LINE問題 マスコミが不報道すればするほどネット界は活性化する

LINEの利用者の情報漏洩の件、ネット界ではどんどん拡散されつつあるようだ。

【衝撃情報】韓国の国家情報院がアプリ『LINE』を傍受!!!韓国政府が日本政府との協議の場で認める!!!日本人ユーザー5千万人が被害か
http://hosyusokuhou.jp/archives/38713055.html

【IT】「韓国政府がLINE傍受」記事にLINE森川社長が反論も、ユーザーから「信用できない」の声
http://hosyusokuhou.jp/archives/38724088.html

LINEは今秋、東証上場が予定されているそうだが、こんなことでは、上場延期?あるいは上場中止を求める声が増えるだろう。

その理由は、マスコミの報道姿勢にある。

マスコミは総じて在日朝鮮人帰化だらけであり
在日朝鮮人帰化だらけの電通
在日朝鮮人帰化が増えたスポンサー

に遠慮して、「LINE問題」について報道しないから、ネット界の人々は、ある時は不安がり、ある時は面白がって、その情報が拡散され、あるいは時期はずれのネタまで、再発するのである。

その原因は、マスコミの不報道にある。

マスコミ関係者は、市井のブログなどと馬鹿にしているかもしれない。
しかし、もともと、このブログは、マスコミの不報道分析から始まった。拙ブログは、他のどこよりも不報道分析を得意としてきたのだ。

再掲となるが、不報道に係わる、代表原稿を3つ紹介させていただく。

・あなたは戦後の8大不報道事案に気づいているか
http://nihonnococoro.at.webry.info/201309/article_4.html

・ここ1~2年の報道されない事実(平成22年6月2日更新)
http://nihonnococoro.at.webry.info/201006/article_2.html

・これが新聞業界が民主党支援した「動かぬ証拠」だ! それでも新聞を信じますか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201106/article_3.html

ただ、LINEに係わる一連の噂は、真実を知る中枢からリークされた可能性はある。

その手法がいいか悪いかは別として、悪事を知っている中枢が、自らが発言して外交問題化?するのは望ましくないと判断し、そのまま放置するよりもリークという手法によって、最初に一部の人たちが問題視し、「使命感を以てネット界で拡散活動」を行い、一挙に社会問題として認識されるようになる。

リークの目的はそこにあるのかもしれない。

今は、一部の人たちが問題視し、使命感を以てネット界にて拡散活動が行われている段階にある。

そして、ネット界住民と日本のマスコミの決定的な違いはどこにあるか?

それは、「人々に真実を伝えようとする、使命感」であると私は考える。

日本のマスコミには、それがない。
それでいて、ネット界で活動する言論人や一般人すべてを、悪い意味でレッテル貼りしようとする。
それに、ネット界の言論人が反発する。過去数年間はその繰り返しだった。だが、不報道は次々と暴かれ、マスコミの不作為による、あるいは意図的な不報道実態がどんどん暴かれつつある。

マスコミは防戦一方である。

LINEの情報漏洩事案はどうだろう。
上場によって、数千億円資金を得るとされる、LINEにとって、今回の噂話は、迷惑どころか致命的だろう。

そして、こんな重要な情報を取材も調査もせず、のほほんと眺め、あるいは、不報道を続けている、日本のマスコミは、総じて「ジャーナリストとしての使命感」がないのは明らかである。

韓国ポスコのインドネシアでの爆発事件についても、日本のマスコミは決して報道しようとしない。
本当に腐った組織である。腐ったクズだらけの組織なので、社説もコラムなど書く必要などまったくないし、「人々に真実を伝えるという使命感」が失われた時点で、マスコミは、死んだも同然なのだ。

かつて、朝日が「ジャーナリスト宣言」した時期があったが、昨今の報道姿勢を見る限り、謀略機関への道を邁進しているようであり、その点において正直に「工作ジャーナリスト宣言」すべきだったと思う。

その朝日新聞の捏造、不報道に対する、人々の怨念、復讐心は、年を追う毎に燃えさかり、今や、朝日と言えば「偏向捏造」の代名詞として扱われ、その「悪しき」実態が、「朝日以上の使命感を以った、ネット界の住民により、今日も拡散され続ける」のである。

なお、赤峰和のブログによると、航空機、ホテル等にて、朝日新聞が提供されない状況となっているようである。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/3f16326e9b4e6195625e74543aa47ff5

使命感を忘れた、マスコミの末路が、どうなるか、マスコミ関係者は今一度考えるべきだと思う。

拙ブログは、マスコミを処罰すべき存在としてさまざまの角度から法規制強化を提言しているが、このままの情勢では中共と交戦状態となった場合、非常事態措置として逮捕、収監、処刑されるのは、どの業界に突出するか、説明するまでもない。業界最初の生け贄は、決まったも同然であろう。
東大生が今年、一人も新入社員として入社しなかったのは、そのシグナルと言えよう。


以下は、参考サイト

――――――――――――――――――

ジャーナリスト宣言。朝日新聞
http://www.tanteifile.com/netwatch/2006/02/09_01/

朝日新聞の「ジャーナリスト宣言」というCMに関する違和感
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3199986.html

自民党が秘密保護法批判報道への反論文書を配布
http://kizitora.jp/archives/35143634.html

【マスコミ】政府には秘密はいけないと説教する一方、自身に都合の悪いことは堂々と隠す朝日新聞「秘密保護法案 首相動静も■■■か?」
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/37528707.html

解説(70) 朝日新聞の捏造報道を暴く  「『米艦で邦人救出』米拒む」は捏造
http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/3f16326e9b4e6195625e74543aa47ff5






この記事へのコメント

nagomi
2014年06月20日 11:34
朝日は、すでに信憑性を失ったガサネタ新聞に転落していますが、河野談話検証結果報告が追い討ちをかけることになるはずです。
Shirasu J
2014年06月20日 12:06
慰安婦問題については、当局による捜査、訴追の次元で提言したいと考えております。
Suica割
2014年06月20日 21:24
Lineは、今年上場を目指していたなら、不報道になるからくりの一部がなんとなく予想出来ます。
公募するとなると、公募のための広告を打つ可能性があります。
また、上場すると、その上場に関係した金融機関には、多額の利益が入ります。
その利益の一部を広告に回すから、噂レベルや火消しで鎮静化して、ごまかせる間は、報道を手控えてくれと、金融機関に頼まれた可能性はあります。
つまり、Lineについて放置する方が、報道機関としては、実入りがいいわけです。
花王がエコナで執拗に狙われたり、不二家が叩かれたのも、広告費用を抑えていたり、広告自体がなされていなかったためという指摘があります。
そういう力学が働く事も不報道の原因であります。
また、噂レベルでは、裁判リスクを恐れ(数千億円の上場利益の毀損を理由に訴えられる事を恐れた)、結果が出てから動けばいいと決めてかかっていることも予想出来ます。
しかし、いつもは噂でも、噂と明記して、記事にしてますし、日本人の大量の個人情報の保護やLineに投資する投資家の保護の観点から、噂と明記して、そういう事が無いようにして貰いたいくらいは書くべきであると思います。
Shirasu J
2014年06月21日 06:04
不報道分析記事として読むと、大変良くまとまった内容と思います。
この内容で、J-castニュースあたりで報道してほしいものです。

この記事へのトラックバック