ロシアで政治活動は命懸け?対照的に我が国は???

ロシアでは政治家を批判するのは命懸けという話を聞いたことが、その事を裏付ける本が実際に出版されている。

――――――――――――――――――――――――

「暗殺国家ロシア―消されたジャーナリストを追う」

http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%97%E6%AE%BA%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E2%80%95%E6%B6%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%86-%E7%A6%8F%E7%94%B0-%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%BF/dp/4103036729

チェチェン紛争を粘り強く報じていたポリトコフスカヤさんなど、1人1人の死
は報じられてきましたが、
この本を読むまで、背景はよくわかりませんでした。
ロシアで政権批判をするのは命懸けの仕事なのですね……。

――――――――――――――――――――――――

今回は、政治活動のあり方について述べてみたい。

まず、政治家および活動者自身についてであるが、自存自衛のため、身辺整理はもちろん情報管理を徹底することが求められる。

また、活動家であれば、日頃から、
これはと思う政治家や団体等に接触し、コンタクトを迅速に取るための手段を確保し、必要に応じて陳情書や情報提供などを準備する様、心がけるはずだ。

その場合、当然、相手の情報管理レベル応じた対応をとることになる。

とりあえず、思いついた、以下の10のケースについて対応を考えてみたい。

ケース1:相手が民主党の前原議員のように,言ってることがコロコロ変わる人の場合、必死の形相で語ったことを信じるべきか?

ケース2:相手が、こちらの提供する情報やメールアドレスを誰かに提供している(たとえば公安協力者)と知ったら、それでもやり取りを続けるべきか?

ケース3:相手の情報管理が甘く、誰かに閲覧記録やメール内容までのぞき見されていることがわかったら、それでも思っていることを書くべきか?

ケース4:相手の発言に、錯誤を含め、ルーピーのように何を言っているかわからないことが多い場合、何度も聞き返すリスクを負うべきか?

ケース5:相手が左翼支持者で、反日団体などから受注していることがわかった場合、相手が仮想敵国との係わりがないと言い切れるか?

ケース6:相手がIT技術に長けている一方、異常なほど情報管理に神経質な場合、なんらかの犯罪行為に手を染めているか、どこかの機関(たとえばアメリカや北朝鮮)から監視対象となっていることを疑わなくていいのか?

ケース7:相手が違法なネット工作活動に長けたIT
技術者だった場合、サイバー警察に存在を通報すべきか?

ケース8:コメント欄に書いてある内容は一見マトモだが、同一IPアドレスで複数のHNを使用している投稿者の情報を信用すべきか?

ケース9:相手が、自分の名誉や信用に係わる噂話をして迷惑している場合、相手に直接、迷惑していると言うべきか?

ケース10:相手が活動家を自認しているものの、やっていることが子供のママゴトのように見えた場合、注意すべきか?



上記のケースについては、
平和ボケした日本人なら、日本国内に居住しているベースで結論を出すだろう。

あなたがロシア国民でロシア国内に居住している場合どうだろうか?


明らかに、対応方針が変わるはずである。


ロシア国内の様に、政治が命懸けの世界であることを理解しているならば、情報漏洩や錯誤されるかもしれない恐怖を無条件で受け入れるお人好しなどいない。

さて、ロシアのプーチン大統領は、命懸けでアメリカの覇権と闘っているという情報がある。

http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/86b5f73624e573d56c6992109a942521

http://rpejournal.com/jog_2012_0513.html

最近、プーチンが大統領選勝利後に涙を浮かべたことが話題となった。

http://www.j-cast.com/2012/03/05124391.html

たぶん、命懸けの選挙戦だったのだろう。

一説によると、柔道家プーチンは予想に反して親日家だそうだ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038408355

対照的に我が国はどうであろうか?

一言で言うと隙だらけである。

民主党の副大臣が機密文書と思われる文書を中共スパイに横流ししたことが表面化し、事あるごとに命懸けで取り組むと語っていたあの民主党の小沢元幹事長が、
http://www.dailymotion.com/video/xexvv6_yy-yyyyyy-yyyyyyyyyyyyyyyy-yyyyyyyy_people

東北大震災で放射能が怖くて東京から逃げだそうとしたとか、被災地を見捨てて逃げだそうとした稀代の小心者だったことが週刊文春に暴露され、大ニュースになっている。

――――――――――――――――――――――――
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

――――――――――――――――――――――――

奥さんのこの書簡は、小沢本人にとって、これからの政治活動にかなりの傷手となるのは間違いない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120614/stt12061401220000-n1.htm

もっとも、ルーピー婦人や菅婦人が、小沢夫人の書簡に触発されて、どのような連鎖反応を示すのか興味を持って眺めているところである。

ちょっと脱線してしまったが、話を本論に戻そう。

一方、活動家の中には、ちょっと調べればすぐにばれてしまうことではあるが、稚拙にも複数のHNで何度も投稿される方がいる。(その反対に、保守になりすまして保守を幻惑させる目的で活動する左翼活動家がいる。)
その一方、個人情報管理の意味がよくわからず、法律をよく読まず意味不明の拡散を繰り返したり、曖昧な言語表現を繰り返し、イージーミスや錯誤を繰り返すケースがあるようだ。そういう方に限って、ブログのアクセス管理や解析に異常に執念を燃やしたりする。

平和ボケしたせいで、気楽に政治活動できる便利な時代と勘違いされている方が一部にいることは確かなようだ。

私は、難しいことを書いているのではないが、

少なくとも
・非常時に逃げ出す人、冷静でいられない人
・機密情報管理が徹底できない人
・2通りにも3通りにも受け取れるような言語表現する傾向にある人
・ウッカリミスが多い人は

政治に係わるべきでないと
言いたいのだ。

政治は命懸けなのだ。

日本は、これから20年間ぐらい、間接侵略、内戦、国家間紛争がいつ起きてもおかしくない時代にある。

ちょっとした間違いが命取りになったり、味方を窮地に陥れることは十分ありえる話だ。

そういう意味で、政治活動が命懸けであることが理解できない人は、自らの存在の危険性を自覚すべきだし、こちらもそういう相手には係わるべきではないかもしれない………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

目覚まし時計
2012年06月15日 05:17
私の場合は、以前からこの新宿区西早稲田2-3-18とは怪しい左翼の巣窟とは分かったのですが、その正体よくわからず、何だろうと思っていました。いろいろ細かく調査したところ、その恐ろしが最近分かったんです。ところがその恐ろしさを周囲の人間に伝えても、分かってもらえなかったのです。分かっってくれたとしても「ふーん」と、反応がよくなかったのです。そこで出会ったのが貴ブログでした。過去の内容を読ませて頂き、これは安心して投稿できると思ったところ、予想通りで、心から嬉しく思っていました。また、以前こうした投稿をしたことがなかったこともあり、軽率、稚拙さをご指摘いただき、心から感謝しております。
私は少しでも多くの人がここの恐ろしさを理解して欲しいと思っていますし、反日勢力と戦うには、その源流に西早稲田2-3-18があり、その実態を理解することが必要と信じております。実際他のブログ等を見ても、ここ最近ナマポ事件もあって、西早稲田2-3-18の正体がようやく知られ始めてきたようなので、嬉しく思っていました。
私に不審を抱かれるのももっともです。その点再度お詫び申し上げます。以降投稿を本当に控えさせて頂きます。しかし、私は稚拙であっても、本気で今の日本を憂慮しておりますし、私の稚拙な投稿のでも愛国の方に小さいながらもお役に立つことは、今は疑問視されたとしても、いずれご理解頂けるだろうし、貴ブログが反日勢力に大きな貢献をされていると信じております。
私は、もう戦争は始まっていると思っています。朝鮮人は、特に北朝鮮は、表に出ないようにして日本を内部から乗っ取ろうとしています。「政治は命がけ。ちょっとした間違いが命取りになったり、味方を窮地に陥れる」。このお言葉を肝に銘じて、私は私で、今後も愛国行動を続けたいと思います。ありごとうございました。貴ブログに本当に感謝しております。
Shirasu J
2012年06月15日 08:41
了解しました。
こちらは、彼らの弱点が少しずつわかってきました。
この件について、「目覚まし時計」さんは彼らの恐ろしさをいつも強調されてますが、調査レポートなどを根拠として提示しない限り、不安を煽っていることにしかなりません。
拙ブログは、当初から、悲観論、不安論ばかりのブログとは一線を画し、どう対策するかどう処置するかの視点で提言してきたつもりです。
最後の投稿だそうですが、トンボさんというHNの方が同じような趣旨で再三コメントされてますが、「目覚まし時計」さんとにかなり近い存在のお知り合いではないかと認識しております。
なお、西早稲田の件は続編まだまだ続きます。
目覚まし時計
2012年06月15日 09:11
昨日ついに片山さつき先生が国会で西早稲田2-3-18を取り上げて下さいました。ネットでも大騒ぎです。私としては夢のようです。「美しい国への旅立ち」様、西早稲田の件、続編続くということですが、是非お願いします!そして、反日勢力を叩き、この美しい日本の国を輝かせて下さい!(すいません、今度こそ最後の投稿にします。)
Shirasu J
2012年06月15日 12:46
国会でちょっと喋った程度のようですね。
coffee
2012年06月16日 01:33
確かに酷い。
特に、放射能が怖いから逃げたという話は、事実なら酷い。

創価学会員の婦人も酷過ぎる。
Shirasu J
2012年06月16日 06:32
ルーピー婦人がどういう連鎖反応を示すか注目したいところです。

この記事へのトラックバック