美しい国への旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛国政治家 ビジョンリーダーへの道 

<<   作成日時 : 2015/04/26 06:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 3 / コメント 0

今日は、統一地方選挙後半戦の投票日。
たぶん、自民党候補は、続伸。民主は低落。公明横ばい、共産はやや躍進という結果となるであろうと予想する。

本題に入ろう。

まず、なぜ、第二次安倍政権がここまで安定政権だったか?

という質問から入りたい。

皆様は、どうお考えになられたであろうか?


私の答はこうである。

政治家安倍晋三は、政界市場をマーケッテイングし、熟慮した結果、アベノミクスを提示し
人々はアベノミクスを信任し
まだ、結果は出ていないが
良い結果をもたらすであろうと考え
安倍政権を支持しし続けている

と考えるのである。


では、なぜ人々は、アベノミクスを信任するのか?

それは、失われた20年を取り戻すには
アベノミクスしか選択肢がないことを
認めている人が多数であるからである。
人々はデフレからの脱却策を渇望してきたのである。


では、アベノミクスは、支持者にとっては、どういう存在なのか?

景気回復につながる、国家的ビジョンということになるだろう。


では、政治家安倍晋三は、国民にとって、どういう存在なのか?

国家的ビジョンの「ビジョン・リーダー」ということになるだろう。


では、なぜ、安倍政権は高い支持率を維持できるのか?

人々が、景気回復策をどの時代よりも渇望し、政治家安倍晋三が「ビジョン・リーダー」となり、ビジョンとしてのアベノミクスを提示し、それが人々に受け入れられた結果なのだ。


では、政治における、ビジョンとは何か?

一言で言うと、「時代の要請に応えた、新たなる価値を創造すること」ではないかと私は考える。


では、政治における、「ビジョン・リーダー」とは何か?

一言で言うと、「人々にビジョンを提示し、その中心的存在となった指導者」ということになるだろう。


ここで、「次世代の党」の前衆議院議員三宅博の言葉を引用する。

政治家三宅博が指し示す、「道」とは、ここで述べる「ビジョン」と同義語であると私は考えている。

―――――――――――――――――

三宅 博・政治家にとって一番大切な事について
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=VSv6p2PPrw0

三宅博議員の講演内容から抜粋

この国は多くがですね、国民もわれわれ政治家自身も大きな勘違いをしているんではないかなと、ゆうふうな思いが致します。政治家といういうのは、非常に難しい法律あるいは経済運営そういったものを習得し、そういう複雑なニーズに応えなければならない立場であるというのが、多くの有権者あるいは政治家自身の考えであると思うんです。けれどもこれは根本的な部分で勘違いをしているんではないかなと思うんです。

それじゃあ政治家に求められる最大の本分、資質および使命は何かといいますと、これは「道を説き道を樹(た)てる」ということなんです。人の道・国の道、この部分を体現するのが我々の仕事ではないかなという風に思います。この部分が忘れられて色んな政治的なテクニック、あるいは法律の微に入り細に穿ったようなことばっかりに目を奪われて、本来の道を説き道を樹てるというこの部分が忘れられているんじゃないか。たとえば我々政治家に求められる最大の使命は、国民の精神的なリーダーになるということなんです。しかもこれは単に言葉だけじゃなしに、自らの生き方をもって多くの国民の方々に感銘や勇気と希望を与える、そのような姿を指し示すのが我々に課せられた最大の仕事であろうと私は思います。

―――――――――――――――――

三宅博は、政治家の本質的使命は、人々に「国家の進むべき道を指し示す精神的支柱」たる存在であることを説いている。

本来は、こうあるべきだ。

アベノミクスは、三宅博流に考えれば、やや経済政策的側面に特化した傾向があるのかもしれない。ただ、人々は、階層を問わず、景気回復策を欲してきたがゆえに、道理的には本筋ではなかった?かもしれないが、現実的にニーズが高かったことを受けて、アベノミクスを掲げる自民党は、民主党政権時代と比較して大幅に議席を伸ばした。

つまり、アベノミクスは、政界市場マーケテイングした結果、編み出された、「政策概念(ビジョン)」とみなせるのである。

話題を地方選挙に変えよう。

拙ブログでは、地方選挙に勝利するための、政策的手段(根拠)として、3つ提示した。

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201504/article_18.html

・選挙区全体の候補者独自の将来ビジョンを示したか。(実は、ビジョン策定は非常に骨が折れる作業である)
落選した愛国候補パンフ、チラシには、日本全体についての言及はあるが、選挙区の将来ビジョンはなかった。


・多くの人が共感できる地域づくり、街づくりの視点はあったのか

地域の活性化に結びつく、候補者独自の提言はあったか(愛国候補はこれがかなり苦手)
共産党系候補の公約は実に具体的だった


・多くの人が共感できる政策提言はあったか

政策自体が、ツギハギになっている印象はないか
愛国候補は、ともすれば、安全保障マターのことを中心に語り過ぎる傾向がある。

―――――――――――――――――

一つ目が「地域ビジョンの提示」、二つ目が「街づくり(イメージ)の戦略提案」、三つ目は「個別具体的な政策提言」である。

ここで、ビジョンの定義を再確認しておきたい。
拙ブログの定義によれば、ビジョンとは「時代の要請に応えた、新たなる価値を創造すること」となる。

確かに、税金の無駄遣いは問題だ。実際、そのことを公約にして当選する地方議員は多い。
ただ、税金の無駄遣いにばかりに目を奪われているとどうなるか?
冷静に考えてほしい。不正撲滅、無駄遣いの追及だけでは、新たな価値は生まないのだ。政治としての本筋ではない、ビジョン・リーダーとは対極にある、コストカッターでしかない。
コストカッターとして頑張ったにせよ、マイナス100をせいぜい、せいぜいマイナス90にするくらいの成果しか挙げられないし、税金の無駄遣いのチェックは、本来は、自治体監査委員等の役割でもある。別に議員が先頭に立つことではなく、監査委員を鍛え直せば済む話だ。
ただ、地方議員時代にコストカッターとして有名になって、国政で議席を得る可能性を私は否定しない。が、所詮万年野党どまりである。コストカッター的イメージでマスコミにヨイショされて、例外的に総理大臣や大臣になった民主党議員はいる。菅直人と長妻昭がその代表例だが、政権与党となり、大臣としての悪しき?振る舞いのせいで評判はガタ落ちとなった。
どうしてそうなるか。ビジョンがないからだ。愛国政治家で、国政の場で菅直人や長妻昭に憧れる人など、いるはずもない。だから、コストカッターとしての愛国政治家など、有り得ないことぐらいは、地方議員の時代に心得ておくべきなのだ。
コストカッターとして当選することが、議員の将来の可能性を自分で否定しているに等しいのである。

そういうことなので、私は、多くの地方議員候補者について、「地域ビジョン」の裏付けなき政策公約を掲げ、自ら「ビジョン・リーダー」になる気がなく、かつ選挙区の潜在的可能性調査(一種のマーケテイング)を怠っていることにがっかりしている。

実は、私は、ある選挙区について、潜在的可能性調査(一種のマーケテイング)した結果、従来にない、地域ビジョンを見出した。すなわち、「見落とし」があったことを指摘するのである。

では、地域ビジョン(新たに創造する価値)を提示し、街づくり(イメージ)の戦略を提案し、個別具体的な政策提言を行った場合の価値はどうなるか?

価値の総和=新たに創造された価値+税金の無駄遣いの削減分(たとえば、マイナス100→マイナス90)

となる。

私は、ビジョンを掲げる一方で、コストカッター的スキルを有することは否定しないし、「ビジョン・リーダー兼コストカッター」であることが最強の政治家であると考えている。

そして、「ビジョン・リーダー兼コストカッター」となった候補者の後援会組織は、新たに創造される価値のために新設され、後援会組織が重層的に増え、その価値が高まれば高まるほど強靭になる、言い換えると、新たな価値を見出した人たちが増えることで、今まで投票に行かなかった人たちが、投票する可能性を見出すのである。

それゆえ、たかが、地方選挙においても、「地域ビジョン」の提示を怠ってはならないのである。

ここで、本稿をお読みになられた方で、将来、ビジョン・リーダーとなるべく、出馬を予定されている方にお薦めしたい本があるので紹介させていただく。

―――――――――――――――――

ビジョン・リーダー―魅力ある未来像(ビジョン)の創造と実現に向かって

バート ナヌス (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E2%80%95%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%81%82%E3%82%8B%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%83%8F-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%A8%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6-%E3%83%8A%E3%83%8C%E3%82%B9-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88/dp/4382052319/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1429938797&sr=8-3&keywords=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

―――――――――――――――――

類似書もあるため、この本がベストであると保証はしないが、一読する価値はあるだろう。

最後に、落選中だが、捲土重来を期して、泥くさく、地域活動に専念している、次世代の「ビジョン・リーダー」になりそうな一人の政治家を紹介させていただく。

その政治家の名は、桜内文城。

―――――――――――――――――

http://www.sakurauchi.jp/

桜内文城の夢

桜内文城の夢僕には夢がある。政治家の使命と責任は、我が愛する日本という国家、国民、国益を守ることにある。これを実現するため、「自由」、「保守」、「独立」を基本理念とする統治機構を確立する。これにより自由な経済活動と経済成長を最大化するとともに、物心両面で豊かで「誇りある国」を建設する。
いかなる時代にあっても、政治家に求められるのは「国家経営力」、すなわちビジョンを実現する力である。

@まるで見てきたかのようにリアルにビジョンを思い描く「想像力」。
Aビジョンの実現に向けて人々のベクトルを合わせる「説得力」。
Bビジョン実現までの工程を精密に設計する「論理力」(ロジック)。

―――――――――――――――――

政治家桜内文城は、彼が最も不得意とする、地域活動をひたすら泥臭く、こなしているようだ。

http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-11984623153.html

彼には、自らを戒め、律する姿勢がある。

私は、政治家桜内文城が、アベノミクスに続く、国家ビジョンを提示する、最短距離にいるのではないかとみている。

確かに、政治家桜内文城は、ドブ板活動、泥くさい手法を余儀なくされている。が、充電し、思索し、人々と語り合う時間は十分にある。
選挙区の人々が、彼との語り合いを通じて、「選挙区ビジョン」だけでなく、「国家ビジョン」の重要性に気づき
政治家桜内文城に対し、選挙区のみならず「国家ビジョン」を期待し、彼にビジョン策定と実現を託せば、国政の場にて存分に活躍できる機会が得られることになるだろうと
私は予想する。

前回衆議院選挙では、「次世代の党」の多くの候補者が苦杯をなめた。
私は、桜内文城の落選は、国家的損失だと思っている。であるがゆえに、彼が、選挙区の人々との懇談を通じて、次なるビジョンを模索しつつ、「国家的ビジョン・リーダー」と認知され、選挙区内の人々の間で「次世代の国家ビジョンの必要性」が共有化されることを望んでいることを表明し、本稿を終えることとする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
在日に「本名使え」で慰謝料支払い命令!静岡地裁・履歴書に偽名記入を認めた「日立就職差別事件」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2015/04/26 16:38
ワールぃドカップ ヨーロッパ大会 言って委員会
初っ端から、笑けるダジャレで幕を切った、ワールぃドカップ(悪い度)2015. ...続きを見る
風林火山
2015/04/26 23:59
新宿で『香港雨傘運動展』!
&nbsp; 本日 27 日より東京メトロ丸ノ内線「 新宿御苑前 」駅近くのフォトギャラリーにて、写真展&トークイベント『香港雨傘運動展』が開催される。 &nbsp; … … … … … … … … … … … … … … … … … … 香港雨傘運動展 Umbrella Movement Exhibition &nbsp; 開催日時: 2015 年 4 月 27 日 ( 月 ) 〜 5 月 3 日 ( 日... ...続きを見る
賭人がゆく
2015/04/27 02:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛国政治家 ビジョンリーダーへの道  美しい国への旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる