どう公開情報から分析し最終評価するか

捏造慰安婦問題の日韓合意事案に係わる、言論人が言及した原稿については、総じて部分的な次元での個別の問題指摘だらけであるという印象を持っている。 残念なのは、最終評価(最善手、やむを得ないもの、ベターな選択、悪手)の特定に至っていないことだ。 拙ブログコメント常連のSuica割さんの方が、産経や正論に登場するお歴々の方々よりも、事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 用語使用の問題を見過ごしてはならない

日韓合意に至る経緯を調べていくうちに、官邸は、用語使用について、適切ではない対応をした可能性が高いと判断し、出稿することとした。 拙ブログは、日韓合意について、最終評価(最善手なのか、やむを得ないものか、ベターな選択なのか、悪手なのか)する際、検討事項が多岐に亘ることを示した。 ――――――――――――――――― ht…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホンモノとニセモノ どの程度違うのか

件の日韓合意については、保守陣営内は、完全肯定派、拙ブログのような部分肯定部分否定派、完全否定派に分かれてしまったようだ。 分析という行為に着目すると、完全肯定派は、ともすれば、分析が甘くなる傾向がある。安倍首相だがら何とかやってくれるだろうという期待感が詳細分析なしで済ます現象を生んでいる面はある。 完全否定派は、どうか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日韓合意 我々はどうして読み違えたのか?官邸内売国奴の存在を憂える

拙ブログは、捏造慰安婦問題の日韓合意がああいう形で、年末に為されたことに、憤慨している。しかしながら、手順を踏み冷静に分析し、あるべき姿を見出し、なぜ政権がああいう判断とするに至ったかについて、すなわち、我々は、なぜ読み違ったかについて、多方面から分析を試みている。 ここで言う読み違いとは ・ああいう形で日韓合意に至ったこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

言論人たちは戦前と同じ過ちを繰り返しているかもしれない?

本稿は、倉山満の「大間違いの大東亜戦争」を素材に、戦前の言論人たちがしでかした扇動行為、そのことに起因する安全保障・外交政策上の失敗について、例示することを目的に出稿した。 また、本稿で定義する、言論人とは、新聞記者、専門性を以て新聞・雑誌に寄稿する研究者・評論家・フリージャーナリスト、専門的観点から動画・メルマガ配信する研究者等…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

グローバルな悪事とその使者たち(年次改革要望書の場合)

本稿は、安倍晋三が悪だ売国奴だと主張する悪の構図などより、もっと巨悪かつ醜悪な組織化された集団が現に存在し、我が国の経済弱体化を進め、その代理人はそうしてのし上がったことを示しつつ、安倍政権とて万能ではなく、ストレートに対抗するに至っていないのではないかという視点で作成したものである。 また、本稿は、陰謀論的情報を含むものであるが…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 安倍政権が日韓合意で目指す政権運営スタイルについて

本稿は、拙ブログコメント常連の「その日暮らし」さん、「Suica割」さんとのコラボとなる。 当初計画の予定外の出稿となるが、日韓合意に関し、いら立っておられる保守層向けに参考になればと思い、出稿決断した。 本稿は、拙ブログ管理人が安倍政権について部分肯定部分否定派である前提での作文であること、ご理解いただきたい。 本題に入…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 そもそもどういう日韓合意を目指すべきだったのか?

年明け以降、やけに日韓首脳の対応が、マイルド過ぎるのが気になっている。 安倍首相と朴槿恵大統領が電話会談 首相「慰安婦合意があったからこそ連携確認」 http://www.sankei.com/politics/news/160107/plt1601070035-n1.html 何か裏でもあるのではないかと、勘ぐっていると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意に係わる中間報告 過去原稿振り返り&今後の予定

拙ブログは、管理人自身が官邸スタッフになったつもりで、上司が安倍首相という想定で、公開情報を頼りに本テーマで出稿してきた。 目的は官邸向けの陳情文書とするためだ。 読者の方におかれては、連日、このテーマでお読みいただいている関係で、どういう全体像を以て、出稿予定なのか?知りたいのではないかと思い、過去原稿リストと今後の出稿予…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意 外交的敗北を避けるために最低限必要なこと

標記日韓合意に関して、外交的敗北を避けるために、最低限避けるべき(将棋的感覚で言うところの)手筋があることを見出したので出稿する。 小坪しんや議員は、日韓合意で外交的敗北を避けるために、内圧が必要であるとした。 ――――――――――――――――― 【日韓合意】安倍政権を守るため、国内世論の内圧を維持する。 https…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意 文句あるなら仕様書ベースで提言すべきだ

拙ブログは、年末以降、捏造慰安婦日韓合意に関して、6件。分析中心で、出稿してきた。 分析作業の峠は越したと判断し、本稿以降は、提言モードに移行する。 提言モードに入る前に、私は、皆様が思うほどの愛国者ではないことを告白する。 私は、保守系団体の幹部ではない。 私は、靖国神社の拝殿にて参拝したことはない。 私は、皇居の一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

韓国が国家として終わる!? 本当の意味

最新の情報によれば、韓国内は、韓国政府が収拾したくとも内部分裂は避けられないようである。 【韓国崩壊】新年早々韓国で内部抗争キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 全て安倍首相の計画通りでワロタwww http://www.news-us.jp/article/432030227.html 一方、ネット界では、安倍首相の…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

捏造慰安婦日韓最終合意 産経報道がもたらしたもの

本稿は、日頃お世話になっている産経批判記事となることを、まず最初におことわりする。 また、産経については、日本のどの新聞社よりもまともな新聞社であることは認めるものの、完璧ではないという見方をしている。 それでは本題に入らせていただく。 前稿では、日韓合意直後の、新聞紙上にて、「かつて報道されてこなかった規模の異常な報…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

捏造慰安婦問題日韓合意 韓国はなぜベタ折れしたのか

日韓合意に係わるネット情報を眺めると、韓国政府は国内的にはのめそうもないことをのまされたことがわかる。 「保守速報」や「News.U.S」にて続々更新される情報等を読むと、そう思う。 日韓合意に激昂する日本の保守層は、安倍首相の予期せぬ譲歩、妥協に怒る以前に、なぜ、交渉相手国である韓国もそうせざるを得なかったのか一考しておくべき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 誰が日韓合意シナリオを作成したのか

謹賀新年 本年の引き続き宜しくお願いいたします。 本来はのんびりしたいのですが、あの日韓合意について、いくつか不可解な点が散見されること、そのことについて分析している専門家は一体何人いるのだろうか? 疑問を抱きつつ、正月を迎えました。 ――――――――――――――――― 以下、本題に入らせていただく。 本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成二十七年を振り返って

ブログ読者の皆様へ 今年一年、ご訪問、そして時には激励のコメントをいただき、誠にありがとうございます。 一年を振り返り、お礼を兼ね、一言述べさせていただきます。 拙ブログ、開設以来、七年を経過しました。 日々のアクセスは大体五千~七千PV。おかげ様で年々アクセスが伸びているようです。 読者層は、法律を読みこ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 日韓最終合意に係わる分析報告書の作成について

本稿は、日韓最終合意についてご立腹されておられるであろう保守層向けに、その分析報告書の作成手順について紹介することを目的に出稿した。 ネット界では、日韓の最終合意について、いまだにキレている保守層を素人扱いし始めたようだ。 【拡散】安倍内閣は今回の日韓合意が破談になると確信してる!!!? 「この合意でキレるやつは嫌韓初心者。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

捏造慰安婦問題 安倍政権は韓国に屈したのか?

本稿は、 捏造慰安婦問題日韓最終合意? 安倍首相が目論む?再提議防止策 http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_4.html の続編である。 安倍政権は、予想に反し、保守層の批判覚悟で、韓国政府との間で慰安婦問題の最終処置を協議・決定したようだ。 …
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

最高裁違憲判断対策 違憲判断判事に見解書作成・パブリックヒアリングすべきだ

韓国の憲法裁判所では対日条約マターの違憲判断の動きがあった。 彼らは行政府と連動して、違憲判断機会を創り出す組織のようである。 私は、日本において日本の最高裁が似たようなことをするのではないかと、危機感を抱いている。 それゆえ、有効な歯止め策を模索すべく、出稿したのである。 既に、その兆候はあった。 ・「婚外子…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

東電幹部諸君 あなたがたは菅元首相に「マニュアル違反」を通告する権利がある

本稿は、品質管理システムに係る解釈である。断定ではない。拙ブログ管理人は、品質管理システムに係わる専門的な研修を受講し、認定試験に合格、また、しかるべき実務経験を有している。 言論人の中で、ここにこう書いてある。だから、○○である、と断定される方がいるが、専門的な研修を受講せず、認定試験に合格しておらず、実務経験なし、組織上その職務に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

皇位継承 「宮家業績評価システム」導入を提言します

公正中立な視点から秋篠宮家への皇位継承について、正統性を主張するための客観的根拠の一つとすべく、出稿を決意した。 皇位継承については、皇室典範で定められ、皇室会議にて了承、決定される事案と概ね認識している。 ところが、そう決定される際の判断基準が、明文化されていない。国民各層にて共有化されていると言い難い状況にある。 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

宮内庁が対応しないなら会計検査院での検査を経て警察捜査とするしかない?

拙ブログは、皇室に係わる諸問題に切り込み、日々驚愕の情報を配信し続けている、以下の3つのブログについて、読者の皆様に注意喚起を呼びかけてきた。 ――――――――――――――――― BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_0…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

義家弘介議員よくぞ言ってくれた! それでこそ愛国議員だ!

義家弘介議員の敵地での歴史認識論争、久々にスカっとした気分になったので、出稿することとした。 ブログ「反日勢力を斬る」は、激賞している。 中国に行って中韓に喧嘩を売った義家文科副大臣アッパレ! http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3613.html まったくそのとおりで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

マッカーサーが大統領選挙期間中に行った、とんでもないこと

マッカーサーがGHQ占領時代、1948年に大統領選挙に出馬したことがあったそうであり、マッカーサーとその側近の正体について、以下に分析を試みる。 さて、マッカーサーが出馬した選挙戦において、国内ではマッカーサー批判は検閲対象だったそうである。 ――――――――――――――――― https://ja.wikipedia.o…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

安倍外交 外国要人の接待 茶道という選択

安倍首相が、オーストラリア新首相を茶道でおもてなししたそうである。 ――――――――――――――――― http://www.sankei.com/politics/news/151219/plt1512190005-n1.html 裏千家招待に「優美で感動」 豪首相、安倍首相のもてなし称賛 茶道を体験するオース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大東亜戦争を総括するために 不審点の整理をどうするか?

本稿は、自民党が進める歴史認識検証作業において、「大東亜戦争総括すべき論」を述べる方々向けの原稿である。 私は、大東亜戦争総括はすべきだと思っている。 しかし、その作業に、有能な歴史研究者が数人、専門で取り組んで、10年近い歳月を要するのではないかと、現時点ではみている。 その理由は、それなりに読み込んでいる方なら、お気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦同姓合憲判断は朗報 しかし 二度と左翼の土俵で闘うべきではない

昨日、夫婦同姓については、合憲だとする最高裁判断が示された。 以下に、判決に係わる解説が読める。 朗報!夫婦同姓は合憲の最高裁判決下る http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3606.html 夫婦同姓は合憲 ~ 家族の破壊を目論むマルクス主義を排除せよ http://yu…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

皇后問題 デザインしたのは親日家ボナー・フェラーズだった?

本稿、マッカーサーを頂点とするフリーメーソンの日本支部活動に係わる妄想原稿であることを最初におことわりさせていただく。 さて、「皇室関係について精力的に問題提起し続けている、下記3つのブログ」にて、皇后問題を取り上げる機会が最近、際立って増えている。 ――――――――――――――――― BBの覚醒記録。無知から来る親…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率協議終結  「次世代の党」がとるべき政治戦略について

軽減税率に係わる連立与党、幹事長協議が一段落したそうである。 交渉の当事者の谷垣幹事長の疲労困憊ぶりをテレビにて拝見した。 こういう事案、処理できる方は、谷垣幹事長くらいしか見当たらない。 お疲れ様と申しあげたい。 さて、読売では、かなり好意的に食品への軽減税率適用を報じている。ネット記事では感覚的にはわからないが、12月1…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

皇室問題 本質的な問題は何なのか?

最近、皇室問題で気になっていることがある。 皇室が抱える本質的な問題は何なのか、ということなのである。 最初は、問題が東宮だけなのかと思ってきたが、どうもそうではなく、皇后にも問題があることがわかってきた。宮内庁関係者経由と思われる情報?を得て、かくいう私も漸くその実態を知ることとなった。 また、宮内庁内部での暗闘もあったよう…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more