政治記者と官邸の金銭授受を暴け!

私は、その昔、ある業界のチャンピオン企業の関係者から、「日本最大の新聞社の記者がその企業の経営者からカネをもらいその企業の経営者側に都合良い情報を記事にし、その会社のストライキ事案を不報道にした」経緯があったことを聞いたことがある。

さて、不報道と言えば、保守系の抗議デモ、韓国、中共に都合悪いこと、民主党に都合悪いことに集中していたきらいがあったが、ここにきて、左翼系反原発デモも不報道の対象となったことが確認されている。

――――――――――――――――――――――――

http://www.excite.co.jp/News/product/20120618/Estyle_dailyeye_news_aeSVogWDTu.html

再稼働反対11000人の抗議を報道せず。市民の声を無視するマスコミに不信感【目がテン】
2012年6月18日 13時00分

大飯原発の再稼働に反対する市民ら11000人
6月15日、大飯原発の再稼働に反対する市民ら約11,000人が首相官邸前に集まり、デモ行動を行った。

一般市民や俳優の山本太郎氏、脱原発キャラクターのもんじゅ君らが官邸前に集まり、「再稼働反対!」「こどもをまもれ!」と訴えた。

福井県敦賀市の高速増殖炉もんじゅをモデルにした「もんじゅ君」は、ツイッターで脱原発を分かりやすく発信し、92000人以上のフォロワーを誇る注目のキャラクターだ。

もんじゅ君もこの日の抗議活動に参加し、その様子を赤旗新聞に発表した。

なにかのグループや組織でもなく、だれにたのまれたわけでもなく、1万1千人、金曜の夜に仕事が終わったあとに集まって、しゅくしゅくと、礼儀正しく、「再稼働反対!」「こどもをまもれ!」と声をあげていました(しんぶん赤旗より引用)


国民の声を報道しない日本のマスコミ
大勢の人たちが野田首相に脱原発を訴えたが、この様子はまったく報道されなかった。インターネットのYouTubeやブログ、Twitterなどでは、抗議活動の情報が流されたが、テレビや新聞では一切報道されなかったことに不満の声があがっている。

大飯原発の再稼働が正式に決定した翌16日も抗議デモが行われたが、この日の様子はNHKで

総理大臣官邸前には、大飯原発の運転再開に反対する人たちがおよそ400人集まり、抗議活動を行いました(NHKニュースより引用)

と報じられた。

ネット利用者の間では、なぜ再稼働決定前の抗議に1万人以上が集まったことを報じず、400人の小規模な抗議活動だけをテレビ放送したのか疑問だとの声があがっている。

日本のマスコミは無視を決め込んだが、海外では米ロイター、英BBC、独シュピーゲルを始めとする各国のマスコミが、日本の1万人規模の抗議活動を報じている。

ジャーナリストの田中稔氏はTwitterで

昨夜の首相官邸前に集まった1万1千人のことをマスコミは無視した。それでいて本日午前中の再稼働決定時の官邸前400人だけを某局が報道。かなり意図的な気がする

と発言しており、このほかにも

「一万一千人が首相官邸前に反原発デモが集まっても、ロクに報道もされないなんて。いつものことだが…。メディアが変われば日本もすぐ変わるんだが」

「この国のマスメディアにジャーナリズムはない。一年以上、各地でこれだけデモや抗議行動が続き、今夜に至っては首相官邸前に1万1千人が集まった。…

こんなことは近代日本の歴史上なく、革命の只中と言っても過言でない。それを一切報道しないメディアの役割とはなんだ?」
不自然な報道を行うマスコミへの不信感を表すツイートが目立った。

――――――――――――――――――――――――

この件は、
たぶん、
首相官邸から
なんとか機密費の現ナマ

クールビス向けのお仕立て券つきYシャツセットあたりが、なんとか倶楽部のゴロツキに大量に配られた効果なのであろう。

一方、まったく知る気もない、無任所のルーピー発言
だけはマメに報道される。
クルクルパーで、言っていることがコロコロ180度変わる人間の発言など、情報価値など本来はないのだが、価値ないものをせっせと報道する意味がないことを知っていて報道するのは、たぶん、子供手当のおこぼれに群がるタカリ政治記者がいるから記事になるのであろう。

その一方、自民党実力者のこんな発言が時折記事になる。

――――――――――――――――――――――――
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120616-OYT1T00756.htm

消費増税派議員、衆院選後結集を…自民・町村氏

. 自民党の町村信孝元官房長官は16日、テレビ東京の番組で、社会保障・税一体改革関連法案の修正で民主、自民、公明の3党が合意したことに関し、「自民党が固まり、公明党、民主党でも志が同じ人と、選挙後に大連立か(政界)再編か、物事を決める政治の力をつくらないといけない」と述べ、消費増税派の議員が次期衆院選後に結集すべきだとの考えを示した。

(2012年6月16日20時08分 読売新聞)
――――――――――――――――――――――――

野田が自民党案を丸呑みする見返りに、次回総選挙で野田は自民党入りまたは、野田の選挙区で自民党は候補者を立てないことを確約しているからこういう発言になるのであろうか。

この議員の発言は、時々記事にされるが、たぶん、???なのだろうかと思ったりする。
「接待」効果なのか「たかり」効果なのかは私にもわからない。

30年以上議員だった議員の秘書さんが、記者にたかられた話をしていたので、この議員も記事に際してたかられた可能性はあるだろう。

長老議員が、意味深げに、政治にカネがかかると語るのは、まさにこのことなのかもしれない。

私が書いていることは憶測に過ぎない。

だが、拙ブログが2年以上、一連の不報道の経緯を調べてきて、マスコミが不報道とした合理的根拠がまったく開示されていないため、憶測が憶測を生み、マスコミというものは、韓国、中共、民主党、一部カルト宗教に都合悪いことは報道しないことが知れ渡ってしまった。

政治記者は、記者倶楽部を媒体にしてニュースにするかどうかを取引するデイーラーに過ぎないということなのであろう。

もちろん、これも憶測である。

しかし、何度も繰り返されると、憶測の方が信憑性を増すのである。

マスコミの権威など、よほどの馬鹿以外は、認めていないのだ。

真実を知りたい人は、何が誰から誰に配られたか、それとも配られた事実がないか、確かめて見る価値があるだろう。

今は、それしか手段がないが、逆に言えば、それが最大の狙い目なのは確かだ。
ばれれば、マスコミの権威は完全に地に落ちる。

怪しいのは、何人か存在する。

http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-88e6.html

http://consumer.seesaa.net/article/158036994.html

そして、日本最大の新聞社の社主もそうかもしれないのだ。
http://twitter.com/uranoyasuto/status/179549882049245184

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/71f67932b0a2fa38ea6b25ea26e74178


なお、麻生首相の会食場所について取材行為を逸脱ししつこく問い質した「長谷川綾」記者がいたが、彼女は、内閣記者倶楽部記者の中で唯一接待対象外とされたことに腹を立ててああいう事態になったことだって考えられるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック