反日広告代理店の息の根を完全に止めるためのシナリオ

すでに、反日広告代理店に対するデモは2回実施されている。
抗議活動を単なるかけ声に終わらせないために、今回、反日広告代理店の息の根を完全に止めるためのシナリオを作成した。

内容は、当面とるべき緊急措置と政権奪還後とるべき抜本措置からなる。


1.当面とるべき緊急措置

・反日CMに対する抗議活動、集団訴訟

・「反日広告代理店」と取引ウエートが高い、反日企業に対する不買運動の実施(反日テレビ局スポンサー企業など)

・広告代理店業に関する規制法案の検討、請願

・官公庁に対する「反日広告代理店」との取引停止要請活動(地方議会および地方議員への陳情など)

・一業種一社制措置の陳情活動

・独禁法による規制強化(運用解釈含む)

・広告代理店出資企業に対する税務査察強化

・株主代表訴訟(時期を見て)


2.政権奪還後とるべき抜本措置

調べた限りにおいては、広告代理店業に係わる業界法がそもそも存在していないようなので、まず業界法の整備、法制化が必要である。

ただ、反日広告代理店によるこれまでの悪行を整理すると、事案によっては「広告代理店業法」にとどまらず「スパイ防止法等」で処罰することを検討すべきと考える。

なお、カッコ内の「マスコミ規制法」とは、拙ブログがマスコミ全体を規制する基本法として法制化を提唱している法律である。

………………………………………………………………………………
広告代理店業法の骨子


・広告代理店の監督省庁の確定(不当景品類及び不当表示防止法は消費者庁所管だが、規制内容から総務省が妥当?)

・広告代理店の監督機関および大臣、監督官庁の権限の明確化(広告代理店業法)

・問題広告に関する罰則規定の導入(広告代理店業法)

・問題広告ついて審議し、是正、命令権限を持つ政府機関の設置(広告代理店業法)

・一業種一社制措置(広告代理店業法)

・広告代理店業に関する外国人の出資制限(広告代理店業法)

・外国人の広告代理店業経営の制限措置(広告代理店業法)

・外国政府、外国企業広告に関する契約内容の公開義務づけ(広告代理店業法)

・外国政府補助金による広告代理店業務に関する規制措置(広告代理店業法)

・広告代理店の政治活動の禁止措置(広告代理店業法)

・広告代理店業によるマスコミおよびマスコミ関係会社への出資制限(広告代理店業法、マスコミ規制法)

・広告代理店によるマスコミへ報道、番組制作への要請活動禁止(広告代理店業法、マスコミ規制法)

・国旗、国歌、皇室、日本人を侮辱する広告の禁止(広告代理店業法)

・ステルスマーケテイング行為の禁止(広告代理店業法、マスコミ規制法)

・広告代理店とNHK等との合弁事業禁止(広告代理店業法、放送法)

・上記各項目に係わる罰則および刑事罰の規定(広告代理店業法)

・外国政府への政治的利益供与のための広告の禁止(広告代理店業法、スパイ防止法)

………………………………………………………………………………


※従来の広告規制については広告代理店業法に移行

………………………………………………
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%91%8A#.E6.A5.AD.E7.A8.AE.E3.81.AB.E5.AF.BE.E3.81.99.E3.82.8B.E8.A6.8F.E5.88.B6

広告の規制 [編集]広告の内容については、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)や薬事法などの法令、業界の公正競争規約などで規制されるほか、各メディアで独自の広告掲載基準を持っており[5]、表現が基準に合わない場合には修正を要請されたり、場合によっては掲載を拒否されることもある。しかし、掲載基準の運用は全体的に甘いため、誇大表現の広告が後を絶たず、特に不動産業や貸金業(中でもスポーツ新聞や夕刊紙などで広告している、トイチと呼ばれる登録間もないサラ金業者)など社会問題を引き起こしている業種も存在する。そのほか、屋外広告物法のような規制も存在する。

業種に対する規制 [編集]日本では、法令や自主基準などによる、特定の業種に対する広告の規制もある。医療機関、医業等(病院・診療所など)の広告は医療法第69条で規制されてきたが(診療科目や診療時間・休診日、住所、電話番号、地図程度しか出せなかった)、2001年に規制が一部緩和された(医師名、所属学会、ホームページURLなど)。

弁護士や法律事務所の広告も、統括組織である日本弁護士連合会(日弁連)の方針で規制されていたが、2000年10月より撤廃された。主に債務整理、破産手続等を担当する法律事務所を中心に、一般に対する広告が目立つようになった。かつては銀行など個々の金融機関の広告も規制されていたが、撤廃されている。

一方、タバコの広告は、1990年代以降、財務省令などで規制が強化された。法規制ではない自主規制では、アルコール飲料(酒類)や貸金業などの広告がある。特に貸金業の広告は、一般紙や放送メディアでは条件が厳しくなっているか、断られる場合も多い。
………………………………………………

※広告関連法規の体系の考え方

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1212994713939/files/kanngaekata.pdf

広告関連法規の体系

日本には、「広告」全般を規制する法規はないといわれているが、広告や表示に関しては「景表法」、「医療法」、「食品衛生法」などの法令があり、広告関連法規の最上位に位置付けられる。
広告関連の法令に次ぐものとしては公正取引委員会の認定を受けた「公正競争規約」や「公正競争規約施行規則」などがある。これらは、特定の商品等の表示方法に関する「業界ルール」といえる。

第一層 景表法、医療法、食品衛生法 等
第二層 公正競争規約 等
地方自治体の広告掲載基準、広告主の自主規制、民間広告媒体の広告倫理綱領 等
第三層 「公正競争規約」や「公正競争規約施行規則」に次ぐものとしては、個々の広告主や広告媒体管理者が定める「広告掲載基準」や「広告倫理綱領」などがある。
*「景表法」:「不当景品類及び不当表示防止法」の略

この記事へのコメント

coffee
2012年01月25日 22:23
消費増税が注目されていますが、必要なのは広告税の導入です。
Shirasu J
2012年01月25日 22:40
それだけでは十分とは言えないでしょう。
反日活動に対する規制がなさすぎます。
税金は、郊外型の大型店舗に環境税の名目(自動車利用)で徴収すれば、シナ製品の競争力を落とせます。
広告代理店業については、デモだけでなく、具体的な請願の準備に入る時期が来たと思います。

この記事へのトラックバック