切り貼り「誤報・捏造報道」は処罰の対象とすべきだ

森元総理大臣が切り貼り報道による(誤報により)報道被害にあったようだ。

別に森元首相を庇うつもりは毛頭ないんだが 発言が切り取られて、ちょっと誤解されているような気がしたので要点を貼っておく
http://hosyusokuhou.jp/archives/36504781.html

切り貼りなので、意味が違ったにせよ、同じ言葉を使用している点において捏造した訳ではないとする当該記者の高笑いが聞こえてきそうな気がしている。

私は、森元総理が、名誉毀損で告訴するか民事訴訟すべきだと思っている。

さて、切り貼り報道と言えば、麻生首相時代に切り貼りによって失言とされた報道があった。

――――――――――――――――――――――――

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1229829232

「金がねえなら結婚しないほうがいい」と麻生首相が失言したと問題になっています...

koheikoheoさん

「金がねえなら結婚しないほうがいい」と麻生首相が失言したと問題になっていますが、良いアドバイスですよね。
しっかりと働いてお金のある人と結婚すべき。

10代の妊娠とか論外ですよね。
確率的に若い人が結婚すると子供をすぐに生みますね。景気の悪い家の子供は荒れる子が多い。
だから、ある程度働いている人と結婚してほしいですね。というアドバイスですよ。
失言ではなくて、彼の意見。

どう思いますか。日本人特有の議論のすり替え、つまり、人格を攻撃することはやめましょう。


いまさら麻生総理の失言には驚きませんが、勘違いしている方がいらっしゃったのでお答えします。
失言というか今回は麻生さんの勘違い、質問者の趣旨を理解してない事が問題だったのです。

この質問した学生さんは、少子化に無策な自民党総裁である麻生総理に「少子化の問題点は若者の晩婚化にあるのでは?」と指摘したのです。別に一国の総理に個人的な相談をしたわけではないのです。
もっと掘り下げれば、少子化→晩婚化→結婚に対する経済的不安→経済の安定化・非正規雇用の対策などなど・・・「安心して結婚・子育てできる日本にしてください。」という麻生総理に対する要望でもあります。

それを「金がねえなら結婚しないほうがいい」では何の問題解決にもなりませんよね。
「金が無い→だったら結婚するな→少子化促進」揚げ足をとろうと思えば、麻生さんの発言は少子化へのススメとも取れます。まぁ、これは極端ですけどね。

ご理解いただけましたか?


kimonogasukidayoさん

「金がねぇなら結婚するな」の全容

麻生
『3つめ、○○大学。
結婚。えーと、金がねーから結婚できねーという話なんだけど。
そりゃ金がねーで結婚はしないほうがええんで、
わかるね? (会場 笑)
そりゃ俺もそう思う。
そりゃあ迂闊にそんなこたぁしない方がいい。
で、金が俺はないほうじゃなかった。
だけど結婚は遅かったから、俺は43まで結婚してないからね。 だから(金が)あるからする。ないからしない。ってもんでもない。
これは人それぞれだと思うから。
だからこれは、迂闊にはいえないところだと思うけれども、
ある程度生活をしていく、いけるというものがないとやっぱり自信がない。
で、女性からみても旦那を見てやっぱり尊敬するところはやっぱり 、しっかり働いているってのが尊敬の対象となる。日本では、日本ではね。
従って、きちっとした仕事を持って、 きちっとした稼ぎをやってるということが、
やっぱり結婚して女性が生活をずっとしていくに当たって、 相手の、男性から女性に対する、女性から男性に対する、両方だよ。
両方がやっぱり尊敬の念が持てるか持てないかというのは
すごく大きいと思うね。
そいで稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、
よほど何かないとなかなか難しいんじゃないかという感じがするんで、
稼げるようになった上で結婚した方がいいというのは俺も全くそう思う。』

某SNSサイトに、麻生さんにこの質問をした本人がいらっしゃいました。
日記にこの件を書いていました。 抜粋。

『この質問をしたのは俺なんですが、全くと言っていいほど
筋違いの記事です。
まず俺は、『少子化が進んでいるのは子供が生まれてからの問題ではなく
若者に結婚した後の生活する金がないからけっこんせず
少子化が進むのではないか?』と質問しました。
http://www.47news.jp/movie/general... (パソコン)
の音声を聞いてみてください。
本当にマスコミがいうような内容なのでしょうか?俺個人としては
麻生さんの発言はすごく正論であり非難されるような内容ではないと思います。
静まりかえったとありますがそもそもこのような場でおしゃべりをする方が
失礼なのではないでしょうか?

日本のマスコミがマスゴミなどと呼ばれるのは自分たちにとって
都合の悪いニュースや景気回復の兆しなど明るいニュースは全く流さず、
自分たちは巨大な利権構造に守られながら自分のいいように世論を
誘導していっているからだと思います。

『国民が知らない反日の実態』や『偏向報道』、『椿事件』など
インターネットで検索してみるとマスコミが報道できないことが
書いてあるページが出てくるので参考にしてみてください。 』

・・・とのことです。

発言の一部だけを取り出して
大騒ぎするマスコミと、便乗するように 麻生さんを叩く人達。
この今の日本の状況、末恐ろしいものを感じます。

――――――――――――――――――――――――

これら二つの報道に共通することは、

・切り貼りによる印象操作が行われていること
・分類上、誤報、捏造報道の区分が難しい(使用した言葉上は誤報ではないが事実関係に照らしてみると誤報、切り取られた言葉による報道の一種であるという点において捏造と断定することは難しい)
・報道各社による共謀行為による可能性が高いこと

である。

私見となるが、「切り貼り報道」は、「誤報」、「捏造報道」、どちらにも分類されうるが、どちらかというと「悪意ある誤報の一形態」として分類すべきではないかと思っている。

さて、森元首相と麻生元首相に共通するのは、マスコミ叩きの標的になっているのに、なんら法的措置をとらないことである。

麻生副総理 「切り貼り」で失言報道されやすい理由発見しました
http://nihonnococoro.at.webry.info/201301/article_27.html

私は、森元首相にも麻生元首相にも、石原慎太郎閣下と同様、番組等での誠実な態度での謝罪会見なき場合は、法的措置を執ることを通告すべきだと思う。

TBS、石原慎太郎氏の「日韓合併」についての発言を誤って表記
http://www.youtube.com/watch?v=kb2ETqv0zsM

石原慎太郎氏にたしなめられて、謝罪する池上先生
http://www.youtube.com/watch?v=gkym5HSxo3w

さらに、拙ブログは、切り貼り報道による、誤報・捏造報道に係わるマスコミ処罰に係わる法整備について、以下の提言を行う。

――――――――――――――――――――――――

切り貼り報道による、誤報・捏造報道に係わるマスコミ処罰に係わる法整備の提言概要

・基本法として、マスコミ基本法を法制化

・個別法として、新聞法を法制化し、放送法を抜本改正する

・「マスコミ基本法」内において、条文ベースで、「誤報」、「捏造報道」を定義し、「誤報」の一形態として「切り貼り報道」を定義

・誤報
(切り貼り報道による)事実誤認あるいは事実誤認を惹起させる報道

・捏造報道
(切り貼り報道により)別の事象を表現してしまった報道

・「切り貼り報道」の定義
発言内容の順序の変更、一部省略等に伴い、生じる内容改変報道

・記事作成段階での共謀
(本来なら各社別に記事を書くべきところ)各社協議して纏められた記事を共謀記事として位置づける

・罰則規定
罰金刑
共謀して実施したことが確認された場合は、懲役刑

――――――――――――――――――――――――

要は、「切り貼り報道」については、定義・分類が難しいことは認めるものの、共謀して実行して、それが誤報、捏造報道となった場合に、懲役刑を科すことがポイントとなると私は考える。

冒頭にて紹介した。上記二つの事例も、報道各社共謀して書かれた記事であろうと思われることから、切り貼り行為抑止策として、「記事作成段階での共謀行為の有無」について、法律にて規定する必要はあるだろう。

さて、本件の総括に入らせていただく。

拙ブログは、マスコミ報道の問題において、何度も指摘してきたことだが、法改正、特に条文ベースでの法規制の明文化に取り組み、陳情活動を行わなければ、その再発防止には程遠いことを指摘している。

しかるに、マスコミ批判本、大半の内容実態が、彼らのマスコミ批判は確かに的を得ているものの、(池上彰程度の)初心者向けであり、偏向捏造の具体例の紹介に留まっている。

また、これらの本には、(情けないことに)条文ベースでの提言はまったくない。彼らは、批判文はうまく書けているがそこに安住している。現状を変えるための提言がないのである。この程度でマスコミ問題の専門家と言えるのか、私は疑問に思っている。

私の価値観では、マスコミ問題の専門家とは、「条文ベースで、提言書を作成できる人」のことを指している。

マスコミ批判本は、本屋に溢れている。もう十分なのだ。

従って、批判だけで、条文ベースで提言のない専門家を装ったビジネス保守の本など、読むだけ時間の無駄であり、そういう時間があったら、過去の問題報道事例を分類、類型化したうえで、マスコミ基本法、新聞法、放送法(抜本改正)に係わる条文検討作業を行い、ブログ等で発表した方が、法制化検討の時点で「参考」となるばかりでなく、「問題解決の近道」になりうると私は思い続けている。

なお、私にとって、法律という学問は、弁護士等の資格取得する以外の人にとっては、学生の頃から、自学・自習の分野だと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

nagomi
2014年02月24日 11:11
かつて、私が手掛けている事業に対し、某週刊誌がまさに切り貼り的な、根拠なきバッシング報道 を行い、風評被害により業界は壊滅的打撃を被りました。政治家が受ける切り貼り報道も風評被害のジャンルと言えます。以来、悪意ある風評被害の対抗手段について考えているところです。
Shirasu J
2014年02月24日 12:15
マスコミ規制全般について、提言いただける同志が増えることを熱望いたします。
coffee
2014年02月24日 21:11
確かに、この切り貼りは、比べると随分と印象が異なります。
Shirasu J
2014年02月24日 21:33
マスコミは切り貼りが誤報でも捏造でもないことで図に乗っていると思います。
Suica割
2014年02月25日 08:55
切り貼りは印象を変えますが、どういう点が捏造や誤報といえるのか説明しにくいのが厄介です。
一般的な捏造や誤報は事実の指摘で足ります。
切り貼りでも、時系列の入れ替えはわかりやすいですが、要素の意図的な隠蔽はわかりにくいですからね。
せめて、時系列の入れ替えは処罰出来るようにはしたいですね。
麻生太郎さんの発言も、ナチスの手口を習わなくてはならない。と、有権者は、ナチスの手口を習わなくてはならない。そうすれば、ナチスのようなやつらに騙されなくなる。ではえらい違いです。
マスコミは、人の話をしっかり聞かないガキかと思えて仕方ないです。
Shirasu J
2014年02月25日 17:57
麻生さんのナチス発言も含めるべきでしたが、先入観によって意図が伝わりにくいと判断し、事例から除外しました。

この記事へのトラックバック