日韓断交状態で日韓合意したのには訳がある!? 

捏造慰安婦問題、先日で完了宣言したつもりだったが、面白い筋が一つ見つかったので、読者の皆様と共有化する目的で出稿を決意した。

面白い筋とは、もちろん妄想である。妄想シナリオだから書けることご理解いただきたい。



さて、拙ブログは
捏造慰安婦問題の日韓合意直後の第二幕において

日韓合意は、「最終決着、不可逆」と「10億円、形式上の謝罪」の取引だと表面的には見えるが、実際は
「最終決着、不可逆、在日強制送還」と「10億円、形式上の謝罪、在日資産捕捉」という、裏取引を含むことを指摘した。


在日強制送還については、在韓米軍縮小の穴埋めなのであろう、兵役逃れの在日に対する、処置が厳格化するに至った。

―――――――――――――――――

http://www.recordchina.co.jp/a127340.html

韓国が兵役法を改正、海外逃亡に最高5年の懲役刑―韓国メディア
配信日時:2016年1月21日(木) 15時30分

19日、韓国兵務庁がより厳格な兵役法を施行する。故意に兵役を逃れると最高で5年の懲役刑に処されることになる。写真は韓国の軍人。
2016年1月19日、韓国・聯合ニュースによると、韓国兵務庁がより厳格な兵役法を施行する。故意に兵役を逃れると最高で5年の懲役刑に処されることになる。国際在線が伝えた。

【そのほかの写真】

韓国兵務庁が公開した改正兵役法によると、兵役の忌避や減免が目的で、許可なく海外へ出国して滞在した場合、1〜5年の懲役刑となる。徴兵忌避や減免を図って海外旅行や留学を名目に出国して期日内に帰国しない場合が対象となる。改正兵役法は3カ月後に施行される。

現行の兵役法では「兵役の回避や減免を目的に身を隠した者は1〜5年の懲役。旅行や留学を理由に海外に滞在し、期日通り帰国しない場合は3年以下の懲役」とされているが、今回の改正ではより厳しい内容となる。

韓国兵務庁は、今回の改正案で兵役忌避に関して国内と国外で同等に扱うこととなり、より公平性が増し、兵役に対する社会的信頼性の向上にも有益だとしている。(翻訳・編集/岡田)


徴兵拒否していたやつらが処罰され始めたぞ!・・・在日連中も人事ではいられないね・・・根拠=韓国人の本質
http://namamonotilyuuihou.2chblog.jp/archives/1039120125.html

[2060] 「大量在日韓国人強制送還」はデマではなかった。
http://kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=2060

―――――――――――――――――

日本側は、同時期、呼応する形で、国外財産調書関連の申告義務強化に乗り出した。

―――――――――――――――――

134 在日終了Q&A(国外財産調書)
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/21/134%E3%80%80%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B5%82%E4%BA%86%EF%BD%91%EF%BC%86%EF%BD%81%EF%BC%88%E5%9B%BD%E5%A4%96%E8%B2%A1%E7%94%A3%E8%AA%BF%E6%9B%B8%EF%BC%89/

【在日兵役情報】 国外財産調書と兵役行政について研修会開催、民団大阪本部 韓国の兵務庁と国税庁から講師来日
http://hosyusokuhou.jp/archives/44547107.html

国外財産調書制度に関するお知らせ
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/kokugai_zaisan/

―――――――――――――――――

資産実態が把握できなかった在日について、日韓政府双方から、徴税強化対象とみなされていることがわかる。

加えて、日本国内において、住民基本台帳法の施行、マイナンバーカードの導入によって、不正がしにくい社会システムに移行しつつある。

ともすれば、在日は、徴兵拒否、納税しないという特権があったとされるが、今後は、日韓両政府によって、韓国政府側からは徴兵と徴税、日本政府側からは徴兵に係わる協力、徴税という網がかけられつつある。

では、この種のやりとり、誰かが実施時期等を調整して実現したと言わざるを得ない。

韓国から、日本に足繁く通ってくる職員がいないと仮定すれば、
日韓合意を導いた、あの人物が、双方政府の調整役を果たしていた可能性がある。

何しろ、親韓官僚として知られてきた関係で、韓国政府対応は、うってつけの人物が官邸に一人いるのである。

現時点では、日韓合意の黒幕のように語られているかもしれない、あの人物である。

日韓合意 我々はどうして読み違えたのか?官邸内売国奴の存在を憂える
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_12.html

その人物が、実は、裏取引の調整役兼司令塔役を担っていた可能性があるのだ。

安倍政権にとっては、かつてKCIAのエージェントだと言われた人間なので、どうなろうと知ったことではない。むしろ、そういう悪評が立った人物の方が、その悪評によって、裏取引の部分を感づかれにくいのだ。

たとえば、年末の青山繁晴の動画、多くの人は、「官邸は、(合意を拒絶し)ずっと踏ん張って来たと語った話を信じ込まされてきている」ところであるが、

ドス黒い悪意を持つ、官邸責任者なら、

「日韓合意について世論対策として協力してくれないか、保守層懐柔対策としてあることを言ってくれないか」
「青山さん個人は、日韓合意について批判的ポジションをとって欲しい。そうすることで、保守層のガス抜き役を引き受けて欲しい」

最初、この話を聞いた時、青山繁晴は、ビビったのではないかと思う。しかし、本当らしく演じ、信じ込ませることに成功した。

―――――――――――――――――

【青山繁晴】慰〇婦合意に至った経緯 日本側責任者「日本が国として慰〇婦を認め賠償してくれたら最後にすると言われたから手を打った!」インサイト2015年12月30日(水)

http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/495135ef7b468fd4c4e9a19387216ab4

桜井さん、もう時間が無くなって来たんで、これ1回で終わらずに年明けもう1度お話したいと思うんですけれども、
実はこの年末の最後に申せば、僕はこうした動きの最中、具体的に言えば12月の26日の午後に、土曜日でしたが、
アメリカから最高責任者の携帯電話に直接電話しました。

これ最高責任者としか申しません。
なぜかと言えば公開を前提にした電話じゃありませんから。
これは年明け、またお話したいと思いますけども、まずこの最高責任者が僕と長年話してきた中で、初めてややどもられたりしまして、
本当は間違ってるんじゃないか?という本心が、ま、これは僕の個人的感想ですけれども、はっきりうかがえました。

そしてこう仰ったんですよ。
「これまでずっと踏ん張って来たんだけどね、これで最終決着できる、と言うもんだから今回は岸田外務大臣を韓国に行かせようと思う」。
こう仰ったんですね。
これ「ずっと踏ん張って来たんだ」っていうのは韓国側から「せめて3億円国費から日本が出してくれたら、それで最終決着させます」と言ってきて。

―――――――――――――――――

なぜか?

安倍首相が、「不可逆」という言葉を年末に語った時点で、年末年始の保守層沈静化対策として、こうするシナリオだったのであろうと、考えるのである。

では、なぜこんな手のこんだことをするかと言うと、本当の狙いは、別のところにちゃんとあるから、仕方ないのだ!

保守層を騙したことにはなるが、そうしないと、仕方がない事情があったのだ!

それは、

「北朝鮮、親北勢力、在日、国内の保守層」に合意内容について感づかれずに交渉を進め、電光石火の如く決着することにあった

と考えれば、説明がつくのだ。

実務上の司令塔は、官邸の元KCIAエージェント。そういう素性の人物なので、うまくいってもリーク情報によっていずれはつぶされ、失敗した場合はもちろん……………ということである。特定秘密保護法案施行前は、官邸中枢を脅かすネタを豊富に持っていたこの人物も、政治家になる以外、復讐の手段はない。

日韓合意後、韓国においては、案の上、親韓勢力は活動継続を宣言、あぶり出しが成功しつつある。在日については韓国政府シナリオに対し無抵抗モードに入った。

また、日韓合意を受けて、北朝鮮の統一戦線部長が粛清された噂がある。

―――――――――――――――――

http://www.asagei.com/excerpt/50761

 さらに北氏は、合意翌日の12月29日に、北朝鮮の金養建(キム・ヤンゴン)統一戦線部長(73)が交通事故で謎の死を遂げたことを指摘。平壌で金氏が乗る車と軍の大型トラックが衝突し、金氏が即死したというのだが、いったい何の関係があるというのか。

「交通量の少ない北朝鮮で、重要なポストにいる人間が事故死するなど、非常に不自然です。統一戦線部は故・金日成主席の肝いりで作られた諜報・工作部隊であり、最大任務は韓国工作。公然・非公然活動を通じて、南北統一のために韓国世論を『親北』『反日』に誘導してきました。日韓が反目すればするほど韓国は北朝鮮に近づき、同時に日本も北朝鮮との国交正常化を希求するようになると考えたのです。だから今回の日韓合意は、統一戦線部の失敗と位置づけられる。その責任を取らされ、金氏は『粛清された』可能性が高い。北朝鮮は今後も少女像移転反対闘争を中心に韓国世論を反日強硬路線にあおり、朴政権の合意をひっくり返す努力を死に物狂いで行うでしょう。そのためには、朴政権を転覆させるほどのエネルギーが必要。最悪の場合、『直接行動』に出ることもありうるのです」

―――――――――――――――――

北朝鮮は、こうなることを読めなかったようである。金正恩は、部下の油断を責めたに違いない。

どうやら、日韓両政府は、「北朝鮮、親北勢力、在日、国内の保守層」に合意内容について感づかれないために、苦心していたようである。時期的に、年末を選んだことが良かったようである。

日韓合意の最終期限が、在韓米軍、台湾総選挙などから2015年12月であり
北朝鮮による核実験が正月明けに予定されている中で、
かつ日韓合意が、アメリカの圧力で、避けられないものであることを知っていて
「北朝鮮、親北勢力、在日、国内の保守層」に合意内容について感づかれた場合に起きるであろう、最悪の結果を避けるために
日韓両政府が(合意内容について感づかれないために)「冷やかな外交状態」を選択した、結果であろうと、私は推定するのである。

ともすれば、ゼロか百しか解しない保守層については、正月三が日、含めて考える時間ができた。

ここで、最悪の妄想事例を、一つご紹介しよう。

日韓両政府があの合意に向けて仲良く交渉すればするほど、

北朝鮮による、合意のための妨害工作は徹底され
韓国においては、親北勢力がそうでない勢力を煽りに煽り、暴動は避けられないものとなる。
当然、日本の保守層は激昂する。案の上、抗議デモが起きた。安倍首相は、愛国から親韓議員に評価が変わる。憲法改正どころではないのだ。私もカーッとなりそうに…
激昂して官邸デモを行う保守層に交じってデモに参加した在日もいたようだ。(香山リカは、北朝鮮を利する目的でデモに参加したということ)

おそらく、日韓両政府首脳は

相当前からその合意文書のひな型を見せられ、苦悩し
双方政府が外交的に疎遠となること、それが両政府の政権維持のために最善の処置であることを見出した…………

実際、そのように演じるしか、選択肢はなかった、ようである。

日韓合意の前に、日韓両政府の首脳が、仲良く付き合えば付き合うほど、
北朝鮮は日韓対立工作を激化させ、親北勢力はさらに過激な行動を選び、在日も親北勢力として保守層に混じって動き、政権流動化を狙った場合、日韓両政府とも政権維持が困難となる…………

実際には、日韓両政府とも、そういう最悪の状況を避けるため、冷淡な外交関係を意図して演出、北朝鮮、親北勢力、在日、保守層を油断させ、合意を模索し決着した。

蒸し返しがないとは言えず、この合意が継続できるかどうかはわからないが、産経の世論調査では、60%近い人が、日韓合意を評価する。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/160125/plt1601250046-n1.html

慰安婦問題「再び懸案になる」81.2% 韓国への不信感浮き彫り

 産経新聞社とFNNの合同世論調査では、日韓両政府が慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した昨年12月の合意について「評価する」との回答が59.7%に上った。一方で、慰安婦問題が「再び日韓両国間の懸案になると思う」との回答は81.2%に達した。世代別では20~40代で男性は8割以上、女性は9割以上が問題再燃への懸念を示し、若い世代ほど慰安婦問題をめぐる合意に不信感を抱いている現状が浮かび上がった。

 支持政党別では、日韓合意を「評価する」と回答したのは自民党支持層で67.9%。民主党支持層で53.6%で、公明党支持層では56.9%だった。生活の党と山本太郎となかまたちを除く主要政党の支持層で5割を超えた。安倍晋三首相の歴史観に批判的な共産党の支持層でも50.9%、社民党の支持層では70.0%に達した。世代別では、20代の女性を除く男女の全世代で5割以上が評価。60代以上の男性が72.9%と最も高かった
―――――――――――――――――

国内において、日韓関係が良好な状態での合意だったら、内閣支持率は上昇するのであろうか?
安倍首相が親韓派としてレッテル貼りされるのは確実である。年末に青山繁晴がもっともらしい言い方で暴露した、「踏みとどまってきた……」発言含め、日韓関係が冷却状態にあったことが、幸いしたと私は見ている。

敵を欺くには、味方を欺く…………
先日のNHK「真田丸」、真田家当主は長男に、奪われることを想定して書かれた「密書なるもの」を託し、案の上、その密書は奪われ、味方はそれを策略とは思わなかった………

日韓合意後の両国首脳のやり取りが、(それまでとげとげしかったのが嘘のように)かつての人間関係に戻りつつある?ことを知れば、
日韓両政府の不仲は
アメリカ政府から突き付けられた、毒饅頭に対し
日韓双方が何を得るべきなのか、検討を迫られた結果の「反応」と見ることができるのである。

安倍首相の場合は、最善手ではないものの外交的優位となるポジションを得、
韓国政府の方は、直面する安全保障上の課題を最優先するために
(北朝鮮の核実験実施前というタイミングで)、ベタ折れするしかなかったものの、とりあえず、在日の徴兵と資産課税強化という実をとった、ようである。

北朝鮮高官は、日韓の冷却外交演出に油断し見事に騙され、責任をとらされた?ということになる………親北派の逃げ道は、徐々に塞がれつつあるようだ……………

捏造慰安婦問題 韓国の遡及法による処断の日は近い?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_19.html

動けるのは親北オバアさんだけになったかもしれない。

元慰安婦ら国会内で批判 両政府結束も履行前進なく…28日で合意から1カ月
http://www.sankei.com/politics/news/160127/plt1601270010-n1.html

まだまだ、書きたりたい部分はあるが、

今回の日韓合意、「北朝鮮、親北勢力、在日」を油断させつつ決着したとすれば、日韓外交史的には、極めて珍しいケースという評価になるかもしれない。

以上で、妄想を終える……………



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「日韓断交状態で日韓合意したのには訳がある!? 」について

    Excerpt: 「日韓断交状態で日韓合意したのには訳がある!? 」について 個人的には米国からのリアクションがトリガーになってるのは間違いないと思うのですが、毒饅頭を用意していたのは、恐らくかなり俯瞰した位置からもの.. Weblog: その日暮らしな日々 racked: 2016-01-27 14:12