TPPに関する欠陥報道を糾弾する!

最近、新聞、テレビでTPPの話題がいろいろ紹介されている。

しかし、報道実態は、
どれも一様に、売国民主党政府方針に沿った形で、なぜ早く導入しないのか?という論点での社説、論説記事ばかりである。

私は、TPP報道に関して、日本のマスコミ報道はほとんどが欠陥報道だと考えている。

その理由は5つある。

・TPPの英文の翻訳を示していないこと
・TPP参加のメリットを具体的に示していないこと
・ウイキーリークス暴露記事を紹介していないこと
(「ウイキーリークス TPP」で検索エンジン) 
・農業分野、サービス分野において日本が受ける影響(売り上げ、GDPなど)について調査していないこと
・普通の日本人の生活が良くなるのか、雇用環境が改善されるのか示していないこと

従って、この5点について解説しないない報道はすべて欠陥報道だと言ってよい。
そして、これら5点を満足する記事はまだない。

私は、テレビも新聞もTPPの真実を報道する能力はあるはずなのにあえて報道しないとみている。

私は、日本のマスコミが真実を隠蔽するからブログにてこのテーマで書いているに過ぎない。

最後に、繰り返しになるがTPPについては、マスコミの情報、解説、報道、すべて鵜呑みにしてはならない。
マスコミ業界全体が、アメリカのユダヤ資本?の言いなりでTPP参加誘導しようとする確信犯?であるからだ。

この記事へのコメント

coffee
2011年10月14日 21:42
テレビのスポンサーは大企業が多く、しかも、どちらかと言うと輸出産業が多いです。
TPPを後押しするのはテレビ局の利益のためです。
Shirasu J
2011年10月15日 07:10
おはようございます。
この件については、さらに別の角度から検討中です。

この記事へのトラックバック