おいマスこミ! ウイグルで中共が何をしでかしたかぐらいは報道しないのか?

天安門での事件がウイグル人によるテロによるものだという報道がなされた。

テロと断定、ウイグル族5人拘束 車中からガソリン容器
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131030/chn13103020150005-n1.htm

中共に係わる不報道事案が比較的少ない産経でもこの程度の報道なのである。

ウイグルで中共がしでかしたことの全貌を産経でもすべて報道してきた訳ではないと言いたいのである。

ただ、産経は、直近の習近平の政策の何がこの事件を引き起こしたかは報道している。

―――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131030/chn13103022430006-n1.htm

新疆ウイグル自治区では、4月から6月にかけて警察官とウイグル族グループが衝突する事件が相次いで発生した。その際、習指導部は武装警察官を多数投入し、発砲を許可するなどして鎮圧した。その後、ウイグル族から刀を取り上げ、一部の地域でひげを禁止するなど宗教弾圧を強化し続けた。

―――――――――――――――――――――

習近平がやったことは、まったく言語同断である。

私は、過日、日本ウイグル協会が出席するある会合にて、ウイグルで中共政権が何を行ってきたかを知った。

ところが、日本のマスコミは、一般的傾向として、ウイグルにて中共が何をしでかしたのかを報道せず、ウイグル人が何かをやったとしか報道しないのである。

同じ手法は、日本の歴史教科書でも適用されている。
たとえば、満州事変以降の日本軍の行動は、いつどこに侵攻したとだけ書いてあるものだらけである。
日本軍の行動前に蒋介石一派が、どういう反日活動を企て、どういう反日宣伝活動を繰り返し、日本人および日本軍に対し行動に出たかがほとんど書かれていないのである。
そのような視点で見れば、歴史教科書執筆者は実は歴史を知らずに歴史教科書を書いているということになる。

ちなみに、これらの歴史書は、当時の日本軍がどういう状況におかれていたかを解説した名著である。(少なくとも歴史認識を語る新聞社説よりははるかに文献的価値がある。)

―――――――――――――――――――――

・GHQ焚書図書開封7 戦前の日本人が見抜いた中国の本質 西尾幹二
・共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交 ジョゼフ・マッカーシー
・シナ大陸の真相 K・カール・カワカミ
・近代中国は日本がつくった 黄文雄
・暗黒大陸中国の真実 ラルフ・タウンゼント
・中国の戦争宣伝の内幕 日中戦争の真実 フレデリック・ヴィンセント ウイリアムズ
・日中戦争はドイツが仕組んだ 上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ 阿羅健一
・南京事件の総括 田中正明
・南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
日本の前途と歴史教育を考える議員の会 (監修)
・ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 水間政憲
・真実の中国史 1840-1949 宮脇淳子

―――――――――――――――――――――

そう考えると、ウイグルで中共が何をしでかしたか、取材も報道もしない、大多数の日本のマスコミは、真実を知らずに記事を書いている点において、本当に「間抜け」揃いであると言える。

たぶん、中共に入国した最初の晩にハニートラップされ、その証拠写真の存在のために、真実を知る勇気さえ、今の日本の腰抜けマスコミ(実態は大半が在日朝鮮人)にはないのであろう。

さて、日本ウイグル協会のサイトにては、情報量としては十分ではないが、中共がウイグルで何をしでかしたかぐらいのことは書いてある。
インターネット普及以前は彼らは、その手段を持たなかったが、今は違う。
やっと我々も真実を知る機会を得たのである。

そして、非力な我々にもできることがある。

少なくとも
日本の新聞記事、特に戯言だらけの「社説」を読む暇があったら、

日本ウイグル協会のサイトにて事実関係の確認と情報拡散に協力すべきなのだ。


情報と報道
http://uyghur-j.org/japan/%e5%a0%b1%e9%81%93/

資料庫
http://uyghur-j.org/japan/%e8%b3%87%e6%96%99%e5%ba%ab/

最新のお知らせ
http://uyghur-j.org/japan/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

また、大紀元日本のサイトも参考になるだろう。

天安門、車突入の死亡者 「複数回陳情していた」=香港紙
http://www.epochtimes.jp/jp/2013/10/html/d25920.html

少なくとも
ウイグル問題に関しては、問題の根本原因は中共による数十年にわたる弾圧政策にあるのは明らかであり、朝日、毎日、読売や地方紙の読者は、これら国内の新聞だけを読んでいる限り情報弱者として、(在日朝鮮人だらけの)マスコミから情報操作対象として弄ばれることだけは覚悟すべきだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック