橋下徹君 金を出さず立候補せず口だけ出して支配者になりたい人

日本維新の会は、ポスター代のほかに供託金まで候補者から徴集するそうだ。

――――――――――――――――――――――――

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121116/stt12111615140020-n1.htm

「100万円納めて」維新、衆院選公認予定者に異例指示
2012.11.16 15:13 [衆院選]
 日本維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が衆院選1次公認予定者に対し、広報費用として100万円を党本部に納めるよう指示していることが16日、関係者の話で分かった。政党が選挙戦に臨む候補者から資金を徴収するのは異例だ。

 13日から15日までに実施した立候補意思を確認する面接で公認予定者に直接伝えた。小選挙区候補者が比例代表に重複立候補する場合の供託金300万円は政党負担が一般的だが、これも候補者負担とする。

 多数が選挙経験のない新人で、日本維新はポスターやビラなど公費負担以外の広報を本部が取り仕切る形で一括して発注する方針。徴収分はそのための一時金とする考えだ。選挙に際し党が候補者に公認料を支払うのが通例だが、日本維新は政党交付金をまだ受け取っていないこともあり、候補者には選挙資金を自前で準備するよう求めている。

――――――――――――――――――――――――

私は、橋下徹君が、ああだこうだと大風呂敷を広げてきたので、金ぐらいあると思っていたが、実は違うようだ。

何から何まで、候補者負担としたいようだ。

それでいて、橋下徹君は、衆議院選挙に出馬しないそうだ。

だが、これまでの経緯から、彼は、自分がつくる政党を支配することを通じて、日本の支配者になることを目論んでいるようだ。

私は、彼の政治的センスは否定しない。

竹島共同管理発言、TPP賛成を除けば、地方行政の点ではよくやっている方だと思う。

しかし、それは、地方行政の自治体首長としての評価である。

国政はスケールが違う。

いまだに、衆議院選挙公約、立候補者がはっきりせず、あれはだめだ、これはだめだと声高に叫び、気に入らない人を排除するやり方に私は賛同しない。

こういうことを評して独裁者だと言われているようだが、私は独裁者になろうとしているからそういう振る舞いになっていると思っている。

また、地方分権というキーワードも日本を分解するための口実にしか聞こえない。

橋下徹は、外国人参政権についての見解が今一つ歯切れが悪い。

【拡散希望】いまだ、橋下徹市長に少しでも期待をよせられている方に見てほしい動画(文字起こしあり)
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2824

橋下氏「社会ルール作りには参加も」 特別永住外国人参政権付与には反対
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120919/waf12091919080030-n1.htm

橋下徹大阪府知事の正体
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10860973175.html

また、人権侵害救済法案などについては、賛成派と見なされているようだ。

また、「愛国心を利用した詐欺師」という人気動画もある。
橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://www.youtube.com/watch?v=nAy4HHst7UE


そして、最も大きな疑念は、

国会議員でもない者が、国会議員に指図し、政党の代表者として君臨することである。

言い換えると、国会議員でない者が政党という組織を利用して、
国家の支配者になるという図式が、橋下徹によって構築されようとしているのである。

これでは民主主義とはいえまい。
彼は、まさに独裁者になろうとしているのだ。
支那共産党と同じではないか?

かつて、田中角栄という政治家がいた。不祥事で議員辞職した以降、院政を敷き国政を支配し続けた。この間、自民党田中派の存在は、国民各層にとって胡散くさい存在だったはずだ。

そして、それと同じ事態が橋下徹によって実現しようとしている。

だから、私は、警告しているのである。

橋下徹君の選択肢は2つある。
国政に口出しするなら衆議院に出馬するか、出馬しないなら、市長の職務と党の役職員の職務に専念することである。

記者会見などで他党を批判することは、自分が独裁者であると公言しているに等しい。

また、公約を決められない者が他党の政治家を批判などしている場合ではない。
自分の政党の国家観ある理念、公約を決めるのが先だろう。

もっとも、批判され、国家観がないことが知れ渡ることを恐れて公約発表をあえて先送りしているという見方もできる。

そして、これらの話を総合すると

金は出さない
自分は立候補しない



口はとことん出して
政党支配を通じて日本の指導者になりたい

ということがよーくわかった。

随分どころかあまりに露骨なずうずうしさに呆れているところである。

これでは、「愛国心を利用した詐欺師の手口」そのものではないか?

少なくとも選挙で選ばれていない者に、私は、この国を支配されたいとは思わない。

石原新党は、なんらかの協力関係を模索しているようだが、こんなずうずうしい政治屋の詐欺的手口を許容するのであれば、たちあがれ日本時代の全国の支部長が気の毒でならない。

それゆえ、石原新党との協力は、部分的な選挙協力程度で終わることを期待している。


――――――――――――――――――――――――

たちあがれ日本支部長一覧

(青森県)青森県第一支部長 升田 世喜男

(宮城県)宮城県第二選挙区支部長 中野 正志

(秋田県)秋田第一支部長 村岡 敏英

(千葉県)浦安市第一支部長 柳 毅一郎

(東京都)参議院比例第十一支部長 中山 恭子

(東京都)参議院比例第七支部長 藤井 厳喜

(東京都)大田区第一支部長 犬伏 秀一

(東京都)港区第一支部長 水野 統弘

(東京都)港区第二支部長 八木 宣成

(東京都)豊島区第一支部長 廣瀬 貞義

(神奈川県)神奈川県第十四選挙区支部長 中本 太衛

(神奈川県)神奈川県第一支部長 松田 学

(静岡県)浜松市浜北区支部長 松下 良

(新潟県)長岡市第一支部長 藤井 盛光

(岐阜県)岐阜県参議院選挙区第一支部長 藤井 孝男

(大阪府)大阪府第十七選挙区支部長 西村 真悟

(大阪府)大阪府第十四選挙区支部長 三宅 博

(兵庫県)兵庫県第一支部長 三木 圭恵

(兵庫県)神戸市支部長 北山 順一

(兵庫県)神戸市垂水区支部長 白國 高太郎

(奈良県)奈良市第一支部長  大坪 宏通

(岡山県)岡山県第三選挙区支部長 平沼 赳夫

(岡山県)参議院比例第八支部長 片山 虎之助

(岡山県)津山市第一支部長 竹内 邦彦

(岡山県)備前支部長  長崎 信行

(広島県)呉市第一支部長 沖田 範彦

(徳島県)徳島選挙区第一支部長 岡 佑樹

(徳島県)徳島市第一支部長 岡 孝治

(香川県)高松市第一支部長 藤澤 猛

(福岡県)福岡県第四選挙区支部長 河野 正美

(熊本県)熊本県第四選挙区支部長 園田 博之

(宮崎県)宮崎県第一選挙区支部長 中山 成彬

この記事へのコメント

Suica割
2012年11月17日 01:50
同じ独裁嗜好があっても、共産党の方がマシです。
なぜなら、書記長たる者、選挙に勝つ人物でなくてはならないという原則は守るからです。
維新の会は橋下氏の姿勢で足を掬われますね。
俺は参院選一本だからと言っておけば、掬われなくて済んだかと思いますね。
さらに言うなら、政党助成金を規定に従い出さないことが不利益を与えてますので、そこで争わない時点で、足元見えていません。
Shirasu J
2012年11月17日 04:34
橋下の図々しさに呆れてものも言えません。
平沼閣下の心中を察すると……

この記事へのトラックバック