安倍政権 弱らせてから料理する作戦が同時進行中のようです

第一次安倍政権は正攻法・急ぎ過ぎの傾向が強かったようだが、第二次安倍政権では、これまでの推移から各方面にて弱らせてから料理する作戦が同時進行中であるようだ。

この手法をとっている限り、長期安定政権が見込めるように思う。

以下、分野別の解説。


・集団的自衛権の見直しにより北朝鮮勢力を弱らせる?

集団的自衛権の見直しによって、仮に北朝鮮がアメリカと交戦状態となった瞬間に、国内の親北朝鮮勢力非合法化が措置として可能となるはずだ。
つまり、朝鮮総連を活動停止どころかそれ以上の措置に追い込める可能性があるのだ。
と考えると、集団的自衛権見直し反対を公言した、前内閣法制局長官(最高裁判事)の出自を疑ってみる必要はあるだろう。

・P3Cソマリア派遣作戦により中共を弱らせる?

この目的は、シーレーン確保と同時に中共潜水艦のアフリカ進出等への備えを兼ねている。集団的自衛権の枠外であり、多国籍部隊のミラー司令官(米海軍第5艦隊司令官)との協力関係強化(何かと中韓に配慮を求めるアメリカ民主党政権との協議対象外)の位置づけであることが興味深い。

安倍首相、P3C哨戒機参加「前向き検討」、海賊対策・多国籍部隊の要請に
http://0taku.livedoor.biz/archives/4523008.html

・中韓との首脳会談後回し作戦により中韓を弱らせる?

中韓と首脳会談しようとすれば、会談に際して日本側は譲歩あるいは援助を約束させられるだけなので、首脳会談を後回しにし、従来、中韓に毟られてきた予算を親日国の海上警備ODA等にまわし、中共の海洋進出に歯止めをかけることにつながるだろう。

【中国網】東南アジア諸国が日本の巡視船導入を検討、狙いは中国けん制か-アフリカへも海洋警備援助開始[08/20]
http://blog.livedoor.jp/yohoo123matome/archives/7281227.html


・中共寄りの発言を繰り返すルーピー放置作戦により親中派を弱らせる?

ルーピーが中共寄りの発言を繰り返し、安倍政権が中韓との首脳外交を後回しにしている中で、この機会を利用して、中韓との首脳外交をしたがる民主党の横路孝弘、近藤昭一、前原誠司は、訪問すればするほど、売国議員だと気づかれてしまい、選挙対策上はマイナスに作用する。
前原誠司については、民主党政権時代に、半年に一度くらい韓国訪問していたはずだが、韓国に愛人か隠し子でもいるとしか思えない頻度での訪問である。

・遠交近攻作戦により中共を弱らせる?

外交戦略上の必勝セオリーによる作戦は、従来は中共の専売特許だったが、今は安倍政権の独壇場となりつつある。

安倍首相、働きすぎワロタwwww  アジア外交が凄すぎる件wwwwww マスコミよ!! これがアジアだ!!!!
http://www.hoshusokuhou.com/archives/30761012.html


・給与引き上げ要請作戦により民主党を弱らせる?

安倍政権発足後、安倍政権は経済団体、企業経営者に対し、給与引き上げ余力ある企業に対し、給与引き上げ要請を行った。これにより、従来から労働者を護るはずの団体だった、連合の存在意義や連合幹部の大半が労働貴族(実は在日朝鮮人?)であることを有権者に気づかせ、国政選挙に係わる連合の威信を低下させ、民主党の得票を低下させることに成功した。
見方によっては、春闘の意義を失墜させた可能性がある。

春闘、際立つ「政治介入」=企業、政権要請で給与増も-労組に歓迎と警戒〔深層探訪〕
http://news4bus.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

・原発再稼働作戦により民主党を弱らせる?

民主党は脱原発のため、原発再稼働路線とすることで、民主党支持だった電力労連および重電機器メーカー労組の切り崩しが進む。
国策上、国益上、原発再稼働は避けて通れない。


・性被害支援作戦により韓国とキリスト教会勢力を弱らせる?

安倍政権は河野談話見直しについて言及していないが、国連総会での性被害支援を通じて、慰安婦問題の主導権を握ろうとしているようだ。
この狙いは、最大の性被害国ベトナムのライダイハン(加害者は韓国軍)の存在を国際的に明らかにし、韓国政府を国際的に追い詰め、この取り組みを通じて、韓国の工作活動および世界的信用を失墜させることにある。

紛争地の性被害者支援 首相、国連総会で表明へ 人権重視アピール
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130818/plc13081814300010-n1.htm

また、この支援を通じて、世界中のキリスト教団体が、支援活動に賛同し参加することが予想されるため、国内で慰安婦活動支援している(在日朝鮮人に汚染された)キリスト教会の存在が国際的に白い目で見られ、教会組織の維持(大半が海外からの送金で維持?)が難しくなり、反日キリスト教会の大半が資金難で消滅せざるを得なくなる。なお、日本のキリスト教会の牧師の相当数が朝鮮半島系であるようだ。

・アベノミクス作戦により特に韓国を弱らせる?

アベノミクス導入により日銀の中のデフレ派を一掃し、行き過ぎた円高是正により、競争力を増した韓国メーカーに対し国際競争力を回復(輸出企業の多くが決算好転)
ちなみに、前日銀総裁の「白川方明」の名は日本国内では見かけない名前であり、大学の講義等で学生から嫌みな質問を繰り返されボロを出すかもしれないので、引き続き、日本経済を破綻に導いた者の出自を確認(墓の所在?)しておく必要があるだろう。


・内閣人事局作戦により売国官僚勢力を弱らせる?

内閣人事局設置により、 首相官邸が判断する官僚対象者が、現状局長級以上200人規模から、設置後審議官クラス以上600規模
とすることで、官僚への信賞必罰が徹底しやすくなるとともに売国官僚の排除、監視指導が容易となる。

・秘密保全法作戦により売国官僚勢力を弱らせる?

従来、産業スパイを防止する法律はあったものの、今回「防衛や外交、治安に関する機密情報の漏洩(ろうえい)を防ぐための秘密保全法」を法制化することで、公務員による反日活動目的での情報漏洩を防ぎ、特に官僚から反日マスコミへの情報漏洩による報道を抑制することで、反日マスコミの捏造がしにくくなる。

・教科書法作戦により売国教科書勢力を弱らせる?

教科書法法制化により、売国教科書会社、売国教科書執筆者、売国教科書検定官ならびに売国活動を支援してきた売国文部官僚等の売国活動に歯止めをかけることになる。


・ネット選挙解禁作戦によりマスコミを弱らせる?

ネット選挙解禁によって、反日マスコミは選挙期間中、従来なら世論誘導報道に走っていたが、参議院選挙では、報道ネタ不足状態となり、ネット市民がより過激な選挙支援活動をネット界で行うため、反日マスコミは選挙期間中脇役でしかなくなり、世論調査報道を連発するしかなくなった。

・マスコミを意識しネット界に情報発信することでマスコミを弱らせる?

マスコミがあまり報道したがらないネタを中心に、フェイスブック等でネット界に情報発信することで、マスコミの情報包囲網を弱らせる。下記の件は、民主党徳永エリ議員(出自はたぶん??)にとっては、打撃となったはずだ。

「靖国参拝で拉致被害者家族が落胆」はウソ? 民主・徳永エリ議員「同僚から聞いた」
http://www.j-cast.com/2013/04/25174001.html?p=all

この記事へのコメント

coffee
2013年08月28日 02:35
消費税率引き上げとTPPで、結局、日本が滅びます。
Shirasu J
2013年08月28日 06:53
消費税については、代替措置として、宗教法人課税、公務員給与引き下げ、パチンコ課税、外国人生活保護廃止があるはずです。
TPPについては、参加したい代替措置としてアメリカの軍備肩代わり(シーレーン)があるはずです。実際、安倍政権はシーレーン確保に向けた措置を実行し始めています。
nagomi
2013年08月28日 09:30
国を売り渡す…結局それを政策の旨とし着々と実行してきた民主党政権、
今や反日思想家集団のプロパガンダと化した機能…それのみが存在意義と成り果て、およそ報道機関としての使命、尊厳などとはかけ離れた組織と化し地に堕ちたメディア…
一方で保守の仮面を被った保守系議員たち…

彼らによってじわじわと国威は失墜の方向へ導かれ、国民が気付いたころには二流国家に転落しかかっていた、それが第二次安倍政権誕生時の日本国の現状でした。

国民は、何が国益を損なわせ、誰が日本を貶めたのか、
さらに、その危機的事態を憂慮し、国威回復のために着々と救国政策を実行しているのは誰であり、どの政党であり、どのメディアなのか…

表面的な政権批判にただ振り回されるのではなく、その真贋をしっかりと見抜く目をもつことがわれわれ国民に課せられた最重要課題です。
nagomi
2013年08月28日 09:49
国を売る…それは日本国が繁栄することによって不利益を被る…弱体化することによって利益を享受する…端的に言えばこれらが売国、反日を推進する集団の根源です。
売国を旨として国威を失墜させる政策を推進した民主党政権。今や反日のプロパガンダ以外に機能を持たない地に堕ちたメディア。更には、保守の仮面を被った売国保守議員…。
彼らによって二流国家転落の危機に瀕した時に安倍政権が発足しました。
誰が国威を失墜させ、何が日本国を貶めたのか。そして、この事態を憂慮し誰が、どの政党が、どのメディアが救国に立ち向かっているのか。
国民は、表面的な政策批判に右往左往するのではなく、その真贋を見極める目を持つことこそ最重要課題です。
Shirasu J
2013年08月29日 05:52
<国民は、表面的な政策批判に右往左往するのではなく、その真贋を見極める目を持つことこそ最重要課題です。
大多数を騙す手口が氾濫しており、情報戦の一環として、コピペ情報だけではない、独自分析を情報発信手段が重要と思います。

この記事へのトラックバック