共産党・破防法調査対象継続 質問主意書の効用

ムネオの娘が質問主意書を出した。

政府は、共産党は「暴力革命のままと認識している」という趣旨で回答したそうだ。
―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160322-OYT1T50092.html?from=ytop_main8

共産党は「暴力革命のままと認識」…政府答弁書
2016年03月23日 07時52分
 政府は22日の閣議で、共産党が戦後の一時期に掲げたとされる「暴力革命」の方針について「変更はないと認識している」とする答弁書を決定した。


 無所属の鈴木貴子衆院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書は、共産党に関し「(戦後)国内で暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」と指摘し、今も内乱などを取り締まる破壊活動防止法の調査対象であることを明らかにした。

 警察庁は1982年の国会でも「いわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針を捨てきっていない」と答弁しており、今回の答弁書は当時の見解を踏襲したものだ。「敵の出方論」とは、党元議長の宮本顕治氏が50年代後半に「革命が平和的かどうかは敵の出方による」などと述べたことを指している。

2016年03月23日 07時52分

―――――――――――――――――

ブログ「私的憂国の書」では、

現在も破防法に基づく監視対象である共産党と、共産と共闘を進める民進党の末路
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2273.html

「公安監視対象と共闘するということは、直接的であれ間接的であれ、共産党の暴力革命、社会主義的革命に加担することを意味する。」としている。

拡大解釈すると、共産党の選挙応援する言論人、中国共産党に共鳴する言論人がいた場合、「公安監視対象」となりうると解することができる。
従って、このような言論人の主張、書いたものを、それと知らずうっかり、共鳴、賛同したりすることは慎まなくてはならない。保守層におかれては常識のことと思うが、最近、素性がはっきりしないケースがあるようで、私も苦慮している。少しでも怪しいとみれば、距離を置く。無条件で賛同することは危険なのだ。

一方、瀬戸弘幸ブログでは、青嵐会の雄、中川一郎先生の秘書だった鈴木宗男の娘が、父親に成り代わり、筋を通したという趣旨で読み取れる。

「共産党は危険な政党」(1)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53164450.html

私は、10年くらい前、選挙のために全国遊説行脚していた、瀬戸ひろゆき氏を街頭で目撃している。当時、私はノンポリで維新政党新風という政党名すら知らなかったが、緊張感あふれる、素晴らしい演説だったと記憶している。私の記憶の中では、3本の中に入る、選挙演説だった。選挙結果はかんばしくなかったが、私は、瀬戸弘幸氏を評価している。ノンポリ時代でも記憶していたのである。その演説に、付き人みたいに寄り添っていた方と、数年後に某所でそういう話になったので、余計にそう思っている。
主義主張は多少違っても、賛同できる点はあるのだ。

少しより道してしまった。

質問主意書の件だが、本件、補選の選挙がらみで、質問する側、回答する側、示し合わせてやった感はある。 自民党側で回答したいことを、ムネオに託した可能性があるのだ。

だが、それがどうだと言うのだ。

公安調査庁が調べ、実態がそうだったので政府がそう答弁しただけではないのか?

実際、公安調査庁に問い合わせする勇者はいる。彼らはなかなか本音は言わない。
ただ、彼ら組織は決して表に出ることはない。が、どうしても動きたいときはどうするか?

たぶん、誰か知り合いに、動いてほしいと……………頼んだことにするかもしれない。

年末、有名な保守言論人が、「官邸責任者談として、(日韓合意しないで)これまでずっと踏ん張って来たんだけどね…………」あれも、そう言ったことにしてくれと、頼まれたのだろうと、思うのだ。

―――――――――――――――――

言葉尻にとらわれると事の本質を見失うのではないか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201602/article_5.html

日韓合意の真実!「10億円の支払いは、安倍総理が一人で決断した」
http://japan-plus.net/1075/

取り急ぎ、短く申します
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=259

http://www.sankei.com/premium/news/160205/prm1602050007-n4.html

慰安婦日韓合意、私は総理に「反対」を伝えた 作家、国家戦略アナリスト・青山繁晴

 天命に反したままにすれば、当面の内閣支持率が上昇し、選挙に有利になっても、内閣は本願を果たせずに終わるだろう。安倍総理の本願は「日米対等」だ。日韓合意は、オバマ米大統領から要請されたから、対等への一手段として総理が決意した。総理はこれを機に「嘘は嘘である」と世界へ立証することも決断すべきだ。

―――――――――――――――――

さて、かくいう私も、誰もが知るであろう、ある大企業の本社中間管理職から、こう頼まれたことがある。

「うちの上司、頭が固く、動こうとしない。ついては、そちらでそう言ってくれたということにして動くがそれでいいか……………」と何度か頼まれ、私は応じた。

彼は慶応経済卒だった。その方の面構えは、いわゆる武家みたいな感じだった。
そのやりとりの前後、新橋界隈で、二人で地酒を飲んだ。仕事のやりとりでそういうことはままあるのだ。

対応部署が言ってくれたことにして、自分の上司を説得(場合によっては双方の担当者が互いに言ったことにする?)、多少の無理筋だろうが、やらなければならない場合は決裁をいただき実行に移す、これくらいの度胸がないと、プロジェクト的仕事は成就しないのだ。

仕事は度胸なのだ!

ただ、こういう事案、こういう手口もある。質問主意書好きな議員に質問主意書を託すというやり方があるのだ。
自民党議員が質問しにくいことを、他党の保守系議員になんとかお願いするというやり方となる。

寄付とセット?なら実現しやすいと思う。
どうしても質問いただきたい事案について、質問いただけないか?公式資料として記録に残したいので、と議員にお願いするのだ。

一考に値する活動手法ではないだろうか?知りたいことを、国政調査いただける可能性があるのだ。
そういう私も先日、ブログで書いていない事案で、とある議員に陳情した。今になって思えば寄付を言うべきだった。その議員はどうするか判断するだろう。

田母神批判を繰り返したテレビ番組や批判文だらけの雑誌を購読するよりは、政治的効果はあるだろう。

そういう意味で、「日本のこころを大切に思う党」あたりは、そういう目的のために、何が何でも存続させるべき政党だと思う。

なんとか自民党との選挙協力、実現できないものだろうか…………選挙協力話が水面下で進んでいることを期待しつつ、本稿を終える。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 70

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

Suica割
2016年03月24日 12:16
議員に請願書を出すにしろ、相手の立場にたった請願の方が受け入れ易いのも確かですね。

自分の要求だけの請願よりは、それに加えて、何故、そうしなくてはいけないかという説明がついている方が納得出来る分、議員も動こうとは思います。

さらに、ある程度の叩き台になりそうな提案付きの方が、議会で議論をするための材料に良いため、受け入れ易い。

そのまま、出してもよさそうな出来のものの場合、すぐに議場にあげられるため、優先的に対応してもらいやすい。(逆にいうと、野ざらしにしにくい。)

その意味での、詳細な文書化が大事ですね。
毎回、緻密に記事を作られているのには、頭が下がります。
管理人
2016年03月24日 17:02
激励ありがとうございます。
最近、いろいろ指摘をうけ、触発され、書きかけの原稿がどんどん増えております。
個別の質問には、答えたいのはやまやまなのですが、きちんと説明するのに、30くらいの原稿を揃えないと難しい状況です。
時間がいくらあっても足りません。
大杉
2016年03月25日 01:33
共産党は設立経緯から言っても、他の政党とは一線を画するいびつな政党だと思っています。

元々は、ソ連が対日国内工作組織として設立したものであり、暴力革命を是として、数多くの工作員を国内の重要機関に紛れ込ませ、革命戦士を育成し、国体(皇室)の破壊と共産革命を目指していたのが共産党の正体ですね。

共産党は厳密には政党ではなく、テロ組織ですね。民主主義下における政治政党が、破壊活動や粛清(虐殺)を行う事などあり得ませんが、この組織は未だに党の綱領でも暴力革命を否定していません。

共産党の鉄の掟である、「党の指導者への絶対服従」、「敵対者、裏切り者は容赦なく抹殺せよ」というのは、共産党の体質を如実に表したものだと思っています。

共産党においては、言論や演説などによる啓蒙活動よりも、粛清(虐殺)、破壊活動、敵対者や裏切り者を血祭りに上げるなどの暴力活動の方が好まれ、それが党内の地位確保につながります。

嘗て、共産党の神と言われた宮本顕治も、スパイ査問事件などを引き起こし、「裏切り者」と認定した人物を拷問死させ、その後、彼は特高警察に政治犯として逮捕されましたが、GHQにより戦後釈放された後は党の委員長に就任し、その後、彼は共産党の神として崇められています。
大杉
2016年03月25日 01:40
共産党の支持率は低いですが、この政党は本来、民主主義を否定しており、選挙によって議員や党指導者を選出する政党ではありませんから、支持率は低くても警戒はするべきだと思います。

共産党には隠れ党員や工作部隊、実動部隊も存在するので、これらの動きには警戒が必要かと思われます。党指導部からの命令で動いている可能性の方が高いです。

自分としては、共産党だけではなく、民主党や社民党も破防法調査対象にするべきだと思っています。これらの組織が関わっている相手も極左関係の者や組織が多いですから、注意が必要です。

特亜からの資金流入や人的交流などに対しても、同様に警戒が必要です。



管理人
2016年03月25日 12:52
<自分としては、共産党だけではなく、民主党や社民党も破防法調査対象にするべきだと思っています。これらの組織が関わっている相手も極左関係の者や組織が多いですから、注意が必要です。

公安調査庁の予算、権限、要員増やすべきと思っております。破防法以外の法律も警察とパラで行使できるようにすべきと思います。(例:スパイ防止法、共謀罪など)

キタキツネ
2016年03月29日 16:37
鈴木貴子さんにしてみると、民主党をやめて自民党候補を応援したりと言う流れを、支持者に説明するためには、民主党が共産党に近づいている事、近づいてはいけない共産党と、という説明材料が必要だったんだろうな。
管理人
2016年03月29日 18:49
参議院地方区の定員が増になっていることと関係あると思います。

この記事へのトラックバック