売国意見書は自治体議会会議規則(申し合わせ)に手抜きがあるから続出した!?

「慰安婦問題の補償と解決を求める自治体意見書」なるものを最近インターネットで読んでみた。

そして、実際、議会事務局に問い合わせしてみて、わかったことだが、

慰安婦問題等の意見書は、代表者不明であり、議会にて形ばかりの提案説明がなされ、質疑さえもなされていないのが実態のようなのだ。

実際、意見書の多くは、会派所属議員全員という記載ばかりである。

さて、埼玉市議会の申し合わせによれば、質疑なしで意見書が提出、採決できるのだそうだ。

―――――――――――――――――――――――――

http://www.geocities.jp/soenof/sikumi/mousiawase.htm
11 意見書・決議
 (1) 議員提出議案(意見書・決議等)の提出時期は、一般質問初日の午後5時までとする。ただし、緊急を要するものについては、この限りではない。
 (2) 議員提出議案(意見書・決議等)は、各会派代表者会議で調整し、原則として全会派一致のものを提案する。
 (3) 議員提出議案(意見書・決議等)の提出者には、会派の団長が、賛成者には副団長がなる。
 (4) 議員提出議案(意見書・決議等)の説明は、大会派順に会派の代表者が行う。
 (5) 議員提出議案(意見書・決議等)は、質疑、討論を省略して即決する。

―――――――――――――――――――――――――


国益に係わることを扱うのに、質疑討論なしというのは、随分いい加減で無責任な話である。

たぶん、全国的にそうなのだろう。

こういう意見書に代表者名が記載されていないのでは、住民として質問のしようがないのだ。

売国地方議員にとっては、この状況は実においしいに違いない。

従って、無責任かつ売国意見書をやめさせるには、この状況を改善するしかない。

以下、改善要望事項である。

―――――――――――――――――――――――――

1.意見書の取扱について文章化されたもの(会議規則、申し合わせなど)がある場合

①意見書の運営を規定する文書の所在と内容を確認する
②自治体会議規則などで「意見書」の取扱を以下の事項を追加する
・意見書提出者の代表者2名(正・副)の氏名の記述を規定する
・意見書について、議会で代表議員(議長ではない)による提案説明と代表議員に対する質疑を義務づける
・「申し合わせ」は議会会議規則にもりこむ
・議事録に提案議員名と質疑を記載し公開する


2.意見書の取扱について文章化されたもの(会議規則、申し合わせ等)がない場合

①自治体会議規則などで「意見書」の取扱を以下の内容にて明文化する。
・意見書提出者の代表者2名(正・副)の氏名の記述を規定する
・意見書について、議会で代表議員(議長ではない)による提案説明と代表議員に対する質疑を義務づける
・議事録に提案議員名と質疑内容を記載し公開する

―――――――――――――――――――――――――

なお、総務省の自治行政局に問い合わせたところ、「意見書」の提案、質疑、決議については特段の定めがなく、各自治体判断とのことであった。

つまり、今回提案事項(意見書の提出代表者を明確化すること、代表者に提案説明させること、提案説明に対する質疑を義務づけること、当該質疑について議事録を作成し公開すること)を文章化することもしないことも自治体判断になるということなのだ。

売国意見書の提出に関し、電話やFAXでの抗議活動された方におかれては、当該自治体の意見書運営規定の所在を確認され、今後に備えて、検討、具体提言、行動されることを期待する次第である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

t
2012年05月22日 09:17
慰安婦問題については、小林よしのりの『戦争論2』を広めるのが一番いい。
慰安婦関連の本では一番わかりやすい。
あれを読んだら朝日の人間は恐怖すら覚えると思う。
Shirasu J
2012年05月22日 12:23
情報ありがとうございます。私は、小林よしのりは読まない主義ですが、今度ちょっと見てみようと思います。

この記事へのトラックバック