捏造慰安婦問題日韓最終合意? 安倍首相が目論む?再提議防止策

拙ブログは、捏造慰安婦問題に係わった者たちについて、凄惨な追及と苛烈な処断を求めている。

安倍首相は、韓国から帰国直後、テレビ番組にて、合意した後の、再提議なき政治状況をつくる必要があると指摘している。

安倍首相、慰安婦問題「合意すれば再び提議しないことが大切」
http://hosyusokuhou.jp/archives/45896939.html

皆さんは、これをどう読まれたであろうか?

ネット界の意見は、「再提議しない前提で日韓が政府レベルで合意すること」について、否定的である。


ブログ「私的憂国の書」は合意は有り得ないとしている。

慰安婦問題に「協議」はあっても「妥結」は見込めない
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2128.html

私は、性善説的シナリオでの合意はないだろうとみている。なぜなら、韓国だけが得をし、日本側はマイナスがちょっと減ったくらいの妥協でしかないからだ。

マイナスがちょっと減ったことで合意させられる、外交的屈辱を、外務省職員はわかっているのであろうか?

それゆえ、外務省職員全員に適用すべく、スパルタ式職場環境導入を提言したのである。

ユネスコ南京登録問題 外務省総動員体制+職員を民間団体に出向させ手伝わせるべきだ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_13.html

性善説シナリオでの合意はないと書いた関係で、性悪説的シナリオでの合意はあることになる。

ここで、トリック的色彩が強い外交合意文書をイメージしたい。

海外の政府機関との協定書みたいな文書、格式語で外交文書的やりとりを経験している方なら、何を言わんとしているか、おわかりいただけるはずだ。

「日韓両政府が、未来指向の外交関係構築ため、慰安婦問題を再提議しないことを前提とした場合の合意」ならどうでろうか?

日韓双方において、具体的進展はないものの、その再発防止を前提とする合意(こんなことを繰り返しても両国の友好にメリットはないので)、両国でそれぞれ反政府活動している者たちを処置するために合意・協力するという意味である。

再提議させないのであるから、日本国内においては、国内で係わった在日たちを資産付き、マイナンバー情報丸ごとつけて、韓国に強制送還させ、韓国政府は、親日罪、徴兵忌避、国外財産調書等の視点から絞りあげる、シナリオが浮かぶ。

すなわち、安倍首相は、係わった者たちを、そのグレードに応じて立件、強制送還するなどして、処置する。
韓国は、欲しいカネを日本の税金ではなく、在日の資産にシフトする、ということである。

その結末について、外交上の共同声明文書として文章化するとこういうイメージになるだろう。

―――――――――――――――――

日韓両政府の最終合意イメージ

捏造慰安婦問題については、日本政府は決着済みとするものの、合意事項として、再提議ない政治状況実現のため、捏造慰安婦問題に係わった関係者(日本においては在日)の取り扱いについて両政府が確認・合意し、韓国政府が在日の受け入れ(日本側からみて強制送還)を実現することで、最終決着する。

―――――――――――――――――

一見玉虫色の最終決着だが、捏造慰安婦問題を焚き付けた在日にとっては、驚愕する合意シナリオである。

トリッキーではあるものの、損な内容ではない。日本側は長年の懸案だった、在日強制送還実現できれば、日本側は万々歳だろう。韓国は、理屈をつけて捕捉可能な資産が手に入る。日本側は、マイナスを一気にゼロにできる?ということだ。

凄惨な追及と苛烈な処断が、かく現実化するかもしれないのである。

もう在日の居場所はないようである。何かにつけて外交交渉の材料になりやすい政治状況となったようである。

私は、安倍首相の「再提議しない」という、このたった一言の発言に、強烈な政治的意図が込められていると見た。それゆえ、その意図するものが何であるか?という視点から、再提議させない前提での合意の条件になりうるものを、以下に、アイデアとして記す。


―――――――――――――――――

捏造慰安婦問題に係わる、日韓両国政府合意に伴う処置(案)


・捏造慰安婦問題を想定した、共謀罪法制化等を進める(日韓両方)

・合意後、日韓捜査当局間で、捏造慰安婦問題に係わる捜査協力を定例化(日韓両方)

・これまでの経緯から、日韓両国内に、捏造慰安婦問題に係わる協力者がいると判断し、両国は捜査情報を交換、それを参考に、日本国内の協力者について、外患罪、偽計業務妨害罪等で立件(日韓両方)

・外国人による国内の政治活動の規制強化(外患罪改正)

・外国人による国内の政治活動の規制強化(公職選挙法改正)

・捏造慰安婦問題の推進に係わった団体のテロ指定、口座凍結、解散(日本国内)

・韓国政府系団体の解散(日本国内)

・国内で捏造慰安婦問題の活動に深く係わった、在日の強制送還、帰化人の帰化取り消しおよび強制送還(韓国政府が受け入れ)

・韓国政府に対し「捏造慰安婦問題処罰法」の法制化を義務づける

・捏造慰安婦問題推進者作成、配布資料すべてを公的施設(図書館、学校)から廃棄(日韓両方)

・捏造慰安婦問題資料等の当該学会からの抹消、学界追放等(日本国内)

・捏造記事を書いた、新聞社について、一定期間発行差し止めができる様、法整備する(外患罪、消費者基本法等)

・捏造記事を報道した、テレビ局について、一定期間放送停止もしくは放送停止措置できる様、法整備する(放送法、外患罪、消費者基本法等)

・捏造慰安婦問題の議会質問者、意見書提出議員全員に対する、各議会での公開尋問の実施(国会議員、地方議員)

・捏造慰安婦問題の議会質問者、意見書提出議員全員の過去三代の出自の公開(帰化の有無含む)

・捏造慰安婦問題活動家の渡航禁止(日韓両方)

・韓国政府指示による捏造慰安婦像の撤去(世界各地)

―――――――――――――――――

これは案である。これだけやれば、再提議を躊躇う政治状況にはなるだろう。

安倍首相は、共謀罪法制化の口実にするかもしれない。アイデアとしては面白い。

逆に言うと、安倍首相は、ここまでやるだろうか?

ということになる。

再提議、安倍首相が、ちょっと言った一言ではあるが、物凄い次元での政治的意図が込められているかもしれないのだ。


その結果、●日ネットワークおよび韓国系●リスト教会組織は、●滅的打撃を受けることになるだろう。

官邸メール作戦好きな方のご参考となれば幸いである。

この記事へのコメント

ミラクル
2015年11月04日 08:17
素晴らしい案で、そうなるのが理想です。
また一方、安保法案を通す為、公明党と日韓関係についてさまざま約束をさせられている可能性もあるかと想像します。
次回選挙では、公明党抜きで政権運営出来るよう応援しなければと思いました。
奈々氏
2015年11月04日 13:51
このような事ができるのは安倍総理しかいない。しかし、残念ながらかようなことは起きないだろう。
年金生活者
2015年11月04日 16:13
ウソと知りながらウソの記事を掲載した新聞社の社長やその記事を書いた記者は、私文書偽造の罪に問われないのでしょうか?
管理人
2015年11月04日 17:21
ミラクル様
ご賛同いただき感謝します。
拙ブログは、誰かがはっきりと書かないといつまでたっても現実化しないのではないかという認識を持っております。

奈々氏様
安倍首相の再提議発言をどう解釈しうるか、首相官邸は、反応を知りたがっていると考え、出稿しております。
保守層がそれなりに反応しない限り、実現しないと考えるからです。

年金生活者様
私文書の定義、偽造の定義、解釈を要することが二つありそうです。私文書としては、該当するが、偽造とするのであれば、偽造でない文書が別に存在する必要がありそうです。
私は、法律の解釈は素人ですので、警察署の相談係などに、電話で問い合わせされることをお薦めします。返答としては、記事の偽造は対象として考えていない?という趣旨と予想されますが、それをどう乗り越えるか?
私は、偽計業務妨害罪の方に可能性を見出しております。
憂国のZ旗
2015年11月05日 09:28
「捏造慰安婦問題に係わる、日韓両国政府合意に伴う処置(案)」

素晴らしい案で、 私のブログに掲載いたしました。
実によく考案された内容で、他にも拡散したいと考慮しています。
http://blog.goo.ne.jp/teitofukkou/e/3b698ce6c199b54e230a4c84c3d2cba4

今後とも、ご活躍を希望しています。
管理人
2015年11月05日 17:34
憂国のZ旗様
拡散協力いただきありがとうございます。
安倍首相が言っている、再提議防止、世論の反応を知りたがっているのではないかと思い、出稿しました。言論人やマスコミが具体的に論評しないから、ブロガーが真意を探るしかないとのスタンスです。
ハル
2015年12月29日 09:19
今回、普通に考えれば捏造慰安婦にここまでする?
と思うところだが、裏がないなんてありえない結果
これは日本政府として、最後の情け或いは野党との
取引、公明党ですけどね
私が想像するに、きっちり世界にむけてのアピールをし
次は、一切相手にはしないよという形をつくったのかな
今回、大事だったのは韓国より国際社会の目だったような
気がします
これで次からは、何を言ってきても無視出来ますからね
あの韓国が約束を守るはずないし、多分書面化するより
てっとりばやくすむ、日本の左翼の口も塞ぐ
大事なのは、次はない、という事。

管理人
2015年12月29日 14:41
ハルさんは、大人の感覚で述べられていますね。
保守層にそういう感覚を持たれる人、少ない気がしております。
私は、安倍政権は、次の局面に備えて、大人の対応をしただけだとみております。
詳細、夕方に出稿予定です。

この記事へのトラックバック