かくして北朝鮮に対する報復の罠は準備された?

安倍内閣は、北朝鮮に対する追加制裁措置の実施に入った。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160207-OYT1T50044.html?from=ytop_top

首相、北への独自制裁強化急ぐよう指示…菅長官
2016年02月07日 12時22分
特集 北朝鮮
 菅官房長官は7日午前、北朝鮮のミサイル発射後2回目の記者会見を首相官邸で行った。


 菅氏は、安倍首相が今回の発射を踏まえ、北朝鮮に対する日本独自の制裁の強化を急ぐよう指示したことを明らかにした。

 菅氏によると、日本政府は北京の外交ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。さらに、日米韓3か国で国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請した。菅氏はミサイル発射について「核実験の実施に続き、我が国を含む地域や国際社会の平和と安全を損なう安全保障上の重大な挑発だ」と述べた。

2016年02月07日 12時22分

―――――――――――――――――

拙ブログの読者の皆様なら、この記者会見文が、一昨日ないし昨日用意されたものであろうと信じる人はいないはずである。

なぜなら、

安倍政権は、年末の日韓合意の時点で、核実験(ミサイル発射を含む)を行うであろうことを察知し

韓国向けの最善手ではない?かもしれない日韓合意
日韓合意を受けた親北勢力の無力化と北朝鮮の焦り



多少の追加措置が必要かもしれない言葉尻の問題

を秤にかけて、日韓合意を選んだ方が、外交的に勝利できるであろうことを、予想し、決断したと確信されていると思うからだ。

言葉尻にとらわれると事の本質を見失うのではないか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201602/article_5.html

そして、今回の官房長官による、日本独自の制裁強化発言。

これは、拉致対応が一向に進展しないことを考慮に入れた、「予め予定された行動」に基づく、発言と解している。

安倍政権は、北朝鮮に対し追加制裁措置し、締め上げるための口実を待っていたのである。
そのために、タイミングを探し、核実験の情報を察知し、追加制裁措置シナリオを導いたのである。

それでは、東アジアについては、外交情勢的にはどうなっているか?分析を試みたい。

―――――――――――――――――

・韓国については、とりあえず、日韓合意で縛り、北朝鮮に対し同情的な対応をする可能性を消した
・北朝鮮については、金のなる木だった親北勢力を無力化され、北朝鮮の焦りを誘った
・北朝鮮は、核実験、ミサイル発射など、切り札を消耗品のように、頼みのしないのに切り始めた
・中共は、北朝鮮がやっていることを、側面支援することは許されず、日米韓が北朝鮮にどう対抗しようと、手出ししにくい状況となった?
・中共は、この状況を打開するために、北朝鮮に軍事侵攻する可能性が出てきた?

―――――――――――――――――

拙ブログコメント常連のSuica割さんは、かく分析している。

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201602/article_5.html#comment

実は、周辺国では、北朝鮮の処理方法は、決まっているのではないかと考えられます。
日米中露とも、力関係の結果として、現状維持を望んでいる。
中国の援助を得ているという立場で北朝鮮は核を開発して、中国の面子を潰している。それどころか、裏で中国の指示で核開発をさせたのではないかという陰謀までまことしやかに伝えられ、日本や韓国、そのバックのアメリカに軍備を整えられて、自国の安保環境が厳しくさせられたという実害が出ている。
韓国は統一するとは言っているが、本音は統一などしたくはない。
中国ですら、北朝鮮は助けたくはないが、緩衝地帯としては欲しい。
これを満たす最適解は、北朝鮮への中国軍の電撃的進攻(理由にIAEA体制に反逆して核兵器を作り、地域の国際情勢を緊迫させた事への制裁をあげる。)
少なくとも、日米は、領土化や傀儡政権樹立をしない限りは、干渉しないと声明を出す。
韓国は、中国の行動を黙認して、北朝鮮の切り離しを行う。
終わった後は、撤兵して放置。
そういう暗黙のもと、北朝鮮の始末がついているような気がします。


http://nihonnococoro.at.webry.info/201602/article_5.html#comment

さらに考えると、核も拉致問題も北朝鮮にとっての金になる木ではあるが、その果実は金王朝には渡らない状況とも言えないかと考えられます。
金王朝崩壊を前提にすれば、拉致問題と核の完全引き渡しは、北朝鮮にとってのご褒美となります。
新政権が成立して、国際的管理下に一時入る。
その上ならば、新政権の国民へのアピールのために、前政権の過ちを正し、その褒美としての援助を受けとる。
イラクのように、フセイン体制崩壊の後に援助が殺到したのと同じ現象が起こるわけです。
強かな中国としては、北朝鮮を反乱軍応援方式だろうが直接介入方式だろうが使用して、現体制は破壊する。
日本を含めた周辺国は、新体制の国際公約の履行がなされていく場合は、それなりに援助を与えざる得ない。
それを以て、中国の国際社会に対する影響力を保ち、中国の負担も下げる。
前回に補足ですが、場合によって、北朝鮮の中国の傀儡化は、日米が許容し、北朝鮮の中立化は中露が容認するというラインまでは、話をつけていると考えられます。
どちらにしろ、金王朝自体が、北朝鮮新体制の金のなる木、その上での国際的管理下での拉致問題と核の放棄が、金のなる木第二段なのは変わり無さそうです。
泣く子に餅を渡す段階から、泣く子を叩く子供に餅を渡す段階に移りつつあることを考えなくてはなりません。

―――――――――――――――――

これに対し、安倍政権が負っている外交的リスクは、

「多少の追加措置が必要かもしれない言葉尻の問題」のみと見ている。

それでも、言葉尻しか関心がない、言論人たちは言うだろう。日韓合意は間違いだったと――――

しかし、マクロ的に見た場合、安倍政権は外交的に優位なポジションを選んでいる。

そして、目先しか読めない、言論人たちは言うだろう。安倍政権は、拉致問題の解決に後ろ向きであると―――――

私は、言論人たちが、官邸スタッフレベルに達していないとみている。

残念なことだが、これが現実なのだ。

なお、拙ブログは、北朝鮮に対する追加制裁措置くらいは、昨年11月時点で文章化している。

北朝鮮拉致問題 安倍政権は切り札が揃うタイミングを待っている?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_17.html

―――――――――――――――――

・アメリカ軍のプレゼンスによる軍事圧力
・アメリカと北朝鮮との外交関係によっては、集団的自衛権を発動?
・アメリカと北朝鮮が交戦状態となった場合、超法規的措置として自衛隊派遣し拉致被害者救出を決断?
・銀行口座凍結(テロ3法にて即実行可能?)
・再入国禁止(対象者拡大措置は即実行可能?)
・パチンコ課税化(近い将来?)
・不正送金等徹底摘発(テロ対策の一環として)
・在日893摘発(実施中)
・各種不正行為等摘発(実施中)
・共謀罪、スパイ防止法等法制化(近い将来)

―――――――――――――――――

過去の拉致事案と「北朝鮮による日本人拉致」は繋がっている?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201511/article_14.html

対北朝鮮外交 どこに打開策を見出すべきか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201501/article_29.html

安倍外交 対北朝鮮向けの切り札は温存・強化されている!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201405/article_19.html

―――――――――――――――――

既に、官邸は、追加制裁措置実施のための口実を得た。既に、韓国を日韓合意によって取り込むことに成功し、韓国政府が北朝鮮に同情的立場をとることは当面はないため、これから実施される追加制裁措置は、以前のものより効き目が強烈となるはずである。

あとは、決裁を待つのみ、ということであろう。

政府、独自制裁へ 船舶検査強化や金融資産凍結の対象拡大も
http://www.sankei.com/politics/news/160208/plt1602080008-n1.html

産経は、船舶検査強化や金融資産凍結の対象拡大について言及した。

かくして、北朝鮮は、より強烈かつ実効ある、追加制裁措置実施というワナに嵌められたのであるー

この記事へのコメント

Suica割
2016年02月09日 23:48
詳しくない人なら、一見、制裁には見えない手酷い制裁を中国がやるという見方もありますね。

北朝鮮の取引は制限することに反対をしつつ、安全保障関係は全て打ち切るというものです。

中国の軍事的バックアップを奪い、中国の出てくる場面は、安保理や総会絡みのみになれば、北朝鮮にとってはきついでしょう。
管理人
2016年02月10日 06:55
いろいろ揺さぶってあげること
それが、仮想敵国に対する扱い方ではないかと思います。
あの蓮池兄弟も含めてです。

この記事へのトラックバック