朝鮮人に新大統領の父親「朴正煕」の歴史認識を知らせるべきだ

韓国の新大統領が、前大統領と同様、麻生副首相、安倍首相に対し、歴史認識を再三口にしている。


面白いのは、安倍首相との電話会談の際の、お得意のはずの歴史認識コメントが、麻生副首相の時と比べると奇妙にトーンダウンしている。

安倍首相に対しては、(警戒心ではなく)すがれるものならすがりたい気持ちでもあるのかと思えなくもないない。

―――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130225/kor13022523560007-n1.htm

朴氏、麻生副総理に「歴史直視し努力」求める
2013.2.25 23:52 [韓国]

会談を前に韓国の朴槿恵大統領(右)と握手する麻生副総理=25日午後、ソウルの青瓦台(共同)
 【ソウル=加藤達也】韓国の朴槿恵新大統領は25日、就任式に出席した麻生太郎副総理兼財務相と会談し、日韓の新政権が未来志向で緊密に協力していくことで一致。日本外務省関係者によると、朴氏は未来志向の協力のため歴史認識が重要だと主張した。

 聯合ニュースによると、朴氏は麻生氏に対し「友好関係構築のためには歴史を直視し過去の傷が癒やされるよう努力し、被害者の苦痛に心からの理解がなければならない」と述べ、慰安婦問題を念頭に日本に前向きな対応を求めたという。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130306/plc13030618380017-n1.htm

「未来志向の関係を」「歴史認識が重要」 日韓首脳、初の電話首脳会談
2013.3.6 22:35 [日韓関係]
 安倍晋三首相は6日夕、韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領と電話で約15分間会談し「困難な問題もあるが、両国で新政権が成立した機会を生かして大局的な観点から未来志向の日韓関係を発展させるよう緊密に協力していきたい」と述べた。これに対し、大統領は「未来志向の関係を構築していくためにも歴史認識の点が重要だ」と述べた。個別の歴史認識や竹島(島根県)については両氏とも触れなかった。

 2月25日の朴氏の大統領就任後、両首脳の電話会談は初めて。首相は大統領に祝意を伝えた上で「両国は自由、民主主義、基本的人権、法の支配など普遍的な価値を共有し、大きな責任と利益を分かち合う最も重要な隣国同士だ」と強調。大統領は「両国は東アジア地域の重要なパートナー。未来志向の協力関係を築いていきたい」と語った。

 大統領は、5月にも韓国で開催される日中韓首脳会議の際に首相と会談した意向を伝えた。首相も「できるだけ早く日本にきていただきたい」と応じた。

 両首脳は、3度目の核実験を強行した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を早期に採択するため、米国も含めた3カ国で緊密に連携していく方針を確認。北朝鮮による日本人拉致事件の解決に向けた協力を要請した首相に対し、大統領は「日本に協力していきたい」と語った。

―――――――――――――――――――――

ちなみに、麻生副首相との会談に際しては、日の丸設置なしの会見であった。

206【韓国】麻生副総理との会談にのみ日の丸なし、タイ首相との会談にはタイ国旗の下劣な悪意
http://www.hoshusokuhou.com/archives/24071700.html

国家間の外交の場にて、礼儀をわきまえない、国の歴史認識とは、「たかり」の口実に過ぎないことは、わかっている人にはわかっている話ではある。

韓国の最近の外交関係については、
天皇陛下侮辱(李明博大統領)、盗難仏像の返還拒否、外交儀礼を無視し、歴史捏造、反日教育、反日デモ、韓国国会議員による「日の丸」を踏みつけ行為などから、韓国は、既に国家ぐるみで、礼儀をわきまえない人モドキ国家と化したと言える。

ところが、
こんな国のことを礼儀の国だと韓国民は絶賛している。

―――――――――――――――――――――

礼儀の正しさで韓国の右に出る民族はいない。
http://www.youtube.com/watch?v=B5z4ge-_OFA

日本にとって歴史とは、学問
中国にとって歴史とは、政治
朝鮮にとって歴史とは、願望

―――――――――――――――――――――

上前淳一郎のベストセラー「読むクスリ」の20巻「近くて遠い国」(68~74頁)において、日本人以上に礼儀正しい?韓国人のことを絶賛した記述がある。

また、最近国会議員に当選された議員が2010年に発表されたレポートの中に、韓国の道徳教育を絶賛する記述が存在する。

韓国で受けた大きな衝撃
http://www.mskj.or.jp/getsurei/miyagawa1001.html

上記の非礼さに加え、実態として売春輸出国となり、世界中の国から特許権侵害訴訟を提起され、サッカーの試合などで繰り返される非礼な態度、などなど、数々の礼儀を知った現実をどう認識されているのであろうか?

一方で表面的な礼儀に厳しい国のようなので、国会で朝鮮式水飲みの作法を披露される国会議員が存在する。

・韓国式の水飲み法で韓国人への忠誠心を示す野田首相
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-809.html


韓国式握手も今だ健在のようである。

・こんなに多いの!2【在日】韓国、朝鮮系日本人 噂の有名人
http://matome.naver.jp/odai/2135047815913281001


補足となるが、日本各地の地方議会で、慰安婦問題の補償と謝罪、朝鮮学校無償化を求める意見書が可決している。
これらに一貫して反対してきたのは自民党だけであり、民主党、社民党、公明党、共産党がグルになって賛成していたことは忘れてはなるまい。

さて、
韓国がどうしてこんな国になってしまったかについては、黄文雄氏の「韓国は日本人がつくった」という本に、政治・経済・社会・文化など、多方面からの解説がある。
簡単に言うと、高麗時代の蒙古支配、李氏朝鮮時代を経て1000年かけてああいう国になったと書いてある。その原因は支配階級にあり、日韓併合時点で、欧米列強を含め「国家の体をなしていない」と認識しており、黄文雄の本には、日韓併合時代に朝鮮総督府が行った善政の真実が書いてある。

韓国の新大統領は、「被害者の立場は1000年不変」と発言したそうだが、韓国人が知るべきは、黄文雄氏が指摘する、数々の歴史的事実である。

朴大統領「被害者の立場、千年不変」と主張 韓国に「いつまで謝罪し続ければいいんだ」の声
http://www.j-cast.com/2013/03/04168068.html?p=all

そして、朴槿恵大統領こそ、父親の朴正煕大統領が生前語った言葉を原点に、李氏朝鮮の時代から続く、韓国社会全体を覆う悪癖を絶つことに命懸けで取組むべきであろう。

―――――――――――――――――――――

朴正煕

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%AD%A3%E7%85%95



日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な労働力だった自分を学校に行かせてくれた。すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している。

— 金完燮 日韓「禁断の歴史」p.212 小学館 2003年10月 ISBN 4093896518

また、無名の若者たちが国の近代化を推し進めた明治維新を「明治維新の志士を見習いたい」と称賛していた。特に、中心人物の1人である西郷隆盛を尊敬し、西郷が語った「子孫のために美田を残さず」という言葉を好んで使っていた。こうしたことから、前述の浦項製鉄所や石油化学工場の建設の推進、さらに維新体制の確立など、経済政策やメンタリティ等あらゆる部分で日本の影響を色濃く受けていた事が伺える。

日本との関係を真剣に考えていたとされ、竹島をめぐる領有権問題について「両国友好のためにあんな島など沈めてしまえ」と発言したとも言われている[要出典]。

酒を飲んで機嫌が良くなると、よく日本の軍歌を歌っていたと言われている。

歴史観

朴は自著『国家・民族・私』で、次のような言葉を遺している。

「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」

「(韓国社会は)姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」

— 朴正煕選集2 国家・民族・私 p.234[14]



「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」

「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

— 朴正煕選集2 国家・民族・私 p.238[15]

さらに自著『韓民族の進むべき道』で、李氏朝鮮について次の言葉を遺している。



「四色党争、事大主義、両班の安易な無事主義な生活態度によって、後世の子孫まで悪影響を及ぼした、民族的犯罪史である」

「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史(韓国史)の悪遺産そのものである」

「今日の若い世代は、既成世代とともに先祖たちの足跡を恨めしい眼で振り返り、軽蔑と憤怒をあわせて感じるのである」

— 朴正煕選集1 韓民族の進むべき道 p.92[16]

この様に朴は朝鮮史における事大主義と属国性を自覚していた。朴は自著『韓民族の進むべき道』で、韓国人の「自律精神の欠如」「民族愛の欠如」「開拓精神の欠如」「退廃した国民道徳」を批判し、「民族の悪い遺産」として次の問題を挙げている。[17]
事大主義
怠惰と不労働所得観念
開拓精神の欠如
企業心の不足
悪性利己主義
名誉観念の欠如
健全な批判精神の欠如

―――――――――――――――――――――

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

大絶画
2013年11月17日 18:30
管理人様

はじめまして大絶画と申します。
復刊ドットコムに『朴正煕選集』がリクエストされています。管理人様をはじめブログをご覧のみなさまの投票次第で復刊される可能性があります。
以下のURLから投票ページにアクセスできます。主旨に賛同していただけるようでしたら投票をお願いします。

『朴正煕選集』投票ページ
ttp://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=50785
Shirasu J
2013年11月17日 19:27
了解しました

この記事へのトラックバック