自民党ヘイトスピーチPT 最低でも5つの点について調査検討すべきだ

本原稿は、自民党ヘイトスピーチPT関係者向けの陳情文書として作成した。
よって、自民党関係者が、本原稿について、コピペ再編集等される場合は、拙ブログは本原稿に係わる著作権を放棄する。


平沢勝栄議員が、ヘイトスピーチPTの座長に就任されたようだ。

産経と読売記事を読むと微妙にスタンスの違いがあることがわかる。

――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140821/stt14082119520010-n1.htm


ヘイトスピーチPT設置 自民、対策検討へ
2014.8.21 19:52 [自民党]

 自民党は21日、「ヘイトスピーチ」と呼ばれる人種差別的な街宣活動への対策を検討するプロジェクトチーム(座長・平沢勝栄政調会長代理)を設置した。

 法規制の是非を含めて議論するが、高市早苗政調会長は党本部での会合で「立法措置を前提とせず、議論したい」と述べるにとどめた。

 安倍晋三首相は7日、東京都の舛添要一知事からヘイトスピーチの規制を要請され、党として対応を検討する考えを示していた。

――――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140821-OYT1T50117.html?from=ytop_ylist

ヘイトスピーチ規制へプロジェクトチーム…自民
2014年08月22日 13時32分

 自民党は21日、在日韓国・朝鮮人への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を規制する法整備を検討するプロジェクトチーム(PT、座長・平沢勝栄政調会長代理)を設置した。

 近く初会合を開く。法規制について、政府には「憲法が保障する表現の自由に抵触する恐れがある」(法務省関係者)などと消極的な意見があり、PTは議員立法での法整備を目指す。

――――――――――――――――――

党の政調が認めたPTなのに、議員立法を目指すとは変なやり方である。それならPTなど設置不要だろう。

産経記事が正しいとすると読売記者がウソを書いているか、ウソの情報源を掴まされているか、前回記事との関係上、議員立法という言葉を記者の独断で挿入した可能性はある。


PT座長の平沢勝栄議員は、テレビ出演が多い議員である。
パチンコと関係が深いため、そのスポンサー筋からの推薦でもあるのだろう。

――――――――――――――――――

平沢勝栄

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B2%A2%E5%8B%9D%E6%A0%84

政策・主張

選択的夫婦別姓制度導入に反対[4]。
児童ポルノ禁止法で漫画などを規制する事に賛成[5]。
外国人労働者の日本への受け入れや永住資格の付与を主張し、1000万人の移民受け入れを主張した自民党の外国人材交流推進議員連盟の提言に賛成している[6]。
自民党所属議員でありながら、自公連立政権には極めて否定的であった。2000年の第42回衆議院議員総選挙に際しては、自由民主党幹事長の野中広務から、公明党批判を一切行わない旨の誓約書を提出するよう求められ、自民党の小選挙区候補者で公認が内定したのも最後であった。しかし、平沢は選挙戦中から盛んに公明党を批判し、公明党も平沢を落選させ山口那津男を当選させるべく、猛烈な落選運動を展開したが、両者の「与党対決」は平沢が勝利した。
外国人参政権、人権擁護法案に反対している。
2008年から、自民党のマルチ商法疑惑追及プロジェクトチームの座長を務めている[要出典]。
消費税増税については20%あたりまであげることの必要性を論じている。但し条件として公務員給与削減を求めている。増税時期はまず増税してから、中身は決めるべきとしている[7]。
子どもを社会で育てるという事に懐疑的で、自助を言わないと財源が足りないとして、子ども手当には否定的である[8]。
野田内閣組閣について、田中直紀を防衛大臣に登用したことに批判的で、長島昭久を就けるべきだったと主張[9]。
岡田克也の議員削減発言については、アドバルーンをあげて根回しがないと批判的であるが、「80人減らすことを最優先にして。文句がある人は小選挙区から勝ち上がってくればよい。」と、国民から分かりやすいことであるため80人削減より踏み込み、みんなの党案のように衆参400人でもいいとしている。また、「政党交付金は具体的な使い道が分からない」と述べている[10]。
比例代表連用制は、一部にすべきとしている。また公明党がこの選挙制度になると議席が増える点を問題視している。小選挙区で勝つのがあくまでセオリーという信念である[11]。
前自由民主党総裁の谷垣禎一について、「地方ではステルス谷垣と呼ばれている」として、批判的であった。また「次期総裁選には(谷垣禎一は)出るなという声がある」と発言した[12]。
政界再編については、「憲法改正・日米関係・社会保障の3つでガラガラポンしたほうがいい」としている[13]。
在日コリアンの発展を目的とするコリア国際研究所の会員だった[14]

――――――――――――――――――

この平沢勝栄議員、いわゆるパチンコ議員であることを除けば、マトモな事を言っているように映る(そう見えるように演技することが実にうまい)、表も裏もわかった議員であろうと私は思っている。

私の選挙区なら後援会員?となっていたであろうと思っている。

それゆえ、私は、平沢勝栄議員に読んでいただきたいと思って本稿を出稿した。

論点は5つある。


以下、陳情用に作成した検討文書の位置づけ。

――――――――――――――――――
――――――――――――――――――

ヘイトスピーチ問題の調査検討に係わる5つの論点


・論点1
ヘイトスピーチの形態を分類、定義せずに、マスコミ関係者が報道している状態を放置して良いのか?

新聞やテレビ報道がヘイトスピーチを話題にする際、何を根拠にヘイトスピーチだと断定してヘイトスピーチという言葉を使い、報道しているのか、今一つはっきりしない。

たぶん、マスコミは、自分たちを批判する日本人をヘイトスピーチ集団だとしてレッテル貼りし、最終的には処罰する法律を法制化する目的で報道しているのであろう。(マスコミを規制し、処罰する業界法がないことをいいことに、日本人を処罰法律の法制化だけはマスコミは熱心なようである。)

次に、櫻井よしこについては、韓国人、在日朝鮮人の言動には目をつぶり、在特会?関係者の言動のみを殊更問題にしようとしている意図が、週刊誌記事などから伺える。
その櫻井よしこにしても、どういう言動がヘイトスピーチなのか、その形態を今一つ明らかにはしない。
不思議なことだ。櫻井よしこは、頼まれてこの種のスタンスで原稿を書いているのだろうか?

櫻井よしこ氏 ヘイトスピーチは日本人の誇りの欠如が原因
http://www.news-postseven.com/archives/20140523_255470.html
対韓国ヘイトスピーチ 歴史捏造やメディアへの鬱憤が伏線か
http://www.news-postseven.com/archives/20140819_269747.html

櫻井よしこにこの種の原稿を書かせるスポンサーの素性を知りたいところである。


・論点2
ヘイトスピーチは、誰が行っているのか?正確に把握すべきだ

日本の大部分のマスコミは、ヘイトスピーチ実行主体の大部分が、日本人であるかのように、報道し続けている。櫻井よしこもそのスタンスで週刊誌に寄稿している。
私は、ヘイトスピーチを政治問題とするなら、誰が実行者なのか、正確に把握すべきであると考える。来日する韓国人、在日朝鮮人によるものも加えて論じるべきだと言いたいのである。

2ちゃんねるまとめサイトなどでは、連日のように、韓国人、在日朝鮮人によるヘイト行為が確認されている。

以下は、最近の事例。他にもたくさんある。

【画像】韓国人集団が日本の国会・外務省・皇宮などで奇襲ゲリラデモ
http://hosyusokuhou.jp/archives/39701117.html

【韓国の反応】韓国人、靖国神社に放尿
http://oboega.blog.jp/archives/31405589.html

対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き 「地震起きて死ね」「対馬まで韓国領土」「慰安婦に謝罪せよ」
http://hosyuquality.blog.jp/archives/1003434389.html

8月15日靖国神社前の反天連デモをやめさせるために
http://www.media-japan.info/?p=2840

「ソフィーの世界」翻訳者が「あ べ し ね」ツイートで炎上 反省口にした後も「くたばっちまえ アーベ」
http://www.j-cast.com/2014/04/18202606.html?p=all

なお、桝添都知事のところに、親韓行為への批判として多数のヘイトスピーチ的批判が提出されているようであるが、在日朝鮮人が日本人になりすまして批判投稿したものを、桝添都知事は、(政治問題化する動機から)日本人によるヘイトスピーチであると断定した可能性はないのか、自民党ヘイトスピーチPTは桝添都知事に対し情報の開示を求めるべきである。


・論点3
ヘイトスピーチ発生の原因はどこにあるのか?きちんと分析したうえで語っているのか?

櫻井よしこは、「ヘイトスピーチは日本人の誇りの欠如が原因」、「歴史捏造やメディアへの鬱憤が伏線」と断定しているが、本当にそうなのだろうか?

たとえば、在特会が民事訴訟された件。裁判沙汰となったことでヘイトスピーチ扱いされているようである。

――――――――――――――――――

在特会2審も敗訴・NHK「時論公論」出鱈目解説・朝鮮学校の犯罪触れず、ヘイトスピーチ曲解強調
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5505.html

【大阪高裁】在特会に1226万円賠償命じる…京都朝鮮学校公園占用抗議事件の控訴棄却。 有田芳生「全面勝訴」
http://hosyusokuhou.jp/archives/39032413.html

在特会、京都裁判の真相!
http://blogos.com/article/75848/

在日特権を許さない市民の会会長 桜井誠
聞き手◉ 作家・ジャーナリスト 西村幸祐

判決をマスメディアがミスリード
西村幸祐氏
――10月7日に京都地裁で、在特会に対し学校法人京都朝鮮学園が起こした訴訟の判決が出ました。結果、在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止が命じられました。あれだけ大きな話題になって、メディアにも随分取り上げられたにも関わらず、桜井さんには取材が来ていないそうですが、まずこの事についてはどう考えていますか。

桜井 マスコミが異常だってことがよく分かりますよね。今回の判決自体、マスメディアはミスリードしたんです。要するに、朝鮮学校への抗議が人種差別に当たる、だから賠償金を支払いなさい、そういう判決だと報じていた。

――どこもそういう報道をしていましたね。

桜井 それは、判決文を読んでない証拠なんです。あくまでも、名誉毀損、あるいは威力業務妨害という形で、賠償金を支払いなさい、となっているんですよ。判決文のどこにも、「抗議活動が人種差別にあたるから賠償を命じる」とは書いていないんです。なのに、そういう事実をメディアは伝えようとしない。

――判決文には人種差別など、どこにも書いていません。

桜井 私は以前に、新大久保の件で「Nスタ」という番組の取材を受けたことがあるんです。その時にはっきり言っていたんですよ、テレビ局には2つだけ触れてはいけない問題、タブーがあると。その1つが部落問題、もう1つが在日問題なんです。私たちは、その在日問題に真正面からぶつかっているわけですから、マスメディアとしては取り上げにくいんです。しかしその一方で、記事として、話題性から取り上げざるを得ない。

――これだけ注目を浴びている訳ですからね。
桜井誠氏


桜井 メディアが触れてはいけないタブーではある、しかしそれをニュースソースとして流さなければならないという、そのジレンマなんじゃないですかね。それが今回は極端に結果として出た。全国の支部から報告があったのですが、一週間、日本全国ほぼすべての地域の新聞に載っていたそうです。

――地方紙でも扱ったのですね。

桜井 WEB配信ですけどね。新聞だけでなく、テレビ、ラジオにも出ました。

――しかし、その報道が、要するに京都の朝鮮学校に対しての人種差別デモをやり、それに対して、1200万円の賠償金を払えとの判決が下った、という内容なわけでしょう。それからして、情報操作が行われています。

桜井 そもそも日本の場合は平成8年(1995年)に人種差別撤廃条約に署名はしていますが、表現の自由との兼ね合いから条項の一部を留保すると宣言しています。そのため、条約に基づく法律がないんですよ。例えばヘイトスピーチ、この言葉には概念がないんですが、例えば憎悪的な発言に対して、「これをしてはいけない」という法律は無いんです。無いもので人を裁くことは出来ません。

――それで判決文にしても、威力業務妨害と名誉毀損となっています。

桜井 そうなんですよ。

――判決文には書かれていないにも拘わらず、「名誉毀損の部分がヘイトスピーチにあたる」と、反ヘイトスピーチデモをやっている国会議員、在日韓国人・朝鮮人は言っているわけですね。

なぜ抗議の原因を報道しないのか
桜井 今回マスメディアの報道を見ていて一番問題だと思ったのは、抗議の背景をきちんと伝えていない事なんです。我々は、何の理由もなく突然朝鮮学校に抗議に行った訳ではないんですよ。もともと朝鮮学校側が学校前にある勧進橋児童公園を、半世紀以上ずっと占拠していたのが発端だったんです。もちろん公園の周りに住んでいる人たちは本当に迷惑なわけです。話を聞いたところによると、例えば勝手に彼らが公園で運動会を開き、児童公園の中を占拠するんですよ。 そこで勝手に酒の販売をやったり、焼き肉をやったりと、やりたい放題をしている。他にも普段から、禁止されているはずの球技を平気で行う。それもサッカーの時など勝手にゴールポストを置いてやる訳です。それで日本の子どもたちが遊ぼうとすると「お前ら、出て行け」と追い払っていた。それを近所の人たちが、役所や警察に「なんとかしてくれ」と訴えたんですね。

――それを最初に訴えたのは何年ぐらい前なんですか。

桜井 7、8年前だと思いますよ。しかし役所も警察も相手にしなかった。ですから「もし助けていただけるなら」と、近隣に住んでいる人達から要請が来たんです。何とかしてほしいと。ここの部分をマスコミは一切伝えない。

――原因を全く報道していないんですよね。

桜井 そうなんです。この件に関しては当時の朝鮮学校の校長が略式起訴されて、都市公園法違反で有罪が確定したんですよ。結果は年以上不法占拠して罰金がたった50万円でしたが。この事が原因で抗議に行っているわけです。ここを全く報じないものだから、ある日突然朝鮮学校に行ってワアワア騒いでいると思われてしまう。

――在特会が「お前らはスパイの子供だ」と叫んだとか、そういう部分しか報道されていませんでした。

桜井 そのあたりの事情を知らない人たちがたくさんいるわけです。知らないままテレビ特集などで抗議の様子を見たら、「なんでそこまで怒っているんだ」となります。ただ単に相手を差別したいから怒り、言葉が荒くなっていると思われているから、「ヘイトスピーチ反対」と言っているのだと思うんです。完全にマスコミのミスリードなんですよ。普通だったら原因を必ず報道するはずですが、ここが触れちゃいけないタブーになっている。

――例えばオウム真理教の時と比較すると、あの時はむしろなぜ信者が増えたかなど、宗教学者まで出てきて掘り下げていました。

桜井 オウムの時は犠牲者が日本人だったからあれだけ報道したと思うんです。ところがこの場合、対朝鮮人になるわけですね。そうなるとタブー扱いで、どうしてもそこに手がつけられない。ちょっとでも在特会を擁護するような発言をしてしまうと、一斉にバッシングが来るわけですから。

――その良い例が、大阪の読売テレビの人気番組、「たかじんのそこまで言って委員会」という番組の一件ですね。番組で竹田恒泰さんが非常に客観的な視点で言葉を述べました。要するに在日特権の存在を明らかにしてくれた在特会を、ヘイトスピーチなどで全く否定してしまうのは間違いだと。ただそう言っただけで、韓国のNGOから抗議がきました。

桜井 新大久保にあるNGO、在日コリアの団体が、読売テレビに「訂正放送を流せ」と言ったんですよ。

――しかしネット上では、読売テレビに対し「抗議声明に従うな」という意見を送ろう、という運動が起きました。テレビ局として言論の自由を守れ、ということです。ネットを通して正しい情報を得て、実際に行動している人達が出てきているわけです。

在日特権を許さない市民の会
http://www.zaitokukai.info/

――――――――――――――――――

こうして眺めてみると、京都府警が、公園の不法占拠事案を放置し、在特会が座視できないと考え行動し起きた事案であることがわかる。

不法占拠が違法なら、不法占拠事案を違法と知りつつ放置した京都府警の責任を問うべきである。

この裁判事案について限定するならば、この裁判にてヘイトスピーチだとされる原因は、京都府警が違法行為を摘発しなかったことにあると指摘せざるを得ない。

続いて、もう一つの事案を紹介する。

来日した韓国人集団による憎悪表現丸出しの政治活動である。

【画像】韓国人集団が日本の国会・外務省・皇宮などで奇襲ゲリラデモ
http://hosyusokuhou.jp/archives/39701117.html

来日する韓国人による、この種の活動は、これだけではない。もっと他に、類似事例があることが、ネット界にて確認できる。

本件については、投稿画像から、明らかに日の丸毀損する参加者がいたことがわかる。
なぜ、当局は排除するか、摘発しないのであろうか?
なぜ、外国人が好き勝手に、国内で反日政治活動ができるのであろうか?

私は疑問に思う。

日本人が韓国人に嫌悪感を抱きつつある背景にはこういう状況を警察当局が野放しにしていることと無縁ではない。

これこそ、まさに、警備当局が、憎悪を煽るために、摘発すべきものを摘発しなかった事例なのではないのか?

この韓国人集団を批判した日本人がヘイトスピーチ認定されるのであれば、その原因をつくったのは、

・このような者たちを入国させた法務省入国管理局
・このような者たちによる無許可デモを摘発しなかった警察当局

にあることは説明するまでもない。

次は、反天連デモ事案。

反天連デモは、天皇陛下、日の丸を侮蔑する行為で知られている。

8月15日靖国神社前の反天連デモをやめさせるために
http://www.media-japan.info/?p=2840

反天連デモ 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8F%8D%E5%A4%A9%E9%80%A3%E3%83%87%E3%83%A2%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&client=firefox-a&hs=uCz&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=E4_2U4KbG86NuASq84KQCQ&ved=0CB0QsAQ&biw=923&bih=454

ヘイトスピーチが問題なのであれば、なぜこのようなデモを当局が許可するのか、私は理解できない。

日本人のための警察だと言うなら、この種のデモを不許可とすることくらいは当然のはずだ。

ヘイトスピーチ法制化の前に、国家としてやるべきことがあったはずである。

一国民が、行政機関、警察当局による手抜き、怠慢を指摘したところで、無視されるのがオチであることを知っている私としては、その怒りを、ヘイトスピーチを繰り返す彼ら韓国人にぶつけたくなる、人たちの心理がわからぬでもない。

私としては、警察当局、法務省入国管理局による、長年にわたる手抜き、怠慢が、憎悪を助長し、(一部やんちゃな愛国者?)が対抗するためにやむなく行った行為が、ヘイトスピーチであるとマスコミが喧伝していることが今回のヘイトスピーチ騒動の本質ではないかと指摘したい。


・論点4
なぜ反日外国人、反日マスコミ外国人がやりたい放題状態で国内で政治活動できるのか?

一言で言うと、法の未整備がヘイトスピーチを生み出していると考える。
スパイ防止法、マスコミを規制し処罰する法律があれば、不可能なことが、それらが未整備であるために、反日外国人にとっては、国内ではやりたい放題になっている。

【画像】韓国人集団が日本の国会・外務省・皇宮などで奇襲ゲリラデモ
http://hosyusokuhou.jp/archives/39701117.html

上記と似たような行動を韓国で日本人が行えば、刑事訴追は免れないはずだ。
日本政府は、相互主義の視点から、立法措置をとるべきだったはずだ。

一方、李信恵というジャーナリストは、ヘイトスピーチを根拠とする訴訟を起こしたそうだ。

――――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20140819-OYO1T50004.html

ネット上のヘイトスピーチ巡り提訴…在日朝鮮人
2014年08月19日

 インターネット上で差別的な発言を繰り返され、名誉を傷つけられたなどとして、在日朝鮮人の女性フリーライター・李信恵(リシネ)さん(43)(大阪府東大阪市)が18日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに総額約2700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。李さん側の弁護士によると、在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡り、個人が賠償請求する訴訟は異例という。

 被告は在特会のほか、同会代表者と、ネット上の書き込みを集めたサイト「保守速報」の運営者。李さんは、ニュースサイトなどにヘイトスピーチを批判する記事を掲載してきた。

 訴状によると、在特会側は2013年1月以降、ネット上や街頭演説などで、李さんの容姿などを侮蔑的に表現。保守速報は「朝鮮半島に帰れ」などとする匿名の投稿を掲載した。李さんのツイッターにも嫌がらせの書き込みが集中した。

 提訴後に記者会見した李さんは「表現の自由の名の下、ネット上で差別が扇動されている」と話した。

 在特会側は「反訴を予定している」とコメントした。
2014年08月19日

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140819-OYT1T50014.html

在日朝鮮人の女性ライター、在特会など提訴
2014年08月19日 09時02分

 インターネット上で差別的な発言を繰り返され、名誉を傷つけられたなどとして、在日朝鮮人の女性フリーライター・李信恵(リシネ)さん(43)(大阪府東大阪市)が18日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などに総額約2700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

 李さん側の弁護士によると、在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡り、個人が賠償請求する訴訟は異例という。

 被告は在特会のほか、同会代表者と、ネット上の書き込みを集めたサイト「保守速報」の運営者。李さんは、ニュースサイトなどにヘイトスピーチを批判する記事を掲載してきた。

 訴状によると、在特会側は2013年1月以降、ネット上や街頭演説などで、李さんの容姿などを侮蔑的に表現。保守速報は「朝鮮半島に帰れ」などとする匿名の投稿を掲載した。李さんのツイッターにも嫌がらせの書き込みが集中した。

 提訴後に記者会見した李さんは「表現の自由の名の下、ネット上で差別が扇動されている」と話した。

 在特会側は「反訴を予定している」とコメントした。
2014年08月19日 09時02分

――――――――――――――――――

この李信恵というジャーナリスト、私が知る限り、政治発言が多いジャーナリストの一人であると認識している。

彼女についてはいろいろな情報がある。
――――――――――――――――――

チャンネル桜での討論会を終えた李信恵さん、少し荒れてます(´・ω・`)
http://togetter.com/li/591225

李信恵が回し続ける嫌悪感の増幅メカニズム
http://blogos.com/article/52560/

http://togetter.com/t/%E6%9D%8E%E4%BF%A1%E6%81%B5

http://gensen2ch.com/archives/11614251.html

http://katsumoku.net/archives/7016418.html

――――――――――――――――――

反日外国人にとって、国内で反日政治活動がやりたい放題で、それを侮蔑表現で批判する日本人が裁判で被告になる図式、これを何と表現したらいいのであろうか?

日本という国においては、反日外国人にとって
日本人をやりたいように批判でき、(批判された場合は)訴追できる天国状態なのではないかと思えてならないのである。

これは、通名使用、犯罪の通名報道と並ぶ、外国人特権ではないのか?

私は、外国人ジャーナリストの政治発言をスパイ工作行為と見るべきだろうと思っている。
特に、本国と同様の主張をするジャーナリストの行為は規制されるべきであるという意味である。

従って、李信恵によるヘイトスピーチを根拠とする裁判の原因も元をたどれば、マスコミを規制する法律がないという、法の不備にあると指摘せざるを得ない。


・論点5
いつの時点からヘイトスピーチが発生したと考えるべきか?

昨今のヘイトスピーチ問題を提起するマスコミ関係者が問題とするのは、一様に新大久保での日韓断交デモをターゲットとしているようである。

しかし、それは真実なのだろうか?

私は、国内でヘイトスピーチ的言動がわき起こったのは、民主党政権時代の李明博政権時代の日本に向けの暴言、侮辱発言がルーツにあると考えている。

しかし、当時の民主党政権は言われるがままだった。

李明博大統領のたび重なる暴言に沈黙する日本  天木直人
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/430.html

これに対して、たちあがれ日本は抗議声明を出した。

たちあがれ日本 李明博大統領の竹島上陸と暴言に抗議
http://yukan-news.ameba.jp/20120819-360/

民主党政権がダンマリ状態であることを確認し、韓流潰しを狙った?、新大久保での日韓断交デモが始まったのである。

これ以降の大まかな時系列経緯をフローにするとこうなる。

①李明博の暴言、侮辱発言→②ダンマリする民主党政権→③新大久保での在特会を中心とする日韓断交デモ発生→④民主党有田芳生・しばき隊共闘によるカウンター行為→⑤しばき隊の一部暴力行為にて逮捕→⑥マスコミがヘイトスピーチ問題として報道開始

続いて、最近のヘイトスピーチ騒動の核心についてふれたい。
新大久保での日韓断交デモにて、対立する民主党有田芳生・しばき隊の共闘が暴力的なものであることが発覚し、また、朝日による一連の慰安婦報道が捏造であることが確定し、左翼陣営の旗色がどんどん悪くなっており、やんちゃな保守系活動家の言動を観察しているうちに、ヘイトスピーチ問題という切り口を見つけ、マスコミと国連を利用しつつ仕掛けていると私は判断している。

また、民主党有田芳生は、国連で暴走行為を始めたようである。
スパイ防止法がないことを知って、民主党有田芳生はこの種の行動に出ているようである。

【国賊政党】民主党が国連で日本にヘイトスピーチ規制するよう訴え「日本は在日排外デモを許可し警察がカウンター側を逮捕して人種差別に加担してる」
http://hosyusokuhou.jp/archives/39765818.html

これは、国会喚問すべき事案であり、この中に虚偽の発言があるなら、政府は断固とした対応をとるべきだろう。

また、民主党有田芳生は、日本人に対するヘイトスピーチ常習者ではないかという指摘があるようだ。

櫻井よしこは、③の新大久保でのデモを殊更問題としたいようだが、大局的に見れば、根本原因は、李明博による暴言、侮辱発言にある。
在特会を問題だと思うなら、李明博の言動、言われっぱなしにしていた民主党政権のだらしなさをまず、櫻井よしこはなじるべきだった。

従って、特定国の政府高官によるヘイトスピーチがあった場合、反応し、抗議するのは、政府高官の所管であると考える。
在特会が、ふがいない政府、批判原稿すら書けない言論人の代わりに批判することではないし、特に、政権時代、李明博の暴言にダンマリしていた民主党に、在特会の言動を批判する資格はないはずだ。


以上が、ヘイトスピーチ問題の調査検討に際し、必要と考える、論点である。



最後に自民党ヘイトスピーチPT関係者の方、皆さんに伺いたい。

日本は、中国人、韓国人、在日朝鮮人のための国なのか
それとも日本人のための国なのか

在日朝鮮人帰化議員、パチンコ議員でない限り、答えは言うまでもないことだろう。

そして、本稿で指摘したように、問題発生原因に、韓国政府の対応、警察や法務省による手抜き、怠慢、治安関係法の未整備があることは明らかなので、警察(外事畑)官僚出身で、(パチンコ業界を通じて)在日朝鮮人の事情にも詳しく、バランス感覚溢れる?、平沢勝栄議員がヘイトスピーチPT座長に選出されたのであろうと私は理解している。




この記事へのコメント

nagomi
2014年08月23日 09:43
次期内閣改造では、高市法務相が有力視されています。ここでご指摘のヘイト事案を含め、2015年問題(住民法)を視野に入れ、谷垣から安倍親派への登用となれば在日駆除に本腰を入れる決意とも考えられます。
以下のブログをご参考までに。
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11913399770.html
Suica割
2014年08月23日 10:05
表現の自由を理由にヘイトスピーチ規制をしなかった以上は、問題デモの規制を行うと憲法違反を理由にした行政訴訟に捲き込まれるリスクが発生します。
ゆえにそれを避けるために形式のみの審査しかしてないのでしょう。
しばき隊はそれすらしない馬鹿だから捕まるのです。
後は、いざというときのために、危険分子の炙り出しに泳がせていると考えられます。
Shirasu J
2014年08月23日 12:00
nagomi 様

情報ありがとうございます。

Suica割 様
Suica割さんは、ヘイトスピーチ問題についてどうしたいのですか?政治的立ち位置がわからないので返答しようがありません。
ヘイトスピーチ問題に係わる、櫻井よしこや民主党有田芳生・しばき隊の主張に賛成ということしょうか?

Suica割さんは、ブログ運営管理できる水準にあります。ブログやればそれなりのアクセスとなるでしょう。なぜ、ブログ開設して、主張を述べないのですか?
Suica割
2014年08月23日 14:19
説明が不足していたので、追加しますと、警察がデモの許可を行っている理由が何かを逆算して考えたのが前回コメントです。
認めるとすれば、面倒回避(実際、私は警察に近い仕事してますが、こちらに来られてもと思うデモに巻き込まれたりして面倒臭さは体験してます)のために形式しか審査しない。
あるいは、誰がどのような活動するか、公安として知りたいゆえに警備するふりして、観察し、不測事態への対処のための資料にする位しか合理的解釈が出なかったのを書いただけです。
私としては、管理人様がデモを警察が認可する理由がわからないと書かれていたので、その疑問に答えになるかと思って、自分なりの推測を書いたのですが、はじめから、そう限定して書くべきでしたね。
政治的な考えは無くて、実務的にどのようなロジックで警察が動いたのか、自分なりに考えた文章です。
ブログに関しては、スタイルが決まらないので、なかなか書き辛いかったのですが、観察すると、そこまで堅苦しく考えてみんな書いてないので、ごった煮的に書いていこうかと思います。
専門的に特化していくかは、後で決めようかと思います。
本質的に一番の問題は気質的に続くか(夏休みの宿題の日記は嫌だった)という事とネタが切れはしないかと思っていたこと、自分の興味で走る癖があるので、迷走するがそれでいいのか悩んでいたところはあります。
まあ、自分なりに頑張ろうとは思います。

ナナ
2014年08月23日 14:34
平沢勝栄・・警察官僚出身、パチンコ関連。
毒をもって毒を制すでしょうか。
テレビで原口や舛添、塩崎、大村などとペラペラ他愛ない話をしていた変な人という印象しかないのですが・・。
ヘイトスピーチを日本人からのものとのみとらえて議論に乗せるのは、どこかの民族が大好きな言葉を使えば「差別」でしょう。
Shirasu J
2014年08月23日 19:56
コメントの意図は理解しました。
やっとブログ開設の決心をされたようなので、こちらの考えを述べます。
コメント投稿もブログ活動も共通することがあります。
受け手の立場に立つと、政治的立ち位置を示し、根拠あることなのか、憶測なのかを示していただいて、初めて主張している意味が理解できることとなります。
そのために、今回のケースの場合、ここで2回分投稿していただいた程度の文章量が受け手としては必要になりますが、それぐらいの字数書くくらいならブログした方が、自分らしく主張できるだろうという意味で、ブログ開設を薦めているのです。
また、ブログ活動することで、どういう政策を指向すべきか、政治課題と日々向き合うことで、間違いなくスキルアップにはなります。Suica割さんなら、あっという間に、テレビ番組に出演する、マスコミ関係のコメンテーターが馬鹿に見える次元にはなるでしょう。

職業柄、政治色出しにくいお立場なのでしょうが、政治活動するのであれば(コメント投稿も立派な政治活動と思います)、事案事に、最初に政治的立ち位置を明らかにして(これは賛成、これは反対など)、から本題に入ることは必要ではないかと思います。
Shirasu J
2014年08月24日 05:05
ナナ 様

<平沢勝栄・・警察官僚出身、パチンコ関連。
毒をもって毒を制すでしょうか。
テレビで原口や舛添、塩崎、大村などとペラペラ他愛ない話をしていた変な人という印象しかないのですが・・。

苦しい?言い訳となりますが
先生をけなすと陳情受け付けていただけなくなります。
評価すべき点は評価しないと………

この記事へのトラックバック

  • 日本を貶める朝日新聞の購読を止めよう!

    Excerpt: 「5日以降、年間購読している一般購読者の解約が後を絶たない。企業も広告出稿を控える事態になっている」という。当然のことだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-08-23 11:32
  • 八重桜の会は、「ヘイトスピーチ規制」に断固反対いたします。

    Excerpt: 八重桜の会は、「ヘイトスピーチ規制」に断固反対いたします。 Weblog: 八重桜の会公式 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会 racked: 2014-08-23 15:09
  • 厚労省が狙うカジノ利権

    Excerpt:   一昨日、IR議連(カジノ議連)の某議員と面談。例の厚労省によるカジノ日本人NGの件に関して、先日書いた推論とは別の、もう一つの理由の方が大きいのではないか…という感を強くした。 .. Weblog: 賭人がゆく racked: 2014-08-24 04:27