「覚醒」することによってマスコミが情報封鎖してきた世界を知ることが可能となる!

私は、マスコミは、歴史的に、業界ぐるみでの意図的な不報道、偏向捏造、相次ぐ誤報等によって、国民各層に対し、意図して情報封鎖行為を続けてきたと認識している。

明らかに、捏造報道に係わり、情報封鎖してきたマスコミ関係者については、河野談話検証作業、慰安婦問題に係わる国会質疑をきっかけに、その氏名と経歴が特定され、最終的には、業界追放、処罰レベルの次元で議論が行われ、外患罪が適用された場合は訴追されることになるであろう。

拙ブログが、マスコミを屠殺感覚で扱うと何度も書いているのは、最終的に処刑レベルの事をマスコミがしでかしたと認識しているからである。

では、どのような領域について、情報封鎖が実際行われてきたかについて、これまでの調査分析作業、読書経験などから分析を試みる。

私は、自分が覚醒したと認識しているものの、まだ、完全に解明した訳ではない。未だ、解析作業中で、凡そ、この辺が情報封鎖の対象となってきたのではないかという意味で、リストアップさせていただく。

――――――――――――――――――

マスコミが情報封鎖してきた事項=覚醒しない限り真実がわからない事例

・歴史的事実(支那・韓国に係わるとんでもない歴史、支那・韓国に係わる不都合な事実、大東亜戦争に至るまでの支那
・韓国・アメリカとの外交軍事面での経緯、開戦前夜のアメリカ政府の状況、GHQ内部の状況、アメリカ政府による公文書開示)
・GHQと日本共産党との関係(戦中、戦後)
・GHQがしでかした悪事(焚書、検閲)と日本人協力者たちの素性
・GHQ指令の内訳(慰安婦確保指令など)
・日本国憲法制定に至る過程
・東京裁判での弁護側提出資料の証拠不採用
・東京裁判戦犯赦免の国会決議
・全共闘学生デモ、沖縄米軍基地反対デモのアルバイト動員
・公職追放に係わる日本人協力者と敗戦利得者達の素性と出自
・愛国議員の言動、反日議員の出自
・反日官僚の存在と出自
・マスコミによる、意図的な不報道、偏向捏造、誤報
・マスコミ、電通、芸能界の出自
・マスコミに不報道、偏向捏造をけしかける反日勢力
・世界支配層の存在としでかした悪事
・在日朝鮮人の存在としでかした悪事
・在日朝鮮人による凶悪犯罪
・反日政党と在日朝鮮人組織との係わり
・宗教界、教育界、労働界の反日勢力(幹部および構成員の出自)
・その他反日活動団体の構成員の出自、資金源、スポンサーの出自

――――――――――――――――――

他にもあるかもしれない。
もっと具体的に書くべきかもしれないが、具体的に書けばかくほど字数が増え、全体把握に手間取るのは明らかなので、こうして抽象的に書かざるを得ない。
情報封鎖してきたマスコミでさえ、どの領域まで情報封鎖してきたか把握しきれていないのではないかと思えるくらいの膨大であることは確かである。とても、私一人で手に負えるレベルではない。

このリストを見れば、保守系支持者の方、傍観してていいはずはない。コピペブログ、言葉遊びブログやっている状況ではないことは明らかである。
マスコミの影響力が低下しない以上、かなり心して取り組まないと情報封鎖を突破することは困難なのである。

情報封鎖の範囲を知れば知るほど、マスコミはGHQの言いなりとなって、国民各層を欺いてきた経緯を知ることになるし、近い将来、マスコミについては、その咎を受けさせるべきと思う。

あなたは、日本のマスコミの正体を知って、許せるだろうか?

日本のマスコミは、

アメリカ共産党が背後で暗躍したGHQに、日本共産党が敗戦直後最大の協力者として、焚書、検閲、公職追放を支援し、それによって、左翼および在日朝鮮人が、政治、教育、宗教界に進出し、敗戦利得者集団を形成し、現在はその地位を利用し反日・売国行為がやりたい放題である状況を

意図的な不報道、偏向捏造、誤報等という手段を駆使することで支援、維持してきたのだ。

日本のマスコミは、敗戦利得者集団の利益を維持するための、情報封鎖装置として機能してきたのだ。

これだけの悪事を働いた、日本のマスコミを許すべきだろうか?

私は、許す気はない。

東京裁判で示された罪状を参考とするならば

(地球全体という意味で?)「人類に対する罪」が規定されたことを当てはめると、国内的に情報封鎖した行為について「国民各層に対する罪」として規定され、A級戦犯と同程度の罪を国内的に犯したと認識・指摘せざるを得ない。

マスコミが情報封鎖している事項とは、「覚醒しない限りわからない事項の事例」であり、覚醒された場合、その範囲が芋づる式に広がることは確かである。

一度覚醒したからと言って、その次元で留まる話ではないのである。
「覚醒」後の世界は、一種の求道者の如く、自分で調べ分析する作業を継続し、「日本の政治、社会、マスコミ、近現代史に係わる、隠された真実」は実はこういうことだったのかという「正しい理解」を得るために、「失われた情報を探し求める知的冒険の世界」なのである。

それゆえ、「覚醒」という世界は、極めて奥が深いのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ナナ
2014年08月05日 12:09
覚醒したら次は社会を変革していかなければならない。
GHQの戦後政策は今でも純然たる力を日本社会に及ぼし、間接統治から、在日左翼による直接統治まであと少しのところまで来ています。
天皇家でも例外ではない。 東宮問題を保守ブログ及び保守層が何故とりあげ無いのか。 ここに日本の縮図があるというのに。 乗っ取り寸前の状況ですよ。
Shirasu J
2014年08月05日 13:48
東宮の件、しばらくお待ちください。
拙ブログもBBの覚醒ブログに続いて、テーマとして取り上げます。

この記事へのトラックバック