韓国問題 「世界記憶遺産登録」&「ハングル表記廃止」を提案します

先日、拙ブログにて、首相夫人が、オルレなる韓流ビジネス活動に参加していることを紹介した。

20131105 安倍総理大臣の昭恵夫人ら「オルレ」楽しむ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201505/article_6.html

追加情報として、コメント投稿者から以下の情報提供があった。

―――――――――――――――――

唐津市の波戸岬には御丁寧に韓国の石像トルハルバンが建っていますよ。眺めの良いところだけに大変残念です。こういうもモノの怖いところは一度建ってしまうと取り壊せない事です。観光地はどこもそうかもしれませんが、特に九州は韓国に近いせいか行政が韓国に優しいみたいで反吐が出ます。(地元なので悲しい)

https://m.facebook.com/KyushuOlle/posts/755670231148212

―――――――――――――――――

さて、その後、その首相夫人は靖国参拝した。

これには、二階の中共詣でへの牽制、そして、世界遺産登録に反対する韓国への当てつけの二つの意味があるだろう。

さて、産経報道によれば、韓国は、日本の軍艦島の世界遺産登録に、韓国大統領が反対なのだそうだ。

だとすれば、外交的措置をとらざるえを得ないと考える。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/world/news/150523/wor1505230047-n1.html

韓国の“小言”聞かされるために訪韓? ユネスコ事務局長の胸の内は…

会談を前にユネスコのボコバ事務局長(左)と握手する韓国の朴槿恵大統領=20日、ソウルの青瓦台(聯合=共同)
 世界文化遺産に登録見通しの「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)に関する日韓事務レベル協議が22日行われたが、歴史問題に執着し反対する韓国と遺産の政治問題化を疑問視する日本との溝は埋まらなかった。この協議に先立ち、国際会議出席のために訪韓していた国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長に朴槿恵(パク・クネ)大統領をはじめとする高官らが登録反対を求める「直訴」を相次いで行い、韓国内でも大きく報道された。本来の訪問目的である国際会議の話題が二の次になってしまったことをボコバ事務局長は、どう受け止めたのだろうか…。(ソウル 名村隆寛)

 7月3~6日の世界遺産委員会(ドイツ・ボン)での登録正式決定を先に控え、ボコバ氏はこのほど韓国を訪れた。ただし、訪韓目的は19日に仁川で開かれた、今後15年間の世界の教育の課題を協議する世界教育フォーラムへの出席だった。

 ところが、フォーラム当日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相はボコバ氏との会談で「日本が(朝鮮人)強制労働の歴史を無視したまま登録しようとしている」と登録見通しに憂慮を示し、反対の考えを伝えた。

http://www.sankei.com/world/news/150523/wor1505230047-n2.html

会談を前にユネスコのボコバ事務局長(左)と握手する韓国の朴槿恵大統領=20日、ソウルの青瓦台(聯合=共同)
 翌20日には、朴槿恵大統領がボコバ氏と会談し「遺憾なことに、日本は一部の施設で非人道的な強制労働が行われた歴史から目を背け、世界遺産に登録するよう申請した。世界遺産条約の精神に背き、国家間の不必要な対立を招く」と直接、反対を訴えた。国会外交統一委員会の羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)(ナ・ギョンウォン)委員長も同日、ボコバ氏に会い登録反対の意向を伝えた。

 韓国は「登録対象施設の一部で日本の朝鮮半島統治時代に朝鮮人が動員された」と登録に反対。日本は「(推薦の)対象とする1850~1910年とは異なる時代の出来事だ」と説明し、むしろ“無用な政治問題化”を懸念している。

―――――――――――――――――

日本政府の見解が第三者的視点から見ても妥当なのは言うまでもない。

そこで、とりえる措置としては、韓国政府がやってきた恥ずべき行為に係わる世界遺産登録(誰が申請するかは別として)と国内でのハングル表記廃止を求めたい。

ブログ「賭人が行く」にて、その提案がある。

韓国を「世界恥記憶遺産」に申請すべし
http://blogs.yahoo.co.jp/hkg_fan/14008123.html

私は、賛成する。どうすれば実現するかまではわからない。日本政府の正当な主張までも否定する韓国政府に対しては、こういう措置はあっていいだろう。

次に、国内の道路、交通機関、観光地等でのハングル表記取りやめ。

「日本の景観と伝統を守る会」という団体が、4カ国表記から2カ国表記への絞り込みを訴えている。

「日本の景観と伝統を守る会」
http://keikan-dentou.jimdo.com/

観光地の神社、仏閣で騒動を起こす国の人たちのための表記は不要であることはいうまでもない。

国土交通省観光庁は、観光地で騒動を起こす人たちのための表記を必要だと言うはずもないのであり、表記の種類を少なくすれば、歳出減、犯罪減少効果が見込める。
税金の無駄遣いの最たるものだと思う。

まして、日本から持去られた、盗難仏像の返還に国家として応じないのであるから、そのような国からの観光客に国家として便宜を図る必要性はない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック