国家緊急事態への備え 隠れ共産主義者?だらけのマスコミの監視強化は避けられない?

安倍首相が、憲法における、緊急事態条項の創設の必要性に言及した。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/151111/plt1511110042-n1.html

緊急事態条項は大災害発生時や有事の首相の権限強化、国会議員の任期延長などを定めるもの。昨年11月の衆院憲法審査会で、共産党を除く与野党7党が憲法に緊急事態条項を書き込むことに賛成している。

―――――――――――――――――

共産党だけが反対しているのだそうだ。

なぜか。自らが目論む、政権構想実現に際し、緊急事態条項が邪魔であるからだ。

その日本共産党、中共から資金を得ているとする情報がある。

真相(41) 日本共産党の搾取と貧困
http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/59ccc85c3025e4e9b00aa7b5a020244a

拙ブログは、その手口について、以下に推察を試みた。

共産党・機関紙と反日マスコミはどうやって中共から資金を得ていているのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_23.html

共産党には、ある特徴がある。簡単に示したい。

―――――――――――――――――

http://nosaka-sanzo.blogspot.jp/2011/12/blog-post_18.html

共産党員発見法

マスコミが伝えない真実の日本共産党を知るためのポイントは3つです。 1.日本共産党は地下政党  2.日本共産党は平気で嘘をつく 3.日本共産党は裏切り者を許さない

日本共産党は、このような市民団体を多くかかえていますが、日本共産党の青年組織である民青のような例外をのぞいて、「政党支持の自由」を看板にして、共産党のダミー団体であることを国民に隠しています。

―――――――――――――――――

政策的には、共産党は一部正論を言うが、決して実行しない正論だとしている。

日本共産党の正体
■政策に対する問題点
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/188.html

だから、つい、騙されそうになる。決して行動しない正論、見事な分析だと思う。


実は、言論界、マスコミ界は、日本を壊したい、隠れ共産党員がたくさんいるのだそうだ。

どういうことかと言うと、共産党には、数々の、暴力の歴史、裏切りの歴史がある。日本だけではない。戦前からしてそうなのだ。

日本共産党の正体
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-222215-ch.php

ビルマのスーチー女史はかく語っている。

【ミャンマー】スーチー氏「私が全て決める。次期大統領は何の権限もない」 独裁国家誕生へwww
http://hosyusokuhou.jp/archives/45970894.html

日本共産党は、党内および党員の選挙で代表を決めたことはない。

民主主義政党と言えるのであろうか?

そのスーチーの正体は、共産主義者だったようである。

スーチー女史は共産勢力の広告塔?
http://blogs.yahoo.co.jp/yaninattyauyo/51299374.html

総選挙後のこの豹変。共産主義者たちの手口そのものである。カンボジアのポルポト政権時代の大量虐殺、中共では毛沢東時代の大量の餓死者、ソ連スターリン時代の粛清ー

ビルマで大量虐殺が起きるであろうと私は予想する。

共産主義者たちは、仮面を被っている野獣なのだ。決して、過ちを認めたがらない。理由は、一部のインテリによる、独裁的支配を目指す集団であるからだ。思想的に自分たちが、インテリだと思っているからだ。

それゆえ、どんなに論理破綻しようが、過ちを認めないのである。

論理破綻の代表的事例は、大江健三郎に見出すことができよう。素行的には、明らかに、論理破綻している。

大江健三郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%81%A5%E4%B8%89%E9%83%8E

大江健三郎の画像を探してみて欲しい。あの眼の水晶体の濁り、白内障でそうなるとされるが、何か感じないだろうか?

元朝日記者であり、南京問題での捏造記事?を書いたと評判の、本多勝一も同じ類であろう。

本多勝一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E5%8B%9D%E4%B8%80

真正日本人なら、あのニヤついた目つきの異常さを感じるはずである。

ニヤついた目つきで言うと、福島瑞穂、辻元清美がそうだ。言っていたこと、やってきたこと、目はすべてを語っている。

論理破綻している点で言えば、ルーピーがそうだ。息子のロシア留学はその証左だろう。

鳩山元首相の息子紀一郎はロシアの交通事情にも詳しい研究者だった
http://tetorayade.exblog.jp/22017688/

どんなに論理破綻していようが、韓国での土下座をやめない姿は、隠れ共産主義者であること想起させる。

いずれ「アメリカは出ていけ!」と国民を扇動しかねない鳩山由紀夫中国寄り共産主義者もどき
http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/32122914.html

その鳩山由紀夫を佐藤優は持ち上げている。

佐藤優 鳩山総理は決断の専門家 2010-03-27
https://www.youtube.com/watch?v=esRLcTglcGI

佐藤優特別講演会・天皇論3-1鳩山由紀夫研究 吉野の後醍醐陵へ
http://www.youtube.com/watch?v=aBvX_w8SVYA&feature=related


倉山満は、以下のような噂について

●ロシア人はとても親日家が多いのだ。そして、プーチン氏は日本のバリバリの味方。なぜなら・・・
http://c18h27no3.exblog.jp/22155470

この種の説を信じる点において、外交戦で敗北しているとしている。

―――――――――――――――――

保守の心得 倉山満

149頁

アメリカの言うことなら何でもついていくという自称・保守の人たちも困り者です。ほかにも彼らへの反動や、韓国を敵視するヘイトスピーチの連中、中国に媚びる利権政治家。北朝鮮が好き……というのは完全に工作員です。本人が自覚しているかどうかは別として、工作員と同じことをしたら工作員なのです。こういうのを「無自覚のスパイ」と言います。

我が国の周辺諸国のうち、難しいのはロシアでしょう、プーチン大統領は柔道家で日本文化に理解があるため、親日派というイメージが浸透していますが、その時点で外交的に敗北しています。

―――――――――――――――――

続いて、この動画で、鈴木宗男がなぜ、プーチンを持ち上げるか、理由を考えてほしい。

2015/10/19 ザ・ボイス 勝谷誠彦×鈴木宗男 激論ツインターボ! 
http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/8aa3f5abde787b920c28c49e228aab4b

要するに、鈴木宗男、佐藤優、ルーピーはグルなのだ。

また、日本人は、親日だと一言言われただけで信じ込みやすい………………
愛国歴史ブログは、そういう情報で溢れている。リライトものの歴史ブログは、それゆえ罪作りなのかもしれない。

困ったことだ。

自分で調べ、自分で判断することが如何に大切なことか…………

ここで、彼らの捏造がどういう手法か、ヒントをお知らせする。99%は正しい情報、1%に捏造ないし、嘘の情報を忍び込ませるのだ。朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などの新聞社がやっている手法が実はそうなのだ。

拙ブログは、根拠不明な情報については、根拠不明と書いてきた。彼らは、そう刷り込みたい意図がある時には、根拠を伏せるのだー
拙ブログは、曖昧な情報については、詳細未確認とか、判断するのは、これを読まれたあなた自身ですと、ことわってから書いてきた。
しかし、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などの新聞社がやってきた手法は、そう刷り込みたい意図がある時には、彼らなりの真実味あるシナリオで、洗脳を試みるのだ。

新聞の論説記事は、その目的達成のための手段なのだ。読売ですらそうなのだ。ロクな言論人の出稿がないのだ。
その状況から類推すると、読売の主筆は、隠れ共産主義者なのであろう。

さて、NHKについては、隠れ共産党員の存在を指摘する人がいる。

―――――――――――――――――

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10669496435.html

NHKには内部に22の共産党支部が有り、昭和63年の

調査では東京都下だけでも、98名以上のキャスター、

アナウンサー、ディレクター等が共産党員であることが

確認されています。

―――――――――――――――――

左翼からの転向組の安濃豊は、NHKは共産主義者に侵食されているとしている。

NHK記者 田中秦臣は共産党秘密党員である。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51459390.html

NHK大越キャスターは日本共産党党員である
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51435728.html

安倍晋三は共産党に浸食されたNHK=日本放送協会を民営化し、歴史に名を残せ。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51460135.html


最近、ネット界で、放送法違反番組との指摘が多い、岸井成格は、経歴的に、共産主義者であることがわかる。

―――――――――――――――――

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BA%95%E6%88%90%E6%A0%BC

岸井成格

東京都出身。父は元衆議院議員の岸井寿郎。

慶應義塾普通部から慶應義塾高等学校を経て1967年に慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。卒論ではトロツキーについて論じる。同年、毎日新聞社に記者として入社。熊本支局を経て、政治部に勤務。ワシントン特派員、政治部副部長、論説委員、社長室委員、政治部長を歴任。その後、編集局次長、論説委員長、特別編集委員などを経て、2010年6月から主筆、2013年4月1日付で再び特別編集委員に就任[1]。

―――――――――――――――――

そういう類の論文を書いたので、毎日に採用されたという見方があるだろう。団塊世代は、そうやって生きてきた世代だったのである。

上記以外でも多方面に隠れ共産主義者がいることが知られている。

―――――――――――――――――

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/188.html

隠れ共産主義者

保守派の中にも隠れ共産主義者がいることを忘れてはなりません。例えば、「ファナティック男系」などといって女系天皇を推進する小林よしのり(父親は共産党の元党員)などがいい例です。

政策的には、一見まともなことを言っていると装っている部分はあるが、その点については、行動で示そうとしない。主張したふりなのである!

―――――――――――――――――

なぜ、拙ブログがこんなに、隠れ共産主義者にこだわるのか!

戦前、特に、近衛首相時代のその取り巻き、にそういう類の人物が、多いのだ。

渡部昇一や中川八洋の、その時代の本をお読みいただきたい。

中川八洋の「近衛文麿の戦争責任」は、近衛を含め、近衛のまわりに共産主義者だらけであったから、かように事態が進行したとしている。多分に決めつけはあるものの、シナリオ的には納得できる。


長くなって申し訳ない。
これくらいの量にならないと、原稿として完成した気にならないのだ。

本テーマで書きたいことは大体書いた。

ここで、なぜ、こんなに隠れ共産党員の存在を、これでもか、これでもかと紹介する理由を、皆様に考えていただきたい。

私は、冒頭で紹介した、隠れ共産党員の存在について、安倍首相がイメージする国家緊急事態時において、戦前の如く、あちこちで(革命分子、反国家分子の役割を担い)、国家間の紛争に乗じて、マスコミ界を中心にとんでもないことをするのではないかと予想しているからなのだ。

拙ブログは、そのための対策として、以下に出稿した。


・戦争・内戦・テロ等のテレビ・ラジオ報道 政府広報官によって行われるべきだ(マスコミ不信)
http://nihonnococoro.at.webry.info/201504/article_5.html

・情報戦争 有事にテレビ局をどう扱うべきか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201507/article_26.html

・テロ・重大犯罪情報発表・報道体制大丈夫か! 台湾で暴行の隆大介こと張明男の隠蔽報道を再発させるな
http://nihonnococoro.at.webry.info/201503/article_25.html

・非常事態措置提言 新聞テレビに代わってブログがするしかない!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201403/article_23.html


有事発生は、マスコミ関係者の監視徹底は避けられないのである。監視徹底するのであるから、通信傍受、誰と会ったか、隠れ共産党員ではないのか、どういう本を読んでいるのか、などなど、監視すべきなのである。

マスコミ関係者が、とにかく信用できない、よって監視されるべきなのである。


安倍首相は、憲法改正の筋道として、「緊急事態条項は大災害発生時や有事の首相の権限強化、国会議員の任期延長など」を選んだ。

有事の際、隠れ共産党員が多数棲息する、マスコミ界は、我が国を混乱に陥れる目的で、重大犯罪、たとえば武装集団の子国籍、氏名等について、国籍を伏せ、本名ではなく通名で報道する可能性が多分にある。

実際そうではないか?

特に、朝日、毎日は!!!

NHKが在日犯人の国籍と本名を報道!驚くべき改善の兆し!朝日新聞は国籍隠し通名のみの虚偽報道
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5966.html


関東大震災で、在日朝鮮人が暴れたのと同じ事態が繰り返された場合の事を想定いただきたい。重大犯罪等について、国籍、本名を報道しないマスコミ報道で、有事対応は万全と言えるのか!!!

日本と交戦した国にとって、日本のマスコミは都合良く、動くことは、過去の報道事例から必然である。

最低限、首相権限を強化し、有事発生の際、日本全国の新聞社、テレビ局について、機動隊、自衛隊車両で包囲し封鎖、外国籍、、帰化人、思想・信条的に隠れ共産党員と認められるものを、職場から排除するような措置を行っていただきたいのである。

逆らう者は、公務執行妨害で逮捕、明らかな反日報道については、外患罪で即処刑で結構である。

拙ブログは、首相権限でかくなる処置が粛々と実行されることを望んでいる。

確かに、緊急事態条項は、憲法改正すべきしてから行われるべきことではあるものの、「憲法解釈でカバーし実行できる」ような世論づくりが必要と考えるのである!

それが、本稿出稿の趣旨である。

マスコミ業界関係者諸君、それでも君たちは、交戦相手国に有利な報道を続け、不報道、偏向捏造を繰り返すつもりであろうか?

その場合は、首相権限での、特定のマスコミ関係者の当局出頭要請、期日までに出頭要請に応じない者については指名手配を含む捕縛協力呼びかけ(全国各地でマスコミ関係者の監視活動が本格化する?)、特定マスコミ事案に係わる事後法での訴追等、を提言せざるを得ない。

不幸にして、憲法改正前に、有事発生した場合に備え、政府機関として粛々と有事マスコミ対策が実行できるようにするために、拙ブログは文章化を試みた。

あれだけ、マスコミ報道に問題があることが知れ渡ってしまっている関係で、憲法発生前に起きるかもしれない有事の際、マスコミの処置について、国民各層で共有化せざるを得ないのである。

官邸メール作戦される方のご参考となれば幸いである。

この記事へのコメント

2015年11月12日 15:13
スーチー女史は確か何ヶ月か前に習近平と会談していましたね。その時に政権奪取後の後ろ盾を色々密約したのだろうと予想されます。
軍のクーデターも予想されることから、ミャンマーの動向は気になります。
その日暮らし
2015年11月12日 15:57
こんにちわ。
日本も戦前から戦前のアメリカの様にどっぷりと共産主義者に侵食され、国をミスリードされてきました。
しかし、戦前はまだ特高などの強い権限を持った治安組織が防諜外患排除に活躍していましたから、まだマシでした。
それでも、近衛とその取り巻きにまんまとやられてしまいました。
日本は知らない日本人が殆どだと思うのですが、1930年代辺りまでは親米国で、連合国側の列強の一角、国際連盟の常任理事国だったのです。
日本人も、また米国人もいわば準同盟国、友好国として開国以来多少のこじれはありましたが付き合ってきていて、まさか戦争になるなど誰も想像もしませんでした。

それは兎も角、戦後米国では共産主義者の跋扈の危険性が広く認知され、レッドパージで徹底的に排除しました。
しかし、共産主義者によって主導された初期GHQの戦後政策によって、日本は共産主義者や彼らの眷属の敵性外国人の跋扈がしやすい環境になってしまいました。
日本人をテロルから守ってきた特高も軍国主義の象徴、悪玉に仕立て上げられ、それに類する組織を作ることすら困難です。

70年を経て安倍総理によって着々と彼らの外堀は埋まりつつあります。
日本正常化の為には周到に準備されたレッドパージが必須ですね。

しかし、民主党政権の悪夢や維新のたちの悪さを考えれば、首相に更に強い権力を与える必要性は痛感するのですが、万が一国民が再び誤った選択をし、共産党政権などが出来上がり、共産党首相などがその強権を握ったら、日本はどうなってしまうのか。
日本の民主主義も長く続いた皇統、伝統も全て失われてしまい、日本人の誰も幸せにならない地獄が誕生しそうで恐怖します。
管理人
2015年11月12日 18:30
遼様
スーチーは、軍のクーデーターを口実に、自国に中共軍を招きいれる算段なのでしょう。
外患行為の約束をしたのでしょう。
管理人
2015年11月12日 18:38
その日暮らし様
かなりの本を長期間に渡り、読破されていらっしゃること、文面から読み取りました。
ご指摘のとおり、昭和初期の状況に似ている部分があります。
ただ、大衆は、かつてほど馬鹿でなくなりつつあるようです。最近の世論調査結果での支持率上昇がそれを示しているように思います。
本稿では、作成作業しつつ、部分的に正論は言うが行動しない共産党の習性なるものを知りました。
この傾向は、保守の言論人にも当てはまります。カネを集めるが決して陳情しない団体もあります。
日本人に陳情させないことを意図しているかもしれません。組織化されると都合が悪い?
そうであれば、なおさら、提言→陳情を呼びかけざるを得ません。
大杉 
2015年11月12日 20:57
緊急事態条項は必須ですね。大災害の発生時などのように、救急救命や災害救助活動、避難などを最優先で行わなければならない状況下で、財産権(緊急車が通行する際に一般車両が道をふさいでいれば、それをどかす必要がある場合に持ち主を確認しなければならない等)や行政審査権などを確認している時間的余裕などありませんから、そういった状況下においては、議会の承認の元で、一定の権限を首相に集める事は必要だろうと思います。

緊急事態が終息した時点で、通常時の権限に戻し、その後、議会で首相の行動責任などを問えばいいかと思います。緊急時の首相の行動に問題があればその都度審議すればいいだけです。

大杉
2015年11月12日 21:13
そもそも共産党自体が、民主国家の日本において存在していること自体が異常ですね。共産党は、武装革命を是としている政党ですので、政治政党などではなく、テロ組織と見るべきであり、そもそも選挙で議員が当選できている時点でおかしいのですが、多くの国民は共産党の正体など知りませんから、【良い人達】のように見ている人もいるのかもしれません。

共産党は政党助成金を受け取っていないらしいのですが、そもそもテロ組織を税金で支援すること自体おかしいので、普通だろうと思います。それ以前にあの政党にどこからあれだけの政治資金が流入しているのかが不思議で仕方がありません。

共産党は実態がつかみにくい組織です。地下組織であり、公安部の監視にも置かれていますが、それでもよく分からない所は多くあります。

共産党員以外でも共産主義者で、かつ共産党関係者ではないかと思われる人物は多く存在しています。

一見ただの一般市民でも、正体は活動家、特亜工作員という事も多いです。

共産党は鉄の掟として、党員は指導部の思想に反抗できないというものがあります。党の指導部に対しての異論、反論者は粛清されますから、党員はほぼ全員が同じ主張をします。したがって、上から下まで、まるでカルトの如く同じ主張を繰り返し連呼しているのが特徴です。隠れ共産党員もおそらく同様です。

偽保守にも注意ですね。父や母に共産党関係者がいた場合は、子も共産主義者である事も多いです。実際、小林よしのり氏は、父が共産党関係者であった事が知られていますから。

大杉
2015年11月12日 21:31
共産主義者である事を見分けるポイントは、色々ありますが、【反米、反戦、反日、反軍国主義、反核(反原発)、反皇室、反靖国】である事だろうと思います。ただし、隠れ共産主義者はこの内のいくつかは肯定している場合があるので注意が必要です。その場合の見分けポイントは、皇室と靖国、戦前・戦中の日本に対する考え方ではないかと思います。共産主義者はこの3つの存在を最も忌み嫌っているようですから。

ただの一般市民ならば、この2つの事柄についてはそこまで詳しくないと思いますから、多くはスルーします。しかしながら、共産主義者にとって、特高や治安維持法などは悪夢であり、この2つを知らない者はほとんどいません。また、彼らは毛沢東などの大虐殺を行った革命家の独裁者は賛美しますが、何故かヒトラーのようにそれ以下の犠牲者である独裁者だけは痛烈に非難する所が特徴でもあります(自分達は敵対者への非難にヒトラーを利用するが、敵対者の公人のナチス、ヒトラー発言を許さないなど)。欧米では公人非難であっても、ヒトラーに準えるのは問題になる事が多いのですが、日本の共産主義者たちは普通にやっていますね。

少なくとも、共産主義者には論理矛盾が多くみられることは事実です。きれいな言葉ほど詐欺師に利用されやすいものはありません。
大杉
2015年11月12日 21:35
ところで、共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」に登場する人物は、全て「共産党関係者(隠れ党員を含む)」と考えても良いのでしょうか。党の機関紙が党員以外にインタビューする事があるのか知りませんが、若干気になっております。

同じ共産主義者であっても、共産党と敵対する革マル派などにはインタビューはしていないかと思いますが、その辺りはどうなのでしょうか・・・。
大杉
2015年11月12日 21:49
重要なのは、「共産主義者は原則反米であるが、何故か原爆投下と米国製の占領基本法(現日本国憲法)だけは肯定する事、戦前・戦中の日本とA級戦犯(靖国神社)と日本と欧米(特に米国)の軍隊と戦争だけは忌み嫌い、共産圏の国が持つ軍隊には嫌悪感を示さず、反核、反自然破壊も同様である」という事です。
管理人
2015年11月13日 07:29
大杉様

たくさん書かれたようですね。大杉さんとのやりとりは有意義だと思っているので、コメント一つに付、一つずつ回答することにします。

1について
救急救命、災害救助活動、避難、財産権という言葉、なるほどと思いました。現状でもできることですが、国家レベルの災害は、そうあるべきです。東日本大震災の場合、政府はそうすべきでしたが、菅首相は政治的思惑から、そうするのを避けたのでしょう。
ただ、国家レベルでの災害対応を持ち出すのは、民主党側からすれば、東日本大震災の場合、非常事態宣言しなくてもここまで復興、対応できたとする屁理屈をこねるのは予想されます。
自民党は、民主党の対応のまずさをもっと追及すべきでした。

2について
警察、自衛隊関係者は、共産党のみならず創価の正体について共有化していると予想します。問題なのは、地方公務員と教員です。タクシーの運転手やホテルマン、板前の方が、世情を知っているのではないかと思います。
大杉さんは、鉄の掟の時代を知っておられるご様子ですね。私の時代は、民青でした。彼らとは、学生時代、大学の教室でやり合いました。誘われましたが、拒否しました。

続きます
管理人
2015年11月13日 07:30
3について
共産主義者の見分け方=皇室と靖国、戦前・戦中の日本に対する考え方
なるほど、納得しました。倉山満の大日本帝国憲法に係わる記述、西尾幹二のGHQ焚書図書開封シリーズを読んで、私はやっと戦前アレルギーがとれつつある感じです。
ヒトラーに対する評価については、読んでおらず、今一つわかりません。

4について
「しんぶん赤旗」に登場する人物は、全て「共産党関係者(隠れ党員を含む)」と考えても良いのでしょうか。
ご質問の件ですが、党員の洗脳状態維持のための、宣伝文書なのですから、あらゆる人物を投入する動機が、発行体にはある、と見ております。真面目に読んで理解しようとすればするほど、洗脳の罠に嵌る??

5について
GHQ占領初期段階で、日本共産党関係者とGHQは密接な関係があったことが、大森実などの本に書いてあります。GHQの誰と日本共産党の誰が関係して、個々にGHQが指令を出したかまでは解明できていませんが、そのレベルで解明が進むことを期待しています。
管理人
2015年11月15日 11:09
<<様々な分野で組織的な連携で攻撃してくる反日勢力に対して、保守系論者は誰もが自分こそ純粋で正しいと、戦略的連携どころかお互いを攻撃し合う始末。
安濃豊氏と倉山満氏の論争などを見てると頭が痛くなってきます。

言論人の書いたものを読んでも、現実が変わるわけではありません。なぜなら、彼らは決して陳情しないからです。
通行人さんは、いろいろ不満がある様です。
私は私にできることを実行しております。不満だと言っても何も解決しないことを知っているからです。また、シナリオ、目標、手順、計画、文章化しなければ左翼のような組織だった活動は不可能です。
極論すると、文章化しない限り、何も変わらないということになります。

この記事へのトラックバック