10月1日次世代の党平沼赳夫党首 代表質問(速報)

14時53分から15時20分
次世代の党平沼赳夫党首は、代表質問を行った。
その要旨は以下のとおり。

―――――――――――――――――

・御嶽山の被害者および遺族への見舞いの言葉

・次世代の党の党是の紹介

・少子化対策への疑問
子育ては社会でやるから女性は外に出て働くべきという風に安倍政権は進めようとしていると受けとめられる
専業主婦も共働きも選択可能なシステムの方を次世代の党は指向
大家族税制優遇制の導入

・非正規雇用問題
非本意非正規雇用者の賃金が40%低い
非正規雇用者も正規雇用者も同一賃金であるべき
キャリアパス

・農林水産業の発展
農林水産業に対する新規参入
食の安全確保


・大胆な規制改革が必要
特に医療
円安対策

・消費税増税
4~6月GDP成長率マイナスなので更なる増税は慎重に扱うべき
複式簿記導入

・年金
公的年金の不公平を是正すべき

・医療費負担
高齢者1割、現役負担3割は不公平

・生活保護
対象を国民に限定すべき(7万4000名の外国人、1200億円も外国人に支給するのはやめるべき)

・移民政策
新しい在留資格の創設、特に、移民の大量受け入れに慎重であるべき
外国人労働者が地域社会に与える影響について政府は徹底調査すべき

・エネルギー政策
水素の製造とガスライン構築を次世代の党は提案
原発の再稼働は必要
再稼働の条件として自衛隊による警備導入を提案

・教育
教育基本法の精神が浸透しているとは思えないため、高校での日本史の必修化と小学校での教科化

・慰安婦問題
吉田清治の捏造、河野談話の根拠の問題を指摘
河野談話はただちに否定すべき
河野談話に代わる新たな官房長官談話
慰安婦問題に係わる教科書の記述を糺すべき

・戦没者遺骨収集
来年は終戦70年の節目
日米合同で遺骨収集事業にあたるべき、その方が効果的
また日米合同で戦闘記録を整理すべき

・拉致問題
北朝鮮の調査回答が初期段階にあると認識
不誠実な北朝鮮の対応に関係者は落胆
粘り強い政府交渉を求める
平壌への政府担当者の派遣は拒否すべき
本件、政府与党だけでなく、オールジャパンでの取組を要望

・国際情勢、安全保障問題
安倍政権の所信表明演説は、安全保障を軽視している
中国の軍事費増大、中国の軍事的脅威に対する日本の備えは脆弱
アメリカ海兵隊との合同訓練機会の増大
潜水艦の増強
巡航ミサイルの配備
防衛費の大幅増額
自衛隊法改正を提案(想定外の行動を是認、ネガリスト方式への転換)
国際議連を構築(アメリカ議員、フイリピン等)

・自主憲法制定
自民党本部の看板がいつのまにか、憲法改正云々となっている
今回の所信表明演説に、日本人の手による憲法改正の言葉がないことを問題視
2045年のビジョンに沿って、次世代の党は自主憲法制定を指向する

―――――――――――――――――

寸評

平沼赳夫党首の演説は、迫力あるものでした。
安倍首相の答弁含め、野次がまったくなかったことは、驚くべきことでした。
それほど、平沼赳夫党首の質問は、注目度が高いということでしょう。

質問内容から判断できることですが、
前半部分は、それほどでもありませんが、生活保護、移民対策、健康保険、防衛問題については、ネット界の意向を十分汲み取ったスタンスでの質問と思います。

自民党よりも保守であることを目指す、次世代の党のスタンスが存分に発揮され、全般的にかなり踏み込んだ内容と思います。

なお、拙ブログは、今までもそうであったように、これからも「次世代の党」支援ブログです。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック