韓国に身を隠す朝□元記者はこれからどうすべきか

朝□の元記者が、韓国で職を得たことがニュースとなった。彼は、日本の捜査当局の追及を逃れるべく、そうすることを選んだのであろう。

一方、毎度おなじみ、反日活動家集団は、韓国政府に対し、抗議声明を出した。

【速報】慰安婦問題でついに韓国と在日が決裂www 祖国の言論弾圧にファビョって抗議声明
http://www.news-us.jp/article/430324646.html

安倍政権は共謀罪法制化を準備中のようである。

もちろん、拙ブログは、韓国政府と結託し、捏造慰安婦活動する者たちを共謀罪で訴追すべきとするスタンスである。

つまり、共謀罪=慰安婦問題処罰法として機能することを想定しているのである。

言い換えると、上記で抗議声明を出した者たちは、韓国政府とはスタンスが違うというアリバイ工作をして、共謀罪で訴追されないことを意図しているのであろう。

では、韓国に身を隠す朝□元記者はどうすべきか?

韓国政府とは絶対に係わってはならないのである。
韓国政府に同調するマスコミ、団体、言論人、活動家に決して係わってはならないのである。

親戚にそのような素性の人がいようが、100%無関係を演じなくてはならない。

なぜなら、日本中の有志ジャーナリストがその言動を監視しているに違いないからだ。

係わったら最後どうなるか?

外患罪、共謀罪が待ち構えているのである。
一人だけ生贄にされかねないのである。

もちろん、件の元記者は、二度続けてミッション系大学の所属となる関係で、何らかの信仰をお持ちの方なのであろう。

聖書には、捏造を肯定する字句はあったであろうか?
捏造慰安婦活動家たちは、聖書を冒涜したのではないか?と私は認識するのである。
そして、捏造で国家国民を貶める、キリスト教会は、信仰の場としてふさわしいのであろうか?

私は、捏造慰安婦問題に係わった聖職者たちの、公開の場での反省と謝罪の表明が必要だと考えている。

なぜなら、彼らは、進んで大東亜戦争の「戦争謝罪」に係わったと聞いたことがあるのだ。

「戦争謝罪」の次は、「捏造慰安婦謝罪」であろう。

では、件の元記者について、係わってしまったことを知ったらどうすべきか?(朝□元記者が韓国政府等と関係した事実は公式には確認されていない?)

晴れて、韓国に帰化するしかあるまい。

これは「生暖かい」忠告?である。

"韓国に身を隠す朝□元記者はこれからどうすべきか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント