皇室問題 本質的な問題は何なのか?

最近、皇室問題で気になっていることがある。
皇室が抱える本質的な問題は何なのか、ということなのである。

最初は、問題が東宮だけなのかと思ってきたが、どうもそうではなく、皇后にも問題があることがわかってきた。宮内庁関係者経由と思われる情報?を得て、かくいう私も漸くその実態を知ることとなった。
また、宮内庁内部での暗闘もあったようだ。

さらに、皇室問題をわかりにくくしている、皇室に係わる攪乱報道、攪乱目的のブログの存在がある。
また、とりわけ公務に熱心な、頼みとする秋篠宮家には、予算配分が十分ではなく、マスコミ報道について不報道が多いとの指摘もある。

男子宮家が決定的に不足しているなど、皇室典範改正の課題もある。

私は、これまでの出稿経緯などから、以下の三つのブログにおける皇室関係の記述については、概ね事実であろうと、分析している。

―――――――――――――――――

BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001

伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」
http://blog.goo.ne.jp/duque21

remmikkiのブログ
http://blog.livedoor.jp/remmikki/

―――――――――――――――――

そう判断する理由は、4つある。

・皇室関係者について、公務を適切に履行したかどうかについて、分析を続けていること
・分析手法が客観的かつ論理的であること
・皇室関係のテーマと他のテーマの記述について、論理的齟齬がほとんどないこと
・ブログ管理人とコメント投稿者において当該事実に係わる認識が共有化されていること

他にも、皇室関係について取り上げているブログを見かける。多くは、幸いにして、心ある秋篠宮支持派であるようだ。
例外的にそうでないブログもあるが、上記の4つの項目、開示されているコメント投稿数とその内容などから、東宮支持派かどうかは区別がつく。

私の皇室関係者に対する視点は、こうなる。

・歴史、伝統、文化を尊重したか
・公務を適正に履行したか
・公費の支出について配慮があったか
・公務の執行ないし私事において、要らぬ横車を押した気配はなかったか

これらの点を宮家に当てはめると、明らかに東宮は要求水準以下である。
公務を完璧にこなそうとする秋篠宮家に最優先で皇位継承すべしという意見を持つのは、納税者として当然の帰結なのである。

雅子妃については、病気云々、もう十分。公費で秘密裏に療養してきたではないか。
公費で治療してきたのだから、日々の症状について公開されてしかるべきではなかったのか?
今後も秘密裏に診察処理したいなら、皇籍離脱すべきという意見である。
治療継続の前提なら今後は公務しなくて結構。秘密裏での治療は、税金投入の趣旨に反すると考えている。


ただ、皇室問題、これだけではない。

皇室を語る上で欠かせないのが「國體」である。
今日的視点でどの範囲について國體と認識し、再定義するか、である。戦前は、「國體」に関する国民的議論が盛んだった時期があり、安岡正篤はその第一任者と扱われたようである。

安岡正篤の「日本精神の研究」はその代表作である。「ますらをの道」は海軍大学校の講義資料の復刊として知られる。

一方、私的関心事となるが、歴史的研究事案的には、

①開戦に際しての昭和天皇の関与の有無?
②マッカーサー占領政策が皇室に及ぼした影響
③今上天皇の自虐史観形成とその原因
④ミッドウエー海戦以降の海軍による情報隠蔽の動機(大東亜戦争の総括?)
⑤東京裁判対策としての皇室維持に係わる密約?

などが存在する。

⑤については、とりあえず前稿にて部分的に言及した。

GHQは東京裁判、日本国憲法によって日本国に「呪い」をかけたのではないか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201512/article_11.html

つまり、皇室問題を語るのであれば、それなりの問題意識を以て歴史研究する必要があることを自認するのである。


ここで、これまで得られた情報などから、皇室について、総括的視点から問題として認識できている事項を並べてみたい。

―――――――――――――――――

・皇室関係者による公務の維持と適切な実施体制の構築(憲法で定める国事行為等)
・東宮問題
・皇后問題
・今上天皇の自虐史観の問題

・宮内庁の人事問題、宮内庁内部の主導権争い(小和田・創価問題、クリスチャン職員は有害無益?)

・皇室に係わる攪乱報道、不報道
・ネット界等で繰り広げられる暗闘の解明(真の敵は誰なのか?)
・保守陣営内の対立(不敬に係わるもの)

・宮内庁における適正な予算配分(公務対応する宮家への適正な配分)

・皇室典範改正(男子宮家対策)

・開戦に際しての昭和天皇の関与の有無
・マッカーサーの占領政策が皇室に及ぼした影響
・今上天皇の自虐史観の形成と原因
・大東亜戦争における不可解な事案の再評価
・東京裁判対策における皇室維持の密約?

・今日的視点からの國體の再定義

―――――――――――――――――

正直に書くとこうなる。

それゆえ、皇室問題に係わることは、

皇室という存在が、日本の歴史、文化、伝統の核心であり、

國體の劣化を憂えるのであればなおさら、公務云々、日々の言行などの次元以上に

かように奥が深く、言い換えると、想像した以上に根が深いことを指摘し、本稿を終える。

"皇室問題 本質的な問題は何なのか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント