我々はチベット亡命政権ともっと連帯すべきではないのか!

まず最初に、安倍晋三元首相が11月7日配信のメルマガから
………………………………………………………………………………
今日午前、ダライ・ラマ法王に自民、民主両党議員と共にお目にかかりました。
法王は「チベットの人々の人権を守り、自由を獲得する為、高度な自治を獲得するべく、中国に今後とも働きかけていく」
「日本も是非協力してほしい」とおっしゃり、ご自身の信念を披瀝されました。

私からは、法王の被災地訪問に対するお礼を申し上げ、
「自由、民主主義、基本的人権、法の支配」といった普遍的価値を共有する国々とともに、その価値をアジアに拡げていくという、安倍内閣として進めた「価値観外交」を展開していく必要性、
そしてチベットの人々の人権状況が改善するよう努力する旨お話しました。

法王のチベットの人々に対する強い責任感、困難な状況でも希望を捨てない明るく力強い意志に感銘を受けました。
………………………………………………………………………………

続いて、ダライ・ラマ来日期間中の関連報道

………………………………………………………………………………
http://mytown.asahi.com/wakayama/news.php?k_id=31000001111010002

ダライ・ラマ 高野山で法話
2011年11月01日

多くの僧を前にして語るダライ・ラマ14世。左は松長有慶・高野山真言宗管長=高野町高野山

◎「悩むのは知性の証し」
 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が31日、高野町高野山の高野山大学で法話をした。ダライ・ラマ14世が高野山を訪れるのは、1980年11月以来31年ぶり。
 高野山大学が真言密教とチベット密教の学術・文化交流を目的に招いた。この日の法話には、若手僧侶や一般から申し込みのあった人ら約800人が集まった。ダライ・ラマ14世は冒頭、東日本大震災にふれ、「友人の一人として、兄弟姉妹の皆さんと悲しみと苦しみを分かち合えたら」と話した。

 法話のあと、松長有慶・高野山真言宗管長とともに場内からの質問に答えた。高校生が「日々、何かにつけて思い悩むことが多い。どうすれば直せるか」と問いかけると「思い悩むのは優れた知性を持っているから。その知性をうまく方向づけして、幸せになるために使っていくことが上手にできるようになればよい」と答えていた。

 ダライ・ラマ14世は高野山で11月1、2日に宗教儀式、3日に再度法話を行ったあと、5、6日にかけて仙台市、宮城県石巻市、福島県郡山市で講演や震災の犠牲者の慰霊をする予定。

(山野拓郎)

http://www.asahi.com/national/update/1105/TKY201111050135.html

「痛み分かち合いたい」ダライ・ラマ14世、石巻で法要

 訪日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(76)が5日午前、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市にある西光寺で法要を行った。被災者ら約1千人が出席した。

 石巻港に近い西光寺一帯は震災前まで住宅地だったが、津波で多くの家屋が押し流され、現在は更地が広がる。市内の犠牲者は3200人を超え、行方不明者は680人余りに上る。

 ダライ・ラマは講話で、自身が中国から亡命した時の状況に触れながら、「深い悲しみを共有するため、石巻に来た。同じ人間として痛みを分かち合いたい。みなさんは一人じゃない」と呼びかけた。自宅が津波で流失し、市内の仮設住宅で暮らすパート従業員の菅原とめ子さん(63)は「今も震災で亡くなった姉夫妻のことを思い出すと涙があふれる。ご自身の体験を話され驚いた。私たちも頑張らないとね」と話した。

………………………………………………………………………………

ダライ・ラマは被災者と悲しみと痛みを分かち合うと語っている。
ダライ・ラマ自身の最大の悲しみはこの報道が代弁していると思う。

………………………………………………………………………………
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011110400853

「少数民族の扱い、見直しを」=チベット僧焼身自殺でダライ・ラマ
 仙台市を訪れたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は4日、記者会見し、チベットの僧侶らが中国の圧政に抗議し、焼身自殺する事件が相次いでいることを受けて、「人間は絶望した状況でしか焼身自殺などしない。中国政府は過去60年にわたる少数民族の扱いを見直すべきだ」と訴えた。
 ダライ・ラマは「私に政治的立場はない」と断った上で、「力による政治の時代は終わった。温家宝首相は西洋的、民主的体制が必要だと述べており、それを実行に移すべき時が来ている」と呼び掛けた。(2011/11/04-19:25)

………………………………………………………………………………

さて、国家としてのチベットについては次の動画サイトにて解説がある。

・チベットは日本の恩人 Friendship Japan & Tibet

http://www.youtube.com/watch?v=gr1KtifTEIQ&feature=fvwrel

動画内容を要約すると
チベットは、
戦前は経済封鎖で困窮する日本のために羊毛を日本に供給し、
戦中は連合国のシナへの援助物資チベット通過を断り
戦後は、日本の協力国という理由で敗戦国扱いを受け
中共の侵略を受けたとある。

チベットは日本と同じ仏教国である。
チベットの人達の容姿は、日本人とよく似ている。

我々は、チベットの現状についてもっと関心を持つべきだし連帯すべきではないのか?

また、パンダは中共によるチベット侵略の象徴として中共に奪われたのである。従って、パンダ賃借料は、中共ではなくチベットに送金されるべきなのだ。

・パンダはシナ人によるチベット侵略の象徴である
http://sakainobuhiko.com/2011/03/post-153.html

・中国はチベットからパンダを盗んだ (講談社プラスアルファ新書)

趣旨に賛同される方は、
ダライ・ラマ法王日本代表事務所の活動の支援を検討いただきたい。

・ダライ・ラマ法王日本代表事務所
http://www.tibethouse.jp/support/index.html#06

寄付、里親支援、ボランテイア募集のほかに、チベット関係の本の寄贈などを呼びかけている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

coffee
2011年11月07日 21:22
ダライラマも問題点は、チベットの独立や武装蜂起を放棄していることです。
チベットの独立を目指して武装蜂起すべきなのに、今のままでは売国奴です。
Shirasu J
2011年11月08日 03:26
独立と武装蜂起を最初から放棄したのであれば、指導者として国家という概念が希薄なために、侵略された可能性がありそうです。

この記事へのトラックバック