なぜ田母神なのか 「田母神効果」、「田母神マジック」を信じよう!

東京12区にて出馬した、田母神俊雄について、田母神論文以降、言論人としての成果について、本稿にて述べさせていただく。

画像


まず、ツイッターでの寸評から、紹介したい。

―――――――――――――――――

丘田 ‏@okada014 · 2時間2時間前

次世代の党
多くの議席を獲得し
公明党と連立を交代して欲しい

東京12区
★「田母神候補」の上手い例え

「軍隊を置くと戦争になる」

と言う理論は

「消防署があると火事になる」
「警察があると犯罪が起きる」

と同じ

―――――――――――――――――

うまいたとえだと思う。

「田母神マジック」と言っていいだろう。核心をついた指摘なので、こう言われると、日本人になりすました、民主党議員や社民党議員、そして九条の会と関係する出自が半島系の言論人は、反論の言葉を失うような気がする。

他にも田母神効果と思われることを列挙したい。こんなにある!

・「田母神論文」効果
田母神論文発表当時、秦郁彦などは、得意になって田母神論文を権威の名のもとに批判した。しかし、その後の田母神の相次ぐ著作、全国各地での講演会は、近現代史に係わる国民各層の覚醒をもたらした。私もその一人である。現時点で、秦郁彦が、うっかり田母神を批判しようものなら、返り血を浴びかねない政治状況となっているといいだろう。かくいう私でも秦郁彦に反論したいと思っているくらいなのだ。

・「田母神戦争大学」効果
田母神の最近の著作であるが、この本をきっかけに、いい加減な防衛論の寄稿、防衛問題に係わるいい加減な社説が書けなくなったと私は見ている。要するに、いい加減な原稿に惑わされる機会が減ったのである。田母神は航空幕僚出身で、航空自衛隊の現場第一線での対応実態について、的確に把握、コメントできる言論人は、田母神以外に他にいるはずがないのである。

・「田母神ツイッター」効果
田母神俊雄は、日々ツイッター発信し続けている。チャンネル桜の水島社長は、番組ネタが減る?ことを嫌い?ツイッター活動を止めるように言っているという噂を聞いたことがある。しかし、若者層は、田母神ツイッターのコメントに勇気をもらい、行動する保守活動家たちは、自分たちの政治的主張に結び付け、今や、保守系ネット界では、「比例は次世代」が合言葉となりつつある。そう考えると、田母神が、一部の若者層に爆発的支持を得ているのは、このツイッター活動が大きな要因となっていると言わざるを得ない。

・「田母神講演」効果
田母神は、退官後、全国各地で講演会を行った。立ちっぱなし、休みなしで、延々喋り続けた。退官当時、官界、政界では、袋だたき状態だったが、多くの人が、講演会での田母神の主張を受け入れ、講演動画の閲覧回数は激増、著作は飛ぶように売れた。田母神講演会をきっかけに、人々は、田母神の書だけでなく、田母神が紹介する歴史書を読み始めた。最近、書店で、在野の研究者が書いた歴史書が売れるのは、田母神の講演活動と無縁ではないだろうし、この種の本が売れる結果、歴史学者の研究姿勢に対し疑念を持つ人が増えることとなった。かつて、田母神論文批判の急先鋒だった秦郁彦は、面と向かって、田母神に言えることがあるのだろうか?

・「田母神演説」効果
田母神が言論人としてデビューする前、保守系言論人の中で、街頭演説する人は、まったくいなかった。実際、田母神は、渋谷ハチ公前やNHK放送センター前、朝日新聞本社前で演説を行っている関係で、ボランテイアで演説する言論人は、田母神ぐらいであることが、多くの保守層に知れわたりつつある。
要するに、街頭演説を嫌がる言論人は、実態的にビジネス保守であるということが、知れ渡ったということだ。

・「田母神立候補」効果
田母神は都知事選挙に立候補したあたりから、政治的に注目されるようになった。都知事選では、力及ばず敗北したものの、その政治的影響力が侮れない存在となりつつある。
今回の衆議院選挙では、「次世代の党」からの出馬となった。小選挙区で勝利できるかどうか予断は許さないものの、「次世代の党」全体としては、全国規模でみて、少なく見ても100~200万票くらいの集票効果はあるのではないかと予想している。選挙結果はどうなるかわからないが、田母神が立候補していなかったら、「次世代の党」の比例票は、「たちあがれ日本」と同程度の水準、すなわち120万票前後と低迷していた可能性があるのだ。


田母神退官後にもたらした「効果」が、七つもあるを私は指摘した。

これらは、一言論人が、たった数年間でもたらした政治成果である。
あの桜井よしこでさえも足元にも及ばないのでないかと私は見ている。
言論人としては、空前絶後の存在だと言っていいだろう。

最後に、選挙結果は、どうなるかはわからない。
田母神俊雄が当選したにせよ、落選したにせよ、どう転んでも、

当選した場合においては、国会での爆弾発言が期待されること
落選した場合においては、次なる標的のための政治活動が注目の的となる関係で反日組織にとっては脅威であること

は確かである。

私は、田母神俊雄の当選を祈願する視点で書いていることは否定しないが、
田母神は選挙活動を通じて
日々政治的存在感、影響力を増していると判断し

支持者の一人として、ひたすら「田母神効果」、「田母神マジック」を信じ、「次世代の党」議席増に結びつく活動を、与えられた持ち場にて実施するのみである。

「田母神効果」、「田母神マジック」を信じよう!!!

この記事へのコメント

coffee
2014年12月11日 08:40
最後まで諦めずに、「次世代の党」支持拡大運動!
管理人
2014年12月11日 15:12
頑張って次世代の党を応援します

この記事へのトラックバック