精神疾患を装った通り魔犯罪にかく対処すべし 法律改正せよ!

精神疾患を装った?通り魔が不起訴となったそうである。

容疑者は、「生粋の日本人なら何人にでも殺そうと思った」と供述し、「日本人でない弁護士を呼べ!」とも主張したそうであり、精神鑑定して不起訴になる事案とは考えていなかったので、この不起訴判断に少々驚いた。

一連の経緯等については下記サイトの情報が参考となるだろう。

改めて、在日韓国人犯罪者・田仲桂善こと康桂善の不起訴について考えよう!通名は犯罪を隠せる?
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11693403793.html

私は、この不起訴判断に懸念を感じているので、被害者は、不起訴に不満なら「検察審査会」への手続きに入られることをお願いしたい。

一方、今回の不起訴処分については、自民党の片山さつき議員がこのようなコメントを出している。

―――――――――――――――――――――

片山さつき ✔ @katayama_s フォローする
大阪生野区の無差別殺傷事件、本当に精神障害で心神喪失だったのか、入院させるだけで再犯の危険はないのか、多くの方からご不安の声がとどいているので、状況説明をしてもらい、皆さんにご報告します!
2013年11月14日 11:20 PM

―――――――――――――――――――――

私は、なかなか見事な牽制球であると見ている。

本事案は、法律の抜け穴を狙って計画された、通り魔犯罪であり、弁護士もそのことを熟知して弁護活動を行った結果とみなすべきであり、検挙後、弁護士、裁判所、検察がグルになって不起訴となるように仕組んだ可能性があることを指摘したいのである。

しかし、不起訴となった結果を嫌悪するネット界は、状況打破に至る妙案が思い浮かばず、ただただ、激高しているように私には映る。

片山さつき「大阪生野区の無差別殺傷事件、再犯の危険はないのか、多くの方からご不安の声がとどいているので、状況説明をしてもらい皆さんにご報告します 」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/34092754.html

こんな程度のコメントでは、反日左翼、在日朝鮮人集団になめられ続けるだけである。

拙ブログは提言型ブログなので、どこかのサイトにコメントしたくらいでは満足しない。

ただただ、怒りを抑え、

今回の通り魔容疑者不起訴の結果について、精神疾患の有無にかかわらず、確実に死刑とする、あるいは「裁判に至る前に現場にて処刑する」ことを可能ならしめる、方策を提言するのみである。

以下は、拙ブログの見解である。(関係省庁等に問い合わせ、後日修正する可能性あり)

―――――――――――――――――――――

通り魔犯罪に係わる法規制強化等についての提言


①外国人や特別永住者が「日本人なら誰でもよかった」と主張する通り魔犯罪行為については、通常の通り魔事件としてではなく、「外国人による内戦行為」として、内乱罪の一形態であると法律上みなすこと(刑法改正)

②内乱行為逮捕者等については、精神鑑定を不要とする刑事訴訟手続きとすること

③一般の通り魔犯罪等、2人以上の人を犯人および犯罪者集団が襲撃したことが確認されたことを条件として、抵抗の有無にかかわらず(威嚇発砲不要)、見つけ次第、警察が犯人を射殺できるようにすること

④2人以上の人を襲撃した、通り魔犯罪者については、不起訴処分となった場合であっても、精神病院独房での収容期間について、刑事裁判に準じて裁判所が判断を下すこと

⑤通り魔事件に対する、住民有志(自警団等)による正統防衛活動の認定(合法化)

⑥通り魔犯罪者について、日本人、在日朝鮮人を問わず、氏名を公表し報道すること(日本人被害者が報道されて、朝鮮犯罪者が報道されない理由がわからない、大阪の生野の件は、犯罪者の氏名不公表は警察判断なのかマスコミ判断なのか不明)

⑦精神疾患者という理由で検挙情報等を氏名不公表としないこと

⑧警察署HPにて、重大事案について容疑者検挙情報として(氏名、顔写真)を公表すること

⑨検挙情報のHP等での公開期間を3年間とする(不起訴、判決確定まで)

⑩警察検挙情報を全国一括で検索できるポータルサイトを設置すること

⑪重大事案逮捕者の通名変更は不可とすること

⑫裁判官、検察官の氏名公表(各事案ごとに、当該HPにて)

⑬国事犯事案について、加害者について外国人弁護士を認めないこと

⑭容疑者報道についての組織的報道規制要請行為について、処罰の対象とすること(罰金刑など)

⑮在日朝鮮人等による、日本人を狙った「ヘイトクライム罪」を法制化すること

―――――――――――――――――――――

私は、「日本人なら誰でもよかった」、「日本人でない弁護士を呼べ」と主張する模倣犯による「通り魔犯罪」が繰り返されないこと、今回不起訴となった容疑者による再犯を防止する視点から書いている。

左翼が狡猾であることを知るならば、保守勢力においても、左翼に支援された反日犯罪者を確実に仕留める、あるいは、私刑を正統化する用意周到さが求められるはずだし、今回の不起訴判断を受けて、怒り、このブログを読まれているであろう、あなたこそ、自警団活動準備に取りかかっていただきたいと考える次第である。

―――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130522/waf13052212050018-n1.htm

msn産経ニュースwest 2013.5.22 12:04
【生野通り魔】
「日本人なら何人も殺そうと思った」 逮捕の男が供述 府警が捜査本部設置

大阪市生野区新今里で60代の男女2人が次々と刺され、重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職男(31)が「何人も殺そうと思った」と供述していることが21日、大阪府警への取材で分かった。府警は通行人を無差別に狙った通り魔事件との見方を強め、生野署に捜査本部を設置、犯行の経緯を詳しく調べる。

捜査本部によると、刺されて重傷を負ったのは、同市勝山北の毎日新聞配達員、川口修一さん(61)と同区新今里のビル清掃員、越智美智子さん(63)。川口さんは腹など数カ所、越智さんは腹や背中など数カ所を刺された。

男はまず雑居ビルの1階で朝刊の配達中だった川口さんを襲撃。さらに約150メートル離れた路上で、歩いて出勤途中の越智さんに切りかかった。

男は逮捕後の調べに「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」と供述。越智さんを襲った際も「『生粋の日本人ですか』と尋ねたうえで刺した」などと意味不明の言動を繰り返しており、府警は刑事責任能力を慎重に調べる。




この記事へのコメント

coffee
2013年11月18日 20:34
これが不起訴なんて有り得ない。
死ぬまで病院の檻から出すな!
Shirasu J
2013年11月19日 03:22
一人でも内乱罪の適用を希望します
Suica割
2013年11月25日 12:37
これは、強制送還の準備かもしれません。
死刑には出来ない。
さりとて、収監中のメシ代や精神病院の費用を払いたくないとしたら、追い出すのがベストです。
精神病で就労不可能で生計を立てる事が出来ないという理由で強制送還するつもりかもしれません。
Shirasu J
2013年11月25日 19:18
地方検察庁に問い合わせてみるのが面白そうです。

この記事へのトラックバック