批判のための批判を繰り返す「政治屋」を野放しにしていいのか?

前々稿にて、安倍首相は、訪米時の議会演説にて、これまでどの政治家もなし得なかった、壮大な政治外交ビジョンを以て、臨んだことを示した。

安倍外交 議会演説・首脳会談他 戦後最終処理そして日米新時代の始まり!
http://nihonnococoro.at.webry.info/201505/article_1.html


そんな中、民主党首脳が安倍首相のアメリカ訪問について否定的な見解を示した。

―――――――――――――――――

岡田氏、首相演説を批判「日本での説明ない。最低限の責務果たしていない」
http://www.sankei.com/politics/news/150430/plt1504300022-n1.html

「日米ガイドラインの再改定は国益を損なう大問題だ」枝野幹事長
http://www.dpj.or.jp/article/106661

英紙タイムズ 民主党岡田代表のインタビュー掲載 中国と「限定的衝突が起こる可能性も」
http://www.sankei.com/world/news/150428/wor1504280045-n1.html

安倍首相を中傷し炎上中の民主・小西洋之「戦前の日本やナチスの教訓から言った」と意味不明な言い訳
http://hosyusokuhou.jp/archives/43844286.html

―――――――――――――――――

民主党は何もわかっていない。

安倍首相は、アメリカ議会およびアメリカの人々にどう語りかければ、それが、自身だけでなく、日本という国家の高評価に繋がり、戦後を終結させ、日米新時代を拓くことに成功したのだ。謝罪と補償ばかり突きつけられる、敗戦国苛めの現実と決別することにも腐心し、アメリカを中韓側から自陣に取り込んだだけなのだ。

民主党首脳は、日本の税金が、中韓に未来永劫貢ぐために存在していることを前提にしている発言のようである。

政治屋集団揃いのようである。

そして、何より、アメリカ人たちが、こぞって認めた、議会演説の良さを素直に認められない、政治家としての幼児性を指摘せざるを得ない。根性がねじ曲がっているとしか言いようがない。

良いものは良い、ダメものはダメという区別がついていないのではないかという意味である。

同じことは、安倍首相の議会演説を素直に褒めることができない、言論人についても言える。
その一例はこのサイトにて読める。

http://blogos.com/ranking/

私は、良いものは良いと素直に認め、そのうえで改善すべき点を指摘する主義である。それゆえ、良い点、効果が認められたことについて、言及せず、いきなり批判的論調に走る言論人については、そもそも器が小さいというか、批判する能力しかないのではないかと見ている。

すなわち、自身が安倍首相と同じ立場だったら、何ができるかという視点が決定的に欠落しているということである。
良い点を素直に認めないことも言論人の資質としてどうか、という見方もできよう。
私は、自分が仮にその立場で考えて実行したであろうそれ以上、想像以上のことを政治家安倍晋三が為したので、私は、素直に褒めた。
従って、今回の安倍首相の議会演説について、批判だけしてしまったビジネス言論人については、なんだこの程度か、この程度のことでビジネス言論人を気取っているのか、ビジネス的にお粗末な言論人と、つい言いたくなるのである。

たとえ、言論人でも自身が同じ視点だったらどうするか?
この発想がない人間に、実業はおろか、万人を納得させる言論人稼業が務まるはずはないのである。

対案を出すには、才能、努力、金も時間もいるが、批判なら何もいらないという指摘は実にもっともだ。

―――――――――――――――――

https://twitter.com/ikedanob?original_referer=http%3A%2F%2Fikedanobuo.livedoor.biz%2F&profile_id=24611873&tw_i=594512787273031680&tw_p=embeddedtimeline&tw_w=345093143722594305
池田信夫 @ikedanob · 5時間 5時間前
そのF主筆が、朝日の社内では「保守派」としてきらわれていた。RT @kentakeuchi2003: 「主筆はこう答えた。対案を出すのには才能がいる。努力もいる。金も時間もいる。しかし批判なら何もいらない。/「戦後リベラル」の限界 http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100463/042200007/

―――――――――――――――――

さて、民主党岡田英弘代表については、責任転嫁男という評価が一般的である。

―――――――――――――――――

岡田幹事長 茨城県議選の大敗北の責任を一兵卒
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1351944603

民主党】岡田幹事長[[日本国債格下げ、大半は自民党の責任!」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1454791709

愛知惨敗、”小沢氏の政治とカネ” に責任転嫁する 岡田幹事長 (まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/11/senkyo106

―――――――――――――――――

韓国のこういうニュースを読むと、上記対応は朝鮮マインドに近いものを感じる。

「日本は…凄い」韓国世論「イスラム国」事件の日本人家族の態度に感嘆「見習うべし」「何でも他人のせいの韓国とは大違い」
http://www.sankei.com/premium/news/150430/prm1504300007-n1.html


私は、国会というのは、少なからず、良識ある人が議員に選ばれてきていると認識してきた。

だが、この種の発言を受けて、国会議員の基本的発想、態度が、確認できた。

彼らは、「良いものであってもケチをつけ、常に自分が正しい」と言いたいのである。

では彼らが政権与党の時代の実態はどうであったか。

嘘八百の選挙公約をマニフェストと称して、宣伝し、何も実現できなかった。財源がないことすら理解していなかった。消費税増税を遅らせることができるとか、沖縄米軍基地移転先の腹案があると公式に語ったものの、消費税は政権与党時代に掌を返すように、増税法案を可決させ、米軍基地の移転先は、どこにも代替候補地はなかった。

社会党を含めた、野党時代の対応は、審議拒否しか浮かばない。横路、赤松、輿石というイメージからは、審議拒否しか浮かばない。彼らは、ダメ野党の代表格である。政策的に何か詳しい訳でも決してない。

それどころか、韓国との慰安婦問題に係わる密約協議?を進め、ルーピーに至っては自民党政権移行後の二元外交を国民世論の制止を振り切り、好き勝手に行っている。韓国の朴政権は、民主党政権時代の密約?の金額に釣られ?、慰安婦問題を政権課題の中枢に据え、外交面でも日本の足を引っ張ることしかやらない、告げ口外交国家となってしまった。

すなわち、現在の政治・外交的混乱の大部分は、民主党議員がつくりだしたと、言いたいのである。

また、昨今は、自身には不逮捕特権あるのに、スラップ訴訟?を口にする議員も現れた。

【速報】民主党の小西洋之議員が産経新聞・阿比留記者を刑事告訴「フェイスブックの『クイズ王』は自分を指し示している」
http://hosyusokuhou.jp/archives/43857856.html

私は、議員の不逮捕特権は、当該議員が刑事告訴事案を続行中である間は、一時的に解除されるべきだと思う。すなわち、憲法が、民間人に訴訟乱発する議員について、国民と議員を不当に差別していると考え、そういう現象が続出するなら、議員の不逮捕特権の一時的解除の目的で、憲法改正されるべきだと思う。

不逮捕特権
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%80%AE%E6%8D%95%E7%89%B9%E6%A8%A9

民主党のこの議員は、自身の訴訟戦術のせいで、不逮捕特権差別を解消するために、憲法改正が求められるという理屈にどうクイズ問題的発想で回答するのであろうか?

また、産経は、他の野党議員の国会での痴態?について、警告の意味で記事を配信した。

野党よ、こんな国会質問でいいのか 「猪木」「共産党のアイドル」内容が酷すぎる
http://www.sankei.com/premium/news/150428/prm1504280009-n1.html

至極当然の主張だと私は思う。

それではまとめに入りたい。

本来は、この種の議員については、

議員出自公開法(要法制化、過去3代を公開の対象)
帰化人の被選挙権の制約(要法制化)

によって、選挙公報の情報によって、(落選対象とさせるべく)有権者に事前周知するか、被選挙権を帰化直後に付与するのが間違っていると言いたい。

一方、議員の反日行為については、

外患罪(要改正)
スパイ防止法(要法制化)
反日議員処罰法(要法制化)

にて、訴追、処罰等の措置を実施していなければならないのであるが、GHQの謀略的指令等によって、国家の基盤そのものが脆弱化されたことを指摘せざるを得ない。

それゆえ、これら5つの法規制、法改正は避けては通れない。

次に、幼稚で子供じみた手法を繰り返す、野党議員を野放しにしないための、施策を以下に提言する。

―――――――――――――――――

提言1
対案なき審議拒否については、議員歳費のカットで対処(議員歳費の一部を日給制とする)

提言2
対案なき、審議拒否を行った場合、政権与党議員を仲介する形で、一般国民が提出する質問主意書に対して、審議拒否した野党議員に、文書で回答する義務を課すとともに、回答文書を公開する

提言3
閣法については、一定以上の議席を有する会派については、対案を出し、対案についての質問対応をさせる義務を課す(対案ない場合、当該国会開催期間分について、政党交付金の支給をしない)

提言4
議員の不逮捕特権の一時的解除(憲法改正)

―――――――――――――――――

これらは、たるんでいる議員の質を向上させる視点からの提言である。
特に、審議拒否の常連だった(組合貴族)議員に対しては、今後の国政選挙で根絶するか、仮に当選できても徹底的に糾弾するという、荒療治が必要と思う。


参考
―――――――――――――――――

・働く者にとって最悪のセーフテイネットは組合貴族≒在日帰化?が支配する労働組織である
http://nihonnococoro.at.webry.info/201302/article_1.html

・諸悪の根源? これでも組合貴族候補に投票しますか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_22.html

・愛国候補者 後援会幹部に求められる覚悟
http://nihonnococoro.at.webry.info/201503/article_24.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 安倍演説でも中韓は歴史戦を止めず

    Excerpt:   月刊『 Wedge 』ネット版に、評論家の石平氏が 「中国が仕掛ける「歴史戦」に決着をつけた安倍首相の米議会演説」 と題する一文で、中国の仕掛け.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2015-05-03 13:47
  • 従軍慰安婦に関するマイケル・ヨン氏の記事

    Excerpt: 先日の安倍首相による米国両院の議会演説に先立ち、米国のワシントンでは、反日国家による日本への謝罪と賠償を要求するデモや抗議活動が盛んであった。 Weblog: 風林火山 racked: 2015-05-05 00:46
  • 「次世代の党 桜内先生

    Excerpt: 「批判のための批判を繰り返す「政治屋」を野放しにしていいのか?」について  国会で在日韓国人の驚愕の生活保護率を具体的な数値とともに質疑して下さってました。在日韓国人の生活保護率が日本人の100倍以.. Weblog: 雨上がりの散歩 racked: 2015-05-07 10:36