「ユネスコ分担金停止」要請行動の意義について

政府は、ユネスコ委員会に、日本人職員の派遣を申し出るそうである。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151030-OYT1T50149.html?from=ytop_main2

ユネスコ委に日本人派遣へ…記憶遺産に発言力

 政府は30日、世界記憶遺産の審査に影響力を持つ国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)のアジア太平洋地域委員会に、日本人委員を送り込む方針を固めた。

 日本がユネスコに慎重な対応を求めたにもかかわらず、中国が申請した「南京大虐殺の文書」が世界記憶遺産に登録された教訓を踏まえた。政府は委員派遣を通じ、審査過程における日本の発言力を高めたい考えだ。

 ユネスコの記憶遺産には〈1〉世界〈2〉地域〈3〉国内――の三つのレベルがある。審査は各レベルの委員会で個別に行われる。世界レベルの場合は、14人で構成される国際諮問委員会が審査し、ボコバ事務局長に登録を勧告する。ただ、諮問委員の選考基準は明らかでなく、日本が委員の派遣を申し出ても、受け入れられる保証はない。

2015年10月31日 03時00分

―――――――――――――――――

意味するところは、当面、分担金の全額支払い停止はない、感じである。

明らかに、日本人受け入れを拒否した場合は、分担金支払いの10%停止くらいはやっていただきたいものである。

手順はこうなる。

まず、10%減らす
その状態で、あるちょっとした提案をする。その要求が受け入れられなければ、さらに10%分担金支払いを停止する…
その状態で、さらに別のちょっとした提案をする。その要求が受け入れられなければ…

ユネスコに対しては、序盤戦では、これを繰り返すのが効果的かもしれない。

我々は、ともすれば、全額支払いか、一挙に全額停止をイメージしてしまう傾向にある。この10%程度の数字をちょっとずつ操作するだけで、彼らは交渉に応じざるを得ないかもしれないのだ。

外務省職員の方は、育ちが良すぎる帰国子女が多いようで、この種のネチネチした交渉は、したがらないかもしれないので、敢えて、こういう交渉手口があることを指摘する。

要するに、外務省の全職員に対し、国連と対応する際は、(国連は既に善良な意思が通用する機関ではないのであるから)、総じてこういうスタンスで対応する様、省の方針として徹底すべきだろうと言いたいのである。


さて、本稿では、渡部昇一氏率いる団体が、官邸向けに陳情した事実について、この行為の意義について、検証するところから入りたい。

とりあえず、産経報道分を確認いただこう。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/151023/plt1510230022-n1.html

「ユネスコ分担金を停止し、広報活動費に」 「『南京大虐殺』の歴史捏造を正す国民会議」が安倍晋三首相に要請

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺文書」が登録されたことを受け、有識者有志が結成した「『南京大虐殺』の歴史捏造(ねつぞう)を正す国民会議」(議長、渡部昇一上智大名誉教授)が23日午前、都内で記者会見し、国際社会に対し正しい事実を早急に広報するよう求める安倍晋三首相宛ての要請状を発表した。

 要請状では、「南京」登録について「歴史的事実に基づいておらず、中国の政治的宣伝に乗せられた決定だ」と強調。その上で、ユネスコへの分担金拠出を停止し、その予算を「南京」の研究や広報活動に使うべきだと提案した。また、同会議の研究者による南京事件検証資料の提供など政府に協力すると表明した。

 同会議の藤岡信勝拓殖大客員教授は記者会見で「南京攻略戦はあったが大虐殺はなかったと実証されている。政府は正しい情報を世界に広める専属チームを作るべきだ」と訴えた。要請状は同日、首相官邸に提出する

―――――――――――――――――

つい最近まで、渡部昇一氏と藤岡信勝氏は対立状態にあったはず?と思っていたが、どうもそうではないようだ。

育鵬社の歴史教科書に対する、つくる会の歴史教科書からの盗作?問題(著作権侵害)
渡部昇一氏は稲田朋美議員の支持者、つくる会系の藤岡信勝氏は次世代の党支持ということで支持政党が別

この状況の中で、次世代の党の平沼赳夫議員が自民党復党することとなった。
つくる会は支持母体を失いつつある?中で、渡部昇一氏と藤岡信勝氏は手を組んだようだ。
この二人の間でどういうやり取りがあったのかは知らない。

その一方で、拙ブログは
渡部昇一氏、つくる会向けに、提言活動を行ってきた。

ここで、具体的なことは書かない。

とにかく、動き出したことは画期的なことだと思う。

その一方で、拙ブログは、保守系団体の大半は、抗議活動に留まってきたことを指摘してきた。

ただ、民主党政権になる直前は、抗議活動する団体が見当たらなかった。

この点については、行動する保守(せと弘幸氏、桜井誠氏、西村修平氏)が先陣を切り、乗り越えた。西村修平氏が桜井誠氏に、活動に係わるスキルを一つ一つ伝授したという話を桜井誠氏からお聞きしたことがある。
頑張れ日本全国行動委員会は、先行する行動する保守に追いつくべく、結成され、活動スタイルは「格調高い、行動する保守」的性格を有していたようだ。
その一方、行動する保守は、ヘイトスピーチ事案に巻き込まれ、動きがとりにくい状況にあるようだ。桜井誠氏が在特会会長を退いた本当の理由は、その辺にありそうな気がしている。

そういう状況の中で、現時点で、(陳情しようと思えばできそうに見える)保守系団体と言えば、三つしかない。日本会議と、頑張れ日本、つくる会である。日本会議は国会議員団が存在し、彼らが政策主導するしきたりとなっているようで、実質的な陳情の間口は限定されている。頑張れ日本は、これまでの活動経緯から、緻密さを要求される次元の事には手を出さないようである。つくる会は、以前よりは、行動的スタンスに変わりつつあるようだ。、

ここで、陳情・請願に必要なスキルを定義したい。

陳情とは、要求事項を文章化して、政治文書として提出する行為である。当然、幅広い識見、情報量が求められる。渡部昇一氏は日本最大の個人の蔵書量をほこる私設図書館を有し、数々の著作を執筆している。印税額だけで年間数億と目される。また、稲田朋美議員の後援会長でもある。従って、渡部昇一氏が陳情することについて、自民党側から拒否される理由は見当たらないことになる。

陳情する文書については、事実関係の確認、法律解釈を陳情する側の責任において実施するのは当然である。この点については、今回、渡部昇一氏と藤岡信勝氏が手を組んだことで、歴史認識問題については、最強の組み合わせとなった。
小坪しんや議員は、陳情する側にて事実確認する必要性があることを再三指摘している。官邸メール作戦の中核を担う余命ブログも最近、その事に言及している。
保守はやっと、陳情するというハードルを乗り越えつつあるようだ。

ただ、請願という課題は、残っている。保守で請願に係った活動家は、在野時代の小坪しんやくらいしかいない。請願と言えば、反日団体主導による売国法案くらいしか思いつかないが、小坪しんやは、手順を押さえ、事実関係を責任を持って確認、法律を読み込み、法解釈したうえで条文ベースで文章化し、受付議員を見出し、請願書を提出した、と私は見ている。

注:ある議員の後援会有志?の立場で請願しようとして、後で要件を満たしていないことを知らされ、請願自体が無効に終わったケースが残念ながらあったようだ。私は、真相を知らない。が、請願手続きの際に提出する書類等について、様式等の事前確認は必要だと思う。

注:NHK関連については、請願受付してくれる現職議員が見当たらない現状にあるそうだ。次世代の党の大半の議員が落選したのは、残念なこととしか言いようがない。


活動は、基本的に、抗議活動、陳情活動、請願活動の3点セットだと思っている。集団訴訟という手段もない訳ではないが、時間と金がかかるのは避けられない。

少なくとも、左翼の活動で、抗議だけで終わる活動はなかったように思う。陳情・請願・訴訟、どれも分業体制で、自民党政権、政府、自治体に彼らは挑んできた。

多方面で組織的活動を維持し、ダメもとで行政訴訟を何度も行ってきた(左翼の)根性は、見習わなくてはならない。

さて、同じ事案で、水間政憲が外務省対応の真相暴露を予告したようである。

―――――――――――――――――

●ユネスコ世界記憶遺産「南京事件」登録の根本問題
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2068.html

外務省は国民と自民党を完全に舐めています。
また、我が国のマスメディアも仕事をしてないことは外務省といっしょです。

―――――――――――――――――

ここで、注意しなくてはならないことは、営業ベース?でマスメデイア全般に対応し、マスメデイアはほとんど取り上げてくれなかったと語っている部分があるように映る?ことである。

事の次第と経緯を知っている人が、11月1日を選んで公開すべき事案だったのだろうか?という疑問はある。
我々一般人から見れば、自民党の勉強会?に呼ばれた時点で、水間氏は立派な当事者なのだ。

外務省は確かにおかしい。自民党も、違憲だと憲法学者に言わしめる人選決定した船田某と同様、チョンボをしてしまった感じである。安倍談話発表の後で、中共が何らかの仕掛けをしてくるのであれば、事情を知る言論人ならば、そうなることを予見したであろうし、(活動家として行動する)機会があった???

私は事の推移を正確に把握していないので、これ以上言及はしない。11月1日の発表を聞くしかない。


総括に入りたい。

こんなことが続出する現状で、果たして歴史戦争に勝利できるのであろうか?
確かに、渡部昇一を代表とする陳情活動は、画期的出来事ではあるものの、(左翼を見習って?)レベルアップすべき点があると思えてならないことを指摘し、本稿を終える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Suica割
2015年11月01日 10:58
提案をする→拒否される→分担金を削る→提案をする→拒否される→分担金を削る
この方法でいく方が効果的かもしれませんね。

全額支払いだと舐められたままに終わる可能性が高いですし、全額支払い停止だと、反対に過敏反応して、反日活動をする可能性がありますから、こちらの方が駆け引きとしては、上手です。
日本人の悪癖は、いきなりキレることであると、チャーチルも言っていて、事前にキレるというのが、察知出来たら、開戦なんてならないように妥協したと述べています。
今回は、じりじりとキレていくべきでしょうね。
管理人
2015年11月01日 16:09
<日本人の悪癖は、いきなりキレることであると、チャーチルも言っていて、事前にキレるというのが、察知出来たら、開戦なんてならないように妥協したと述べています。

じりじりキレるほかに、じりじり愛想を尽かす(対韓、シナの新幹線導入とした対インドネシアなど)ことも外交政策上必要と思われます。

この記事へのトラックバック