みんなの党の「裏切り」を見逃してはならない!

みんなの党が議員立法にて、大阪都を推進するとの情報がみんなの党の江田けんじのメルマガにて配信された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
江田けんじメルマガ「今週の直言」2011/12/05(Mon) http://www.eda-k.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.今週の直言「議員立法で「大阪都」の踏み絵を各党に!
・・・「みんなの党」が「大阪維新の会」を応援したわけ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大阪秋の陣は「大阪維新の会」のW勝利、しかも圧勝で終わった。これまで自民や
民主を相手に衆院小選挙区を戦ってきた私からすれば、何も驚くべき結果ではない
。それだけ、政治への閉塞感、既成政党への不信感が強いということだ。

 ただ、問題はこれからだ。期待が大きかった分、落胆も大きかったなんて、民主党
の政権交代のようになっては困る。「大阪都構想」、その実現までには多くの、しかも
高いハードルが待ちかまえている。橋下徹さんも、そのことが十分わかっているから
こそ、選挙戦後、浮かれてはいないのだろう。

 この選挙戦で、みんなの党は、渡辺喜美代表が何度も大阪入りするなど、他の国
政政党とは異なり「大阪維新の会」を応援した。そのわけは、我々が「アジェンダの党
」を自負しているからだ。

 我々は、政治は「誰がやるか」よりも「何をやるか」が大事だと考えている。その「何
をやるか」の「アジェンダ(政策課題)」、すなわち、「大阪都構想」と「公務員制度改革
」を是非とも実現してもらいたい!その一心からだった。何も「大阪維新の会」という
組織や「橋下徹」という個人を応援したわけではない。

 みんなの党は、「大阪都構想」を、将来の「関西州」につながる、すなわち、我々が
訴えてきた「(地域主権型/基礎自治体中心)道州制」の全国的な導入に発展する、
その一里塚と位置付けている。大阪での「公務員制度改革」は、霞が関や守旧派政
治家の反対で実現していない国の改革の、先行モデルになると考えているのだ。

 だから、どこかの政党のように、選挙結果が出てから手のひらを返したように協力
を表明した所とは違う(注)。そんな政党は、あわよくば勢いのある「維新の会」と次の
衆院選で連携したい、そんな魂胆がみえみえで、国や大阪のことなぞ微塵も考えて
いないだろう。

 このように、国政では、相変わらず亀井静香氏のように、「何をやるか」ではなく「誰
がやるか」しか考えていない人が多い。「政策」より「好き嫌い」、こんな「政治理念」や
「基本政策」すら一致しない政治家同士で新党を作ったところで、90年代の「小沢好
きか嫌いか」の政界再編の焼き直しにすぎない。今の「考え方の違う寄り合い所帯で
政治が前に進まない」民主党や自民党をもう一つ作るだけで、到底国民の理解は得
られないだろう。

 しかし、その「本気度」はいずれわかる。みんなの党が「踏み絵」をつくることになる
からだ。私は先週の記者会見(11/29)で「この大阪都構想実現のために、地方自治
法改正等の議員立法を年内に作成する」と表明した。もちろん「維新の会」と考え方を
すりあわせた上だ。

 幸い、「維新の会」特別顧問で、政策全般を取り仕切っている上山信一慶応大教授
や、大阪の公務員制度改革を立案している原英史政策工房社長は、私が主宰してい
る「脱藩官僚の会」の主要メンバーでもある。また、堺屋太一さんも、みんなの党、維
新の会双方の後見役で日々ご指導いただいている方だ。人脈、ブレーンが共通して
いるのでコラボは、あえて「連携」などと言うまでもなく自然にできる。

 この「理想形」の法案に賛成するか否か、その一点で、民主党や自民党をはじめ既
成政党の正体が一発でわかる。単なる選挙目当ての、口先だけの「協力表明」や「連
携」なのか、それとも本気なのか。次期衆院選をにらんで、なかなか面白くなってきた


 (注)みんなの党は、先の統一地方選(今年4月)でも、「大阪維新の会」の市会議員
 6名(大阪5名、堺1名)を推薦し当選させた。あまり報道されていないので知らないも
 多いが、何も今回、W選挙が注目され、結果が「維新」の勝利になったからといって
 、民主党や自民党のように「すり寄っている」のではない。念のため)

     江田けんじ事務所 045-989-3911 横浜市青葉区青葉台2-9-30

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、「踏み絵」という言葉を使っていることについて、みんなの党は奢っている、思い上がっていると評価せざるを得ない。
政策的に近い主張候補を推薦することは当然の選択だが、踏み絵という言い方は、言い過ぎであると考える。

いつから、みんなの党は脅迫政党になったのであろうか?

みんなの党については、渡辺喜美代表が批判した時だけ、テレビニュースや各紙にて、カッコ良い歯切れ良いキャッチフレーズの見出しが踊るが、それ以外は、まったく目立たず、裏切りと政党として統率がとれていないことが多発しているようだ。

たった数件のことだが、党としての政策論議がなされておらず、それを末端議員まで周知させていないから
こういう事態となっているのであろう。

たぶん、調べれば調べるほど、統率がとれていない集団であることが発覚するであろう。

そして、わかっているだけでこれだけの裏切りがあるのに、この党に期待している方々の情報弱者ぶりに同情せざるを得ない。

なお、みんなの党については、今後、「裏切り」、「嘘」、「統率」のキーワードで引き続き調査継続するつもりだ。

江田幹事長に対しては、そういうことが今後、二度と起きない様、党の運営に当たっていただくことを要望する。

ちなみに私はみんなの党の支持者ではない。少し、期待している程度である。



・TPP賛成のくせにTPP反対集会に参加するみんなの党の議員たち
--------------------------------------------------------------------------------
・野田総理のTPP交渉に関する表明を受けて
http://www.your-party.jp/news/party-opinion/001035/

・平成23年11月11日 【TPP賛成派】予算委員会 中西健治(みんなの党).part1
http://www.youtube.com/watch?v=SSNGutUFP5k

・ふざけるな!みんなの党!有権者に「TPPに賛成」している事を伝えない「みんなの党」
http://blog.livedoor.jp/wedgwood123/archives/51679394.html#

ふざけるな!みんなの党!有権者に「TPPに賛成」している事を伝えない「みんなの党」
これは何だ??
ふざけるな!みんなの党!
みんなの党 栃木版アジェンダ発表
「栃木県は貿易立県であり、開国せずして経済はなり立たない」(渡辺代表)としてTPP参加に賛成の姿勢を示した。
なんですか?それ??
みんなの党の人達は栃木県の農家の人達に「TPPに賛成です。」
なんて言っていないだろ!
TPPについて聞かれてもすっとぼけているだろ!
それどころか・・みんなの党所属の県議も
このTPP反対集会に行きましたよね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

この集会には、間違いなく「みんなの党の人」
も来ていたんですよ!
私は見ましたよ!
みんなの党の人達も「TPP参加 絶対阻止」と書かれたハチマキを締めて演台に立っていたよね。
みんなの党の人達はTPPは進めたいけど、農家の票は欲しい?
だから(TPPには賛成なのに)
TPP反対集会には行った?

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
でも・・その一方で
こんな風にTPP参加に賛成を表明するんですか?
その二枚舌はなんなのですか??
みんなの党は有権者を馬鹿にするのも
いい加減にしてください!
みんなの党がTPPに賛成なら
それはそれで良いんですよ!
でもね・・
それならそれで・・
それは有権者に対して堂々と言えよ!
「みんなの党はTPPに賛成です!」
・・とね。
姑息にTPP反対集会になんか
出ているんじゃないよ!
それに・・・聞く所によれば・・
ある県の農業関係者が
「みんなの党がTPPに賛成している」
・・という事についてみんなの党に問い合わせを
したら、
「県連としては反対している。」
と嘘をついたそうですね。

--------------------------------------------------------------------------------

・亡国法案の請願の紹介議員となっている浅尾慶一郎議員の件

みんなの党の渡辺喜美代表は、日本武道館での集会にて外国人参政権への反対を党として約束した。
にもかかわらず、所属議員の浅尾議員が類似の亡国法案の請願の紹介議員となっている。

国籍選択制度の廃止に関する請願
http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1790052.htm

二重国籍維持のための請願
--------------------------------------------------------------------------------

http://www.gcnet.at/campaign/ciperle-cl.htm
出生で自動的に重国籍になった人は、日本の法律上、どの国の国民なのか、22歳までに日本政府に届出る必要があり、
「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄します」と宣言すれば、日本の法律では、外国籍を持っていないことになります。
しかし、日本の法律は外国の法律とは無関係なので、外国側に特別な規定がない限り、
外国の法では外国籍を失いません。
たとえば日米重国籍者が日本国籍を選択した場合、
日本では日本人、米国では米国人として暮らせば、問題は生じません。
反面、
自己の志望で米国に帰化すれば、帰化の時点で日本国籍を失うため、米国でも日本でも、米国人として暮らさなければなりません。日本で再び日本人として暮らすには、簡易帰化手続きで日本国籍を取得し、米国籍を離脱手続きする必要があります。

--------------------------------------------------------------------------------
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-495.html
4月17日 17時9分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100417/t10013910091000.html

日本に永住する外国人に地方参政権を認める法案に反対する集会が開かれ、国民新党代表の亀井郵政改革・金融担当大臣は「永住外国人への地方参政権の付与が、日本を滅ぼすのは当然だ」と述べ、あくまでも法案に反対していく考えを示しました。

東京の日本武道館で開かれた集会には、民主党、自民党、国民新党、みんなの党、たちあがれ日本など、与野党の国会議員が出席しました。この中で、国民新党代表の亀井郵政改革・金融担当大臣は、民主党執行部が日本に永住する外国人に地方参政権を認める法案の制定を目指していることについて、「選挙は自殺者が出るほど過酷なもので、永住外国人への地方参政権の付与が日本を滅ぼすのは当然だ。法案はあっという間に成立するところまできており、国民新党が拒否権を発動しているから成立しない」と述べ、あくまでも法案に反対していく考えを示しました。また、集会には、 自民党の大島幹事長と、みんなの党の渡辺代表、それに、たちあがれ日本の平沼代表も出席し、党をあげて法案に反対していく姿勢を示し、民主党の松原仁衆議院議員も法案への反対を表明しました。一方、社民党党首の福島消費者・少子化担当大臣は、秋田県大館市で記者会見し、「この法案は、国政ではなく地方参政権、それに被選挙権ではなく選挙権という、限られた段階での選挙権の付与ということだ。
諸外国でも認めているところもあり、これについて社民党は賛成の立場だ」と述べました。

http://www.youtube.com/watch?v=we2TtTWdFwU

--------------------------------------------------------------------------------

・みんなの党の1議員が賛成に回った?子供手当つなぎ法案再可決の件
--------------------------------------------------------------------------------
http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/news/1301560307/

採決結果
投票総数 240
賛成   120
反対   120
可否同数のため、西岡武夫参議院議長の賛成で可決成立。

事前に報道された通り、みんなの党の寺田典城が賛成に回り、民主党が郵政改革に消極的であることを理由に反対する動きを見せていた国民新党は最終的に賛成したとみられる。


----------
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011033100791
子ども手当延長法が成立
 年度末で期限が切れる現行の子ども手当を6カ月延長する「つなぎ法」は31日夕の参院本会議で採決された。与党と共産、社民両党などが賛成したが、自民、公明両党などが反対。可否同数となり、西岡武夫議長が可決を決め、成立した。
----------

http://www.nhk.or.jp/news/html/20110331/k10015009001000.html

NHKニュース

「つなぎ法案」再可決で成立へ
 今の子ども手当を6か月延長する「つなぎ法案」について、民主党は31日の参議院本 会議で否決された場合は共産党と社民党の協力を得て、衆議院の3分の2の議席で再可決
して、成立させる方針です。
 中学生以下の子ども1人当たり1万3000円を支給する今の子ども手当を6か月延長する「つなぎ法案」は、29日、衆議院本会議で、与党と共産党、社民党などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。そして、31日の参議院厚生労働委員会で審議が行
われ、採決されたあと、夕方の参議院本会議で採決される運びになっています。
 民主党は、これまで与党の国民新党に加え、共産党と社民党などが賛成しても過半数に1議席届かないため、ほかの野党議員などにも働きかけを続け、これまでにみんなの党の
議員1人が法案に賛成したい考えを示しています。
 しかし、30日、国民新党が衆議院に郵政改革法案を審議するための特別委員会を早期に設置することが確約されなければ、「つなぎ法案」に反対することもありえるという考えを民主党に伝えたため、31日、両党の調整が行われる見通しです。
 ただ、民主党は支給事務に当たる自治体の混乱は避けたいとして、仮に国民新党が参議院で反対し、法案が参議院で否決された場合は、31日中に衆議院本会議で共産党と社民党の協力を得て、再可決して成立させる方針です。
--------------------------------------------------------------------------------

・立候補者に冷酷な仕打ち

私は、みんなの党から立候補したある方のことを知っている。この方は実務経験豊富で人間的にも立派な方だった。調べれば調べるほど良い人物だという情報が入ったからである。
みんなの党は、党をあげて協力すれば、その選挙に勝てるように見えた。が、状況を観察すると、みんなの党の政党支部からの支援はほとんどなかったようにみえた。応援演説もまったくといいほどなかった。そして、案の定、この候補者は落選した。
私には、選挙の初心者に支援の手を差し伸べない、実に冷酷な政党に見えた。と同時に有権者に対し、冷酷非情な仕打ちを平気でするような政党に思えた。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中国に屈する弱腰外交

    Excerpt: 中共の外圧に屈した民主党政権による弱腰外交があらわになった。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-12-11 00:15