民主党帰化議員の暴力・議事進行妨害がまかり通る国会でいいのか

安保法案は成立したものの、その直前、民主党帰化議員福山哲郎が延々と不信任動議の趣旨説明を続けたそうである。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/150917/plt1509170042-n1.html

野党、「議事進行妨害」作戦開始か 民主・福山氏、長々と趣旨説明

民主党の福山哲郎幹事長代理は17日の参院平和安全法制特別委員会で、同党が提出した鴻池祥肇委員長(自民)の不信任動議の趣旨説明を行った。福山氏は鴻池氏の人間性を称賛したり、中谷元防衛相の答弁を批判したり、長々と演説を続けている。演説開始からすでに30分を超えた。議事進行を遅らせるフィリバスター(議事進行妨害)とみられる。

―――――――――――――――――

その前後において、民主党帰化議員の暴力行為が確認できた。

―――――――――――――――――

【安保法案】民主党議員らが無抵抗の自民党議員の襟首を掴む これはヤバイ
http://hosyusokuhou.jp/archives/45435020.html

【安保法案】民主党、与党議員を「監禁」「トイレ許可制」「暴力」とやりたい放題
http://hosyusokuhou.jp/archives/45437529.html

民主・小西氏が委員長めがけてダイビング攻撃…法案可決時、与野党大荒れの“壮絶肉弾戦”
http://www.sankei.com/politics/news/150917/plt1509170057-n1.html

騎馬戦? 棒倒し? 暴力まがいの議員に安保政策を論じる資格なし
http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180006-n1.html

画像


画像


画像


画像

―――――――――――――――――

これは、刑事事件レベルである。
ヒゲの隊長は告訴すべきだろう。

なお、次世代の党和田政宗議員は、民主党議員による暴力行為を目撃しかく、ブログにて証言している。

―――――――――――――――――

http://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12074186849.html

安保法制が参議院安保特で可決
テーマ:ブログ
先程、参議院平和安保特別委員会で、安保法制が賛成多数で可決した。

国民の皆様の命を守るためにも必要な法整備であったので、委員会での可決は一安心。

国民の皆様の不安は、時の政権の暴走によって自衛隊がなし崩し的に海外に出されてしまうのではないかというところにあったと思う。

「戦争法案」と呼ぶ人もいるが、我が党などが求めた「例外なき国会の事前承認」が閣議決定で担保され拘束力を持つため、政府が戦争をしようと思っても出来ない。
(そもそも戦争自体が違法なので、戦争法案という呼び名は反対派に利用されているだけなのですが)

しっかりと、締めくくり総括質疑はやるべきであったが、昨日から民主党などが議会のルールを無視して、力により議事運営を阻止したのでやむを得ない。
今日の採決でも暴力行為に及んでいた。

議会で暴力を振るったら終わり。議会の自殺行為。参議院は良識の府だ。
採決の際に、「節度を持て」「暴力振るったら終わりだ」と叫んだのだが、暴力行為はやまなかった。

廃案に追い込みたいなら、質疑の中で政府の矛盾を突き、審議を止めるなどして議会のルールに則って行うべきである。
―――――――――――――――――

採決後、辻元清美は、ハイジャック、クーデターというテロ用語を使って街頭活動した。

辻元氏が国会前集会で「首相は権力をハイジャックし、クーデターを起こした!」 
http://www.sankei.com/politics/news/150917/plt1509170087-n1.html

 安全保障関連法案に反対する市民団体は、参院特別委員会で法案が可決された17日夜も東京・永田町の国会議事堂周辺でデモ集会を開いた。民主党などの野党議員も参集し、民主党の辻元清美政調会長代理が安倍晋三首相を「クーデター」の首謀者として糾弾した。

 「国会の外では圧倒的な人たちが『廃案』と言っている。しかし国会の中では、国民を切り捨てる首相が権力をハイジャックし、クーデターを起こしているに等しい」

 辻元氏は雨の中でマイクを握りながら、こう訴えた。選挙を経た国会議員による多数決を首相の「クーデター」と言い切るのは暴論といえるが、集会参加者から「異議なし!」「がんばれ!」との声が上がった。

 集会は午後6時半から、護憲団体などでつくる実行委員会が主催し、国会正門前の歩道は身動きできないほどの人で埋め尽くされた。会場には労働組合や左派系学生団体ののぼり旗が目立った。

 また、社民党の福島瑞穂副党首も「強行採決は採決ではない。私たちはこんな内閣を許さない。彼らは歴史の犯罪者となるでしょう!」と声を張り上げた。

 さらに午後7時半過ぎには安保法案に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」が集会の主催を引き継いだ。

 「安倍を倒せ」

 「独裁許すな」

 「野党がんばれ」

 「民主主義って何だ!これ(集会)だ!」

 シールズの学生が壇上で音頭を取り、ラップ調のシュプレヒコールを延々と繰り返した。

 日本女子大(東京)の学生は、自殺したナチスドイツの指導者に安倍首相をなぞらえ、こう批判した。

 「国会は機能しておらず、政府の好き勝手。まるであのヒトラー首相だ。自民党と公明党が選挙で過半数をとったからといって憲法違反する。ナチスと同じ独裁国家です。ヒトラーの最期はみんな知っています」

―――――――――――――――――

もはや、国会議員に対する不逮捕特権を付与する理由はなくなった。ハイジャック、クーデターなどという用語を使う集会を、当局が許可する理由もない。

この種の集団は、当局が通信傍受するなど、監視対象とされるべきだ。

その一方で、民主党と共産党の馬鹿議員は国会での自撮りに熱中していたそうである。

ブログ「反日勢力を斬る」
国会乱闘中 民主と共産女性議員が自撮り楽しむ
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3441.html

ここで、民主党帰化議員による、とんちんかんな質問が続出したことを思い出しておきたい。

―――――――――――――――――

【国会】民主党の陳哲郎議員が勝利宣言「これだけ国会を延長してやっても、国民の理解は広がっていない。総理負けですよ」安保関連法案の廃案迫る
http://hosyusokuhou.jp/archives/45384632.html


【悲報】民主党・白真勲議員「武器弾薬を運ぶなら自衛隊でなく民間会社が運ぶべき」との見解を示す(動画)
http://hosyusokuhou.jp/archives/45020413.html


原発再稼働は核保有のため? 民主・白氏、トンデモ質問連発
http://www.sankei.com/politics/news/150805/plt1508050018-n1.html


野党「自衛隊を海外派遣中に日本で災害が起こったらどうする。国民の命を守れないだろう」
http://hosyusokuhou.jp/archives/45388375.html


民主・辻元が司法を軽視する大失言「学者が違憲て言ってるから法案撤回しろ」※合憲違憲の判断は最高裁
http://hosyusokuhou.jp/archives/44321585.html


辻元清美氏、「お願いだからやめて」 涙声で拝む【安保法制】
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/15/kiyomi-tsujimoto-at-diet_n_7799072.html


民主小川「韓国が武力攻撃を受けたら自衛隊を派遣するか?」→安倍「韓国は密接関係国だができない」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5935.html


http://www.sankei.com/politics/news/150528/plt1505280035-n1.html

民主、安保審議で得意の「バラバラ攻撃」 保守・リベラル両派が質問で“党内不一致”を露呈

衆院平和安全法制特別委員会で質問する民主党の辻元清美氏=28日午前、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)
 民主党は28日の衆院平和安全法制特別委員会で、安全保障政策をめぐり立ち位置の異なる2人を質問者に立てた。保守系の長島昭久元防衛副大臣と、リベラル系の辻元清美政調会長代理がそれぞれ自らの主張を交えながら政府の考えをただす「バラバラ攻撃」を展開したが、同党は安全保障関連法案への対応を正式に決めていないこともあり、実質審議入り2日目で早くも“党内不一致”が表面化した。

 「国家安全保障の要諦は紛争を未然に防ぐことだ」。安保政策の基本方針を訴えた安倍晋三首相に対し、長島氏は「おおむね首肯したい」と賛同した。 安保関連10法案を一括提出した政府の対応に「ごった煮で出されても議論しにくい」と注文をつけたが、法案には理解を示す発言を連発し、「できる限り修正を求めたい。政府は広い視野で取り組んでもらいたい」とエールまで送った。

 対照的なのが辻元氏。長島氏の質疑ではやじもほとんど出ず「静かな環境」だったが、辻元氏が質問に立つと、雰囲気は一変した。

 辻元氏は冒頭から「日本が戦争に踏み切る基準の変更について議論しているのか」と切り出し、政府が「戦争できる国づくり」を進めているかのような視点で挑発した。法案にも「日本がテロに狙われることにつながりかねない」と否定的な観点で追及した。

 長島、辻元両氏の質疑について特別委の自民党委員からは「同じ党の2人とは思えない」との声が漏れた。

―――――――――――――――――

民主党は帰化議員に集中的に質問させている点において、民団や朝鮮総連の支配下にあるとみていいだろう。
民主党に投票された方、帰化議員がそんなに信用できるのであろうか?


ニュースなどでも、帰化議員ばかりに焦点当てたような画像が目立つ。

辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗
http://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150044-n1.html

画像


辻元清美氏、「お願いだからやめて」 涙声で拝む【安保法制】
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/15/kiyomi-tsujimoto-at-diet_n_7799072.html

画像


まとめとなるが、

議事進行妨害
採決妨害を目的とする暴力行為
とんちんかんな質問

を行っている、中心的存在が民主党帰化議員であることが確認できたので、帰化議員に対する被選挙権付与見直しを提言し、本稿を終える。


参考
―――――――――――――――――

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13109827688

ozawa_ichirou1943さん

2013/7/514:44:51
.

なりすまし日本人 帰化議員リスト

日本を中韓に売り渡す売国法案の立法化を目論む日本人になりすました国会議員が多い。

問題は、日本人に帰化したにもかからわず、その心は、朝鮮人、中国人のままという輩が多すぎることだ。

日本政府は、今後日本への帰化条件を厳しく制限しないのであれば、おそらく尖閣諸島、
竹島は日本の固有の領土ではないと主張する帰化人(成りすまし日本人の議員、工作員、ニュースキャスター、評論家)によって、50年後や100年後の日本は内部崩壊させられるといっても過言ではない。

ネット全盛の現在に至っても、テレビと新聞しか見ない、テレビと新聞の情報は正しいと信じてやまない情報弱者たちは、
これらの成りすまし日本人に騙されて続けているのだが、自身ではまったく自覚がないということだ。
第19170号 國民新聞 平成23年12月25日(日曜日)

【帰化した国会議員】

日本会議埼玉支部の吉田滋相談役が最近入手した「帰化人国会議員一覧」によると、
民主党所属議員(元職を含む)が最多だった。

民主党には

小沢一郎(実父が済州島出身、実母は在日朝鮮人)、
菅直人(実母が済州島出身)

土井たか子(本名・李高順、昭和三十三年十月二十六日帰化)、千葉景子、近藤昭一。

岩國哲人、土肥隆一、金田誠一、岡崎トミ子、
簗瀬進、山下八洲夫、中川正春、横路孝弘、
神本美恵子、鉢呂吉雄、今野東、松野信夫、平岡秀夫、
赤松広隆、小宮山洋子、
鳩山由紀夫(実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子、妻の幸は在日韓国人)、
横光克彦、松岡徹、水岡俊一、群和子、犬塚直史、
佐藤泰介、谷博之、藤田幸久、増子輝彦、江田五月、
高木義明、中嶋良充、円より子、中村哲治、藤谷光信、
室井邦彦、横峯良郎、白真勲、奥村展三、
小沢鋭仁、川端達夫、佐々木隆博、末松義規、
西村智奈美、細川律夫、家西悟、小川敏夫、津田弥太郎、
ツルネン・マルティ、那谷屋正義、内藤正光、福山哲郎、
峰崎直樹、郡司彰、小川勝也諸氏ら五十六人。

社民党は
福島瑞穂(本名・趙春花、昭和六十一年二月十五日帰化)
辻元清美、保坂展人、
照屋寛徳、日森文尋、近藤正道、又市征治。

公明党は
東順治、上田勇。

自民党は
山崎拓、河野太郎、加藤紘一、衛藤征士郎、
河村建夫、中川秀直、犬村秀章、野田毅、
太田誠一、二階俊博、大野功統、馳浩。

本紙に一覧表を提供した吉田滋氏は、「この資料の真実性はほぼ間違いない。火のない所に煙立たずだ」 と述べている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

管理人
2015年09月19日 05:21
了解しました。削除します。
福本誠二郎
2017年05月09日 14:48

陳哲郎は、帰化して名前を福山哲郎に改め、日本国籍を取得して日本の国会議員にまでなっているものの、やはり「息を吐くように嘘を吐く朝鮮人」のDNAは変えることはできない。

この記事へのトラックバック