次の国政選挙の有効な選挙戦略について

まず、国政選挙での自民と民主の比例獲得票数の推移を眺めてほしい。

………………………………………………………………………
http://nihonnococoro.at.webry.info/201202/article_3.html#kimochi

画像



①は、「二大政党制」というのマスコミの世論操作に騙された層(800万人)

②は、「朝日新聞による安倍政権叩き」により、2007年の参議院選挙で民主に投票しした朝日新聞読者層(朝日に一時的に騙されたが情報弱者ではない、200万人)

③は、マスコミ業界全体の「政権交代、国民の生活第一、自民叩き」などの洗脳・情報工作に騙され、2009年の衆議院選挙で民主に投票した、マスコミ依存層(マスコミに一時的に騙されたが情報弱者ではない、750万)

④は、二大政党制というキーワードに騙された層のうち、民主党の失政に気づき、民主党に投票するのをやめたか棄権した層(マスコミに一時的に騙されたが情報弱者ではない、450万)

⑤は、依然、マスコミによる洗脳・情報工作(二大政党制、アンチ自民)に騙されている層(情報弱者、500万)

⑥は、左翼主義者、反日自虐者(GHQによる洗脳を受け続けている人)、マスコミによる洗脳・情報工作が続いている人、左翼政党の大半が反日売国であること知らない人の集合(1300万人)

………………………………………………………………………

さて、自民党は次回総選挙で楽勝と思われたが、情報配信に躓いており、そう楽観できない。
橋下維新が国政進出を企んでおり、みんなの党とさらなる連携を目指しているからだ。

そこで、上述の国政選挙における比例投票は、

②、③、④は、情報弱者ではない。既に民主党に見切りはつけたものの、再びマスコミの洗脳・情報工作に騙され、必ずしも自民党に投票しない可能性があり、自民党とみんなの党と橋下維新の取り合いになる可能性大

⑤は民主との取り合いになる。(⑤はマスコミの洗脳・情報工作に騙され、ここ数年民主党に投票した情報弱者)

なお、⑥は反日自虐指向で完全に愚民化した民主党固定票

自民にとって、とりあえず、安泰だと言えるのは、自民固定票の1800万前後なのだ。

だから、拙ブログは、自民党および自由民主に上積みのための、情報配信に係わる日常的努力を求めているのだ。

そこで、とりえる手段として、

②~④についてはネット広報戦略強化
⑤については既存の後援会活動と連携したドブ板選挙の徹底
強化が有効と考える。

なお、⑥については期待しないことだ。本当に確信犯的愚民でツケル薬がないからだ。

この記事へのコメント

coffee
2012年02月06日 21:20
2大政党と言うより、「自民は悪!民主は正義」に騙されたという感じでしょう。
テレビと新聞は嘘しか吐かないと考えておかないと駄目です。
Shirasu J
2012年02月07日 07:12
国政選挙の流れを記憶して書いたものです。全体を一括りにすれば、自民は悪、民主は正義というマスコミ洗脳がされてますが、個々の選挙については違ったスタンスとなってます。
また、拙ブログは、嘘しか吐かないマスコミには、抗議だけでなく、放送免許剥奪や刑事罰適用まで踏み込んだ提案をしています。

この記事へのトラックバック