今度の選挙は「はっきりさせること」が鍵となるだろう!

私は、解散総選挙を想定した、選挙戦がすでに始まっていると考えている。



石原都知事の発言(「わけのわかんない政党にいて損する」とも。「かわいそうだと思う、言いたいことも言えずに。すぱっと辞めたほうが人気が出る)は、自民党のはっきりしない態度にしびれを切らすと同時に、政界全体の保守回帰を意図し、保守界のリーダシップ確保を意識した発言だと私は思う。

………………………………………………………………………
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120210/stt12021018000002-n1.htm

「幹事長辞めちまえって言ってる」 石原都知事、息子に
2012.2.10 17:56 [自民党]

石原慎太郎都知事
 「辞めちまえって言ってんだよ、幹事長なんか」

 東京都の石原慎太郎知事は10日の定例会見で、長男で自民党幹事長の石原伸晃氏にこんな“爆弾発言”をしていることを明かした。

 伸晃氏が「石原新党」構想について「(父が)利用されているようにしか見えない」と述べたことへの感想を求められ、「私は誰にも利用されてません。私の行く道、やることは自分で決める」と反論したあと「彼は彼の立場があるわな…」と冒頭の発言に。

 「わけのわかんない政党にいて損する」とも。「かわいそうだと思う、言いたいことも言えずに。すぱっと辞めたほうが人気が出る」とアドバイスした。

 また、たちあがれ日本の会合で語った「皆さんに命を預けるから一緒にやろうじゃないか」との発言については「命を預けるってのは私の常套(じょうとう)文句。この国に命を預ける、という文脈だったつもり」とかわした。

………………………………………………………………………

続いて、橋下維新であるが、言いにくいことをはっきり言い、そして戦後、自民党政権が野放しにし助長した自治労、日教組、教育委員会に対し、命懸けで闘い、着実に有言実行していることが、橋下人気そして2700人を越える政治塾参加者をもたらしている。

野田政権については、
所信表明における、福田元首相、麻生元首相の演説の引用があったこと、そして、日米安保を外交基軸に据えたことは、実は、情報配信を怠り、肝心なところではっきり言わない谷垣執行部の習性を見抜き、自民党ぽく振る舞うことで自民党支持率を上げなくさせるという深慮遠謀が働いている。

一方、最大野党の、自民党谷垣執行部はどうか。参議院選挙直前になって漸く外国人参政権反対を表明し、その後も情報発信を怠り、TPP交渉参加反対を名言せず、石原都知事や、橋下維新の歯切れの良さと比較すると、どうしても対応の鈍さと不明確さが漂うのである。

自民党の下村議員は、谷垣総裁は乱世にリーダーシップを発揮するタイプではないと断じている。
--------------------------------------------------------
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2012021001049

安倍氏中心に保守結集を=自民・下村氏
 
自民党の下村博文元官房副長官は、3月1日発行の月刊誌「財界にっぽん」のインタビューで、安倍晋三元首相が会長を務める超党派の保守系グループ「創生『日本』」や、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想などに触れ、「自民党、民主党、新党含め保守本流の大きな流れをつくるべきだ」と、衆院解散・総選挙を契機に保守勢力を結集する政界再編の必要性を強調した。
 安倍氏側近の下村氏は、9月の自民党総裁選に関しても「前倒して3、4月ごろに行うべきだ。もう一度安倍氏を立てて真の保守政党をつくりたい」と表明。谷垣禎一総裁については「乱世の日本を立て直すためにリーダーシップを発揮するタイプではない」と断じた。(2012/02/10-21:09)

--------------------------------------------------------

また、拙ブログは、日本人なりすまし議員およびこれを支援するマスコミ業界と外国勢力の存在などから、スパイ防止法法制化の
必要性を繰り返し提案しているが、谷垣総裁、大島副総裁は、スパイ防止法を廃案に追い込んだ議員だった。
そして、竹島問題に関して、韓国入国しようとした自民党3議員
に対し党と支援せず、発言すべき時にダンマリを決め込んだのは
谷垣総裁だった。
また、慰安婦問題を再燃させる根拠にされている河野談話については、韓国から国家ぐるみで国益として外交問題になりつつあり、国内で外務省を取り囲む(韓国の動きに同調した)活動が展開され、これを阻止しようと保守系団体が本格的に活動開始し、自民党本部に対し、「主権回復を目指す会」が河野談話廃止を求めて抗議しているにもかかわらず、反応がないのだ。

だから、私は、はっきり言っておきたい。

橋下維新の政治塾に2700人も集まり、石原新党が注目される理由は、現在の自民党執行部が

言うべきことを言うべき時にはっきり言わず
情報発信を怠っている

ことへの不信感、反発が根底にあるのだ。

従って、自民党が、橋下維新にしてやられないためには、

保守なら保守らしい主張を全面に出し
はっきりと主張し、言ったからには実行し
情報発信を怠ってはならないのだ。

そういう意味で、今度の選挙戦は「はっきりさせるかどうか」が勝敗の鍵を握ると私は考える。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 橋下徹さんの知恵袋である大前研一さんが言うには

    Excerpt: 皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士.. Weblog: 日本の狂った反日スポーツライターたち racked: 2012-02-12 19:40