東京オリンピック パクリエーター事案の処置について

ネット界は、パクリエーターの過去のパクリ発掘情報で溢れている。
どういう経緯で、どういうネタをパクッたのか、ほぼ特定されつつある。
パクリエーター本人は訴訟、刑事捜査両面から、ほぼ絶対絶命だろう。
私は、どの事案も選考過程の杜撰さ、広告代理店の関与(パクリ実態を知ってて営業活動した?)が疑われると考えている。

マスコミ業界と取引が多い、広告代理店関連の不祥事について、報道が抑制的であることは、同業者を守りたいという動機が働いた結果であり、仕方がない部分はある。
すなわち、マスコミと同様、在日利権ということなのだろう。

まして東京オリンピック事案は、数十年に一度という高い単価が期待できるビジネスなので、業界関係者が注目するのは無理もない。しかし、業界ぐるみで押した?クリエーターがかようにパクリ専業だったことに開いた口が塞がらないのである。

また、政治的には、森元首相が係わっている事案のようでもあり、政権与党が言及しにくい状況である関係で、安倍政権は放置しているように見える。もちろん、日本のマスコミは、在日利権の闇を報道するはずがない。

従って、この状況を打開する目的で、官邸メール作戦が呼びかけがあって不思議ではない。

私は、どういう手順、どういう落としどころを目指すべきなのか、ネット界から自然発生的に提言があるだろうと見守っていたが、これと言った決定打を示唆しているものが見当たらない。

拙ブログは、提言型ブログを標榜している関係で、本件の処置について、以下に提言する。

―――――――――――――――――

東京オリンピック パクリエーター事案に係わる提言(案)

・調査主体
国会で調査のための特別委員会を設置(文科省)

・JOCがとるべき責任
JOC役員を含めた連帯責任(JOC役員総入れ替え)

・JOC実務上の措置
オリンピックロゴ選考やり直し

・国家としての対応方針
パクリ訴訟への補償に関して税金補填はしない(補償等はJOC側で行うこと)
JOC役員給与等の返納
パクリエーターだけでなく選考委員、役員の対応責任を問うべきとのスタンス
パクリエーター事案の選考委員、関係した広告代理店については、官公庁広報事案(自治体含む)から最大5年間排除

・再発防止対策
広告代理店業法の法制化(広告代理店業に課されるべき義務、国籍条項、罰則等)
政府広報(自治体)業務仕様書の明確化(パクリエーターの排除、国籍条項の明確化、受注企業および受注先委託会社等における反日行為・反政府活動等の厳禁)

―――――――――――――――――

このままだと、パクリエーターが行方不明?となって、事が収まるのを待つだけのような気がする。

それがこの事案の望ましい解決策なのだろうか。私はそうは思えない。

本事案は、マスコミを牛耳ってきた、広告代理店業の一角を占める、あの広告代理店を仕留める、またとないきっかけを与えてくれたのだ。

官邸メール作戦がさく裂しておかしくない事案なのだ!

この記事へのコメント

tsukihoshihi77
2015年09月01日 08:30
東京オリンピックのロゴについては前回もプロのデザイナーに任せたらわけのわからんものが出て来て非難轟々で解りやすい桜の花をモチーフにしたものになったと記憶しますが・・・。時節を読むと言うブログには今回の東京オリンピックはないだろうとの記事も見ました。理由は電通がその頃はもう存在しないだろうから、とありましたが自分にはよく判りません。ある記事では半島人がケチを付ける作戦だともありました。論理的思考ではありませんが私の経験では最初にギクシャクしたことはうまく行ったためしがないので競技場の件、ロゴの件、なんだか気が滅入ります。せっかく手に入れた謂わば名品を皆して傷を付けたり泥を塗ったりのようで日本人もここまで堕ちたか、と憂鬱です。2020年、世界が混沌混乱に陥って日本だけが羽化飛翔している、その状態で最早オリンピックどころではない、と言う状況の暗示であるよ、という事ならば嬉しいですが。
管理人
2015年09月01日 16:44
<論理的思考ではありませんが私の経験では最初にギクシャクしたことはうまく行ったためしがないので競技場の件、ロゴの件、なんだか気が滅入ります
パクリエーターだけでなく、広告代理店についても徹底的に責任を追及する機会となったのではありませんか?
拙ブログは、問題広告代理店を、土木工事の官庁工事並排除すべきと考えます。

この記事へのトラックバック