日韓合意 我々はどうして読み違えたのか?官邸内売国奴の存在を憂える

拙ブログは、捏造慰安婦問題の日韓合意がああいう形で、年末に為されたことに、憤慨している。しかしながら、手順を踏み冷静に分析し、あるべき姿を見出し、なぜ政権がああいう判断とするに至ったかについて、すなわち、我々は、なぜ読み違ったかについて、多方面から分析を試みている。

ここで言う読み違いとは

・ああいう形で日韓合意に至ったことを事前予測できなかったこと
・ああいう形での日韓合意が、やむを得ないものだったのか、ベターな選択だったのか、悪手なのか、未だに判断がつきかねること

を指している。私は、安倍政権の決断がやむを得ないものか、ベターな選択のいずれかではないかとみている。(希望的観測、根拠はない)


過去原稿においては、読み違いを招いた要因分析を行った。

本当に多方面に亘る。

●「想定外のアメリカのゴリ押し」があったゆえの読み違い

拙ブログは、アメリカの関与があったとした。

・捏造慰安婦問題 誰が日韓合意シナリオを作成したのか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_1.html

また、韓国側が今回の合意を履行しない場合、「桂・タフト協定」の再来となる可能性を指摘した。

韓国が国家として終わる!? 本当の意味
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_4.html

捏造慰安婦問題日韓合意 韓国はなぜベタ折れしたのか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_2.html

つまり、韓国は、日本以上にベタ折れせざるを得なかったかもしれないのだ。

ここで、ブロガーでなかなかの分析をされている方がおられるので紹介する。

【慰安婦問題】アメリカが圧力をかけたのは日本か韓国か【日韓合意】
http://ameblo.jp/bj24649/entry-12115592297.html

分析に、精緻さが必要なのは言うまでもない。
この水準で、分析している言論人が、見当たらないのが、保守言論界の問題であろうと、私は言いたい。

●「民族的に単純な思考回路」であるがゆえの読み違い

・捏造慰安婦問題日韓合意 外交的敗北を避けるために最低限必要なこと
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_6.html

●「要求水準以下の言論人」に煽られた結果としての読み違い

言論人たちは戦前と同じ過ちを繰り返しているかもしれない?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_11.html

●「そもそも分析手順を理解していない」が故の読み違い

・捏造慰安婦問題 日韓最終合意に係わる分析報告書の作成について
http://nihonnococoro.at.webry.info/201512/article_25.html

●「あるべき姿を認識せず、問題点の指摘だけで事が対処できる」という思考回路が招く読み違い

・捏造慰安婦問題日韓合意 文句あるなら仕様書ベースで提言すべきだ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_5.html

・捏造慰安婦問題 そもそもどういう日韓合意を目指すべきだったのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_8.html

しかし、事はそう単純ではない。

官邸にいる売国官僚が日韓交渉の中心人物だとする情報がある。


●「官邸に配置された売国官僚」が招いた予想外の合意

今回の日韓合意、かねてから親韓派どころかKCIAの手中に落ちたとされる人物が、日韓交渉の中心人物として対応したとする情報が存在する。官邸内に売国奴が居ていいはずはないし、そういう素性、経歴の官僚に、国益に係わる、重大な交渉を任せていいはずがない。
このような人物が係れば、想定外の結果を生むことは予想されたことだ。
もちろん、このような人物に担当させた、政権の責任は追及されるべきだ。
もし、以下に書かれていることが事実であれば、当該人物について早い時期に更迭すべきであることを指摘し、本稿を終える。

―――――――――――――――――

韓国のスパイ谷内正太郎
http://www.ranmado.com/229.html

「日本版NSC」 初代事務局局長は売国外務官僚 ~透けて見える安倍政権の”邪悪な本心”
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-8fac.html

安倍総理官邸内に中国、韓国の反日スパイ工作員が存在→青山繁晴が売国奴な実態を大暴露→ネット民が実名で特定www
https://www.youtube.com/watch?v=4NGMnqaGneQ

谷内正太郎初代NSC局長と“元KCIAエージェント”との親密交際が発覚!
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7674.html

【日韓合意】際立った官邸主導 側近の谷内正太郎国家安全保障局長が韓国とのホットラインで電撃的合意を実現! ⇒2ch「売国奴はこいつか・・・!?」
http://mizuhonokuni2ch.com/blog-entry-14672.html

【慰安婦問題】際立った官邸主導 側近の谷内正太郎国家安全保障局長が韓国とのホットラインで電撃的合意を実現★2 ©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451477956/

http://textream.yahoo.co.jp/message/1998407/ffc7pjbf6q3t2a

谷内正太郎


-谷内正太郎は正真正銘の売国奴-
日本版NSC(国家安全保障会議)の
国家安全保障局初代局長に就任した
谷内(やち)正太郎・内閣官房参与が、
元KCIAのエージェントとされる在日韓国人実業家と、
きわめて近い関係にあることがわかった。
この実業家・K氏は、谷内氏が中心となって発足した
勉強会「寛総会」の事務局長を務める人物。
谷内は、自らの会社をK氏の関係する会社が複数入っているビルに設立。
2013年5月にはK氏や申?秀駐日韓国大使(当時)らと高麗神社を訪問、
8月にはK氏と青森に旅行するなど、公私にわたって親交がある。
大阪でK氏が営んでいた不動産会社は、1990年代後半、
住宅金融専門会社の不良債権が問題化した際、
大口融資先として報じられた。
K氏は韓国に太いパイプを持ち、
公安関係者によれば、韓国の情報機関KCIA(現・国家情報院)
の元エージェントで、
日本国内では韓国大使館の一等書記官の指揮下にあった。


noi***** 1月6日 04:36

日本政府内には、谷内氏の交渉手腕を不安視する声もあったが、安倍首相自身は「絶対にだまされるな」「確証が取れなければ前に進むな」と繰り返し指示し、細心の注意を払いながら協議は進められた。
そして11月の日韓首脳会談では、安倍首相と朴氏は和やかな雰囲気を保ちつつ「お互い言いたいことをじっくり言い合った」(政府筋)。会談では新基金の構想についても「韓国側から打診があった」(別の政府筋)という。
「韓国は、慰安婦問題に関する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産への申請もしないだろう」

安倍首相は周囲にこう語り、岸田文雄外相も28日の外相会談後、記者団に同様の認識を示している。しかし、韓国外務省は29日、こうした認識を「事実無根」と否定した。 日韓合意を一夜にして反故にするような行動だが、政府関係者は「国内向けの発言だろう」と受け止めつつ、こう総括した。 「慰安婦問題の行方を国際社会が見ている。最後は韓国次第だ」


uuy***** 1月6日 04:28

>>7

今回の件を安倍首相の原因だという人は多いだろう。
だが、慰安婦合意は谷内正太郎の陰謀であり裏切りであり犯罪行為だ
一番頼りなる事務次官トップが仕掛けたトラップを
避けようにも避けられないことは致し方ないことだ。
安倍首相は本来慰安婦合意には反対だった
しかし谷内正太郎の裏切り行為
韓国有利な根回しで合意せざるを得なかった。
谷内正太郎は外務省トップでありNSCトップである谷内正太郎のすべきは、
日本の国益を守ることだ。
しかし、谷内はその真逆をやる犯罪者だ。
この慰安婦交渉で微妙な動きは
アメリカ在住の日本人にも大きなダメージとなるだろう。
「軍の関与」を認める下書きまでしたのだから、
アメリカでは、「韓国の女性を日本軍が強制連行して売春婦にした」
と理解するだろう。アメリカ在住の日本人には苦々しい思いをされると思う。
子供がイジメにあう機会も多くなるだろう。
谷内正太郎は外交上のトップに収まっているが、
やることは日本の国益よりも韓国の国益を優先する大馬鹿ものだ。
売国奴という言葉でも足らない。
日本のために散った英霊からみたら怒りが収まらないだろう。


uuy***** 1月6日 04:25

-谷内正太郎が仕組んだ慰安婦合意の経緯-
今回の合意案は谷内正太郎が裏で画策したもの。
谷内が根回しして「合意条件3億円」は当初安倍首相は断っているのだ。
3億を断られた韓国は1億でもいいから、と言ってきた。
あまりにもしつこく韓国の方を持つ谷内正太郎の根回しで、
安倍さんは断れなくなってしまったというのが実情である。
本来ならば日本の利益を優先すべき事務次官トップであるはずなのに、
韓国の言うことを再優先して安倍首相を蟻地獄に引き込んだ。
日本人でありながら一番守らなければならない問題を
相手側に有利に有利に頭を回す。
なぜか?
谷内正太郎は韓国のハニートラップにかかり
魂を韓国に売り渡してしまったからだ。
焼き肉が大好きな谷内正太郎、よく通う焼肉店「龍◯園」はキーセンとセット。
谷内正太郎は入り浸りとなり魂を抜かれた。
今は韓国の商売女から韓国の指示を受け取る構造になっている。
安倍首相は最後の最後まで拒んんだが、
谷内正太郎が引き釣り込んだ蟻地獄には勝てなかった。
仕方なく安倍首相が了承したとたん、その情報は韓国に筒抜けとなり、
では10億円を出して頂戴と韓国が言ってきた。
この根回しをしたのも谷内正太郎だ。

この記事へのコメント

中原明 (69歳)
2016年01月14日 07:06
(再度のコメントで失礼します)情報収集と分析の見事さに深く感服いたしました。勿論、思索の根底にあるものは、政治関連テーマの数千冊の専門書の読み込みにあると理解しています。今回ご紹介いただいたブログ(サイト)についても、自分なりに咀嚼したいと思います。
管理人
2016年01月14日 07:46
<政治関連テーマの数千冊の専門書の読み込みにあると理解しています。
数年間で1000冊読んだので、20年やったら数千冊になりますが、それ以前は、読書を避けておりました。
政治学の本は読んでいませんが、ビジネススキル本はかなり読みました。
最近は、読んだ本について、気になった箇所をPC入力しております。書評作成は、根気がいりますが、文章力アップにつながるだろうと思います。
2016年01月14日 16:04
谷内正太郎氏はこれまで名前が出ても、やり手官僚、同じくスパイ疑惑のある佐藤優氏が彼は国士、真の愛国者だと大いに持ち上げていた人物で、今のように広く売国奴だと知れ渡ると言うことは無かったかと思います。

それが、今回の合意でやおら青山氏等を情報源に一気に表沙汰となりましたね。
これだけ世間で叩かれスパイだと周知されれば、今までのようにキャリアを積み上げることは難しいでしょう。
勿論、NSCの局長としてもやりにくくなる。
監視の目がこれまでとは比較にならないほど強くなるでしょうから、彼をこれまで便利使いしてきた人達も切り捨てるでしょう。
実質的に潰れたと見て良いんでしょうか。
管理人
2016年01月14日 16:48
こう推理しています。
特定秘密保護法案以前は、外交密約をばらすという切り札を持っていたが、法案の施行で、その手は使えなくなった。
青山さんは、潰したい人たちから情報を得ているのでしょう。
潰れたとするなら、かつてのエージェントだった筋から、精算を迫られる可能性があります。
話は飛躍しますが、アメリカの北朝鮮制裁に関連して、アメリカから(北と関係あった人物として?)名指ししてもらう作戦があるかもしれません。

この記事へのトラックバック