テーマ:韓国

日本人と韓国人の外見の違い 新たな見分け方

ブログ[BBの覚醒記録]で使用されている画像とネット情報から、日本人と韓国人の外見の違いを再認識したので、本稿では、そのウンチクを紹介させていただく。 まずは、BBの覚醒記録の画像をじっくり眺めていただこう。 整形してもしなくても、同じ顔、だって朝鮮人なんだもの 《転載自由》 http://blog.goo.ne.jp/i…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

新聞社の変な人事配置に物申す 本社よりも地方の支局に有能な記者が多い?

読売新聞が新聞協会賞を受賞したのだそうだ。 ――――――――――――――――― http://info.yomiuri.co.jp/company/company.html 読売新聞の群馬大病院報道に新聞協会賞 2015年09月02日 19時14分  日本新聞協会は2日、2015年度の新聞協会賞を発表した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集団的自衛権  韓国を助けるべきでない決定的な理由

参議院で、安保法制に一貫して反対していたはずの民主党議員が、朝鮮半島有事においては、海外派兵すべきだという視点から、国会質問した。 ――――――――――――――――― 民主小川「韓国が武力攻撃を受けたら自衛隊を派遣するか?」→安倍「韓国は密接関係国だができない」 http://deliciousicecoffee.blog…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

外交上のジンクスについて

最近の外交情勢などから、三つの外交上のジンクスについて、述べたい。 ■ジンクス1 外債を発行すれば外債の引き受け手(ユダヤ金融資本)の言う事を聞かなければならなくなる 明治天皇は、グラント将軍訪日時に、グラント将軍との謁見の場においてさまざまの外交的助言を得たようである。外債発行を避けるべきとの助言がその一つとされる。 …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ユダヤ人と在日の共通点について

今回は、かねてから考えていることをシナリオ化した妄想である。 戯言レベルの原稿で申し訳ないが、面白いことだけは保証する??? 皆さんは、在日についてどう見られているだろうか? 私は、在日に初めて遭遇したのは、中学時代。突然火病を何度も起こす同級生が一人いた。創価学会だった。父親が電通の息子さんもいた。一見人…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

これ以上日韓友好しなければならない義務は日本にはない

本稿は、西岡力氏の雑誌「正論」寄稿記事に係わる、視点を変えた反論である。 西岡力氏の論文をざっと読んだ。 日韓関係の悪化を喜んでいるのは誰か? 西岡力 http://www.sankei.com/politics/news/150720/plt1507200021-n1.html 自身が経験した40年前の時代の事を持…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

世界遺産登録問題 官邸は保守層向けの説明を後回しにするな!

どうやら、世界遺産登録申請問題のマスコミ報道は、保守層分断が目的だった気配がある。それゆえ、首相官邸をターゲットに、本稿出稿を決心した。 産経のこの暴露報道は、保守分断回復策の一環なのであろう。 安倍首相が習主席に施設増設を直接抗議 昨年11月の首脳会談で http://www.sankei.com/politics/ne…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

韓国外相の正体 実はアメリカ国務長官直属の???ではないのか

本稿は、陰謀論的視点で眺めたシナリオである。太田龍、鬼塚英昭本の視点で書いてみた。 信じるも信じないも自由。 たとえば、世界遺産登録申請事案、米韓合作の謀略と考えれば、説明がつきそうな気がする。 世界遺産登録については、特に韓国の裏切りが国内的に話題となっている。 この中で、裏切りの当事者である、尹炳世外相は、北朝鮮…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

情報戦争 外務省は韓国と情報戦争に突入している前提で業務遂行せよ

外務省は、対外広報を強化するとしている。 やらないよりはやった方がいい。 しかし、今の外務省の体質では、気迫の足りなさ、やるべき使命はわかっていても甘ちゃんなので徹底できない、妥協を促されれば仕方なく応じる、創価系・左翼系の誘い・協力要請も断れない、ということが実態のようである。 外務省という職場に対し、保守層が抱いているイメ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

韓国との情報戦争 勝利への道 外務省対外広報活動実施方針(案)

本稿は、世界遺産登録審議の場に居合わせた、政府代表団、外務省職員向けに、業務改善を促すことを目的としている。 本来なら、こんな次元のことまで書きたくはないが、首相官邸や外務省などに抗議電話が殺到している状況などから、業務に係わる発想の間違い含めて、業務改善せざるを得ない部分が多々あると判断したからだ。 実施方針は、総論編と4つの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

次なる世界遺産登録への備えを! 新規申請よりも外務省・自治体・キリスト教界の除鮮が先ではないのか

まず最初に、国際法というアプローチで、今回の世界遺産登録問題の「最適解」を発表した新進気鋭のブロガーがいることを、紹介したい。 【ユネスコ日韓外交戦争を斬る】国際法で検証する日本外交の完全かつ最終的な勝利(転載フリー) http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/6f4f9ddb693a9cb9c89e67d…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

世界遺産登録問題の核心 外務省職員等に韓国政府のスパイが10人はいる???

私は、世界遺産登録問題について、韓国政府に一方的にしてやられた、と思っていたが、青山繁晴情報によって、「国内の10人程度の協力者が韓国政府外務省に情報提供したことによって、韓国政府の謀略が成功した?のではないか」と推定するに至った。 世界遺産登録問題、青山繁晴のブログ、ブログ「BBの覚醒記録」から、国内の協力者を含めた大規模な謀略…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

世界遺産登録後始末 税金広報せざるを得ないのには裏がある???

安倍政権は、外務官僚に足を引っ張られ、韓国政府に、世界遺産登録問題でいいようにしてやられたようである。 時を置かずして、世界遺産登録問題の後始末として、安倍政権は、税金広報を強化すると発表した。 【世界遺産登録】日本政府、「強制労働」を否定 本格説明へ 産業遺産の徴用問題 『2国間協議』や国際会議の場を利用し立場を発信する方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産登録問題 外務省HP見解と佐藤地ユネスコ大使発言の食い違いをどう解釈すべきか?

1日1原稿が時間的に限界なのだが、世界遺産登録問題、座視できないので、得られた情報などを整理し、疑問点をまとめてみた。 世界遺産登録問題については、どうやら、外務省発表資料と、佐藤地ユネスコ大使発言を根拠とするマスコミ報道の間にかい離が発生している状態にあるようだ。 岸田外務大臣は、世界遺産登録に関して、記者会見の場にて、新…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

世界遺産登録問題 これでは第2の河野談話と同じではないか 岸田外相は裏切ったのか?

本稿は、首相官邸、外務省職員向けに書いている。 腹が立っているし、首相官邸職員そして外務省職員に読んで欲しいからだ。 私は、今回の世界遺産登録事案を歓迎していない。たかり国家、韓国に付け入る隙を与えたからだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/world/news/150…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

日韓国交正常50周年記念 韓国政府は歴史捏造に係わる謝罪とWGIPを受け入れよ

韓国の外務大臣が、訪日した。世界遺産登録に協力すると語ったそうだ。 産経は、追い込まれて、訪日せざるを得なかったと状況分析した。 韓国、切るしかなかった「訪日カード」 訪米土壇場キャンセル…「非礼」補う手段なく http://www.sankei.com/world/news/150621/wor1506210029-n1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朴槿惠が仕掛ける外交戦 実は戦争を誘致したがっている??

拙ブログは、「次世代の党」目線で出稿している。 従って、国家あるべき論、マスコミあるべき論が先行する。 一方、安倍外交は、手順、主張を熟慮し、今は敢えて言わない手法で、アメリカ議会の信頼を勝ち取った。多くの方はそのことに気づいておられることであろう。 ブログ「反日勢力を斬る」は、見事に解説している。 「正論」7月号は安倍…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本の寺社に油を撒いたあのキリスト教系教祖の正体は?

今回は、陰謀論の領域に踏み込んだ(妄想)分析となる。信じるも信じないも自由だ。 だが、状況的に証拠は揃いつつある。あと10年もしたら、陰謀論で扱われてきたことの相当部分は、史実として扱われるか、同等の事実として認知されるかもしれないという意味である。 まず、ネット情報から。 ――――――――――――――――― 寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国問題 「世界記憶遺産登録」&「ハングル表記廃止」を提案します

先日、拙ブログにて、首相夫人が、オルレなる韓流ビジネス活動に参加していることを紹介した。 20131105 安倍総理大臣の昭恵夫人ら「オルレ」楽しむ http://nihonnococoro.at.webry.info/201505/article_6.html 追加情報として、コメント投稿者から以下の情報提供があった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日韓関係新時代 「非礼」な韓国に対してはっきり「非礼」と言おう!

脚本家、井沢満は、 「菅義偉官房長官が、 安倍晋三首相の米議会での演説に対し、韓国国会が『歴史や慰安婦問題に対する反省がない』と非難する決議を全会一致で採択したことについて、 『友好国の首相を名指しする形の決議は非礼と言わざるを得ない』と批判した」ことをかく評価している。 「遺憾の意」から「非礼だ」への道のりが長かった h…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

韓国の朴大統領 李氏朝鮮時代の「閔妃」と同じではないか

私は、韓国朴政権が追い込まれた、ダブル土下座外交に、李氏朝鮮時代の閔妃を見る。 日本は、李氏朝鮮時代の閔妃がロシア側についたせいで、日清・日露戦争に追い込まれたのだ。 本稿では、4件の情報を紹介する。 これらを読むと、歴史は繰り返すような気がしてならないのだ。 ――――――――――――――――― 朴政権「ダブル土下…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

対韓外交 産経支局長解放しないなら報復措置は避けられない

民主党の長島明久議員が、産経ソウル支局長の出国禁止措置について、国会にて質問したそうだ。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/150325/plt1503250034-n1.html 岸田外相、出国禁止は大統領判断で解除可能   岸田文雄外相…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

テロ放置国家韓国 危険な韓国人・危険な在日朝鮮人 テロ指定等を急げ

駐韓米国大使を襲った人物は、反日であり、日本国内でテロ行為を行う可能性があるようだ。 【駐韓米大使襲撃】逮捕されたキム容疑者 「日本の天皇を殺さなければならない」 「地球上で米国は消えなければならない」 http://hosyusokuhou.jp/archives/43058190.html 駐韓米国大使を招待した団体は…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

在日朝鮮人の視点で邦銀を眺めると

たとえば、みずほ銀行のロゴについては、いろいろ噂がある。 みずほ銀行のロゴに隠されたハングルの意味が ヤ バ す ぎ た !!! http://www.news-us.jp/article/412290939.html 普通のブログなら、上記サイト情報の一部をコピペして、そうだ、そうだと連呼するだろう。私もそうすれば、ブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日韓外交 首相官邸に陳情すべきこと 韓国に激しく問題提起せよ!

今朝の産経報道は、面白いところをついている。 「慰安婦」は韓国が解決する問題 http://www.sankei.com/politics/news/150219/plt1502190003-n1.html あの大統領になってからの、告げ口、要求、反日。何をどうして欲しいのかわからない。 好きな男の前で、ダダをこねている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会の役に立たなくていいのなら歴史学者はどんどんリストラすべきである

小田中直樹という社会経済史学者が、「歴史学ってなんだ?」という本を書いている。初版は2004年。 学者にしては、学問的に中立的立場から命題設定し、持論を展開している。 第2章「歴史学は社会の役にたつか」では、「従軍慰安婦論争と歴史学」、「歴史学の社会的有用性」という視点で学者らしい見解を述べている。 2004年という時期に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦問題対外広報拡充 方針立案・計画策定は外務省組織の枠外でやるべきだ

こういうニュースを読むと、外務省職員は、意図的に手抜きしているのではないかと思えてならない。 この手抜きという意味には、決裁時間をいたずらに遅らせる手抜き、作業的な手抜きの二つがある。 首相に同行した通訳の語学力を眺めた感じでは、数時間も費やすとは思えないため、私としては決裁~発表を意図的に遅らせる手抜きがあったのではないかと見…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相戦後70年談話への道 吉と出るか凶と出るか

安倍首相戦後70年談話について、関係者のコメントなどから、安倍首相の意図によって70年談話することが、既成事実化しつつあるようである。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/150105/plt1501050017-n1.html 戦後70年談話「英…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

政治家、官僚、歴史学者が歴史論争するためにわきまえておくべきこと

中韓との歴史論争が激化し、それをあざ笑うかのようにアメリカ国務省が、日本政府に対して、中韓への歴史認識問題への誠実な取り組みを求めていることに、辟易している方が多いと思う。 私もその一人だが、倉山満の「常識から疑え 山川日本史 近現代史編上」にて、こういった不逞な輩と歴史論争する際の、当たり前の原則を憲政史学者、倉山満が見事に解説…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

偏向新聞不要論 価値観を読者に押し付けているのは朝日・毎日・東京新聞の方である

産経が、道徳の教科化に関する、新聞各社比較検証記事を出した。 私は、実際の道徳の教科書は読んでいない。だが、いわゆる書店で入手できる道徳書や修身に係わる本を購入し、どういう内容のことが書かれているのか、大凡想像がついている。 私は、「朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道」の記者たちは、日本の道徳関係の本を最初から最後まで読ん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more