田中真紀子大臣殿 稚拙で幼稚なのは誰のことですか?

田中真紀子大臣が、安倍自民党総裁を批判した。

―――――――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121012-OYT1T01152.htm?from=main1

稚拙、幼稚…真紀子氏が安倍総裁を批判

. 田中文部科学相は12日の閣議後記者会見で、消費税率引き上げに関連し、「私はかねがね複数税率論者だ」と述べ、消費増税時の低所得者対策として、生活必需品などの税率を軽くする軽減税率を導入すべきだとの考えを示した。


 田中氏は「社会のどんな人たちも食事をする。食料品にはかけず、高級品やぜいたく品にはかける」と説明。高級品などにかける税率については「数十%」との持論を展開した。

 また、自民党の安倍総裁が赤字国債発行を可能にする特例公債法案の成立をめぐり、年内の衆院解散・総選挙の確約が協力の前提だとしていることについて「首相経験者にしては稚拙というか、幼稚というか。もっと大人の横綱相撲をとってほしい」と批判した。

(2012年10月12日19時41分 読売新聞)

―――――――――――――――――――――

そこで田中真紀子大臣の過去の言動を今回参照してみた。

外相時代のエピソードがWikipediaに掲載されていた。

―――――――――――――――――――――

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%9C%9E%E7%B4%80%E5%AD%90

外務大臣として

日本の内閣の方針と合わない言葉を公言

2001年4月26日に外相に就任。日本政府の閣議でミサイル防衛構想について反対の立場を決めたことはないのにも関わらず、眞紀子はアメリカ合衆国のアーミテージ副長官との会談でミサイル防衛構想への批判を公言したが、彼女の発言は日本の政策転換とは受け止められなかった。

外国要人との会談を直前に中止
外相在任中、アメリカのパウエル長官との電話で、アーミテージ副長官が来られることは楽しみにしていると語った。しかし、2001年4月に、アーミテージ副長官が日本に来て小泉首相に会うための日程を決めようとした時、彼女は直前にこれをキャンセルした。

金正男の身柄拘束後の対応
2001年5月1日、北朝鮮の金正日の長男、金正男が出入国管理法違反により成田空港内で入国管理局に身柄拘束された。眞紀子は「そんな人を(日本に)置いておいて(北朝鮮から)ミサイルが飛んで来たら大変なことになる。すぐ帰さないとだめ!とっとと追い出して!」と発言した。この発言を根拠として、法務省・入国管理局の管理下に置かれたまま(警察・検察への引き渡しもないまま)すぐに退去強制させられた金正男の処遇を、外務大臣の彼女の差し金だと主張している人も一部にいる。

「金正男#日本への密入国」も参照

日朝平壌宣言調印や拉致被害者問題などで北朝鮮との関係に火種を抱えていた小泉首相・官邸の意思が介在していたかどうかは不明である。眞紀子の地元である新潟では拉致が多発していた事も無視出来ない。この時の田中眞紀子の対応は拉致被害者問題が社会問題化し、日朝平壌宣言が履行されていない現在は、金正男が拉致問題解決に非常に有利な外交カードであったにも関わらず、安易に取調べも無しに対北朝鮮摩擦だけを考え出国させた事は非常に問題があったという声も後に挙がっている。

アメリカ合衆国の機密情報を漏洩
アメリカ同時多発テロ事件の直後、眞紀子は機密情報であるアメリカ大統領の避難先を記者会見でしゃべってしまった[5]。当時国民の間で圧倒的な人気を誇る眞紀子の外相罷免を避けた小泉首相は、とりわけ対米外交において外相の頭越しに外交を行わせるようになる。この件が外務省や官邸への不信と怒りを呼んだ。

指輪騒動
2001年11月1日、田中眞紀子は指輪を紛失したことを上月豊久秘書官の責任にして、買いに行かせ、その結果イランのハラジ外相との会談に遅刻した。民主党の長谷川清議員が指輪騒動について追及した時には、議員会館の長谷川議員の部屋の電話が、熱烈な支持者からの多数の抗議申し入れで鳴り続ける騒ぎになった。

小泉首相の靖国神社参拝を批判
2001年5月に唐家璇(中国外相)と会談したとき、唐に「小泉首相に靖国神社参拝をやめなさいとゲンメイ(言明または厳命)しました」と言われた。眞紀子は、小泉首相の靖国神社参拝に強く反対した。小泉首相の靖国神社参拝に関して、「今の中国を見てください。株やって儲けて、ロールス・ロイスやベンツに乗っている若い人がいる一方で、年収数千円という貧しい人がいる。そうやって国内の不満が爆発しそうなところに、小泉さんが靖国神社へ参拝するからデモが起こるんです。あの人は、日本の国益とか世界平和なんて考えていないのです」と批判した。また、「小泉さんが、煮干しの出がらしみたいな顔して『俺は靖国行く』っていうからおかしくなった。あの人はホントにタチが悪い」と批判した。

「触らないで下さいよ!」
2001年7月に、群馬県で参議院選挙に立候補した吉川真由美を応援するための演説をするはずであったが、田中が応援演説の予定の午後4時よりも1時間以上前に群馬県庁前に到着し、応援すべき候補者が来るのを待たずに勝手に演説を始めた。このため吉川は別の場所で演説していたが、これを中断して群馬県庁前へ急行、田中と一緒に演説を始めた。田中は「これから新潟に行って外務省の用事があるもんですから、あと4分だけで終わりにしますが、候補者、どの人か知りません。駅についてチラシをもらうまで男か女かも知りませんでした。名誉のため、市議や県議をやったから国会に行ってみようとか、政治家の娘だから国会に行ってみようというのは税金の無駄遣いなんです。」と駅前で演説した(吉川は元群馬県議会議員であり、元衆議院議員熊川次男の娘。「政治家の娘」云々は群馬県を選挙区とする小渕優子のことかと思われるが、もちろん田中自身も政治家の娘である)。吉川が田中の批判的な発言をなだめるために、にこやかに「そんなぁ」と言いながら、田中の肩へ手を回したが、田中は「この候補者、なんておっしゃるんですか。知らないから触らないでください。知らない人に触られたくありません。では地元に用事がありますし、外務省に用事がありますのでこの辺で失礼します」と駅前の大衆に向かって演説した後、すぐに帰った。報道によれば外務省での公用などなく、地元の用事とは、新潟でのクラシックコンサートを見ることだったとされている。田中眞紀子の事務所には、事前に吉川についての資料が送られていた。結局吉川は落選した。田中は党紀委員会にかけられたが、小泉首相側はこれを擁護した。

「外務省は伏魔殿」
外務省を「伏魔殿」と呼んで、外務省・外務官僚の閉鎖的な様子を鋭く表現し、外務省機密費流用事件や自身の進めようとした外務省改革・人事で外務省と対立した。この「伏魔殿」という表現は、閉鎖的な外務省を表す言葉としてマスコミで度々使われた。

―――――――――――――――――――――

これらを読むと外務大臣として実績を残した訳でもなく、わーわー騒ぎ、気に入らない政治家、官僚を芸人感覚で嘲け笑っているようにしか受け取れない。

ちなみに、田中真紀子大臣は68歳、安倍自民党総裁は58歳である。
どちらが政治的に実績を残してきたのか、説明するまでもない。
また、政治家として実績を残し、人格的にも能力的にも完成の域に達してなければならない68歳という年齢で、まだまだ伸び盛りの58歳の政治家を稚拙だとか幼稚だとか言える資格があるのだろうか?

そして、致命的なのは、田中真紀子より2歳年上の小泉首相とのやりとりである。

―――――――――――――――――――――

http://tamtam.livedoor.biz/archives/51866525.html

 それに対して小泉内閣で外務大臣として入閣した田中真紀子氏は、外務省問題で官僚との対立があり、1年持たず去っています。問題が起こっている最中、小泉総理は、田中氏に一斎の『重職心得箇条』をプレゼントしています。このとき彼女は、「こんな江戸時代のカビの生えた話など要らないわよ。」と言い放ったそうです。
 とてもではありませんが、『重職心得箇条』の内容を少しでも知っていれば、そんな発言はできないと考えます。

―――――――――――――――――――――

政治家として以前に人として未熟だから、こういう発言をしてしまったと見られて仕方あるまい。
この方には人として謙虚に学ぶ姿勢が決定的に欠けているようだ。

だから、人を嘲る、場違いな発言がポンポン飛び出すのだ。
そして、それが反日テレビ局受けするから癖になってやめられないのではあるまいか?

この記事へのコメント

coffee
2012年10月13日 21:34
田中真紀子といえば、金正男をご丁寧にお返しした事件が忘れられません。
支那にも朝鮮にも、奴隷のような外交でした。
Shirasu J
2012年10月13日 22:04
彼女は国会での嫌がらせ質問でキレて大臣を降りるような気がします。
Suica割
2012年10月14日 22:40
我が国にプラスだったのは、外務省は伏魔殿発言で不適切な予算が是正されたことだけ。
田中角栄の罪の一つは娘を政治家にしないように努めなかったこと。
父上の先と空気と必要性を読む才能があれば、基礎研究の仕分け批判と親中であっても、今の中国に対しては批判的で国防強化を訴えたはずです。
親中なのに軍備強化は脅しになるので、田中大臣はもったいない。
Shirasu J
2012年10月15日 04:45
ワーワ-わめくだけで何がしたいのか?さっぱりわからない、駄々っ子みたいな存在でしかない、という訳で親が育て方間違った?という認識です。

この記事へのトラックバック