今度の総選挙は投票する愚民対策が焦点となるのは間違いない!

私は、政党支持率の推移などから、マスコミの世論調査の回答者の大半は投票する愚民層であると分析している。

まず、国政選挙での比例投票先の推移をじっくり眺めてほしい。

画像



これは、国政選挙での自民と民主の比例獲得票数の推移である。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5231.html

小泉政権以降から順に解説させていただく。

①は、「二大政党制」というのマスコミの世論操作に騙された層(800万人)

②は、「朝日新聞による安倍政権叩き」により、2007年の参議院選挙で民主に投票しした朝日新聞読者層(朝日に一時的に騙されたが情報弱者ではない、200万人)

③は、マスコミ業界全体の「政権交代、国民の生活第一、自民叩き」などの洗脳・情報工作に騙され、2009年の衆議院選挙で民主に投票した、マスコミ依存層(マスコミに一時的に騙されたが情報弱者ではない、750万)

④は、二大政党制というキーワードに騙された層のうち、民主党の失政に気づき、民主党に投票するのをやめたか棄権した層(マスコミに一時的に騙されたが情報弱者ではない、450万)

⑤は、依然、マスコミによる洗脳・情報工作(二大政党制、アンチ自民)に騙されている層(情報弱者、500万)

⑥は、左翼主義者、反日自虐者(GHQによる洗脳を受け続けている人)、マスコミによる洗脳・情報工作が続いている人、左翼政党の大半が反日売国であること知らない人の集合(1300万人)

なお、自民固定票は、公明への選挙協力分を補正すれば1800万前後はあるものと思われるため、次回の衆議院選挙で自民党が政権奪還するには、自民党固定層に加えて、②~⑤の有権者をターゲットとして取り込む選挙戦略が必要となろう。

この記事へのコメント

coffee
2012年02月05日 12:08
政治家やマスコミに騙されない国民が必要ですが、学校教育の段階から念いりに愚民化が行われているので改善は大変です。
Shirasu J
2012年02月05日 12:32
とりあえず、歴史サイトの開設の必要性を認識しております。

この記事へのトラックバック