣・南シナ海でマスコミが決して報道しようとしないこと!?

本稿は、ケント・ギルバート氏、マイケル・ヨン氏なら当たり前のこととしてわかっていること、一方で日本人のほとんどが知らされていない、(マスコミが馬鹿過ぎる面はあるが)、特定の業種に係わる人なら本稿の情報を知ればそう思うであろう、情報を並べてみた。 本稿は、公開されている断片的な情報から、事実の背景構造を順次組み立てる論理構造となって…
トラックバック:2
コメント:15

続きを読むread more

憲法学者要員枠の大幅削減 「国際政治学≧or≒国際法>憲法学」でいいはずだ

国会の参考人選出者を間違え、選出した憲法学者に「安保法制について違憲である」と言わしめる珍事を招いた責任者である、自民党の船田氏が、漸く釈明した。 安保法案違憲論「私が引き金ひいてしまった」 船田氏、講演で釈明 http://www.sankei.com/politics/news/150721/plt1507210041-n1…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

これ以上日韓友好しなければならない義務は日本にはない

本稿は、西岡力氏の雑誌「正論」寄稿記事に係わる、視点を変えた反論である。 西岡力氏の論文をざっと読んだ。 日韓関係の悪化を喜んでいるのは誰か? 西岡力 http://www.sankei.com/politics/news/150720/plt1507200021-n1.html 自身が経験した40年前の時代の事を持…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

南出弁護士と日弁連の闘い 一点突破で実現することが大切だ 

真正保守を標榜してきた保守の論客の一人、南出喜久治弁護士が日弁連相手に、ある行動に出た。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010030-n1.html 「政治的な声明は違法だ」 弁護士が日弁連などを提訴  日本弁…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

「文化芸術懇話会」 作家百田尚樹は官邸の密命を受け発言した?!

安倍首相の公明代表への陳謝報道を受けて、一国の首相が、問題マスコミの処断すらできない現状に、一人の国民としてガッカリしている。 安倍首相、公明・山口代表に陳謝「わが党の議員のことで迷惑かけ大変申し訳ない」 http://www.sankei.com/politics/news/150701/plt1507010012-n1.ht…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

謀略機関討論番組の出演者は大部分がエージェントだった???

本稿では、先日紹介させていただいた、保守メデイア討論番組を振り返って、述べたいことがある。 安倍政権諜報機能強化 即席ではあるものの飛躍的に強化されている? http://nihonnococoro.at.webry.info/201506/article_18.html なぜ、そうするのか、そうする動機がどこにあるのか?…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「文化芸術懇話会」報道問題 反日マスコミを懲らしめるには事前準備が必要です

自民党青年局長が、「文化芸術懇話会」での発言の責任を取り、更迭される見通しとなった。 ――――――――――――――――― http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150627-OYT1T50096.html?from=ytop_main4 自民、局長更迭・役職停止1年…報道規制発言 2…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more