田母神新党候補? あなたは田母神俊雄の秘書「石井義哲」を知っているか?

私は、都知事選で、田母神氏の側を片時も離れない方が誰なのか、注目していた。

その方が、「田母神戦争大学」という本で田母神氏と共著者となった、石井義哲氏である。

「田母神戦争大学」という本の著者紹介欄にて、石井氏は田母神都知事候補の「秘書官兼警護官」だったと書いてある。

この「警護官」という表現に、平和ボケした私は、田母神都知事選挙にかける並々ならぬ覚悟を感じるのである。

その石井氏、現役自衛官時代、以下のようなエピソードがある。
――――――――――――――――――

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E5%93%B2

2008年

航空幕僚監部人事教育部教育課長時代に、田母神俊雄航空幕僚長の更迭の原因となった懸賞論文事案のコンプライアンス違反により注意処分を受ける。その後、北部航空方面隊司令部幕僚長、幹部学校業務部長を経て、2013年4月1日に空将補特別昇任し勧奨退職した[1]。
同5月、日本維新の会次期参議院議員選挙全国比例区の公認候補予定者となり[2]、同時に田母神俊雄が後援会長を務める石井よしあき後援会が発足した。

――――――――――――――――――

石井氏は、新聞・テレビが航空幕僚長だった田母神俊雄氏の田母神論文を笑殺した時代、あの「田母神論文」を研修にて使用した、信念の方である。

なかなかマネできることではない。

その後、石井氏は、2013年の参議院選挙に立候補したものの、2万数千票で落選し、都知事選挙では、田母神候補の秘書官兼警護官となった。
石井氏が公式ブログにて述べた、有権者(自衛隊関係者)に向けたメッセージが自衛隊と取り巻く環境を雄弁に物語っているように感じ、読んでいる。

――――――――――――――――――

http://ameblo.jp/ishii-yoshiaki/entry-11576872177.html

自衛官の皆さんへ
2013-07-20 23:36:52
テーマ:ブログ
自衛官の皆さん、日頃の訓練・任務、本当にお疲れ様です。

この選挙戦では、田母神後援会長と共に、様々な基地にて隊員の皆さんを激励させて頂きました。
何人か良く知る同僚や後輩の顔も見え、現役時代のことが懐かしく思い出されました。

先日、あのルバング島から帰還された小野田寛郎少尉にも、ご指導ご支援を頂きました。
皆さんからのこのご恩は、これから私が返して行く番です。

32年間の自衛官生活、本当に色々なことがありました。
嬉しいこともあれば、辛いこともたくさんありました。

自衛官であることで、理不尽な思いをしたこともあります。
国家国民を護ることと、現行の自衛隊の在り方の狭間で、思い悩んだこともたくさんあります。

自衛隊そして自衛官が、正しく国家国民を護ることができる法体制が急務であると、ずっと思っておりました。
自衛官こそが、憲法改正の必要性を最も強く認識しているはずです。
自衛官が正しいと思える仕事をして欲しい。私の切望する願いです。

60年以上も戦争を放棄し、世界で唯一「奪った人命より救った人命のほうが多い軍隊」である日本の自衛隊こそ、世界に誇る平和の象徴です。

自衛官の皆さん、
皆さんの願いを、私に託して下さい。
その想いを必ず国政へ届けます。
そして私が必ず実現します。

どうか「石井よしあき」にお力をお貸し下さい。
必ずご期待に応えて参ります。

同僚、家族にすら言えないことや悩みもあるでしょう。どうかくじけずに頑張って下さい。
応援しています。
皆さんと私は一体です。

私も最後の最後まで全力で精一杯頑張ります!

「安心、安全をありがとう。」

――――――――――――――――――

石井氏は、「義」の人であるようだ。

さて、2013年の参議院選挙、自民党から自衛隊OB関係者で佐藤正久議員がいるが、こちらは自民党公認で自衛隊関係組織の組織票付き。(拙ブログは、赤池誠章氏を推薦)
たぶん、自衛隊関係組織は、参議院選挙にて、佐藤正久氏のみ支援したのだろう。そうでなければ、佐藤正久議員は、2007年よりも票を増やして当選できなかったはずである。

2007  251,579
2013 326,541

この選挙で、石井議員の獲得票数は、25986票。
佐藤正久議員は、2007年よりも票を伸ばしていることから、石井氏に組織票の配分がなかったことが、この数字から伺える。

その後、石井氏は、都知事選挙での田母神氏の秘書官兼警護官を経て、たぶん、田母神新党の幹部となられる方だろうと私は予測している。

ここで自民党公認の自衛隊OB議員と石井義哲氏の比較をさせていただく。

佐藤正久議員は、陸上自衛隊出身、イラクPKO時の現地隊長だった方である。人格、識見において、問題ないと私は思っている。
また、2010年の参議院選挙には、航空自衛隊出身の宇都隆史(うとたかし)議員がいる(121,441票獲得)
この方も若いのに、なかなかの好人物である。

つまり、石井義哲氏は、次回参議院選挙に全国区比例で立候補した場合、(自衛隊OBというパイの中で)宇都隆史議員と票の奪い合いをすることになるだろうと予測さる。

両方とも航空自衛隊出身。自衛隊関係組織票は、これまでの選挙結果から、たぶん、自民党候補者に廻るだろうと容易に推測がつく。

それゆえ、「田母神戦争大学」という本を田母神・石井共著の形で今回出版したのは、田母神新党の設立前の露祓いであるとともに、田母神氏の自衛官時代からの無二の盟友であり支持者だった、石井氏の知名度を上げるための「仕掛け」であろうと私は睨んでいる。

自民党の宇都議員も確かに素晴らしい方なのであるが、現役時代、処分されるのを覚悟のうえで、田母神論文を研修資料として扱った、石井氏の勇気をたたえ、なんとしても石井氏を国政の場に送り出したいのである。

田母神新党が次回国政選挙にて、獲得できる議席は限られている。
だが、国会議員の大半が軍事オンチ(特に航空戦)だらけである関係で、(田母神氏は当然当選するだろうと予想したうえで)、石井氏についても田母神氏の右腕として国政の場で縦横無尽にご活躍いただきたい、と言わざるを得ないことが、「田母神戦争大学」に書いてある。

特に、航空自衛隊時代の石井氏の実務経験は、他国と交戦状態となった場合に、田母神氏と同様、国政の場にて必要かつ欠くべからざるを得ないのである。

今回は、石井義哲氏の紹介中心となったが、「田母神戦争大学」は、軍事分野の入門・解説書として、画期的な良書ではないかと思っており、次稿以降、その内容について、紹介させていただく予定である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック