無党派層の皆様 どんな候補が今日本に求められるのか、どんな候補が日本に不要なのか

敗戦後の政治を簡単に振り返ると、日本は世界で有数の豊かな国にはなった。しかし、それは防衛をアメリカに依存するという前提で起きたことだった。
敗戦は仕方がない。いつかは普通の国に戻らざるを得ない。そうしないと、中韓からの攻勢で国家消滅の危機に遭うのは必然だ。実際、尖閣、小笠原で起きていることは放置していいはずがない。

また、在日韓国人、在日朝鮮人に係わる行き過ぎた特権付与、通名使用、生活保護、通名悪用での数々の違法行為、通名犯罪の不報道、893利権、似非右翼、ほぼ彼らのやりたい放題である。

すなわち、彼らの存在、権益がタブー化し過ぎているのだ。

このタブーに、解散前の国会で堂々と指摘し、是正を試みたのが、「次世代の党」の議員たちだった。

しかるに、「次世代の党」議員のの国会での勇気ある発言は悉く、不報道状態にある。

全国の無党派層の皆様 こんなにある不報道事案に気づいていますか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_24.html

今まで、タブー化した事象についてこれだけ発言した政党が他にあったであろうか?

私は、自公政権では処置しきれないと思っている。

どの党の候補者がベストの選択かと言うと、赤峰和のブログ、現在は閉鎖状態にあるが、「絶対に投票すべきでないとする候補者」リストが存在している。

選挙で絶対に選んではいけない候補者たち[赤峰和]
http://brief-comment.com/blog/news/37440/

ここで書かれていることは、当落ラインにある候補者名である。もちろん、社民、共産はすべて論外という前提。公明も同様だ。

これを眺めるわかることだが、各党とも、反国益、親中、親韓候補がいることがわかる。

ここで話をまとめてみよう。

タブーに切り込み、反国益でなく、親中でなく、親韓でない候補のウエートが最も高い政党、それが「次世代の党」なのだ。

次世代の党
http://jisedai.jp/

参考までに、紅一点の「杉田水脈」候補のサイトを見てみよう。

杉田水脈
http://sugitamio.net/

画像


参考までに、彼女の10月のブログ記事を紹介する。
―――――――――――――――――

http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/2014-10.html


うちわや政治資金等の追及は政治倫理審査会で


先週金曜日の経済産業委員会の質疑の冒頭部分を次世代の党のfacebookページで取り上げていただいています。
小渕前大臣の政治資金のことを取り上げての質疑はテレビや新聞で大きく報道されていますが、我々次世代の党が訴えている「そういった問題は政治倫理審査会でやるべきで、委員会では本来の質疑を」という主張は全く報道されません。
野党議員は本来の仕事をせずにスキャンダル追及ばかり嬉々としてやっているとの批判を有権者の方々から多くいただきます。そういった印象を与えてしまうのも、報道がうちわや政治資金の問題をしている質疑ばかり偏って取り上げていることが、原因の一つと考えられます。
インターネットを使って自ら発信出来る時代で良かったと思います。

先週の経済産業委員会〜小渕前大臣とのやりとり

https://m.youtube.com/watch?v=GgBKP3d3qOc
.

2014年10月14日07:40

桜内政調会長の外国人生活保護問題についての質疑


おはようございます。
昨日の東京駅から乗ったタクシーの運転手さんとの会話。
「(行き先を告げると)お客さん、議員さんですか?」
「はい、そうです。」
「あの、外国人の生活保護って無茶苦茶らしいね。」
「そうなんですよ。そのことを先週の予算委員会で明らかにしたのがうちの党なんです。」
「えっ?うちの党って?」
「次世代の党です。」
「そうそう、次世代の党。見ました、みました!すごいですよね。質問してたのはまだ40代の議員さんでしょ?」
「そうです。桜内 文城政調会長です。」
「それから今日はあの質問も見たよ、朝日新聞を追及してる、だれやったかな?」
「山田 宏幹事長ですね。」
「そう、山田さん、彼も良かったね〜。」
「その横でパネル持ってたの、私なんです。」
「えっ、お客さん?そういえばパネル持ってる女の人がおったなあ。お客さんやったの?次世代の党はこれから絶対伸びるよ。こんな政党今までなかったもん。今はネットの時代やから、みんなどんどん見てる。うちは子供が五人、成人してるから次は絶対全員で次世代の党に入れるわ。」
「ありがとうございます」
嬉しい限りです。
桜内政調会長の質疑の後の会議で、
「外国人の生活保護問題に踏み込むには永住外国人及び特別永住者問題は避けて通れない。強制連行も否定されているし、法律施行当時に日本にいたかどうかも怪しい人もいる。ましてや二世、三世まで権利を与えているのは問題だ。」という方向性で進めることを確認。
パチンコ換金禁止の法改正も合わせて、所属議員全員が、防弾チョッキ、防刃チョッキを着なくてはいけないような状態になってもとことんやりましょうということになりました。
桜内政調会長の質疑はこちらです。
ニコニコ動画→http://sp.nicovideo.jp/watch/sm24631191
YouTube→https://m.youtube.com/watch?v=xZuXd4fDd5E&feature=youtu.be
.

2014年10月09日06:32

宝塚市議会、汚名返上!「慰安婦意見書が決定的根拠を失ったことを確認する決議」


おはようございます(^-^)/
みなさん、地方議会で一番最初に河野談話に基づき慰安婦に謝罪しろという意見書を採択した宝塚市議会がついにやりました!
昨日、「慰安婦意見書が決定的根拠を失ったことを確認する決議」が、賛成14、反対11のギリギリ賛成多数で可決されました。
汚名返上!
因みに自民党の議員は賛成2、反対2。市長は泣いていらしたそうですが…。
私はずっと陰で応援しておりました。
頑張ってくださった大川 裕之議員を始め、保守派議員のみなさん、本当にありがとうございました。

大川裕之宝塚市議の投稿
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=624232934361321&id=100003238614861
.

2014年10月08日07:28


超人大陸がアップされました。


おはようございます(^-^)/
先日取材に来ていただいたインターネットTV「超人大陸」さん。今週月曜日にアップしてくださいました。
私も見たのですが…。
前日は本会議後に地元に戻り、早朝に上京。睡眠時間は2時間だったので、さすがに酷い顔をしています。もう若くないんだなとちょっと哀しくなりましたが、そうも言ってはいられません。
これからも気持ちだけは若く、とにかく頑張ります(*^◯^*)
動画はこちら。
ニコニコ動画→nico.ms/sm24628206
おはようございます(^-^)/ 先日取材に来ていただいたインターネットTV「超人大陸」さん。今週月曜日にアップしてくださいました。 私も見たのですが…。 前日は本会議後に地元に戻り、早朝に上京。睡眠時間は2時間だったので、さすがに酷い顔をしています。もう若くないんだなとちょっと哀しくなりましたが、そうも言ってはいられません。 これからも気持ちだけは若く、とにかく頑張ります(*^◯^*)
動画はこちら。
ニコニコ動画→nico.ms/smhttps://m.youtube.com/watch?v=phUsYZlSnn0YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=phUsYZlSnn0


http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/2014-11.html



またまた妨害…


帰宅しました。
昨日の街頭演説の時、またまた妨害にあいました。今度は車ではなく、変なプラカードを持ったヒッピー(今や死語)のような恰好をした人。
そのプラカードには「自民も維新もいらない」と書かれてました。
私は『次世代の党』なんですが;^_^A
バッシングするならするで、相手の名前くらいちゃんと調べてください。というか、そこまで知名度低いのかと頭を抱えてしまいました。
それからもう一言。
女性の議員を増やそうとか言ってる人が、選挙妨害したらだめ。妨害にあうとやっぱり怖い。怖い目にあうんだったら、立候補したくないという女性は多いはず。
男女共同参画を利用する左翼の皆さんが、こういう妨害行為をする。
言ってることもやってることが、矛盾してませんか?
その時の動画はこちら→
http://nicoco.net/sm24984343


―――――――――――――――――

彼女は、無名の新人議員ではあるものの、彼女なりに考え、タブーに挑戦し、頑張った。自民の稲田、高市や山谷には及ばないが、その他の自民の女性議員よりは、野党ではあるものの、日本の政治を変えようと、頑張っていることぐらいはわかる。

このブログに書いてある以上の真剣さで、政治に取り組んでいる、女性議員が他にいるのだろうか?

真剣さだけで、私は、「杉田水脈」候補は評価するに値するし、「真剣さ」という点に限っていえば、国政の場で「次世代の党」が躍進するする価値はあると思うのだ!

無党派の皆さん。日本を愛している女性候補が、こんなに頑張っているのに、数々の妨害に遭っても命がけで選挙に臨もうとしているのに、同じ日本人として、放っておけるだろうか?

私はできない。だから、「次世代の党」を私は支援するのだ。

この記事へのコメント

nagomi
2014年12月02日 19:31
選挙戦に突入しましたが、次世代はまだまだ楽観は禁物と見ています。

管理人
2014年12月02日 19:39
議席維持が難しいかもしれないという前提で、毎日、日替わりネタを考えております。

この記事へのトラックバック