安倍政権 70年談話発表前に仕掛けた罠

安倍首相が、BSフジの番組にて、歴史認識を踏襲するとしてきた、今までのスタンスの解釈を少し変えたようだ。

二つのニュースを読み比べておきたい。

―――――――――――――――――

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000122-jij-pol

侵略、おわび「書く必要ない」=戦後70年談話で安倍首相
時事通信 4月20日(月)20時46分配信

 安倍晋三首相は20日夜に出演したBSフジ番組で、今夏に発表する戦後70年談話に「侵略」や「おわび」などを盛り込むかどうかについて「(村山富市首相談話などと)同じことなら談話を出す必要がない。(過去の内閣の歴史認識を)引き継いでいくと言っている以上、これをもう一度書く必要はない」と述べ、否定的な見解を重ねて示した。
 新たな談話では、戦後50年の村山談話に盛り込まれた「植民地支配と侵略」や「痛切な反省」などの表現をどう扱うかが焦点。首相は番組で「私の考え方がどのように伝わっていくかが大切だ」と強調。「歴史認識においては(歴代内閣の)基本的な考え方は継いでいくと申し上げている。そこ(過去の談話)に書かれていることについては、引き継いでいく」とも語った。
 一方で首相は、21日からのインドネシア訪問に合わせた中国の習近平国家主席との日中首脳会談について、「まだ何も決まっていないが、自然な形でそういう機会が設けられるなら、お目にかかる用意がある」と意欲を表明。「意思の疎通をすることは両国にとって必要だ」と述べた。 


http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150421-OYT1T50024.html?from=ytop_main2

首相、独自色こだわる…おわび「書く必要ない」
2015年04月21日 08時54分
 安倍首相は20日のBSフジの番組で、今夏に発表する戦後70年談話で「侵略」や「おわび」などの文言を盛り込むことに否定的な考えを鮮明にした。

 目前に迫ったアジア・アフリカ会議(バンドン会議)首脳会議での演説や訪米の際の議会演説で歴史認識に言及するのを前に、自らの考えを明確にする狙いがある。

 首相は、戦後70年談話を村山、小泉両首相談話とは一線を画すことを見据えて、有識者懇談会(21世紀構想懇談会)を設置するなど、準備を進めてきた。

 同番組で首相は「同じことを言うなら、名前を書き換えればいいだけの話になる」と述べ、「安倍談話」では独自性を出したい意向を強調した。中核となるのが、村山談話などに盛り込まれていた「植民地支配と侵略」や「心からのおわび」を使わずに談話をまとめることだ。

2015年04月21日 08時54分

―――――――――――――――――

私は、やっと安倍首相のホンネが読めた気がしている。

村山談話を踏襲し、引き継いでいくと語っている点に注目したい。「引き継ぐ」というのは、2とおりの意味がある。

これまでは、
細部を含めて戦勝国「アメリカ」との外交に配慮した言い回しとなる関係で、「植民地支配」、「侵略」、「痛切な反省」、「おわび」などのキーワードを上書きするとこれまでの言いぶりから予想したが、どうもそうではないようだ。

安倍首相が意図する「引き継ぐ」というのは、総論では戦勝国「アメリカ」との外交に配慮した、表向きの言い回しであって、各論では、同じ言葉で上書きはしないことを指向するようである。

国内の反日左翼は、怒るだろう。

しかし、これは罠なのだ。

「植民地支配」、「侵略」という言葉を使って、批判した野党政治家、左翼言論人はどうなるか?
「痛切な反省」や「おわび」という言葉を組み込まないことを、批判した野党政治家、左翼言論人はどうなるか?

当然、野党政治家、左翼言論人に対する質問が向けられる。おそらく公開質問状が浴びせられるはずだ。

狙い目は、国会、地方議会、公共の電波を使った発言である。選挙公報もいいだろう。

税金を使った場面での発言であるならば、野党政治家が好んで使った「説明責任」を根拠にできるのである。

質問1:何を以て植民地支配と言うのか?言葉の定義を含め、史料根拠に基づいて説明せよ
質問2:欧米列強の植民地支配と日本国の植民地支配をどう説明するのか?史料根拠に基づいて説明せよ
質問3:日韓併合がどういう理屈で植民地支配となるのか?史料根拠に基づいて説明せよ
質問4:日中間で先に戦争を仕掛けたのはどちらか?史料根拠に基づいて説明せよ
質問5:国民党軍よりも圧倒的に少ない人数の軍隊を侵略軍と言うのか?侵略という言葉の定義を含め、史料根拠に基づいて説明せよ
質問6:慰安婦問題があったとするのであれば、慰安婦問題がなかったとする(学術的)調査にどう反論するのか?史料根拠に基づいて説明せよ
質問7:南京虐殺があったとするのであれば、南京虐殺がなかったとする(学術的)調査にどう反論するのか?史料根拠に基づいて説明せよ
質問8:竹島を不法占拠している韓国になぜ「おわび」しなければならないのか?尖閣で領海侵犯を繰り返す中共になぜ「おわび」しなければならないのか?日本国民を拉致し返さない北朝鮮になぜ「おわび」しなければならないのか?

ということになる。

この種の質問を、「つくる会」が全国各地の支部と連携して全国的に行った場合を私は、想定して書いている。

公開の場で、史料根拠に基づいていない発言を、野党政治家、左翼言論人、反日マスコミができるはずもない。

従前のようなスタンスで語り、社説で書けば

では、どんな根拠史料に基づく、歴史認識なのか、克明に説明せよ!

という事態に直面するのだ。

下手に意地を張って報道すれば、朝日集団訴訟の続編が待ち構えているのである。

マスコミが屠殺感覚で扱われる事態が本当に来たのである。

マスコミ関係者諸君、屠殺感覚の意味おわかりであろうか?

余命ブログで言う、「殲滅」と同じである。

下手に報道し、他国との交戦状態と重なれば、報道機関の建物丸ごと閉鎖、許可者以外立入禁止、社員・職員全員の(所轄警察署への?)出頭命令、通名記者は、どういう扱いとなるか………

もちろん、当該マスコミ関係者は、役員含め、すべて通信傍受対象とされるだろう。

我々がすべきことは、マスコミ関係者を個体別に監視………ということになるのかもしれない。TBSの日曜早朝の左翼系言論人だけが集う、政治的に中立でない討論番組出演者などは、特に監視対象となりえるかもしれない。

非常事態下、ニュース番組はすべて個別認可扱いとなるだろうと私は予測している関係で、事実と反することを言い利敵行為を為した、番組責任者、アナウンサー、コメンテーターすべて、通信傍受対象、テロ3法に基づく口座凍結どころか、外患罪で訴追と拙ブログは予想するのである。

既に、国会においては、政権与党は不謹慎な野党発言に対し、是正を求め始めている。

国会での異論への圧力に危惧 福島瑞穂
http://blogos.com/article/110606/

私は、これは手始めに過ぎないとみている。いずれ、慰安婦問題の処理で一網打尽にする腹積もりなのであろう。

もちろん、 憲法上、国会議員は、議院で行った演説・討論・表決について、院外で(法的)責任を問われないという免責特権はある。だが、公務であるので、政治上・道義上の責任は伴う。言論の自由を語る以前に、嘘はご法度であることは当然だ。使用した言葉の定義とその実体について、常人にわかるような配慮が求められることは言うまでもない。

―――――――――――――――――

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%8D%E8%B2%AC%E7%89%B9%E6%A8%A9

院外において政治上・道義上の責任について追及されるのは本条とは別の問題であり免れるものではない

―――――――――――――――――

ここで、余命ブログが指摘する、今年7月9日のXデーを思い出したい。
もう、在日(帰化)議員・言論人・マスコミ関係者が言いたい放題だった、日本ではなくなりつつあるのである。

すなわち、BSフジで安倍首相が語ったこと、これは罠なのである!

それにしても「うまい罠」を思いついたものである。

"安倍政権 70年談話発表前に仕掛けた罠" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント