「専門家」の言葉を引用してネット界を黙らせる報道手法に惑わされてはいけない

本日のある読売記事に「専門家」という言葉が登場する。
ただ、「専門家」とだけ書いてある。
いったいどんな分野のどういう業績を残した専門家なのか?私は、この記事からは思い浮かばない。

この専門家とやらは、日本人のための専門家なのであろうか?
それとも、日本を貶めるための活動を支持している立場から、日本人をGHQ時代から洗脳工作し、不報道や意図的な偏向捏造によって、日本人が知るべき情報を知らせず、情報封鎖してきた一味の一人を、今回「専門家」として登場させたということなのであろうか?
そういう視点で、以下の読売記事を読んでみたい。

ーーーーーーーー
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141003-OYT1T50010.html?from=ytop_top
いわゆる従軍慰安婦問題を巡り、今年8月に取り消された記事を執筆した元朝日新聞記者の勤務先の大学が脅迫を受けていたことが発覚したが、インターネット上でも朝日への「攻撃」が激しさを増している。
 元記者個人だけでなく、家族への書き込みもみられ、専門家らは「朝日への批判があっても、元記者個人やその周辺に対する脅迫的行為は決して許されない」と警鐘を鳴らす。
 <すべての日本人に汚名を着せた〉
 <一家皆殺しでいい>
 〈追いつめる>
 「2ちゃんねる」などのネット掲示板やツイッターなどには、過激な文言が次々と書き込まれている。慰安婦報道にかかわった朝日の元記者の個人名や顔写真などに加え、家族とされる情報まで掲載されている。
 ネット問題に詳しい岡村久道弁護士は「今回は、慰安婦報道に関する朝日の謝罪が遅れたことが騒ぎを大きくした」とした上で、「ネットの一部の人は極論で注目を集め、匿名で『炎上』させている。写真や経歴、家族などの情報をさらすことは、プライバシーの観点から行き過ぎだ」と指摘する。
 ジャーナリストの武田徹氏は「ネット住民にとって朝日は『仮想敵』で、不祥事があればたたかれるのは当たり前。しかし主義主張の気に入らない問題があれば冷静に反論すべきであって、記者の家族らに対する攻撃は間違っている」と話している。
2014年10月03日 07時12分
ーーーーーーーー

文脈から察するに、弁護士、ジャーナリストを「専門家」と扱っているのであろう。

弁護士の場合はどうか。あくまで依頼人がいて、依頼人の法的行為について、訴訟等について代行する、弁護する行為に伴って知見を得ているに過ぎない。それらの大部分には、守秘義務が課せられているはずだ。従って、個々具体的な情報を公開することはできないはずだ。
この弁護士とやらは、マスコミによる不報道、偏向捏造と当該記者の過去の報道、マスコミ記者の数々の悪態について、把握しているのであろうか?ただただ、ネット界で起きた、マスコミへの暴言、家族への誹謗中傷だけをとらえて、「専門家」として語る役割を与えられているのに過ぎないのではないのか。
この弁護士は、犯罪者家族、事故等の遺族に向けられた、マスコミによる暴言、苛烈な取材攻勢について語ったことはあったのだろうか?

次に、本記事には、ジャーナリストが登場する。
そして、私は、武田徹という人を知らない。何冊も本を書いていて、大学で教鞭をとっている人だそうが、そもそも私はこの人に関心がない。よって、誤解を生まないために、読売は、武田徹氏については、もっと紙面で語らせるべきだったという印象を以てこの記事を読んでいる。
このジャーナリストは、「主義主張の気に入らない問題があれば冷静に反論すべき」としている。
私は、このジャーナリストに問いたい。あなたは、これまでの報道活動の中で、不偏不党、公正中立の視点で記事を書いていたと証明できる根拠はあるのか?また、朝日などの、ジャーナリズムの枠を逸脱した報道、数々の偏向捏造報道、戯けた私信レベルの社説、コラム、論説記事についてまで、「主義主張の気に入らないこと」として受け止めるべきと書いているのであろうか?、
また、マスコミを規制する法律らしい法律がまったくなく、謝罪するかどうかは別として、訂正報道義務が法的にまったくなく、マスコミ側は、読者・視聴者が何回苦情電話しようが、せせら笑って見過ごしてきた状態が何度も続いているのに対し、これら法的不備を無視し、読者・視聴者側に、それでも「冷静に反論する」義務があると主張するのであろうか?
また、このジャーナリストは、「家族への攻撃は間違っている」と指摘している。では、このジャーナリストは、犯罪者家族、事故等の遺族に向けられた、マスコミによる暴言、苛烈な取材攻勢は意識したことがあったのであろうか?
どう考えても片手落ちの主張としか思えないのである。私に言わせれば、マスコミが抱える構造的かつ根本的な問題にふれないジャーナリスト」をジャーナリストと言うのであろうか?公平中立な取材態度とと言えるのであろうか?
武田徹氏への指摘が厳しくなってしまったのは、読売の当該記事の時数の制約が招いている可能性を私は否定しない。

どちらにしても、私にすればこの程度で「専門家」なのかと思うことばかりである。

お二人とも、読売取材を拒否すべき事案だったのではないかと言うことである。
私は、ネット界の意見を鎮静化させるために、マスコミ業界の論調に沿う、「専門家」として動員された可能性を指摘する。
この記事では、何のどういう専門なのか、具体的定義がない。定義がない点において、ネット界の一部やんちゃな主張を、根拠なくヘイトスピーチだと批判した手法に酷似している。

明らかに、専門家としてわかっていることは
弁護士は、依頼を受けて報酬を受け取る条件で依頼者のために働く者
ジャーナリストは、取材しその結果としてありのままの真実を伝え、その情報によって生計を立てる者
に過ぎない。

本来の役割以上のことを、読売が「専門家」の意見だとして語らせ、本人たちもにわか「専門家」気取り?で語るから、こういう記事批判となるのである。

本来的役割以上の役割を読売記者が持たせてしまった点において、この読売記者は大きな勘違いをしていると言わざるを得ない。

マスコミ記事に関するネット界の監視が、強まってきている昨今、いくら表現の自由や報道の自由が保障されているとはいえ、「専門家」と称する断片的な意見で、新聞社の意見を代弁させよう、などという姑息な手法はもはや通用しないことを、この記者は知るべきだ。

もちろん、反論があるなら、このジャーナリストが記事にて述べたように、「冷静に反論すべき」である。
かくいう私も、ここ数年間の不報道、偏向捏造、マスコミの不祥事、記者の悪態等を日々分析したうえで、「冷静に読売記事に反論」したまでである。

マスコミを処罰する業界法がないことをいいことに、国益を毀損し、反社会的報道を繰り返し、<すべての日本人に汚名を着せる〉報道を続けているマスコミを〈追いつめる>行為のどこが、悪いのか?

私は、読売に問いたい。

どうして、偏向捏造を繰り返すマスコミを処罰する法律の必要性(マスコミ規制法、新聞法、放送法抜本改正)を、紙面にて提言しないのか?
事態は、外患罪、あるいは偽計業務妨害罪などの刑事事件として捜査開始すべきレベルにあるとなぜ報道しないのか?

問題の核心は、まさにそこにある!

手前勝手な記事など、書いている場合でないことに、なぜ気づかないのか?
本当に情けない。

だから、私は、一般の新聞記事を批判目的以外で読む、気がしないのである。
最後に、「専門家」の言葉を引用して世論操作しようなどという発想自体、<すべての日本人に汚名を着せる〉意図を持った、浅ましい行為であると批判されかねないことを、記者諸君は肝に銘じるべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 香港「しばき隊」が学生襲撃を始めた

    Excerpt:       ※この黄色いリボンは、民主的な真の普通選挙を求める抗議活動への支持を示す象徴となっています。   ※ 香港.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2014-10-04 04:21